コミュニケーション

 自分へのクエスチョン

 以前、質問力のことについて書いたことがありますが、

人とのコミュニケーションで質問する力があると

お相手との信頼関係を築きやすくなります。

人は質問をされると、普段考えていなかったことでも、

改めて考え、答えを導きだそうとするからです。

良い質問ができると、お相手への理解を深められ、

また、困難な状況にあっても、お互いの歩み寄れたり、

あるいは手を携えられる答えをも見つけることが

できるかもしれません。

 質問力についてはまた別の日に書きたいと思いますが、

質問を自分自身に対してすることも大切だということを

今日はお伝えいたします。

 私のスクールサロンや教室は、マンツーマンレッスンも

行いますので、コロナ感染がご心配でない限り、

いつも通りレッスンをやり、本日も

「自分磨きコーチング講座」を行いました。

その中ではもう、とことんご自身に質問をして

価値観や信念を掘り下げて頂き、

「自分を知る」ということをやっていきます。

 私たちは普段、なかなか自分へ質問するということは

やらないものです。

質問したとしても、頭や心の中でのことだけで、

明確化するところまでには至らないものですから、

ここでまた私の得意な提言、「書き出し」です。

 私も一部、生徒さんとご一緒にやりましたが、

価値観や大切にしていること、というのは

その時の環境や状況、年齢などでも異なってきますので、

あくまでも今日3月11日の想い。

本日は東日本大地震からちょうど9年の日でも

ありますから、尚更、思うところも各々の心の中で

強くあるかもしれません。

そのようなことも大事にしながら、

現在の本当の自分の価値観や信念をもう一度

改めて質問して、しっかりと答えを出した上で

確認ができると、これからの人生を

より自分らしく生きることができるのだと思います。

 どのような人生を歩みたいですか?

 幸せとは何でしょう?

 豊かさとは何でしょう?

 何に感謝していますか?

 大切にしたい価値観は何ですか?

 夜眠りにつく時にどのような状態なら満足しますか?

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 

 笑顔を忘れてはいませんか?

 世の中が、心配、不安、恐怖などで溢れている今、

ニュースでも毎日、大変だ、大変だ・・ということ

ばかりです。もちろん今まで私たちが経験したことが

ないことが世界中で起きているのですから、

大変であるには違いないのですが、

現場で頑張っていらっしゃる方々に感謝しながらも、

私たちは日常生活の中で、暗くなることはないのです。

1人1人それぞれが、自分で出来ることを考え、

そして他人に対しては思いやりを持つことが

できなくなってしまっているから、

日常生活品が品薄になったり、

近くでちょっと咳をする人がいたりすると、

皆でそちらを一斉に見るというような状況になって

しまいます。

 以前も書きました通り、それよりも各々が

免疫力を高めること。年末にインフルエンザに罹った

私が言ってもあまり説得力がないかもしれませんが、

だからこそ、言えることでもあるのです。

そして不安や心配なマイナス感情よりも、

笑顔でいられるよう、穏やかな気持ちでいること。

不安なことばかりに気をとられていると、

周りのことや本当に大切なことが見えなくなってしまいます。

時には心から笑い、何気ない時でも笑顔でいる

というのはとても大切です。

 誰もが持っている素敵な笑顔。

今、忘れてはいませんか?

