コーチング

 満足感を得るだけだと そこで成長は止まってしまう

 私たちが成長するのは、何か足りないところが

あるために、そこを埋めることが出来たり、

新しいことを身につけることが出来た時です。

ですから、全て得てしまった、もう大満足。。という

状態になってしまいますと、そこで成長は止まって

しまいます。

満足感を得ることは大切ですけれども、

目標の状態になったり、何かを達成した後に、それで

満足しきってしまいますと、もうそれ以上何も入らなく

なってしまうのです。

脳そのものも、達成したと感じたら、それで満足するので、

次の行動に指令を出せなくもなります。

それを回避するためには、次にやることを決めておく

ということが大事です。

 学生が辛い受験勉強を経て、難関大学に晴れて合格しても

入学した途端に燃え尽き症候群になってしまうのは、

難関大学に合格することだけがゴールで、その先を考えて

いなかったため、または次の目標設定をしていなったために

そこで気持ちが終わってしまうのですね。

 少しずつでも良いので、次の何かを考えておくことは

とても大事で、モチベーションを維持するためにも

必要なことだと言えます。

コーチングでも、行動する前に明確な目標設定をしますが、

必ず、その先に見えるものもイメージしますし、

目標を達成する前に、次の目標を立てるようにします。

 足りないところがあるからこそ、そこを満たしていく

のですから、満足しきってしまったらそこで終わって

しまいます。

本来なら、人は誰でも、より善く生きようとする生き物。

何もしないでそのままで・・という生活を本当は望まない

はずなのです。

たとえ大変なことがあっても、楽なままでは感じられない

充実感を得ることで生き生きとしてきます。

それを乗り越えた時や頑張って達成した時に、また

頑張ろうと思えるようにするために、満足感に浸って

終わりということがないように気をつけたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.60を配信いたしました。

こちら

「周りにコントロールされないために大切なこと」

揺れ動くこの時代、不安定になりがちだからこそ

個人として必要なことをお伝えしておりますので、

ご覧頂けましたら嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 思考力を高めれば、問題解決能力も高まる

 私たちは毎日、大きいことから些細なことまで

家庭やお仕事場、何かのコミュニティの中などで、

様々な問題に直面しますから、

その時にその問題を出来るだけ素早くスムーズに

解決するためには、ある程度の問題解決能力が

必要になってきます。

もしそうでないならば、どこに問題の原因があるのか

分からずに時間ばかりが経過してしまうため、

同じミスを繰り返しやすかったり、お仕事の

効率が落ちてしまうこともあるでしょうし、

また冷静に物事を観察したり分析ができないため、

感情で物事を言ってしまうことで余計に対人関係で

うまくいかなかったり、自分自身の中で落ち込んで

しまうこともあるかもしれません。

何でもネガティブに捉えてしまうので、一層、

解決に向かうことが難しくもなりますね。

 ですから、そうならないためには、誰にでも

問題解決能力というのは必要なわけです。

今の時代は特に何が起きるか分かりません。

突然、思いもよらなかった事が起こることが十分

あり得ます。

どのような時にでも、まずは冷静に受け止めて、

何が起きていて、どこに問題や原因があるのかを

しっかりと見極め、そして、複数の改善策を考えられる

ぐらいの発想力が大事です。

そうすれば、どんなに大変なことでも、どんなに

悪影響があったとしても、ポジティブに物事を最小限に

抑えながら解決策を見出せるはずなのです。

 そのためには、日頃からのちょっとした心がけが

大切ですね。

まずは自分で考える習慣を身につけること。

常になぜ?と言う疑問を持ち、すぐに人に聞いたり、

ネットで検索してみるということはせずに、

自分の頭でまず考え、その次に、アドバイスを頂いたり、

何かを参考にしてみるというようにしてみましょう。

そして、時には紙に書き出して、頭の中のことを

可視化することも大事です。そうすることで思考の整理

ができますからお勧めです。

問題解決能力を向上させるために、是非、思考力を高めて

前向きに過ごせるようにして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』Vol.60を配信いたしました。

