スタッフブログ

 はっきり、ゆっくり、ていねいに・・。

 学生時代にアナウンサーになりたいと思っていた私は

小さい頃から音読が好きで、宿題になっていなくても、

よく声に出して教科書を読んでいましたが、

結局、職につくことがなかった私が、話すためのトレーニングを

受けたのは、もっと大人になってからのことになります。

 今でも、アナウンサーがニュースを読む声を聞くと、

視聴者に分かりやすく言葉を伝えるプロだなと改めて感じます。

厳しいプロのための訓練を受けていらっしゃるのですから、

当たり前ですけれどね。因みにNHKアナウンサーは1分間に

約300文字を話しているのだそうです。

 私たちがお相手に伝わりやすく話すためにも、

様々なポイントがありますが、

基本的には 「内容・態度・声」 が重要な要素になり、

それにより、お相手に良い印象を与えるかどうかも左右されます。

 簡単に言いますと、内容はわかりやすくし、

自分中心の態度や表情で話すのではなく、お相手の状況や

態度に合わせること。そして、聞き取りやすい声と話し方に

することが大切です。

 今日、あるところで、せっかく感じよく接客をしているのに、

滑舌が悪くて、少々早口な方がいらっしゃいました。

そうすると、言葉や内容がお相手に正しく伝わらない

可能性もあります。

またそのことにより、お相手にストレスを与えてしまう

ことにもなりかねません。

とても残念なことですね。

 今はマスクをしていることもあり、尚のこと、

人に何かを伝えなくてはいけない時には今まで以上に

注意することが必要です。

『はっきり、ゆっくり、ていねいに。』

これを意識するだけでもかなり違います。

 アナウンサーに憧れていた私は昔から早口言葉が

わりと得意。今でも国語脳トレーニング教室の生徒と

一緒に早口言葉を言って楽しんでいます。

はっきり、ゆっくり、ていねいに話すためには

滑舌を良くしておくことも大事。

お相手の誤解を防ぐことができるからです。

では、最後に1つ。

♪ 新進シャンソン歌手総出演、新春シャンソンショー ♪

いかがですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→