スタッフブログ

 褒め上手になる

 人を褒めるためには、その方のことをよく

見ていないといけません。

そして、小さなことや、わずかな変化、

様々な観点から良いところを見つけることができ、

褒め言葉をたくさん持っていると、

決してお世辞でも、口先だけのものでもなく

お相手のことを心から褒めることができる

ようになります。

 私のコミュニケーション研修などでの

「褒め褒めワーク」が私の大好きな時間なのは、

参加者の皆さんが一瞬の内にプラスのエネルギーで

満たされるからです。そのぐらい、

褒めることでのプラスの影響は大きいのです。

 本日は、友人で書道家の中西儷先生と

NHK大河ドラマや朝ドラなどの書を手がけていらっしゃる

鈴木暁昇先生が実演される書道パフォーマンスを

拝見しました後、鈴木暁昇先生による

インテリア書・デザイン書を学ぶ講習会に

行って参りました。

 筆を持ったのは、我が家の子ども達が小学生の頃に

宿題などのお習字を一緒にやっていた時以来ですので、

初めは筆使いが上手くできませんでしたが、

暁昇先生の褒め方が本当にお上手で、

さすがだなと思いました。

書が素晴らしいのというのは、ここで改めて言う

ことでもありませんので横に置いておきますが

プロというのは、この褒めることもとても大事で、

きっと先生に学ばれる方達はぐんぐん伸びて

いくのでしょうと感じました。

 もちろん、インテリア書・デザイン書の楽しさを

教えていただき、書くことが好きな私にとって、

とても興味深い世界でした。

毎日インスタグラム用に筆ペンで書いております

ひとことメッセージも、もう少し気合を入れて

上手に書けるようにしてみようかしらと考える

良いきっかけにもなりました。

 1日1回は誰かを褒める。

そして、1日1回は自分自身も褒める。

褒め上手になって、エネルギーを高めて参りたいな

と思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

 

出版記念トークショー&サイン会 決定!!

2020年1月25日(土)15:00~16:30

渋谷駅前 大盛堂書店にて

 

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→