こちら

「周りにコントロールされないために大切なこと」

揺れ動くこの時代、不安定になりがちだからこそ

個人として必要なことをお伝えしておりますので、

ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 興味を目覚めさせる

 私たち人間は興味関心があるものに対しては

それが大きければ大きいほど、惹き込まれ、

より一層知りたい、学びたい、深めたい、

と思うものです。

逆を言えば、興味が湧かないものに関しては、いくら

外から言われたとしても、なかなか理解できませんし、

頭に入ってくることすら難しいかもしれません。

そうだとするならば、もし、他人に何かをやって

欲しいと思う時、ビジネスでもプライベートでも、

その方に少しでも興味を持ってもらえれば、

相手の行動を促すことができるわけです。

 それは、教育でも同じことが言えます。

子ども達の学びは、興味関心から生まれるのです。

それは何だろう、それはどうしてそうなるのだろう、

という問いが生まれ、興味が沸く時に、学びへの

大きな一歩が始まります。

でも、どうしても往々にして、大人が都合の良いように、

あるいは、システマティックに学びを作ろうとして、

与える学習になってしまいます。

私も学生を教える時には、常に考えるところなのですが、

やはり、子どもが自ら学ぼうとする力、新しいことを

知ろうとする意欲を引き出すために、指導する側が

教えるのではなく、いかに子どものことを見て、

よく知り、そしてその子にあった興味関心をくすぐる

ようにしてあげられるようにする必要があると、

改めて感じます。

 子どもは大人が作った教材の消費者になるのではなく、

子ども自らが生産者になるようにすることが

大事なのではないかと思うのです。

上司が部下に対して指導するときも同じですね。

その人の持つ力を最大限生かせるようにすること。

やるべきことの意味をその本人が理解していること。

そのようなことがまずは大前提です。

 本日から、国語脳トレーニングレッスンを

やっていた子が英語を学び始めました。

素地が育った子は、学ぶものが何であろうと、

楽しく意欲的に取り組めるのだと、とても

嬉しくなりました。これからも楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.52を配信いたしました。

「めげない心を持つために」→こちら

大きなことでも小さなことでも、何か問題が起きた時、

すぐに心が折れてしまわないようにするために

大切なことは何でしょう。

是非、動画をご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

                                                            

 

 

 私のエネルギーが高い理由

 いつも元気だね。いつもパワフルだね。

どうしていつもそんなにエネルギー高くいられるの。

などとよく言われますが、自分でも逞しいと思います。

そして、常にモチベーションを保っていたり、

何に対してもパワフルでいることが出来ないけれど、

どうしたら、それを保ち続けることができるの?

とも聞かれます。

 今日の自分磨き講座(コーチング含む)でも

私自身のことをお伝えしましたので、改めてブログでも

私のエネルギーが高い理由を整理して文字にしてみますね。

①自分自身のことを知っている。

②自身を常に磨き続けている経営者などの生き方に

 刺激を受けて、努力する。

③心身を整える。

主にこの3つかなと思います。簡単に説明しますと、

まず1つ目は、自分が何が好きで、何にワクワク、

ウキウキして、どのような状態が自分らしいのか

ということを知っているということです。

何が好きではないのか、心地よくないのか、

ということも同時に知っておくことも大事。

そのためには、自分の価値観など、常に掘り下げて

確認しておく必要がありますが、いつも言っている

TO DO の前に TO BE を大切にしているということです。

そうすることで、常に自分自身を良い状態にでき、

結果、パフォーマンスを上げることが出来るのです。

 2つ目は、本やYouTubeなどで、リーダーとして

部下やスタッフの個性を十分生かしながら導き、

常にそのために自分自身を磨き続けている経営者

などの生き方を見て、少しでも私なりにとり入れようと

努力するということです。ですから、常に私自身も

力を120%出せるように、時々刺激を受けることも

大切だと思うのです。

そうすると、自分だけの枠や限界を作ってしまわない

はずだからです。

 そして最後3つ目の心身を整える、というのは、

文字どおり、心の状態を整え、身体を鍛えながら

整えるということです。

心がリラックスできる時間を持ち、ストレスを

溜めないことも必要ですし、同時に体の疲れも

溜めないようにメンテナンスしたり、丈夫な体、

健康的な体にするためにバランスの良い食事を心掛け、

定期的にトレーニングも行います。

健全な心身は、よりエネルギーを高め、

それを保つことができるのだと思います。

 是非、参考にしてみて下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.52を配信いたしました。

「めげない心を持つために」→こちら

大きなことでも小さなことでも、何か問題が起きた時、

すぐに心が折れてしまわないようにするために

大切なことは何でしょう。

是非、動画をご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

                                                            

 

 

 

 

 やる気を出す方法は1つではない

 やる気を上げるにはどうしたら良いか、

やる気のない人たち(子どもたち)に

やる気を起こさせるには何が効果的なのか、

やる気スイッチというのはどこにあるのか・・

などとやる気に関しては、いつの時代でも

課題であるような気がいたします。

よく、◯◯ができるたった1つの方法

必ず◯◯に効く3つの方法

などと言われるものがあります。

私もYouTubeなどで、よくこのように

説明することがありますが、

これはあくまでも参考にしか過ぎません。

ヒントがあれば、自分にその方法が合うのか

どうか試していき、そこから自分のオリジナルの

方法が見えてくるものです。

でも方法というものは、1つであることは

絶対にあり得ません。

ある条件の元、これはこの人たちにとっては

とても効果があったというだけの話で、

万人に当てはまるものではないということ、

答えは必ず、自分自身(その人)の中にあるのだ

ということを覚えておかなくてはいけませんね。

ですから押し付けるのも効果は期待できないわけです。

 やる気がなかなか出ないというのは、

様々な要因があります。あるはずです。

では何故、なかなかそのやる気スイッチが

押されないのか、そのやる気のない状態を

作り出しているのは何なのか、ということを

見つける必要があります。

もしかして、自分が要因ではなくて

今日のようにお天気がとても悪いというだけで

気分が乗らないという時もあります。

そのような時には、まずやらなければいけない

ことをやる前に、自分自身の気分を上げるという

ことをすればよいわけです。

気分が上がる音楽を聴く、体を動かす、

美味しいスイーツを頂く(またスイーツ・・)

