お出かけ

 小さな命のエネルギーに触れて・・

 今日1日の出来事を全て書くと

1週間かかりそうなぐらい

都内で、盛り沢山のことをやって参りました。

逆を言えば、私の予定に合わせて、

皆さまが都合をつけて下さるので、

1日で色々なことができて、本当に有り難い限りです。

 その中の1つ・・

NLPを一緒に学んだ友人&生まれて3ヶ月のbabyちゃんに

お会いしました。

生まれたばかりのbabyちゃんと対面するのは

私にとって、とても久しぶりで、3人も育てているのに、

どうやって抱っこするの?という感じがしたぐらい、新鮮でした。

3ヶ月の子って、とっても重いのですね。

もうすっかり忘れています。

そして、孫を見る気分!?

可愛いですね~~。

エネルギーに満ち溢れています。

そして、可能性を無限大に秘めています。

一生懸命、話しかけてくるその様子も愛らしく、

笑いかけてくれる純粋無垢な表情もまた、何とも言えません。

小さな体で精一杯生きている様子に

心が洗われるようでした。

 大人になるにつれ、他人の目を気にしたり、

調和を重んじるばかりに自分を見失ったり、

本来なら、大人であっても未来に向けての可能性は、

まだまだあるはずなのに、

自分で不必要な枠を作ってしまい、

可能性の幅を知らず知らずのうちにも、

随分狭めているのでしょうと改めて思いました。

 そして、babyちゃんの存在というのは、

そこにいるだけで周りを幸せにする力があり、

頭の先から足の先まで、身体全体が

生きるエネルギーに満ちています。

一方、大人は、慌ただしい日常に翻弄され、

気持ちにゆとりがないために、ぎちぎちしていたり、

日々の疲労の蓄積で、その疲労感を漂わせたりしがちです。

(そうならないように努力はしたいところですが・・)

 でも、今日は1時間ほどカフェでおしゃべりをしながら、

ずっとbabyちゃんを抱っこしていましたので、

(泣かずに、ずっとニコニコで嬉しい限り^^)

エネルギーチャージさせて頂きました。

 純粋な気持ちを忘れずに、今年も精一杯、

年末まで頑張りたいと思います。

 

 

 

 コミュニケーションの大切さ

 久しぶりに年に一度のアルクのフォーラムに

行って参りました。

もしかして、私は色々な活動をしているために、

私がアルクの一員であることをご存じない方も

いらっしゃるかもしれませんね。

英語教室の小学生部門は、

アルクのKiddy CAT英語教室としてやっております。

それなので、アルクの大きな支えがあり、

色々と勉強をする機会を持つことができて、

本当に有難いのです。

本日も、3人の先生方のご登壇で、様々なお話を伺うことができ、

とても学びの多い1日となりました。

英語を教えていて、いつも感じているのは 、

英語はツールであって、学びの最終目的ではないということ。

本当に大事なのは、相手に何を伝えたいのか、

何を相手から聞きたいのか、ということを

自分でしっかりと分かってコミュニケーションをすること。

そして、大人はこれから未来を生きる子どもたちに

何を伝えていくことが大切で、

どのような社会を築くことが大事なのか、

今の子どもたちが大人になった時に

幸せな社会であるためにはどうしたら良いのか、

それをきちんと考える必要があると思うのです。

子どもたちが、自分自身に問う力、

そして、自分の想像力&創造力を発揮できる

コミュニケーション力を身につけるためには、

大人もそれができないといけません。

私もまだまだです。

考えることが多すぎて、また書き出し作業が必要ですが、

これから、私ができることをまたじっくりと

考えたいと改めて思いました。

でも、やはり私が大事にしたいのは「コミュニケーション」。

そうそう、会社のコンセプトも

「自他への思いやりあるコミュニケーションを大切にすること」です。

  1日の最後は、お風呂に入って「マインドフルネス」。

自分とのコミュニケーションも大事にしたいと思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 感性を磨く