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 ヴォイス&スピーチレッスンで思ったこと

 大人のレッスンで、皆さまがとても熱心に

話を聞いて下さると、私の方もどんどん熱が入りますが、

本来ならば聞き役の方が得意な私が、

よくこんなに話すことができる・・と不思議に思うほどです。

本日のヴォイス&スピーチレッスンでも

あっという間のとても楽しい時間を過ごしました。

 さて、その中での1つ。

話しながら、改めてその大切さを感じたのは、

常に自分自身の「心身を整える」こと。

身体と心はとても繋がっていますので、

身体だけ鍛えるだけでも、心の面だけを

意識するだけでもなく、どちらも共に整えることに

気を配っていることが重要だということです。

 身体をまっすぐに姿勢を整え、それを支えるための

必要な筋肉を適度に保ち、呼吸を整える。

そしてそれと同時に精神を整えてから何かに臨むこと。

これが習慣になっていれば、どのようなことがあっても

動じることなく、落ち着いて取り組むことが

できるようになります。

 そういえば、先月やりましたトークショーの時、

私は珍しく、直前にとても緊張いたしました。

もちろん人前に出る時にはいつも、適度な緊張感は

ありますが、この時ばかりは、それとは異なり、

ドキドキする心臓の音が外に聞こえるのでは・・

と思うほど。

理由の1つには、どのような会場なのか、

どなたとトークをするのか、というような

事前の打ち合わせがなく、イメージができなかったこと。

そして、皆さまがお待ち下さっている会場に入る時、

上から階段を降りていかなければならず、

またそのナビゲーターの方が、「お呼びしたら、

是非、宝塚のように階段を降りていらして下さい。」

なんて仰るものですから、余計に緊張してしまったのです。

 マイクを持つ手が震えてしまうのではないかしら、

脚がガクガクしてしまうのではないかしら・・などと

心配になってしまいましたので、その時ここで、

しっかりとステート(自分の状態)を整えることを

意識したのです。

すると、その必要以上の緊張が解け、とても自然体で

いることができました。

 これはいつもと違うことをする時だけではなく、

いつもと同じことをする時も同様です。

常に基本は、心身を整えておく。

私もいつも心がけていようと思っております。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 足りないものを補い合える繋がりを大切に・・

 書棚を眺めていると、

ふと、恩師が贈って下さった本が目にとまりました。

幼少の頃からこれまで、お世話になった先生方は

たくさんいらっしゃいますが、有難いことに

様々な先生から本を頂戴することが多く、

今日手にした本も、もちろんその宝物の1つです。

もう30年も前に頂いた本で、

普段はなかなか読むこともありませんでしたから、

今は天国で見守って下さっているその恩師を

懐かしく思いながら開いてみました。

すると、本の扉には先生直筆の親しみのある字が・・。

「女性は男性の創造力・想像力を再生し、

男性は女性のそれをまた刺激する」

「人は何より自分自身になることが大切」と。

 まず、自分自身を見失わず、丁寧に生きること。

そして、出会った方、関わる方たちを大切にし、

お互いに補えるところは補い、

高め合えるところは高め合っていくことができれば、

人生が豊かになり、より深められるのでしょう、と

改めて感じました。

 人は1人では生きてはいけず、

繋がりや温もりのあるコミュニケーションがあってこそ、

人生を歩んでいけるのです。

以前にもお伝えしましたが、

コミュニケーションは人と人との温かさの交換。

それが心地よくできると良いですね。

 9日は満月。

ちょうど出版記念トークショーをやりました日が

新月でした。

それから、少しずつ少しずつ膨らみを帯び、

ほんの少しだけ欠けている今夜の月も

冴え渡る夜空にまばゆく光輝いています。

しばらくじっと眺めていました。

感謝の気持ちを込めて・・。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 

 

 

 自分とのコミュニケーション

 准看護学校での第2回目の講義は

セルフコントロールの大切さと傾聴について。

傾聴のことは、看護学生であれば、

他の授業でもやるかとは思いますが、

私の視点で、特に共感的傾聴の重要性をお話し、

また、患者さんのケアのことに関してはいつも

勉強していても、自分自身を知るということは

なかなかやらないかなと思いまして、

セルフコントロールの大切もお話するようにしています。

 でも、看護職の方に限らず、どなたでも、

自分自身を大切にすることはもちろん大事。

いつもお伝えしますように、他人のために優しさや

愛情を注ぐためには、自分がしっかりと満たされて

いないといけないからです。

 そのために人とコミュニケーションを取る前に、

まずは、自分とのコミュニケーションを取ること。

しっかり自分ミーティングして、自分を受け入れて

認めること。そこが大切です。

そして、自分の好きなところを沢山見つけられると

良いですね。

人は皆だいたい、自分の嫌いなところ、欠点は

すぐに見つけられるのに、自分の好きなところは

なかなか見つけられないものです。

若い学生でも、自己肯定感が低くて、全く

自分の良いところ、好きになれるところがない。

と言う子もいたので、もっともっと自分のことを知って、

受け入れてほしいな、認めて欲しいなと

思うところです。

 人生限られた時間しかないのですから、

時々自分ミーティングして、今の自分を知り、

それから、ありたい自分を明確にし、

何を求め、何をしたくて、何を心地よいと思うのか。

心の奥底にあるものを掘り起こしてみて、

そしてそれから、人との良いコミュニケーションが

とれるようになると良いですね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 伝わるように伝えるのは難しいけれど・・

