スタッフブログ

 なりたい未来のために・・〈冬至〉

 誰にでも、やることに追われ、山積みのお仕事に埋もれ、

思うようにいかない時や、追い詰められるほどの思いをする

というような経験があることと思います。

あるいは体調不良で、物事がうまく進まなかったり、

心の整理がうまくつかずに、毎日もやもやした状態で、

そして、それを解決せずにずっとそのままで、ある時に、

瀬戸際に立たされ、あ~もうダメ~と気持ちが沈んだり

する場合もありますよね。でも、その時こそ、

本当は自分の新しい可能性を導き出せるチャンスです。

あとは新たな光に向かうための心を整え、進むのみ。

そのチャンスを無駄にはしないようにしたいものです。

 22日は〈冬至〉。かつては1年の始まりでした。

1年でもっとも昼間が短く、夜が長い日ですね。

これからはまた、長い夜から少しずつ少しずつ、

日が伸びてきます。明るさが増してきます。

光がたくさん入ってきます。

新たな可能性を見ることも出来るかもしれません。

 今年のいらないもの、不要な思い込みなどを手放して、

来年への想いを新たにする日でもあります。

年の終わりに振り返る前に、一度、この冬至の日に

振り返って、嬉しかったことや、感謝したいことを思い出し、

ポジティブな気持ちになるのもおすすめです。

 冬至といえば柚子湯。冬至と湯治の語呂合わせから

ともいわれ、また、柚子の香りや薬効で身体を清める

という意味も込められているそうです。

初夏に白いお花を咲かせて、秋に黄色い実がなる柚子。

ゆっくり柚子湯に入って、日頃の疲れをとり、

また身体を労わるのも良いですね。

そして、柚子の香りで、気持ちもリセット。

明日からのために・・

未来のために・・

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

 

出版記念トークショー&サイン会 決定!!

2020年1月25日(土)15:00~16:30

渋谷駅前 大盛堂書店にて

 

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→