 本日は、私が理事をさせて頂いております

(財)エウテルピス音楽芸術文化財団 主催の

「若手新鋭音楽家演奏会シリーズ」第二弾

テノール、バリトン、ピアノによる

魅惑のトリオコンサートに行って参りました。

というよりも、財団主催ですので、

リハーサルの段階から、裏方でお手伝いに回り、

コンサートは袖で見ている感じでしたが、

とても素敵なコンサートだったことには間違いはなく、

皆さまにとても喜んで頂けたようで、嬉しく思います。

 先日書きましたマナーと同じで、オペラ鑑賞というのは、

決して堅苦しいものではなく、

生活に少し潤いを持たせるものであり、

日常に自然にあるものでもあります。

今日は、トステイ、リスト、シューマン、

そして日本を代表する山田耕作や小林秀雄など、

様々な曲目があり、わかりやすく、

また心に響く音楽で、多くの人たちを魅了していました。

 音楽は良いですね。心を落ち着かせます。

そして、感性も磨きます。

私たちは、感性を磨くということは、とても大切で、

ぼーっとしていたら、磨かれません。

常にアンテナを高くし、五感を大切にしてこそ

その感性が磨かれていきます。

 本日もとても素敵なひとときでした。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩きだす365日の言葉の花束〜

Amazon・全国良店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 日本・オーストリア修好150年記念 夜会

 ウィーンは私のとても訪れたい街の1つです。

クラッシック音楽にそれほど精通しているわけでは

ありませんが、それでも、やはりとても好きな音楽ですし、

ウィーンは音楽に都。そして、舞踏会の世界の首都。

憧れの街です。

私は、大学卒業や結婚の時期が、ちょうど世界情勢の

危うい時期で、湾岸戦争があった時と重なり、

行きたかったヨーロッパ旅行ができず、そのまま、

行けないままになってしまいました。

 それが今回、『日本とオーストリア友好の夜会』という、

素敵なパーティーに、ご縁がありまして参加する機会があり、

とても楽しいひとときを過ごすことができましたことが

大変嬉しく、ますます訪れたい街となりました。

 予定ではカール・ハプスブルグ=ロートリンゲン大公が

おみえになるところでしたが、急なご公務のため、急遽

ゲオルク・ハプスブルグ=ロートリンゲン大公をお迎えし、

お目もじの上、ご一緒にお写真も撮って頂けまして、

大変、光栄なことでした。

その後、様々な日本とオーストリアの文化を楽しみ、

また、ワルツなどを踊りながら、とても和やかな会で、

思い出に残る1日となりました。

 ダンスももっと練習しないといけないかな〜とも思い、

また楽しみも増えているところです。

これからも、日本のこと、世界のこと、地球のこと、

様々なことに興味、関心を持ちながら、

出来る限り、色々な経験をして参りたいと改めて

思います。

以前、ドイツ出身の女性に日本語を教えていました時、

ドイツ語の本を数冊買って、意気込んでいましたが、

彼女がドイツに戻ってしまってから、

すっかり本棚の肥やしになっていました。

今日、ドイツ語が何も分からないのは残念でしたが、

一度に色々なことをやるのは無理なので、

やはり、出来ることから、少しずつですね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 成功する人は何をしているか・・

 人間関係がうまくいくのも、

お仕事がうまくいくのも、

運が良くなるのも、

良いことを引き寄せるのも、

そういうことが出来ている人が必ずしているのは・・

「自分を愛すること」

これが基本です。

自分を愛していれば、他人を愛することができ、

他人を愛していれば、人間関係も上手くいきます。

自分を愛していれば、自己肯定できますが、

もしも自分を愛せていないと、自己否定し、

また他人までも否定しかねません。

自分を愛していれば、周りのもの、事柄、全てにも

愛情を注ぐことができ、それにより、更に

そこからパワーを得ることができるようになるです。

 そうやって、知らず知らずのうちにパワーを得ていき、

成功に結びついていくわけです。

 私の非常にパワフルでバイタリティー溢れる友人が、

また1つ事業を増やし(いくつの事業をやって

いるのか・・これは不明でもあり謎でもありますが・・)

