スタッフブログ

 感情のコントロールができる人はやらないこと

 感情のコントロールができるのと、できないのとでは、

やはり、人生を楽しく過ごすためには大きな差が

できてしまいます。

先日も「自分の感情を大事にする」というお話を致しましたが、

人間は喜怒哀楽があるのは普通のこと。

でもその感情に流されてしまっては、自分を見失うことにも

なりかねません。

 今日は感情のコントロールをどのようにするのか、

ではなくて、

感情のコントロールができる人はやらないこと、

という反対の視点から4つのことを書いてみようと思います。

 まずは、自分の感情に流されないことも勿論大事ですが、

お相手の感情にも流されない、ということ。

信頼があると、相談を受けたり、アドバイスを求められる

こともあると思いますが、お相手のお話にしっかりと

耳を傾けた上で(傾聴ですね)、その感情に惑わされたり、

移入したりしないのです。

お相手の気持ちに寄り添うことはとても大切ですが、

同じような感情を抱いてしまうと、

自分自身の軸を無くしてしまいます。

 そして、2つ目は自分の気持ちを曖昧にしないということ。

「〜かもしれない」というような曖昧な表現をする習慣があると、

自分自身の価値観の優先順位も定まらず、結果、

感情も流されやすくなってしまいます。

自分の優先順位、大事なこと、そうでないことが明確に

なっていて自信を持つことが大切です。

 3つ目は不平不満を言わないということ。

文句ばかりを言っているような人生では、感情が

ネガティブな方に引っ張られ、心もなかなか整いません。

 そして最後は、たとえ失敗しても後悔をしないということ。

うまくいかないことがあっても、大きく失敗したとしても、

それが自分にとって、とても必要な経験だったと考えれば、

また次へのステップへ前進していけます。

過去を悔やむのではなく、あえて感謝できると良いですね。

 是非、感情をコントロールするためにはやらない方が良い

この4つのことを心に留めておいてみて下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』vol.13 を配信いたしました。

「言葉を大事にすると 人生が変わる」

語彙を増やすポイントや、私が人生で影響を受けた

人・言葉などをご紹介しながら言葉の大切さを

お伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→