コミュニケーション

 情報を受け取りやすくするためには・・ 

 情報というのは、たとえ同じことを同じ量、

同じように与えられたとしても、

受け取る側には同じようには入ってきません。

なぜなら、器の大きさがそれぞれ違うからです。

そしてその器(心)の間口が広いかそうでないかでも

入ってくる情報量や質も変わってきます。

間口を広くするにはどうしたら良いのでしょう。

それは、心の柔軟性を持つこと。

 プライドが高かったり、自分が一番正しいという

考えでいつもいたら、それは本当に必要なことでも

入ってこなくなってしまいます。

他人のお話を聞いている時も、それは知っているから・・

という思いが出てくると、そこでもう心や耳は閉じて

しまうのですね。

たとえ知っていることでも、もしかしてその言葉の

端々には大切なメッセージが含まれていたり、

いま自分が必要な情報が入り混ざっているかもしれません。

そして、たとえその大事なことを知っていたとしても、

それを自分で活用していなければ、

無意味なものになってしまいます。

ですから、人とのコミュニケーションの中でも、

自ら拾いにいく情報の中からでも、

謙虚に、心を柔軟にして、必要な大事な情報を

受け取れるようにしておきましょう。

そうすると、自分一人の枠の中で考えているより、

はるかに選択肢が増え、豊かな思考ができる

ようになるはずです。

そしてそれをいつでも有難いという感謝の気持ちを

持ちながら受け取ること。

知識や情報というのは、その人が持っている

とても大切なもの。それを分けて頂くのに

当たり前だと思っていたら、失礼ですね。

そして自分の知識や情報は、惜しみなく分けることが

大事です。

いつも柔軟に器(心)を広くしていくことを心がけ、

情報は受け取りやすい状態にして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である

 NLP心理学の前提の中に

「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」

というものがあります。

コミュニケーションというのは、誰もが日常の中で、

多かれ少なかれ行っているもので、

心地よく、スムーズにできるようにするためには奥も深く、

その場の状況や関わる人によって様々なパターンが

出てきます。

でも、どのような時でも、どのようなお相手でも、

大事なのは、他者を認めること。

 人は他人から自分のことを価値ある存在だと

思ってもらいたい、自分を認めてもらいたいという

深層心理が生れながら誰にでもあります。

自分の存在価値を確認したいという欲求からくる

ものです。

ですから、他者の自己重要感を満たすことがとても

大切になります。

そこで様々な考え方、捉え方、アプローチの仕方が

あるわけですが、テクニック云々よりも、まずは

目の前のお相手という存在がある限り、

その方と信頼関係を築くことが大前提ですね。

信頼関係を築くことができたら、

そこに共通の空気感が生まれ、言語のやりとり、

非言語の交流、というものをスムーズに心地よく

できるわけです。

でもそこで、伝えたいことが思い通りに伝わらなかったり、

思ったような反応が返ってこなかったとしたら、

それは、伝えた側に問題があると思わなくてはいけません。

良くも悪くも、相手の反応が自分のコミュニケーションの

成果なのですから・・。

 昨日の学びの場で私が実感したことの1つです。

伝わるように伝えるというのはとても難しいことでも

ありますが、それを少しでも思ったとおりに

できるようにするために、これからも様々な点に

注意して意識して参りたいなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube「エクラの風」Vol.35を配信いたしました。

