スタッフブログ

 朝どのようにスタートするかで1日が決まる

 皆さまは朝という時間をどのように迎えていますか?

そしてどのように過ごしていますか?

まずは第一声。あるいは1番初めに心の中で思うこと。

これが「あ〜眠くてやだな〜」「だるいな〜」とか

「朝は苦手だから嫌いだわ〜」「今日も1日忙しくなり

そうで大変だわ」というような言葉を使っていませんか。

 私も朝がとても苦手なので「あ〜もっと寝ていたい」

などと思うこともよくありますが、このような言葉を

使ったり、口から発しなくても、頭の中で思うだけで

余計に体の動きが鈍くなります。

起きた瞬間からもう脳に暗示をかけてしまっている

ことになりますから、そのように朝をスタートさせると

本当に体が重くて大変な1日になってしまうのですね。

 日本は言霊の幸ふ国 (言霊の力によって

幸がもたらされる国)と言われるぐらい、言葉の力を

大切に扱ってきたのですから、昔の方達は感覚的に

分かっていたのでしょう。

言葉はそのまま私たちの心と体に影響します。

ですから朝起きた時なども、「今日も良いことが

ありそう!」「今日も爽やかで気持ちがいい〜!」

「今日も1日わくわくする!」「今日はどんな素敵な

ことが起こるかしら」などというように、

思っていないとしても、とりあえず言ってみることが

大事です。

私も寝ぼけ眼でリビングのカーテンを開けながら、

「今日も太陽と自然の恵みに感謝します。」

「ありがとうございます」「今日も良い1日です」

などと、とりあえず言ってみます。

また、洗面所の鏡に向かった時に「何だか疲れがとれて

いないな〜」「まだ眠いな〜」などと言う代わりに

「今日も素敵!」とひとこと思い切って言うのです。

誰の前で言うわけでも無いわけですから、

嘘でも何でも良いのです。

朝は1日の始まり。そこでネガティブなことを

脳にインプットしてしまえば1日ネガティブに・・

そうならないようにするために、朝の口癖と考え方に

気をつけて、爽やかにスタートさせたいですね。

 そして出来るだけ朝の時間に余裕を持たせて、

朝こそ丁寧に過ごせるとその日が断然変わってきます。

ちょっとした心がけ次第なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 最新動画 YouTube『エクラの風』Vol.63では

他人の幸せを祈るとどうして自分が幸せになるのか

ということを潜在意識や脳の観点からお話しして

おります。

是非、参考にしてみて下さいませ。

「他人の幸せを祈れば 自分も幸せになる」→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→