スタッフブログ

 感謝されることを求めない

 何かをして頂いた時に、それを当たり前のこととして

受け止めて、有難いと思っているのかいないのか、

感謝することを忘れている人がいます。

社会生活の中で、人と人との関わりで、

そのようなことがあるという事実は残念なことですが、

でも、そのことに対して怒ったり、苛立ったりしても

仕方がありません。

 また、こんなにやってあげたのに、あの方は

全く何もしてくれない・・というような見返りを

求めるのも、あまり良くありませんね。

たまにそういう方の不満をお聞きすると逆に驚きます。

人のために何かをしてあげるというのは、

お相手が感謝するしないに関わらず、

自分の気持ちでやるわけですから、

そこで不満に感じるのも筋違いです。

 感謝するかどうかはお相手の問題。

自分の心の一部を、お相手からの感謝の言葉や気持ちで

満たそうとすると、自分自身の心のバランスを

崩してしまいます。

自分の心は自分自身で満たしておく。

これが大前提です。

その上で溢れた思いを他人のために、気持ちや言葉がけ

そして、何かの行動で表して伝えることができれば

お相手の反応は気にならず、嫌な思いをしたり、

ストレスになることもありません。

 どなたかに何かをして頂いたら、心の底から感謝し、

それを言葉で伝える。

 普段から、自分の本当の気持ちに即した事柄で

心を満たしておく。

 心が満たされている時に、惜しみなく他人のために

力を注ぐ。

 そして、感謝されることを求めない。

ということが大切ですね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

〜心が前に歩きだす 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→