「点」を大切にすると それが「線」になる

というお話です。→こちら

是非ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 折れない心をつくるために自己肯定感の変化に気づく

 「自己肯定感」という言葉は、皆様も様々なところで

目にしたり、聞いたりすることがあると思いますが、

自己肯定感は、私たちの生き方、人生を支える軸となる

と言っても過言ではありません。

でも、どのような方でも、自己肯定感は時と場合により

高くなることもあれば、低くなることもありますし、

もともと、その感覚そのものの総量が多い人と少ない人

がいると言えます。

 なぜ調子が悪い日もあるかと言うと、たとえ自己肯定感が

高い人でも、一時的に何かの要因で落ち込むことはあるからです。

私たちの感情というのは、マイナスの状態から一気に

プラスになるということはありませんから、

それを客観的に見ながら、一旦フラットな状態にまで戻して、

そこからプラスに転じていく必要があります。

そのためには、なぜ自分がこのように感じているのか

という自己認知がとても大切になってきます。

つまり、自己肯定感は上下するものだということを知り、

それがどう言う状態になっているか、に気づくことが

大事なのです。

 もしも何か少し凹むことがあった場合、

それは自己肯定感の低下する一時的なものかもしれません。

でもその自己肯定感の低下をそのままに放っておくと、

少しずつ負のループにはまってしまう可能性もあります。

 実はプラス思考に偏りすぎても、少しでも批判的なことを

言われただけで、傷ついたり、反抗心がわいてきたりします

ので要注意です。

調子が良い時、テンションが高い時は、今自分は高揚していて

いる時なのだ、テンションが下がっている時は、

今自分はマイナス感情が湧き出ている・・と両方を冷静に

客観視できると、しなやかでブレない軸ができてきます。

 自己肯定感を高めるには、持続型と瞬発型があり、

それを上手に組み合わせると、その効果はより発揮できますが

一気に変えていこうとするのではなく、

1つ1つ積み重ねていくことが大事ですね。

 良いところも欠点も自分であるという

ありのままの自分に満足し、価値ある存在であるのだと

受け入れることができれば、それが人生の軸にもなってくるのです。

 本日も、学びの多い場でお話する機会を頂いたり、

また貴重なお話を伺うことができて有り難く思いました。

まだまだ学んでいくことが沢山ありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube「エクラの風」Vol.35を配信いたしました。

「点」を大切にすると それが「線」になる

というお話です。→こちら

是非ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 結局は自分自身を大切にして整えることが大事

 人との関わりがある中で、より良い

コミュニケーションをとれるようにすることは

どなたにとっても課題であり、常に求めている

ところではないかと思います。

親子、夫婦、恋人、友人、職場関係等、

それぞれの接し方というものがあると思いますが、

コミュニケーションの本質や、スキルなどを

どんなに学び、知識を得たとしても、

目の前のお相手がどのように受け取るかで

信頼関係の築き方も変わってくるでしょうし、

思った通りにいかない場合もあります。

 お相手のことをまず思うのはとても重要。

お相手が自分は大切にされていると感じることが

大事なわけです。

ただ、こちらが良かれと思っていることでも、

お相手との価値観や考え方、それまでの経験や

置かれている状況が異なる場合、

捉え方が違ってくることも、知っておかなくては

いけません。

決してこちらの価値観を押し付けてはいけない

ことを理解して接する必要があるのです。

 そして他人を変えようとはしないこと。

まずはお相手の言うことに対して聞く耳を持つこと。

そこからスタートなわけですが、

それができるようになるためには、

結局はまずは自分を大切にして自分自身を常に

整えておくことが大事です。

自分の心に余裕がなければ、決して他人を受け入れる

ことはできません。

頭ではお相手を大事にしなくてはいけないと考えて

いても、心が伴わないと、とてもストレスを感じて

しまいます。ですから、

自分の心の状態を常にニュートラルにして整え、

ゆとりを持てるように心がけることが大切なのです。

 本日は『自分磨きレッスン』を行いました。

コミュニケーションのことを中心にお伝えしましたが

何があっても、結局はまずは自分を大切にすること。

自分を愛すること。

その上で他人に愛を注いでいくこと。

これを忘れてはいけないことを共有できて、

とても実りある時間となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube「エクラの風」Vol.35を配信いたしました。

