スタッフブログ

 自分と向き合う

 昨日、登山家の三浦豪太さんの話をしましたが、

山というのは、よく、人生にたとえられます。

今、自分が何合目に居て、そして、

いつまでに、どのぐらいまで登り、

いつ頂上まで登れるようにするのか。

それは、人それぞれ。

何度でも、高い山の登頂を目指す人もいるでしょうし、

1つの山をじっくりと一生かけて登る人もいるでしょう。

山の高さも、各々が設定し、良い悪いはありません。

それぞれ登る山が違っていいわけです。

大事なのは、登る途中、しっかりと

自分自身に向き合っていること。

他人と比べてしまったために、登るスピードを間違えて、

先へ進むことが出来なくなったり、

他人ばかりが気になって、

自分の道を見失ってしまっては、

山頂で、素晴らしい景色を望むことが難しくなります。

「我々が征服するのは、山ではなく、

  自分自身である。」by エドモンド・ヒラリー(登山家)

 頂上を目指す時は、

そこで見える景色をイメージし、

そこで聞こえる音、感じる空気を先に味わいながら

進むと効果的。

そして、そういう自分が、今、どうやって歩み、

どのやうなペースで進んでいくのが良いのか、

しっかりと、自分と向き合うことが大切なのです。

 山を登るのは、自分の足で、

決して人の足で登るのではないのですから・・。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→