スタッフブログ

 価値のはかり方

 同じ紙でも、諭吉さんが載っていれば、

一万円の価値があり、なければただの紙。

一キロの金塊は、お金に換えればかなりの額に

なりますが、換えずにただ一キロの塊として

例えば光る重しなどとして使うのであれば

ただの一キロの塊の価値でしかありません。

 また、世の中から一時的に消えてしまった

トイレットペーパーやティッシュペーパー。

誰もが大事に使い、でもいずれ無くなってしまうのは、

その長さが尽きた時、あるいは枚数が尽きた時。

でも、お花などの命は、長さや枚数で測れるものではなく、

時間という価値で考えます。

 1つの事柄に、様々な価値が存在するということ。

様々な物差しがあるということ。

普段あまり深く考えないかもしれませんが、

でもそれを知ることは大切です。

 同じものを見た時に、それをとても美しいと感じ

感動するのと、ただ形あるものとしてだけ見るのとでは

心の豊かさも変わってきます。

最近はSNSへの投稿で、いかに綺麗に、

いかに映えるように、と何でも写真を撮ることが

当たり前になってもいますが、

その時に、しっかりと感覚を味わっているでしょうか。

その価値を本当に受け取っているでしょうか。

きれいな写真を撮ることが目的になってはいないでしょうか。

 もちろん、価値のはかり方は人それぞれ。

どの物差しを選ぶのか。それはあなた次第です。