スタッフブログ

 心地よくすると何かを得られる、という勘違い

 日頃から、魂が喜ぶことをするとか、

自分が心地よい状態にしておくと、

エネルギーの流れが良くなり、物事が上手く

いくようになる、という話しは時折いたしますが、

たまに、魂が喜ぶことをたくさんしているのに、

全然良いことが起こらない、と仰る方がいらっしゃいます。

でも、それは、ちょっと捉え方が違うんです。

「魂を喜ばせて心地よい状態」

「わくわくしている状態」

それ自体が良いことなのです。

自分で自分を喜ばせられるのが一番。

他力本願ではなく、自由であり、好きなように

波動を高めていれば、周りの同じような高い波動と

共鳴します。

そうすると、エネルギーの循環が良くなるのですが、

そこから、何かビッグなことを得るとか、そういう

ことではなくて、もう既に得ている状態にしておく、

ということなのです。

 実は、これは私にとってはとても大きなことですが、

本日、リフォームしたキッチンが完成し、

わくわく、うきうきしています。

キッチン脇に私のお気に入りのデスクがあるため、

リビングにいる時間より、断然、キッチンにいる

時間の方が長いので、

モダンな感じよりも、クラシカルな雰囲気で、

お料理する場所というより、住空間という意識を

しています。

あとは、これから全部外に出した食器やキッチン用品を

戻す作業がちょっと大変なだけ。

でも、楽しみながらやろうと思っております。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→