「点」を大切にすると それが「線」になる

というお話です。→こちら

是非ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 江戸しぐさに習う 〜三脱の教え〜

 人としてのあるべき姿というものを大切にし、

それがあってこそ、江戸の社会が成り立つと

考えていた江戸時代の商人たちが築き上げた

「江戸しぐさ」というものがあります。

それは、人付き合いの知恵であり、行動哲学でも

ありました。

その「江戸しぐさ」は

公式な記録として残っているものではなく、

言葉で現代まで伝えられてきたものでありますが、

私たちが良好で円滑な人間関係を築く時に

非常に参考になることが多くあるのです。

 その中に「三脱の教え」というものがあります。

この「三」というのは「年齢」「肩書き(職業)」

「地位」のこと。

それを初対面の人には聞いてはいけない、

ということなのです。

これらの3つはいずれも、お相手のプライベートや

表面に関することです。そのような表面的なことに

こだわり、先入観を持って人に接すると真実が見えず、

正しい判断ができなくなる、という教えでもあります。

人と接する時には、その人自身と向き合って、

内面をしっかりと感じ取りながらコミュニケーションを

とることがとても大切です。

また、自分尺度で考え、「自分は年齢を聞かれても

全く問題ないのかだら、人にも聞いても良いだろう。」

という方がいらっしゃいますが、それはその人の

基準であるわけですから、様々な人の立場になって

考えてみるという姿勢はとても大事なことですね。

 今は、あらゆる情報が入ってきます。

でもそれだけ多くの情報を的確に見抜く力も必要です。

この情報がどのような目的で、どこから発信されているのか

ということなどもしっかりと考えなければいけません。

人との間では、年齢や社会的地位、経済力などで

判断するのではなく、どのように接したら良いのか、

先入観なく人を見抜く力、本質を見る力、

そのようなことを現代の私たちは改めて考えることも

重要なのではないかと思うのです。

 「江戸しぐさ」に習うところは沢山あります。

現代のマナー、国際マナーにも非常に通じるのは、

「思いやりの心」や「気配り」というものを

江戸商人の人たちもとても大切にしていたからですね。

マナーレッスンでも、表面的なことだけでなく

そのマナーの本質を学んで頂けたら、私もとても

嬉しく思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.34を配信いたしました。

11月になり、今年も残すところ後2ヶ月です。

あなたはどのように過ごしていきますか?

今回もまた拙著「夢の音読」から抜粋して

大切にしたいメッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 脳は意識したものしか見ない

 目の前にあること、見えること、

しっかりと目で見て認識し、確認することが

とても大事な時があります。

でも実は、厳密に言えば、私たちは物事を

目で見ているのではなく、脳で見ています。

目は単なるレンズであって、目の前の情報が

目から入ってきた時に、脳の中のフィルターを通して

イメージに変換し、ここでそれを「見た」と

認識しているのです。

脳内で作り上げたイメージを見ているということ。

 たとえば、通勤の時など、毎日同じ道を通り、

同じ景色を見ているにも関わらず、

その日は突拍子もなく、住んでいる町の街路樹について

プレゼンをしなくてはいけなくなった途端、

意識が街路樹に向き、様々な発見や気づきがあります。

いつも目にしている町に、こんなに様々な街路樹が

あるんだとか、実はとっても綺麗な街並みなんだ・・などと

見える世界が変わってくるのです。

要するに、人は意識してる中で脳が認識する範囲が決まり、

その範囲をどう解釈するのかでその人の現実が決まって

きます。

ですから、同じ景色、同じ事象を目の前にしていても、

人それぞれ何を意識しているのかで、現実が変わる

ということなのです。

 毎日見ている腕時計。

そのあなたの時計を見ずに、絵を描いて再現できますか?

結構あいまいではないかと思います。

毎日見ているにも関わらず、脳内のフィルターがあるため

意識しているものだけを「見た」と勘違いして、

実際は全てを見ていない、部分的にしかみていない

ということになります。

 「見ている」と思っているものでも、実際は

「見えていない」ことも沢山あるのですね。

そして見えている世界が人それぞれ違うということ。

これを理解しているだけでも、人と人との関わりの中で

色々なことが見えて捉え方も変わってくるかもしれません。

本日も、ある集まりで様々な学びがありました。

私も見えていないことが沢山あります。

それを少しずつ意識しながら、これからも研鑽を積んでいこうと

改めて思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.34を配信いたしました。

11月になり、今年も残すところ後2ヶ月です。

あなたはどのように過ごしていきますか?

今回もまた拙著「夢の音読」から抜粋して

大切にしたいメッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 

 

