スタッフブログ

 優位感覚を知ってコミュニケーションを滑らかにする

 「海」と聞いて、あなたはどのように

イメージするでしょうか。

ある人は、遠くまで続く広大な海と爽やかな空を

思い浮かべるでしょうし、ある人は、

静かに打ち寄せる波の音や砂浜の音が聞こえて

くるでしょうし、またある人は、

海の香りとともに、心地よく肌に当たる潮風を

連想するかもしれません。

このように、私たちはそれぞれ、同じ対象でも

人によってイメージ感覚はバラバラなのです。

 人間は、五感によって外部の情報を受け取って

いますが、その時に、優位になる感覚があると

言われています。

特に視覚、聴覚、身体感覚の3つを重視し、

自分とお相手の優位感覚の傾向を知っておくと、

コミュニケーションがより滑らかになるのです。

 視覚優位の方は、見る、描く、明るい、暗い、

鮮やか・・など、聴覚優位の方は、言う、聞こえる、

〜の音、賑やか、響く・・など、身体感覚優位の方は、

暖かい、柔らかい、実感する、触る・・などと、

それぞれよく使う言葉に傾向がありますから、

意識して自分の使う言葉、お相手が使う言葉を

聞いていると、どのタイプかが少し分かるかも

しれません。

 その上で、もしお相手が視覚優位であれば、

視覚的にイメージしてもらいやすい言葉を選び、

聴覚優位であれば、聴覚に訴えかける言葉、

身体感覚優位であれば、触感や香り体での

感覚を表す言葉を使うと、お相手に合わせる

ことができて、スムーズに会話が進んだりします

ので、信頼関係を築くコミュニケーションに

効果的です。

 本日はコーチング講座を行いましたが、

やはりどのような場面でもコミュニケーションが

大切だと実感されているため、スキルの1つと

してお伝えしました。

難しい面もありますが、でも、人によって

優位感覚が違うのだ、ということを知っている

だけでも、理解の相違などによるトラブルは少なくなる

かもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol,69 を配信いたしました。

「思い通りにいかない時の ストレスを防ぐ方法」です。

こちら

たとえ何かを一生懸命やっていても、どうしても

思い通りに行かない時というのは誰にでもあります。

そのような時にストレスやネガティブな感情をためない

簡単な方法をお伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→