スタッフブログ

「レモンを手に入れたらレモネードをつくれ」

 毎朝、私はブルーベリーにたっぷりのヨーグルトを

かけて、その上に黒ごまきなこ、チアシード、そして

アーモンド7粒をのせ、更にたっぷりの蜂蜜をかけて

頂きます。

ブルーベリーは冷凍なので、頂く前に20秒ほど

電子レンジにかけると、程よく解凍されるのですが、

今朝、ぼーっとしていたのか、2分と時間設定して

しまったようなのです。

ふと、電子レンジの中から「プツプツプツプツ・・」

というような音が聞こえてきて、慌てて取り出したら

あら〜〜ブルーベリーがアツアツに。

でも、それなら!と、そこに少しお砂糖を足して混ぜ、

もう一度少しだけ電子レンジにかけて・・。

昼食に使うのにちょうど良い一回分。

美味しいブルーベリージャムが出来上がりました。

 そう「レモンを手に入れたらレモネードをつくれ」

ということですね。

人生でも同様です。

 これは、私の好きな言葉の1つなので、以前にも

ご紹介したことがありますが、もう一度。

アメリカのシアーズ・ローバック元社長、ジュリアス・

ローゼンウォルド氏の言葉を、デール・カーネギーが

紹介したことにより、有名になった言葉です。 

 英語の「lemon」には、食べ物のレモンの他に、

不完全なもの、欠陥品という意味があります。

ですから、私たちは人生において、不運を手にしたり、

逆境に合った時、悲観するのではなく、

その手にしてしまった不運や大変な状況を

どのようにして美味しいレモネードのように

プラスの状況に変えられるか・・ということを

考えることができると良いのです。

たとえ失敗しても、あるいは思い通りにいかない

ことがあっても、落ち込んで終わりにするのではなく、

そこから何かを見出して、別の方法を模索してみると

新たな発見や、新たな道が開けるはずです。

「運命がレモンをくれたのなら、

  それでレモネードをつくる努力をしよう。」

             by デール・カーネギー

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

・YouTube『エクラの風』vol.2

〜自分ミーティングしましょう〜

公開中です→こちら

 

・新刊『 夢の音読 』

 ~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→