コミュニケーション

 受け取る側の気持ちを考える

 どなたかに贈り物をする時、あなたはどのように

品物を選びますか?

おそらく、お相手の姿やお顔を思い浮かべながら、

この方はきっと〇〇を喜んで下さるだろうとか、

この方は〇〇がお好きだと伺っているから、

これを贈ろう、などと考えながら品物を選ぶことと思います。

その時に受け取る方の気持ちを考えているわけです。

決して嫌がる物は選ばないですものね。

 贈り物に限らず、私たちは様々な人と関わる上で、

色々なものをお相手に贈ったり、伝えたりしています。

言葉や表情、態度やしぐさ、そのように目に見えない

ものも絶えず届けているのです。

ですからその時にも、やはり、プレゼントを贈るように

お相手の気持ちを考えることが大切です。

でも、プレゼントはお相手のところに届くまでに

時間があり、ゆっくり考えることもできますが、

言葉や表情、態度などはコミュニケーション上で

瞬時にお相手に伝わってしまう分

とても注意が必要になってきます。

 伝えたいけれどうまく伝わらない、とか、

そういうつもりはなかったのに、お相手に意図したことと

異なる解釈をされてしまったなどとという経験は

どなたにでもあると思います。

自分のフィルターや価値観とお相手のそれらとは、

最初から違うものだということを知り、理解した上で

伝える側は伝わるように気をつけなければなりません。

 表情はどうでしょう。

今は皆がマスクをしていて、お顔の半分以上が

隠れていますから、尚更、誤解のないように

そしてお相手の方が不快な思いをしないように

マスクの内側では最大限の努力をして、お相手に

気持ちよく伝わるように気をつけなくてはいけません。

「笑顔」はちゃんと届いていますか。

自分では笑っているつもりでも、他人からみて

「笑顔」だと認識できない場合もあることを

意識していることが大切です。

 本日久しぶりに行いました日本料理店での研修でも、

そのことをしっかりと確認して頂きました。

接客する時もとても大事なことですね。

日本人としての和の心とともに、お相手を慮るという

大切な心構えも共有できて実りある時間になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 

 心の柔軟性を高めるには

 子どもの頃(何年前の話!?)とても体が

柔らかかったはずの私は今やもうあちこち硬くて、

運動不足になると更に、筋肉が縮まってしまいます。

久しぶりにストレッチをすると、痛くて痛くて

そのあまりにも無い柔軟性を確認すると、

これではいけないと気持ちが改まります。

 心もまた柔軟性が無いと大変です。

頑なな考えは人との関わりを薄く、また狭くして

しまいますし、状況の変化にもついていけなく

なったり、対応が難しくなったりしてしまいます。

柔軟性があれば、心の余裕を持つことができますし、

物事を冷静に見ることができたり、何か問題が

起きた時にも落ち着いて対処できます。

そして固定概念に囚われないので、

他人にも優しくなれるのです。

 では、心の柔軟性を高めるためにはどうしたら

良いのでしょう。

まずは視野を広げること。

視野が広がれば、様々な人の違う考えや価値観に触れ、

様々なものの見方ができるようになります。

そして小さなことでも好奇心を持って興味のあることは

やってみると、成功しても失敗しても学びを得ることが

できますので、心の引き出しが増えていきます。

更には、自分が正しいという考えは持たず、

周囲の意見を聞き入れられるようにすること。

寛大な心を持つことです。

受け入れられる心の器が大きくなれば、

細かいことを気にしなくなり、様々なことを

柔軟に受容することが出来るようになってきます。

その寛大な心を持つことが難しいと言う場合は・・。

こちらは、また別の機会にお話するようにいたしましょう。

 ともあれ、心の柔軟性を持って何事にも

心落ち着かせて対応できると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 憂鬱な状態から気持ちを戻すには・・

