スタッフブログ

 元気のないお相手にはまずペーシングを心掛ける

 どなたかがちょっと元気がなさそうな時、

あるいは、とっても落ち込んでいたり、

悩んでいたりしている時、あなたは

どのように声をかけますか?

元気がない人に向かって「元気だして!」

といきなり言っても、なかなかそれは

お相手には伝わりません。

かえって辛くなる可能性もあり得ます。

元気を出してもらいたい、パワーをあげたい

と思って、悪気はないかもしれませんが、

いきなりそれでは、違和感を覚えてしまうのです。

また、アドバイスのつもりで、あれをすればいい、

これをすればいい、というような押し付けも

お相手の負担になるだけですから要注意です。

 ですからやはり、まずはその方のペースに合わせて

辛い気持ちを受け止め、共感することが大切。

ペーシングというのは、姿勢やしぐさ、声の大きさや

話す早さなどもお相手のペースに合わせることです。

そうすることで自然に信頼関係を築くことが

できますから、そこから少しずつ、お相手が

元気になるようにリードしていけると良いですね。

 逆に自分が何だかパワーが出ない時。

人のエネルギーがほんの少し欲しいこともあります。

その程度にもよりますが、すごく悲しい気分の時に

あまりにも元気が良すぎる方に声をかけても、

もしかして波動が合わなくて悲しみが癒されない

かもしれませんし、落ち込んでいる時に

テンションが高い方と一緒にいても、余計に

自分なんて・・と落ち込んでしまうかもしれません。

 人は誰かに話を聞いてもらうことで

元気が出たり、癒されたりするものですから、

1人で抱え込まないで、友人などにお話することも

とても大切なことですが、気持ちに同調してくれる方を

選ぶことも必要です。

そして少しずつ自分を取り戻すことができたなら、

自分自身をしっかりと満たして、

また他の方のためにエネルギーを注いで差し上げる

ことも大事ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.68を配信いたしました。

「このまま進む? それとも軌道修正?」→こちら

今年も後半戦になり、これからの半年、どのように

有意義に過ごしていくべきか、改めて自分自身を

見つめ直す時です。

是非、ヒントにして頂けましたら嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→