本日、お披露目でした。

 南青山にある、桂由美ブライダルハウス1階に

「 Cafe de Rose 」をオープン。

輝く人生の中で起こる様々な出来事を祝すにも適して

おりますし、単にカフェとしてご利用も頂ける

とても素敵な空間です。

今日はオープニング・レセプションでしたが、

オープニング前に微力ながらお手伝いさせて頂き、

無事にこの日を迎えることができましたのは

私も本当に嬉しい限りです。

 そして、彼女の溢れるエネルギーとパッションの

出し方、得方を少しでも見習い、

私もこれからも、精一杯頑張って参ろうと思います。

 自分を愛すること。

自分を大切にすること。

そして、周りを愛し、大切にすること。

この基本の循環も大事にして参ります。

 そして皆さまもし、青山、六本木辺りにお出かけの際は

ぜひ、「 Cafe de Rose 」にも足をお運び

頂けますと嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 モチベーションを継続するには・・

 本日も、頭や胸がいっぱいになるほど

様々なことをやりました。そして学びました。

人と会ったり、学びを得たりしますと、

頭も興奮しますし、自分の将来に対しての

モチベーションがとても上がります。

高いエネルギーを持つ方とお会いすれば

自分のエネルギーも高くなり、

波長が合えば、またそこで高め合い、

やる気がとっても湧いてくるのですが、

残念なことに、このようなモチベーションは

ず〜っと続くわけではないのです。

時間とともに必ず下がってきます。

日常生活は本当に地味で、雑用も多いですし、

家事もやらなくてはいけません。

ずっとテンションが高いわけではないので、

そのモチベーションができるだけ下がらないようにする

工夫をする必要がでてきます。

 それは・・・わくわくを感じていた時と同じような

情報を継続的に意識的にインプットするようにするのです。

本や雑誌、動画、何でも構いませんので、

そのわくわく感を味わえたら、またモチベーションは

上がってきます。

そして、また私がよく言う自分ミーティングをすると

自分自身の心の中を確認できます。

「自分はなぜそれをやりたいのか?」

「なぜ、それを叶えたいと思っているのか?」

「それを達成することで、

     どのような感情を味わいたいのか?」

そのように自分に問いかけながら、

高められたモチベーションをなるべく

上げたままでいられるようにしたいですね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊 【 夢の音読 】

 〜心が前に歩きだす365日の言葉の花束〜

書店やAmazonにて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 周りの力を借りて、自分の出来ることを高めていく

 とても有意義な1日でした。

まずは、3年以上ぶりの友人に久しぶりにお会いし、

(直接のお付き合いの期間は短いのですが、

期間の長短は関係ないですね。今回、彼女のお仕事の

計画の件でお声をかけて頂き、とても嬉しい再会でした。)

彼女のエネルギーと活躍の場の広さ(世界レベルです)に

改めて感動しながら、色々とお話をすることが出来ました。

微力ながら私でお役に立てることがあれば、本当に

嬉しいことだと思い、もっともっと感性も高めていこう、

と感じているところです。

 そして午後は場所を移動して、NLPの自主勉強会。

私は遠方ということもあり、なかなかこの勉強会に

参加することが出来ないので、今日は私の予定に合わせて

セッティングして頂き、本当にお仲間の皆さまに感謝する

とともに、数時間で多くの学びを得られたことが

嬉しくて、嬉しくて・・。

1人で勉強するのも良いのですが、このように

皆で共有することで、たくさんの気づきがあり、

教えて頂くことが出来るのです。

 時々、今の自分には何が出来て、何が出来ないのかを

考えることも必要なのだと思います。

勉強でしたら、自分は何が分からないのか、出来ないのか、

ということを知って、そこを伸ばしたり、深めていく。

お仕事や、何かに取り組む時も、現時点の自分に出来る

ことや可能性を知り、そしてより高めて行く努力をする。

そのためには、自分で一生懸命に頑張ることも大事かも

しれませんが、時には、周りの力をお借りして、学ばせて

頂きながら、向上していけるようにするのも

大切なことだと、改めて思いました。

 どうやっても、往復いわきー東京間往復5時間は

かなり掛かってしまいますが、疲れを上回る充実感を

味わうことができた1日でした。

 何をどう頑張るのか・・

 私たちはよく「頑張る」という言葉を使います。

とても使いやすい言葉ですし、何かを始める時、

少しくじけてしまった時、何かの刺激を受けた時、

自分自身を奮い立たせるためにも、

「よし!頑張ろう!」と思うわけです。

また、自分のためだけではなく、他人のためにも

「頑張ってね。」とか、あるいは双方のために

「お互い頑張りましょう!」とか・・。

私もよく言います。

 でも、実際のところ、この「頑張る」という言葉、

とても曖昧で、意味がはっきりしていません。

とりあえずモチベーションを高めるために言う

掛け声みたいなもので、その思いだけでは

何も先には進まないのです。

ですから、頑張ろう!と思ったと同時に、

何をどのように頑張るのか、という具体的なことを

考えることがとても大事です。

 今日は都内で仕事以外のことを色々とやって参りましたが、

その合間に、旧知の友人に久しぶりに会うこともでき、

短時間弾丸トークをしてきた感じでした。

でも、お互いのことをメールでのやりとりではなく

実際に声に出して報告することで、

これまでのこと、今後のことが自分なりに改めて

整理され、そしてまた頑張ろう!と思うと同時に

どのように何をやっていけばよいのかと言うことも

考えるきっかけになりました。

 さらに、これまた弾丸短時間で、次男にも会いましたが、

大学も終盤戦に入って一層大変になっている彼には、

「体に気をつけて頑張ってね。」としか言えない

もどかしさも感じたわけです。

親としては、遠くで見守るしか出来ることはないのですものね。

 

