スタッフブログ

 願いは忘れた頃に叶ったりする

 27日の新月の時には、皆さま、お願い事の書き出しを

されましたか?

私は夜にも色々とやることが多いにも関わらず、

1日の疲れがどっと出て、うたた寝してしまったり、

眠い目をこすり、アイスクリームやチョコレートを

食べて目を覚ましながらデスクに向かう日が多い

のですが、その日も、願い事の最後は、ほとんど

読めない字に・・。

でも、必ず10個は書き出すようにしています。

叶っていなければ、あるいは継続して望むことであれば、

同じことを何度書いても良いですし、

新たなチャレンジに向けての願いや夢でも良いですね。

 一番大事なのは、その書いた事に執着しないこと。

執着してしまうと、あれをしなければいけない、

ねばならない、こうならないと不安になる、

まだ全然できていない・・などと、

マイナス思考になりがちです。

そうではなくて、願いは、小さくても大きくても、

自由に思い浮かべ、そして忘れてしまうぐらい

執着せずに、ただ、目の前のことを自分らしく

やっていると、本当に忘れた頃に叶うものなのです。

 私も、出来たら良いなあと思っていたことが

どうしてもやりた〜いと思っていた時には

叶わなかったのに、

最近、そのことをすっかり忘れていましたら、今日、

ポンと一通のお誘いメールが入ってきましたので、

とても驚きました。そういえば!!という感じです。

 何でも、自分の力だけで出来るものであれば、

一生懸命努力すれば良いわけですが、自分の力だけだは

どうしようもないこともあります。

そういう事に対して、あまり執着しない方が良いのは

本当です。不思議なものなのです。

今日のこと、確実に決定しましたら、

また改めてお知らせさせて頂きますね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→