スタッフブログ

 潜在能力を発揮するには

私たちは誰でもかつては子どもであり、

さらに言えば赤ちゃんでありました。

でも、とても素直な存在であったことを

大人になると忘れてしまいます。

泣きたい時に泣き、笑いたい時に笑い、

子どもは人間の本能そのもので生きていますが、

少しずつ、成長とともに良くも悪くも色々なことを知り、

そして頭で考えるようになってくると

制限をかけたり、枠を作るようになってきます。

社会において、人との関わりがありますから、

わがままにはもちろん出来ず、我慢したり、

慮るということも同時に覚えるわけですが、

子どものなりたい職業に「公務員」とあるのは、

本当かな、と思ったりします。

それは、公務員は安定しているから、

と周りの大人に教えられているからに過ぎず、

子どもが最初から安定を求めることは

滅多にないことなのではないかと思うのです。

そして、ユーチューバーになりたいと言えば、

それではなかなか食べていけないから・・と

言われて、段々、中学生、高校生になってくると

現実を見ながらその現実の枠の中で収まっていくように

してしまうのは、何だかもったいないような気がします。

 久しぶりに知り合いの生まれたばかりの赤ちゃんを

見たのですが、壊れそうなぐらい小さくて可愛くて、

でも不思議なほど、計り知れない広大な世界と

繋がっているような、可能性に満ちた姿だなと思いました。

潜在能力に溢れている感じです。

 私たち大人が本来持っているはずのその潜在能力を

発揮するためには、やはり子どもの心を取り戻し、

素直な気持ちを実際の行動に反映できるように

意識することが必要ですね。

素直な気持ちは潜在意識から湧き出てくるもの。

では、その潜在意識から湧き出るようにするためには、

心を落ち着かせる時間、リラックスする時間を大切にし、

結局は自分自身と向き合うことしかありません。

 もうすぐ3月も終わり。そして年度末でお忙しく

していらっしゃる方も多いと思いますが、

まずは疲れた心、少しずつでも癒して下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.53を配信いたしました。

こちら

〜「考える」習慣があると いざという時に慌てない〜

是非、ご覧いただけましたら嬉しいです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→