スタッフブログ

 批判やネガティブな言葉は免疫力を下げてしまう

 不安や不満があるために、どうしてもそれを

発散させようとして、批判や悪口を言ったり、

もしかして自分で気づかないうちにネガティブな言葉を

口にしてしまうということが誰にでもあるかもしれません。

でも、政府や行政に対する不満や、ある発信者への批判の

投稿をSNSで見た時に、あまりの多さに驚きました。

それ程、今、目に見えないウィルスに対して、

先が見えない世の中の状況、日々の生活に対して、

不安を持ち、焦りを抱いている方たちが多いのだなと

改めて知ったのですが、それでも・・・・。

やはり、不安に飲み込まれないようにするためには

批判や悪口、ネガティブな言葉を言っても解決はできません。

 不安や不満はストレスの大きな原因になりますので、

それを発散させるのは大事ですが、批判や悪口を

言うことは、瞬間的には発散しているようで、

実は余計にストレスを溜める状態にしてしまいます。

免疫力も低下していくだけ。

 このような状況の時は、まずは免疫力をあげることが

大事です。バランスのとれたお食事や十分な睡眠、

適度な運動や笑うことなどを心がけること。

そして、オキシトシンという脳内ホルモンの分泌でも

ストレスを和らげ、免疫力を高められると言われています。

 オキシトシンは、愛情ホルモン、幸せホルモンとも言われ、

スキンシップや信頼、絆を深められるコミュニケーション

により分泌されるというのは、よく知られてもいます。

でも現在のように、接触をできるだけ減少させ、テレワークを

推奨している状況ではどうしたらよいのか、と言いますと、

感謝や思いやりの心を持つ、その利他の気持ちを

頭に思い浮かべるだけでも、オキシトシンが分泌される

ようです。

ですから、たとえネガティブな感情が湧き起こったとしても、

一旦自分を落ち着かせて、小さなことでも良いので、

有り難いと感謝してみましょう。

思いやる気持ちを持ってみましょう。

『ありがとう』

それが免疫力を上げる方法の1つです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→