 何か心配事があったり、考えているうちに

憂鬱になってきたりしてしまった時というのは

意識して別の方向に気持ちを向けないと、

そのままどんどん出来事まで望まない方向に

向いてしまいます。

憂鬱なことを考えるということは、そこに

自分のエネルギーを注いでいることになりますので、

その心配事を益々大きくしてしまうのですね。

ですから、少しその嫌なことを考えて憂鬱になったな

と思ったら、すぐに切り替えようと意識する習慣を

持っていると良いかもしれません。

 先日お話ししました瞑想する時と基本は同じです。

あっ余計なことを考えてしまったと気づいたら、

すぐに元の自分の軸に戻すように意識する感覚。

過去のことを思い出して心配になったり、

未来のことを考え過ぎて不安になったりするのですから、

一度今の自分に戻って、そしてそれから気持ちが明るく

なるようなことに意識を切り替えるのです。

 考えないように、考えないように・・としてしまうと

余計に考えてしまいますし、嫌だと思わないようにしようと

無理に考えても、それを変えることは大変です。

ですから、一旦その感覚から外れて、元の自分の中心に

戻ってから、意識の方向を変えていきます。

人間関係も同じです。

嫌だな嫌だなと思えば思うほど、そのエネルギーを

モヤモヤとした感情を抱く人に送ることになってしまいます。

そうすると、今度はそれが自分のところに返ってきます。

嫌だと感じるエネルギーがまた引き寄せられ循環してしまうのです。

ですから、その意識を少しそらすのです。

とにかくそこに意識を向けずに、深く考え過ぎないことが

大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.25 を配信いたしました。

様々な変化の時、大事なのは現在地を知ることです。

今回も拙著『夢の音読』から抜粋して、

今、私たちに必要なメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 マインドマップを書いて頭の中を整理する

 時々私はマインドマップを書きます。

頭の中を整理する時、心の中を整える時、

紙に書き出すと、入り乱れているものが視覚化され、

無秩序なものが少しずつ関連づけられたり、

明確化しますので、よくおすすめもしております。

その書き出しの時によく使うのがマインドマップ。

中心に書くものは、その時によりますが、

今日は、私はこれから何をどのようにライフワークとして

やっていけば良いのかということを「マナー」を

軸にして考えてみました。

考えるというより、まず書き出してみたのです。

思いのまま言葉を出したり、それらを線で結んだり

しながら視覚化していくと少しずつ明確になってきます。

 人は誰でも、迷う時も、悩む時も、どうしたら

良いのか分からなくなる時もあります。

自分の思いと、世の中の状況や仕組みや多くの人が

何となくの流れのままに信じているものとが

合わない時、またあるいは、自分自身の思いが

定まっていない時に、道を失ったり、不安を感じたり

するのでしょうけれど、やはり、大事なのは

そこに立ち止まるのではなく、少しでも動くこと。

それが対外的でなくても、自分の中だけでも

まず書き出してみて、本当の自分の大切にしたいこと、

あり方などを確認して、試行錯誤しながらでも、

二歩進んで一歩後退しながらでも、進んでいくと、

また何かが見えてきたりするのかもしれません。

 本日は、「福祉教育と日本の今後」

〜豊かな支え合いのある地域づくり〜 

というテーマの勉強会に参加し、様々な分野の

方々の意見やお話を伺って、貴重な時間を過ごすことが

できました。

結局どの分野であろうと、大切なのは、

自分のあり方、人としてのあり方を大事にし、

子どもも大人も、どのような境遇の人も、

それぞれの存在を認めることができて、

お互いを慮ることができれば、そこに自然に愛や

支え合いが生まれ、心豊かな社会ができていくのでは

ないかと思うのです。

 私のできることは何なのか、改めて考える

とても良い時間になりました。

書き出しもやはりおすすめです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 はっきり、ゆっくり、ていねいに・・。