 美しい敬語は 美しい心から生まれる

 マナーが単なるルールや形式なのではないように、

敬語も言葉ありきではなく、心あってこそのもの。

誰もが大事だと思っていて、他人と話をする時に

少しは気をつけようとする意識はあっても、

なかなか美しい言葉遣いとまではいかなかったり、

間違った言葉の使い方をしている場合が多々あります。

もちろん、たとえ言葉が違ったとしても、そこに

真心が込められていたり、思いやりの心が宿っている

のならば、お相手にその気持ちは届くはずですが、

でも、敬語をきちんと使えない人、という印象を持たれて

しまうこともあるのです。

「お名前を頂戴できますか?」という言葉。

時々耳にしますが、名前はあげる、渡すという物では

ありません。

「お名前を教えて頂けますでしょうか?」と言えば

良いですね。

また、丁寧さを心がけるあまり「お越しになられる」

とか「ご覧になられる」というように敬語を重複して

二重敬語にしている場合もよくあります。

「お越しになる」や「ご覧になる」でよいのです。

 マナー講座で敬語の確認をやって頂きますと、

意外と皆さま考え込んでしまいます。

尊敬語なのか、謙譲語なのか混乱してしまったり、

適切な言葉が出てこなかったりするのです。

でも、これは決して知識として身につけるものでは

ありません。

日常の中で日々、磨かれるものです。

先日もお話いたしましたが、日本語というのは

とても美しい言葉です。

お相手を思いやる言葉が沢山あります。

外国語を身につけるのも大事かもしれませんが、

日本人なのですから、基本の言葉遣いを知り、

慌ただしい生活の中でも、日々、感性を大事にして

自分を大切にすることで、お相手へのゆとりのある

心遣いを持つことができ、美しく正しい敬語を

使うことができるようになるのです。

 コミュニケーションを持つ上で、「尊敬の念」や

「思いやり」を大切にして、その美しい心を

言葉に乗せてお相手に届けるようにいたしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.34を配信いたしました。

11月になり、今年も残すところ後2ヶ月です。

あなたはどのように過ごしていきますか?

今回もまた拙著「夢の音読」から抜粋して

大切にしたいメッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 郵便局でのやり取り

 ここのところ、何故か感情のテーマを扱うことが

続いていますが、深意は特になく、その日その日に

感じたことを綴っております。

また最新の配信YouTubeでも、

「イライラを引きずらないマインドチェンジ法」

について話しておりますが、→

やはり、これが自然に身についていると

かなり気持ちの切り替えが楽なのと、人との間で

何か自分の本意ではないことが起きた時にでも、

スムーズなコミュニケーションがとれるのです。

 郵便局である手続きをしなくてはいけなくて

窓口に行った時のこと。

心の中でちょっと「大丈夫かな〜。」と感じた

その方の第一印象。

他人に対して感じるのは仕方がないにしても、

反面教師として、第一印象で信頼感を得たり、

安心感を持ってもらえるよう自分は気をつけよう、

と思った次第ですが・・。

話が逸れましたが、それで、やって頂きたい

手続きの話をしたところ、全くその方と噛み合わず、

何度説明しても先に進まないので、

(私の説明の仕方がいけなかったのかもしれませんが)

「どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら、

その方にもお話させて頂いてよろしいでしょうか。」

と、丁寧に切り出してみました。

丁寧な言葉遣いが大切。

もしここで「誰か分かる人に変わって下さい。」と言えば

その方の自尊心を損ねてしまいます。

その方は奥に行ってどなたかに聞いてきて下さったようで、

しば〜らくしてから、

その手続きに関しての説明をし始めました。

イライラはあまりしない私ですが、時間の余裕があまり

あるわけではないので、本当は的確に説明して頂きたい

ところをぐっと我慢して、時々聞き返して確認しながら

お話を聞いていました。そうこうしている内に

紙に書いての説明になったので、ん〜時間が無いのだけれど・・

と思いながらも「ご丁寧に書いて下さって有難うございます。」

「とても助かります。」と言いましたら、

段々、その方の様子が変わってきたのです。

全く頼りなかった感じだったのが、少し自信を持って

説明しているというのか、おどおどしなくなった

というのか・・。

そうすると、私の心の中で「なるべく早く端的にお願い・・。」

と思っている気持ちも少し和らいで、この方も悪気がある訳

ではないし、一生懸命だし、この後のお仕事も頑張って!

