スタッフブログ

 純粋な心

 私たちはどれだけ純粋な心を持っているでしょう。

子どもの頃は純真無垢であったのに、

歳を重ね、経験を積んでいくにつれて、

良くも悪くも、様々なことを頭で考えるようになり、

少しずつ純粋さが失われてしまいがちです。

『この世に生きる喜びの1つは

    純粋な心に触れることである。』

私の好きな武者小路実篤の言葉。

本当にそのように思います。

そして、自分自身も純粋でありたいと思います。

 先日、ある方とお話しながら、

とても気を遣って頂いてはいるのものの、

純粋で素直な心の内をお話下さっているのを感じて、

大変嬉しく思いました。

純粋な心を持ち合わせるほど感性も豊かになり、

そこから優しさも溢れてきます。

純粋な心でお相手を想えば、

自然に思いやる気持ちが伴います。

生きていれば色々な事柄に直面し、

社会の中では思うようにいかないことも沢山あります。

その中で私たちは知恵を身につけ、

少しでも生きやすい道を探しながら過ごしていますが、

そうすると、我が出てきたり、欲がでてきたりも

してきます。

でも、邪念や私欲がなく、清らかな心でいられれば

その美しさは表情にもあらわれ、共にいる空間をも

清らかにしていくのではないかと思うのです。

 古代より、リーダーとなる者は、清明心を

非常に重んじ、大切にしていました。

清らかで明るい純粋な心で民をまとめ、導いていたのです。

 純粋な心でいるためには、日々の忙しさに翻弄されていては

難しいかもしれません。

落ち着いて自分自身を見つめ、常に平常心を保ち、

そして関わる方々に思いを寄せていられるように心がけ、

これから年を重ねていっても、清らかでいたいと

改めて思いました。

 幾多の星が輝く夜空を仰ぐと、また心が洗われます。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→