 学生時代にアナウンサーになりたいと思っていた私は

小さい頃から音読が好きで、宿題になっていなくても、

よく声に出して教科書を読んでいましたが、

結局、職につくことがなかった私が、話すためのトレーニングを

受けたのは、もっと大人になってからのことになります。

 今でも、アナウンサーがニュースを読む声を聞くと、

視聴者に分かりやすく言葉を伝えるプロだなと改めて感じます。

厳しいプロのための訓練を受けていらっしゃるのですから、

当たり前ですけれどね。因みにNHKアナウンサーは1分間に

約300文字を話しているのだそうです。

 私たちがお相手に伝わりやすく話すためにも、

様々なポイントがありますが、

基本的には 「内容・態度・声」 が重要な要素になり、

それにより、お相手に良い印象を与えるかどうかも左右されます。

 簡単に言いますと、内容はわかりやすくし、

自分中心の態度や表情で話すのではなく、お相手の状況や

態度に合わせること。そして、聞き取りやすい声と話し方に

することが大切です。

 今日、あるところで、せっかく感じよく接客をしているのに、

滑舌が悪くて、少々早口な方がいらっしゃいました。

そうすると、言葉や内容がお相手に正しく伝わらない

可能性もあります。

またそのことにより、お相手にストレスを与えてしまう

ことにもなりかねません。

とても残念なことですね。

 今はマスクをしていることもあり、尚のこと、

人に何かを伝えなくてはいけない時には今まで以上に

注意することが必要です。

『はっきり、ゆっくり、ていねいに。』

これを意識するだけでもかなり違います。

 アナウンサーに憧れていた私は昔から早口言葉が

わりと得意。今でも国語脳トレーニング教室の生徒と

一緒に早口言葉を言って楽しんでいます。

はっきり、ゆっくり、ていねいに話すためには

滑舌を良くしておくことも大事。

お相手の誤解を防ぐことができるからです。

では、最後に1つ。

♪ 新進シャンソン歌手総出演、新春シャンソンショー ♪

いかがですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 理由があれば納得できるのに・・

 英語教室の生徒の話。テストを返された後、

どうしてそこがバツにされたのか分からなかったので

先生に聞きに行ったら、

「バツだからバツなんだ。」と先生。

「納得できないんだけれど、この先生の採点の

やり方はこうなんだ、ということが分かった。」

生徒の方が大人だな、と思いました。

しかも私が見てもそれは間違いではないし・・。

でも私が学校の先生の批判をすることはできないので、

生徒のことをあれもこれもと、色々と褒めて

やる気を無くさないようにフォローしました。

 子どもだけでなく、大人の世界でも間違いというのは

するものですし、その間違いに気づかないことも

あります。でもそれを指摘された時に、ちゃんと

どうしてそれが間違っているのか、こういう理由で

このようにしなくてはいけない、ということが

分かれば、納得もできますし、今後の行動に更に

活かすこともできます。

もちろん意欲を失うこともありません。

「どうして?」という理由づけは何においても大事。

◯◯だから、こうしたい。

◯◯だから、こうなる。

◯◯だから、これが必要だ。

ということを明確に言えると良いですね。

「どうしてこれが好きなの?」と問われた時に

「好きだから好き」というのでは理由になっていませんね。

件の「バツだからバツ」というのと同じです。

 お相手に何かを伝えて納得してもらいたい時は

しっかりと理由を言えるようにしたいものです。

 でも小さい子の「どうして?」「どうして?」攻撃は

答えるのが難しくて大変なのを、今思い出しました。

この「どうして?」は好奇心のかたまり。

我が子たちのその攻撃に答えるのに四苦八苦でしたが、

やはり理由があると納得し、次の興味の対象に繋げられる

のですから、大事にしたい問いかけなのだと思います。

もちろん、自分自身に対しての質問に対して、納得できる

理由づけも大切です。

それでモチベーションを高めることができるからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.19を配信いたしました。

Vol.18に引き続き、モチベーションについてです。

高めるためにも維持するためにも、ちょっとした

工夫をするだけで効率よくできるようになります。

ぜひご覧になってみて下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 柔らかみのある会話にするために「語尾」を大事にする

