スタッフブログ

「心に縁側を持て」

 私たちの世界というのは、白か黒、◯か✖️

善か悪・・というように二項対立なのでしょうか。

それほど単純ではありませんね。

世の中は複雑であり、しかも曖昧な部分が沢山あります。

二者択一で究極どちらかを選ばなくてはいけない

状況になることもあるかもしれませんが、

何か話し合いを持った時、あるいは色々な思いに

触れた時、絶対にこちらが正しくて、絶対にこちらが

間違っているということはないのではないかと思うのです。

 現在は、人により様々な考えがあるということが

今まで以上に浮き彫りになり、本来なら、◯か✖️では

片付けられないはずであるのに、他者の考えを攻撃的に

批判したり、排他的な思考に陥ったりする例をよく

耳にします。

 タイトルの「心に縁側を持て」は松下幸之助さんの

言葉です。

今は縁側のあるお宅というのは少なくなり、若い方達は

縁側というものを知らないかもしれませんが、

昭和時代の多くの日本家屋には縁側がありましたね。

建物の外側に沿ってある細長い板敷です。

そこはお庭に続くところで、家の「内側」であるような

でも「外側」でもあるような場所。そしてそこで、

普段は関わりを持つ機会がない、お家の人とお庭師さんが

言葉を気楽に交わすことができたり、

ふと立ち寄った人がちょっとお茶を飲みながら会話をする

というような素敵な交流がそこに生まれます。

 「心に縁側を持て」というのは、そういう内側でも

外側でもないような場所を心の中に持つ、つまり、

曖昧さを許しましょう、ということなのです。

こうあるべき、という固定概念に囚われることなく、

社会の多様化を柔軟に受け入れるとともに、

考えの違い、判断の違い、立場の違い・・様々な違いを

寛容に受け止める思考と思いやりを持つこと、

そして自分なりの考えもしっかりと持てるように

日頃から考える習慣を身につけることも大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』Vol.60を配信いたしました。

こちら

「周りにコントロールされないために大切なこと」

揺れ動くこの時代、不安定になりがちだからこそ

個人として必要なことをお伝えしておりますので、

ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→