 私たちは、普段何気なく会話をしていますが、

お相手に何かを伝えようと思っても

きちんと伝わるように伝えるのは、

実はとても難しく、どこかで理解の違いが生じたり、

伝えたつもりでも、伝わっていなかったりすることも

よくあることです。

それすら気付かずにコミュニケーションを続けると、

なかなか信頼関係を築けず、

もどかしい思いもするかもしれません。

 今日は、市内の准看護学校で久しぶりに講義をして

参りました。毎年、卒業前の3学期に行いますが、

社会に出る前に、少しでも、何か1つでも、

心に残っていることがあれば嬉しいな、

という思いで全力でお伝えします。

 そして本日のテーマはまさしく、

「コミュニケーションの基本」です。

 今年の学生さんたちは、また特に反応が良くて、

嬉しく思いましたが、同じことを話しても、

聞く側の価値観、置かれている環境によって

受け取り方というのは様々です。

それは、日常の会話でも、お仕事上の会話でも

同じことで、その違いを予め理解した上で

私たちはコミュニケーションをとる必要があります。

 でも違うからこそ、楽しくもあり、

違うからこそ、様々な新しい発見があったり、

気づきがあったりするものです。

私も、学生の発言で、なるほど!と思う場面もあり、

毎回色々な気づきを得て、私自身の学びにもなります。

 明日は1校時目の授業。

朝が苦手な私は、今日の皆さんの笑顔をパワーに変えて、

しっかりエンジンをかけていこうと思っております。

伝わるように伝えるのは難しいけれど・・。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 

 

 聴く姿勢が大切なわけ

 新年初めてのヴォイス&スピーチレッスンを行いました。

マンツーマンレッスンで、生徒さんは30歳代の若い方。

初めてレッスンにいらした時から、とてもご熱心。

レッスンをしていて、たまに、あまりメモを取らない方も

いらっしゃるので、そうすると返って私の方が、

今の話、メモしなくても大丈夫?と思ってしまいますが

今日の方は、しっかりと書き留めていて、前回のことを

忘れてしまっても、また聞き直して下さり、嬉しい限りです。

 人間は、忘れてしまうのは当然です。

メモをしたとしても、それをすぐに復習しなければ、

その自分の書いたことの意味が分からなくなってしまう

ということは、私もよく反省するところです。

 ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが

人間は時間とともにどれだけ忘れてしまうのかを数値化した

「エビングハウスの忘却曲線」というのがありますが、

これによりますと、

20分後には42%、1時間後には56%、1日後には67%、

6日後には75%、1ヶ月後には79%、忘れてしまうのです。

 1時間後には半分以上忘れてしまうのですから、

どれだけ復習が大切か・・ということですね。

だんだん話が逸れてきてしまうので、この話はまた改めて

したいと思いますが、もし忘れてしまったのであれば、

また同じことでも、何度でも聞く方が良いということです。

そのままにしてしまうのが一番もったいないこと。

かけた時間とお金を無駄にしないために、

身につけたいという強い意志を生徒さんが持っていらっしゃると

とても嬉しくなります。

そうすると、私はカリキュラムに入っていないことまで、

色々とお伝えしたくなってきます。

そうなると、生徒さんはさらに質問して下さいます。

そうすれば、もっともっとその方のためになりそうなことを

話していきます。

良いコミュニケーションのやりとり、

そして良いエネルギーの循環がそこに生まれてくるのです。

 日常でもビジネスでも、コミュニケーションでは

聴く姿勢というのがとても大切です。

お話をきちんと聞いていますよ、という合図、例えば

相槌をうつとか、お話に合った表情をするとか、

ちょうど良いタイミングで、言葉を返すというようなことを

していく必要があります。

 人は、自分の話をきちんと聴いてくれる人に

信頼を抱くものですから。

お相手のお話をよく聴くことで、

お相手をより理解するだけではなく、

お相手から好感を持たれ、

信頼をされるという結果を得ることができるわけです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

 

出版記念トークショー&サイン会 決定!!