 今は直接会って会話するだけでなく、

オンラインでの会話も以前よりもさらに多くなり、

ビジネスでもプライベートでも、

コミュニケーションの形態は多様化していますが、

どのような形であれ、自分とお相手がいる限り、

そのコミュニケーションは心地よいものにすることが

大切です。

そしてどのような話題でも、どのようなお相手でも、

できる限りの誤解は避けたいもの。

そのためには信頼関係を築くことが重要になります。

そしてその信頼関係を築くためには大事なのは

お相手に対する思いやり。

でもその思いやり、どのように伝えたらよいのでしょうか。

うまく気持ちが伝わらないこともあるかもしれません。

 そういう時の工夫の1つが、

会話をする時に、言葉の語尾に余韻を持たせることです。

余韻を持たせることで、その発した言葉が柔らかみのある

穏やかな響きになってきます。

口から発せられた言葉というのは、発した人自身を

取り巻く空気の一部になります。

そしてその空気の一部は波動として周囲に広がっていき、

お相手や一緒にいる方々のところに届くのですから、

常に「はっきり」「ゆっくり」「丁寧に」を心がけ、

そしてその言葉の語尾に余韻を持たせてみましょう。

もし、お話の内容が暗いものではなかったとしても、

最後の言葉尻が下がると、最終的に何だかそれまでの

会話全体が暗い印象になってしまいます。

逆に優しく問いかけの文章にしてみたり、

少し語尾を上げると(上げ過ぎは要注意ですが・・)

ふんわりと余韻が漂い、会話全体の印象が

柔らかくなってきます。

 語尾は次のお話の始まりです。

穏やかな響きで終われば、次のお話に移るときに

とても落ち着いてスムーズなコミュニケーションを

取ることが出来ます。

会話の中でお相手の心やその場の雰囲気に

意外と大きく影響する「語尾」。

大事にしてみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最新の YouTube動画「エクラの風」vol.15 では

「集中力を高める3つの方法」についてお話しております。

1日の中で、効率良く物事をこなすためにカギとなるのは

やはり「集中力」です。

是非ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 シンプルな表現を心がける

 今は特にオンラインでのやり取りも多く行われて

いますので、コミュニケーションの取り方も様々ですが、

やはり、どのようなコミュニケーションでも、お相手に

言いたいことがきちんと伝わることが大切です。

もちろんそこで、どのように伝わるのか、お相手が

不愉快な思いをしないように、心地よいやり取りが

できるのかということも気をつけていかなくては

いけませんが、伝えたいことがあるならば、やはり、

まずはそれを伝えなければいけません。

でも、それがなかなか難しかったりするわけです。

 心がけるべきことは、伝える事柄はシンプルにする

ということ。

実は、少し複雑だったり、様々な情報を入れ込んでいる方が

素晴らしいものだと考えていらっしゃる方がいるのも

事実です。難しい情報や少々複雑なアイディアをかっこいい、

と感じるようです。でも、それは大きな勘違いで、

もともと難しい事柄でも、そのアイディアや文章、

プレゼンなどで、いかにシンプルにわかりやすく表現できるか

と考えた方が、断然、素晴らしいものになり得ます。

 アインシュタインはあの相対性理論のことを

「かわいい女の子と一緒に過ごしていると、時間がすぐに

過ぎるよね。でも嫌いな人と一緒に過ごしていると、

時間がなかなか過ぎない。これが相対性理論の基本だよ。」

と難しい理論を分かりやすくシンプルに説明していた

そうです。良いですね。

 シンプルに説明するというのは、自分で伝えたいことを

短くでも要点を外さずにまとめないといけませんし、

論理的にしておかなくてはいけません。

でもそれを習慣化しておけば、日頃のどのような状況でも、

分かりやすくお相手に伝えられるようになります。

広告コピーなどもそうですね。短くても心に響くような

言葉の言い回しがとてもシンプル。でも絶妙。

 是非皆さまもシンプルな表現を心がけてみて下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.14 を配信いたしました。

7月になり、今年の残りの半分をどのような心持ちで

過ごしたらよいのか、などということを

拙著「夢の音読」を朗読しながらお伝えしております。

是非、ご覧になってみて下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 無限の可能性(Infinite Possibilities)By スターバックス

