スタッフブログ

 隣の芝生は青く見えるかもしれないけれど・・比べない

 日中はまだ暖かくなるとは言え、

朝夕は冷えますし、木々の色合いを見ると、

秋が深まり、まもなく冬に向かう日本の四季を

感じますね。

(北海道はもうすっかり冬のようですが・・)

そのような時でも・・

隣の芝生が青く見えることがあるのは、

自分に自信を持てない時。

いつでも自信満々で、根拠のない自信まであって、

突き進んでいくだけ、というのも

ちょっと怖い気がしますので、

もちろん100%の自信をいつも持っている必要は

ありませんが、それでも、自己否定ばかりでは、

幸せ度も低くなってしまいます。

 最近は自己肯定感が低い人が多いという調査もありますが、

自信は、小さな自己肯定感の積み重ねです。

自分のところの芝生は自分の芝生。

他人のところの芝生は他人の芝生。

その時々でそれぞれ状態が違うのは当然のことで、

両者を比較しても仕方のないことなのです。

 ですから、自分の良いところ、過去の成功体験を

見つけることが一番!

生まれてから今までの間、必ず誰にでもあります。

究極、何度も紆余曲折があったとしても

今まで生きてきたということが凄いこと。

そして、自分の良いところを見つけられなかったら、

自分が一番理想とする方はきっと褒め上手ですから、

その方になりきって、自分自身を見てみましょう。

きっと、素敵に褒めてくれるはず。

その理想の方から受け取った褒め言葉は、

大切な大切なもの。

それを胸にセルフイメージを高めていくと、

必ず自信となってきます。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→