2020年1月25日(土)15:00~16:30

渋谷駅前 大盛堂書店にて

http://taiseido.co.jp/sbd20200125.html 

 

書籍はAmazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 コミュニケーションの大切さ

 久しぶりに年に一度のアルクのフォーラムに

行って参りました。

もしかして、私は色々な活動をしているために、

私がアルクの一員であることをご存じない方も

いらっしゃるかもしれませんね。

英語教室の小学生部門は、

アルクのKiddy CAT英語教室としてやっております。

それなので、アルクの大きな支えがあり、

色々と勉強をする機会を持つことができて、

本当に有難いのです。

本日も、3人の先生方のご登壇で、様々なお話を伺うことができ、

とても学びの多い1日となりました。

英語を教えていて、いつも感じているのは 、

英語はツールであって、学びの最終目的ではないということ。

本当に大事なのは、相手に何を伝えたいのか、

何を相手から聞きたいのか、ということを

自分でしっかりと分かってコミュニケーションをすること。

そして、大人はこれから未来を生きる子どもたちに

何を伝えていくことが大切で、

どのような社会を築くことが大事なのか、

今の子どもたちが大人になった時に

幸せな社会であるためにはどうしたら良いのか、

それをきちんと考える必要があると思うのです。

子どもたちが、自分自身に問う力、

そして、自分の想像力&創造力を発揮できる

コミュニケーション力を身につけるためには、

大人もそれができないといけません。

私もまだまだです。

考えることが多すぎて、また書き出し作業が必要ですが、

これから、私ができることをまたじっくりと

考えたいと改めて思いました。

でも、やはり私が大事にしたいのは「コミュニケーション」。

そうそう、会社のコンセプトも

「自他への思いやりあるコミュニケーションを大切にすること」です。

  1日の最後は、お風呂に入って「マインドフルネス」。

自分とのコミュニケーションも大事にしたいと思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 聴き上手

 本日は、ラジオ収録のための打ち合わせがありました。

初めてお会いしました番組パーソナリティーの方が

とても素敵な女性で、打ち合わせの時間があっという間で

とても楽しいひとときでした。

こんなに自分自身のことを人様に話すということがないので、

恥ずかしい感じですが、質問がお上手なのですね。

そして聴き上手。

番組づくりのためとはいえ、これは、お人柄なのでしょう

と思えるほど、心地よく耳を傾けて下さいました。

そして私の話を的確に理解された上で、

上手にまとめて下さるので、驚きます。

 お相手が言ったことを、バックトラッキングと言って、

自然に繰り返すことで、ラポール(信頼関係)を

構築していくことがありますが、更に、話の内容を

咀嚼し、わかりやすく要約して、再び確認のために

話した相手にそれを伝えるというのは、

よほどしっかりと聴いていないと出来ないことです。

そして更にもっとお相手のことを引き出すために

上手に問いかけていく、というのは、本当に難しいこと。

聴く力、質問力、理解力、要約力・・・。

このような打ち合わせでなくても、

日常のコミュニケーションでも、心がけていきたい点だな、

と改めて感じました。

 今日の打ち合わせでの話を元に、番組の流れや構成を

考えて下さいまして、来週、本番です。

放送は11月に、2日間にわたって行われます。

また詳細は後日、お知らせさせて下さいませ♡

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊 【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す365日の言葉の花束〜

書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

「暮らしに役立つマナー」講座、無事に終了

 本日は(財)エウテルピス音楽芸術文化財団主催の

「今さら聞けない 暮らしに役立つマナー」講座にて

お話をさせていただきました。

平日昼間にも関わらず、お若い方からご年配の方まで、

市内の多くの皆さまにお越しいただきまして、

本当に嬉しく、そのような中でお話をさせて頂きましたこと

大変光栄に思います。

 マナーと聞くと、とても堅苦しいもの、遠い存在のもの、

あるいは、自分が恥をかかないためもの、と思われる方も

まだまだいらっしゃいます。

でもマナーというのは、自分のためではなく、

お相手に対する思いやりの表れで、

どなたにとっても、身近なものであり、

コミュニケーションをとるに当たっては、必ず考慮しなければ

いけないものでもあるのだということを

本日も強くお伝えいたしました。

あとは臨機応変にし、柔軟に対応する立ち居振る舞いができれば

よいわけです。

 一応様々な決まりごとがありますが、

それは分かりやすく形にするためでありますので、

大事なのは、やはり思いやりの心です。

その心を忘れずに持てば、お相手も不愉快な思いを

決してしないでしょうし、

より良い人間関係を作ることができるのです。

 マナーやコミュニケーションは一度でなかなか

身につくものではなく、日々の心がけの

積み重ねでご自分自身のものになってきます。

よく言われますね。

心が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。と。

小さな心がけ、そして小さな行動の変化を重ねて、

皆がより良くなれば、世の中はもっと

温かみのある社会になるのでは、と思います。