 人と人との繋がり、心地よいコミュニケーション。

私が常に大事にしていることですが、

これを満たしてくれる場所の1つがスターバックスであり、

私がスターバックスが好きな理由の1つでもあります。

 そのスターバックスが、本日27日(土)、国立市に

国内初となる手話が共通言語となるサイニングストアを

オープンしました。

この店舗は聴者と聴覚に障害のあるパートナー(従業員)が

共に働き、多様な人々が自分らしく過ごし活躍できる居場所の

実現を目指し開業させたそうです。

CEO(代表取締役最高経営責任者)の水口氏によると、

「店舗のコンセプトは “Infinite Possibilities(無限の可能性)”

聴覚に障害のあるパートナーやお客様にとって、ありのままの自分で

いられる場所であり、障害のある若者にとって夢や未来を描ける場所、

そしてこの店舗を訪れた誰もが新たな気づきを得られる場所になれば

と考えています。」

素敵ですね。

ただ手話が使えるというだけでなく、スターバックスとしての

しっかりとした軸を持ってオープンさせるためには、

これまでに様々な試行錯誤と綿密な計画があったことと思います。

 障害を持つ方々が社会で活躍するためには、まだまだ

今の状況、環境では大きなハードルがあります。

以前、小学校の特別支援学級でお手伝いをしてい頃、

この子たちが大きくなって社会に出た時に

それぞれ本当の居場所を持つことができるのだろうか、

といつも考えておりました。

だからと言って私には今まで何もできることはなく、

そのまま願うばかりでもどかしい限りなのですが、

様々な障害のある方たち(チャレンジパートナー)が

350名以上も勤務をし、

1人1人の個性や特性に沿ったサポートを受けながら、

本来の能力を最大限にそして持続的に発揮できる場に

身を置けるスターバックスは流石だと改めて思いました。

ただ美味しいコーヒーや心地よい空間を提供している

だけではない、こういうところが好きなのです。

『NO FILTER』

「ダイバーシティ&インクルージョンのテーマとして掲げ

様々な違いを超えて、認め合い、1人1人が自分らしく

いられる社会の実現。」

素晴らしいですね。

 今はコロナ感染対策のために来店人数制限をして

テイクアウトのみだそうですが、お近くにいらした方は

是非、立ち寄ってみて下さいね。

私もいずれは・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』vol.13 を配信いたしました。

「言葉を大事にすると 人生が変わる」

語彙を増やすポイントや、私が人生で影響を受けた

人・言葉などをご紹介しながら言葉の大切さを

お伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 お相手の気持ちを考えて人間関係を築く

 どのような場面でも、良い人間関係を築くためには、

お相手の気持ちを考えながらコミュニケーションを

とることは重要です。

良かれと思ってしたことが、自分の立場での視点から

だけの判断だったということもありますし、

思わぬ誤解を招くこともあり得ます。

ですからお相手の立場に立って考えてみることはもちろん、

お相手がどうすれば喜ぶのかということも念頭に入れて、

接することも大事です。

 そのためには、まず、お相手のことをしっかりと聞き、

その気持ちを受け止めることが大切。

また、感情のポイントを見ることも必要です。

言葉では表していなくても、つい出てくる仕草などから、

読み取れることもあるため、よく観察することも

必要ですね。勿論、まじまじと見ることはいけませんが・・。

そして、当たり前のことではありますけれども、

自分がされて嫌だと思うことは決してしないこと。

思いやりの心を持って、時には行動する前に、

一回立ち止まって考えることで、お相手の気持ちにまで

しっかりと配慮することができるのです。

 人の心というのは千差万別。

生きてきた経験も違い、価値観も異なりますので、

100%理解するというのは難しいかもしれませんが、

大切なのは、お相手の気持ちをできる限り考えようとする

姿勢であり、お相手を思いやる気持ちです。

より良い人間関係を築くために、そして心地よい

コミュニケーションをとれるようになると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.12 を配信いたしました。

今回は、「新しい世界へ踏み出すには・・」

新しいことに挑戦する時に大事なこと等をお伝えしています。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→