と応援したくなるような気持ちになり、そこの窓口を後に

しました。そうすると、私のその後の気持ちも決して

負の感情にはならないのです。

これが、「どうしてもっと分かりやすく説明してくれないの」

とか「この方、ここで業務をちゃんとこなせているの?」

などとイライラし続けていたら、きっと、郵便局を後に

しても、私のその感情はなんとなくすっきりとしない

後味の悪い思いでいたはずです。

 お相手のことを認めて、丁寧な言葉遣いを心がけ、

少し急いでいる時でも、落ち着いてコミュニケーションを

とるようにすると、結局は良い方向に行くのだと、

とても実感した出来事でした。

 今日は他愛も無い事を長々と書き綴りましたが、

一事が万事。

心地よいコミュニケーションをとるために、そして、

自分自身の感情をマイナスに持っていかないために

相手を変えようとするのではなく、

自分が接し方を工夫すれば良いのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』を配信いたしました。

「イライラを引きずらない マインドチェンジ法」

をお伝えしております。→Vol.33

イライラする気持ちも、できるだけ早い段階で

落ち着かせたいですね。

ご参考頂けましたら嬉しいです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 良い人間関係を築くために

 今日は新月。今回の新月は人間関係の見直しなどを

すると良いと言われています。天秤座新月なので、

様々なバランスもテーマの1つとして考えるのも

よいのかもしれません。

人との関わりは、決して損得でお付き合いをしては

いけませんが、残念ながら、時にそのように接して

くる人もいるものです。そのような時には、

程よく関わりながらも上手に距離を置けるとよいですね。

また他人の批判ばかりする負のエネルギーを放つ人には

流されて影響を受けてしまわないよう、

上手にお付き合いしたいものです。

 そして、自分自身は決して人の悪口、不平不満を

口にしたりせず、お相手に対しては常に正直に接する

ことができるように心がけていると、信頼関係が

構築されていきます。

お相手の話しに耳を傾け、大切にしている価値観や

大事なものを認めて、それを尊重できれば、

お互いに良い関係を築いていくことができます。

他人を強制するのでも、求め過ぎることもなく、

やはり、まず理解しようとすること。

受け入れることも大事です。

 また、自分から心を開くことも大切ですね。

お相手のことを引き出すように、引き出すように・・

と努めても、こちらがオープンになっていないと、

なかなかお相手の警戒心や壁を取ることはできません。

お相手のことをよく見ることは大事ですが、

自分自身のことも振り返って、信頼されるに値する

態度をとっているのだろうか、オープンマインドで

接しているのだろうか、と見直すことも大切です。

 人間関係もバランスが大事。

お互いに思いやりを持ちながら、信頼し合い、

より良い人間関係を築いていけるようにして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.31を公開いたしました。

「脳疲労を解消する ベスト5」です。

やることが多すぎたり、情報過多の中、

私たちの脳はストレスフルで脳疲労の状態に

なってしまいがちです。

少しずつでも解消していけると良いですね。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 トゲトゲした心を丸くするには・・

 先日、友人から地域のゴミ出しのことで

あり得ないような心無い人がいるお話を聞き、

世の中には本当に色々な人がいるのだと、

改めて感じたのですが、自分は善意を持って

暮らしていても、嫌な思いをすることはあるものです。

嫌なことや、イライラするような出来事があったり、

生活していれば、思い通りにいかないことも

あるわけですが、それで心がトゲトゲしてしまっても、

結局は自分自身にストレスが溜まり、

そのままの心の状態で周りの方達に接すると、

そのトゲトゲした波長がお相手に伝わって、

それがお相手を傷つけることになる場合もありますし、

自分に跳ね返ってくることにもなるのです。

 心の余裕がなくなると、どうしてもネガティブな感情が

湧き出てきたり、思いやる気持ちを忘れてしまいがち

ですので、そういう時こそ、心がま〜るくなるように

ゆったりとした気持ちを取り戻したいですね。

ではどのようにしたら、心にゆとりを持つことが

できるのかと言いますと、まずは、いつも私がお伝えする

「深呼吸」です。

心を整えるのには、これが一番ですね。

イライラとした感情で気持ちが高ぶるときには、

交感神経が優位になっていますので、呼吸も浅く

なりがちです。深い呼吸を意識しながら、しばらく

呼吸だけに集中していますと、次第にリラックスして

副交感神経が高まってきます。

 そうしたら今度は何か感謝できることを

思い浮かべるのです。大きなことでも小さなことでも。

その有り難いという気持ちを思い出した時、

あなたはもうトゲトゲした気持ちから抜け出しています。

そして、周りの方達に対して、温かい言葉、

優しい言葉をかけてみましょう。感謝の言葉でも

労いの言葉でも良いですね。

そして1日の最後には「3つの感謝」を心の中に

もう一度思い浮かべて眠りにつくようにしてみましょう。

そうすれば、もう次の日には、丸くなった心で

清々しい朝を迎えることが出来るはずです。

 お相手との心地よいコミュニケーションのためにも

自分自身のためにも、どのような時も

心に余裕を持てるようにして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.31を公開いたしました。

「脳疲労を解消する ベスト5」です。

やることが多すぎたり、情報過多の中、

私たちの脳はストレスフルで脳疲労の状態に

なってしまいがちです。

少しずつでも解消していけると良いですね。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→