 ドラッカーに出会って・・

「コミュニケーションで一番大切なことは

相手が口にしない言葉を聞き分ける力である。」

オーストリア出身の経営学者ピーター・ドラッカーの

言葉です。

ご本人自らは「社会生態学者」と名乗り、

組織や個人のマネージメントなどについての

本を数多く残していらっしゃいます。 

そのドラッカーの著書『経営者の条件』を

分かりやすく小説にされた吉田麻子さんの

講演会に行って参りました。

私はドラッカーの知識がほとんどなく、

本も読んだことがありませんでしたので、

とても良いきっかけを頂きました。

実はカラーを専門としていらっしゃる

吉田さんがどのようにドラッカーに出会い、

人生にどう生かしていらっしゃるのかというお話で、

やはり、その中にヒントがたくさん詰まっている

ということを知り、これから本を読むのが楽しみです。

 冒頭の、相手が口にしていない言葉を聞き分ける

って、とても難しいこと。

表に出た言葉でさえ、解釈のズレが生じでしまうと

コミュニケーションがうまくとれなくなって

しまうのですから、口にしていない言葉となったら、

相当お相手を観察し、心の内を知れるような

信頼関係を築かなければいけませんね。

とはいえ、難しく考えずに、とにかくお相手への

思いやりの心を忘れずにいることが

大切なのだと思います。

その思いやりの気持ちから、

見えてくるものが必ずあるはずなのですから。

 

 

 最高のパフォーマンスをする指揮者の役割

 至福のひとときでした。

素晴らしいオーケストラの演奏を聴き、

日常を忘れて、音楽の世界に深く入り込めたのは、

久しぶりです。

 日・ハンガリー外交関係開設150周年を記念して

小林研一郎さん指揮、

ハンガリー・ブタペスト交響楽団の演奏で、

リスト【ピアノ協奏曲第1番】や

ドヴォルザーク【交響曲第9番「新世界より」】などを。

小林研一郎さんは、いわき市が誇る

世界的指揮者ですが、とっても素晴らしかった!

いつもは交響曲などを聴く時は、結構、オーケストラの

それぞれの演奏者を端から端まで見たりしているのですが、

今日はほぼ、小林研一郎さんに釘付け。

どうやったら作曲者の世界をステージ上で

作り上げていくことができるのかなどと考えながら・・・

 指揮者というのは、まず楽譜を読み解き、

その時代に戻りながら、作曲者と対話し、

音楽を解釈していきます。

そして、今度はそれを沢山の演奏家たちの前で

タクトを振り、現代の演奏家1人1人の個性を

最大限に引き出し、それを生かしながら

オーケストラが一体となるように、そして

聴衆とも共感できるように最高のパフォーマンスを

するのです。

(あくまでも素人の私の簡単な解釈です。)

素晴らしい!という言葉しかでてこない私の

語彙力の乏しさに情けなくなりますが、

同じ曲でも指揮者によってこれほどまでに

違うということを改めて体感しました。

 家庭の中での親の役割。

学校の中での先生の役割。

会社の中での上司の役割。

社会の中でのリーダーの役割。

それぞれあると思いますが、

全て、このオーケストラの指揮者の役割と

通じるところが多くあると思います。

 伝えることは最小限にし、

子どもや生徒、部下の能力を最大限

活かせるような場を提供し、

そして実際に多くの可能性を引き出して

そこの環境がより良いものになるように

作り上げていくことができると

皆が幸せになっていきます。

指揮者の話ばかりになってしまいましたが、

ピアノ協奏曲のピアニストは、お嬢様の小林亜矢乃さん。

彼女の音色も心地よく、繊細でありながら

深みのある音楽に引き込まれました。

 気づきを得て、英気を養った日曜日。

また今週1週間、頑張れそうです。