スタッフブログ

 命間(いま)を大切にする

 以前にも書いたことがあると思いますが、

日本人は「間」というものを古来からとても

意識しています。もしかして無意識レベルかもしれません。

時間も空間も「間」で表すことができ、

「間に合う」という表現や「居間」や「床の間」

もあります。また「仲間」というのは、

「間」がぴったり合う人同士を言ったりするわけです。

その他「間」とつく言葉や言い回しが沢山あるのは、

日本人には「間」の感性があったからなのですね。

日本人特有の感覚かもしれませんが、この「間」を

大事にしているということは、見えないエネルギーの

交換や循環を大切にしているということでもあります。

 でも、今は昔よりその感覚が薄れているような気も

しないでもありません。

この「間」には相手への思いやりもあり、

自分への心遣いも含まれるのですから残念なことです。

ですから是非、その時々で、あるいはその場その場で

使うことのできる「間」を大事にして、感覚や距離感を

意識してほしいと思います。

 そして「命間」「命の間」は如何でしょう。

今、生きている一瞬一瞬、命の時間を大切にしています

でしょうか。

先のことを考えることも、過去を振り返って反省

することももちろん大事ですが、

今この瞬間を大事にすると、今まで見えなかったことが

見えてきたりします。

過去でも未来でもない「今」を生きることで

自分を見直すこともできます。

それが今、とても大切な時でもあるのです。

 今日はあまりお天気がよくありませんでしたが、

夕方、雲の合間から時折、今年最後の満月の姿を

見ることができました。

愛のエネルギーや波動を体と心で受け取り、

今の本当の気持ちに正直に、手放すものは手放し、

心地よい「空間」と心地よい「時間」、そして

信頼を深める「仲間」との絆を大事にしていきたいと

改めて思った瞬間でもありました。

あなたも是非「命間」いま を意識してみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.41を配信いたしました。

「肩の力を抜いて 手放してみよう」→こちら

 目に見えるものでも、心の中でも、

不要なものがあると、自分自身のエネルギーや

波動を下げてしまいます。

是非「手放し」の大切さについて、

動画でご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→