などというのも方法の1つです。

 自分がどのようなタイプなのか、

あるいは指導者の立場でしたら、相手がどのような

特性があるのかということを知り、

心にぽっと火が灯るようになると良いですね。

そこさえ出来れば、あとはしっかりと

燃やしていくだけなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.51を配信いたいました。

「自分で自分を楽しませるには」→こちら

ご覧頂けましたら嬉しく思います。

『夢の音読』も音読しております。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 決断力は大事だけれど、違和感は無視しない

 小さなことでも、大きなことでも、何かをやろうと

思った時や、気になっていることがある時に、

それをやろうという直感、そしてそこから行動に移す

決断力というのはとても大事です。

いつも言いますように、頭で考える前に、

湧き出た直感を見逃さず、そしてそれに従うと

うまくいくと言われていますし、昨日もブログで

お話しましたようにまずはゴールを決め、

そこから現実を見て、行動に移すことも大事なことです。

 でも、そこに少しでも違和感があったとしたら

あなたならどうしますか?

もう決めてしまったし・・とか

申し込みや契約をしてしまったから・・とか

実績のある方のおすすめだから・・

周りの人が良いと言っていたから・・

友人と一緒にやろうと約束してしまったから・・

などと、もしかして考えてしまうかもしれませんが、

それは全て思考から来ているものですから、

自分の本当の声を聞かなくてはいけません。

 違和感は大事な思いを教えてくれる直感からの

メッセージです。

何となくしっくりしない、何だか分からないけれど

心の中がざわざわする・・などと感じたら、

思い切ってやめる勇気も必要です。

周りの方達にとっては良いように思えることも、

自分には合わないかもしれませんし、

本当の自分の意に沿うものではないのかもしれません。

 様々な周りからの情報は良いアドバイスになることも

もちろんありますが、惑わされることもあります。

でも、自分の心に向き合う習慣、問いかける習慣が

ありますと、他人の意見に流されずに、

ストップサインである違和感にも気づいて

そちらを大事にしよう、と見直すことができます。

違和感という直感。

ゴーサインの直感と同様、

見逃さないようにして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.50を配信いたしました。

「偶然を幸運に変えるセレンディピティ」

私の大好きな言葉「セレンディピティ」について

お話しております。→こちら

どのような時代であっても、誰にでも、

偶然のできごとは起こり得ます。ですから、

それを幸運に変えていける力を養えると良いですね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 相手の気づきを促すには何が必要か

 親が子どもに対して、上司が部下に対して、

マネージャーが他のメンバーに対して、

教師が生徒に対して・・など、それぞれの立場で

しつけや指導、教授することがあると思いますが、

その際のコミュニケーションで大事なのは

まずは信頼関係を築くこと。これが土台にあると、

その次のステップとして、学びや経験、目標達成、

問題解決など、様々なことに取り組むことができます。

でも、それらが出来るようになるためには、

ただ教えるとか指導するというだけでは、

相手を伸ばすことは出来ません。

大事なのは、相手の気づきを促すこと。

そのために必要なのが「傾聴」や「質問」そして

「承認」です。

その中で今日は「質問」について少し書きたいと思います。

この「質問」の目的は相手の中にあるものを引き出すこと。

問題点を明確にしたり、考えを整理したり、視点を変えたり

することができますが、

全て「相手のための質問」でなければいけません。

ですから、やみくもに何でも問いかければ良いというのではなく、

相手に気づきが得られるようなものである必要があるのです。

でも日頃のコミュニケーションの中で、どのような問いかけが

多いかと言いますと、実は、自分が知りたいこと、

つまり「自分のための質問」になってしまうのです。

これは大きな違いです。

 相手に自ら学ぼうという意欲を持たせ、そこからの成長、

そして問題解決能力、思考力、判断力等を養うためには、

つまり、相手の中に本来備わっているものを伸ばすためには、

教えるとか、自分の思い通りに誘導するティーチングではなく、

相手を引き出すコーチングがとても重要になります。

その中で、相手のための質問を適切なタイミングで

投げかけて、気づきを促し、そこから行動に移せるように

してあげられると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 自分の思いをそのまま単語で書いていくと答えが見つかる

 私たちは自分で自分のことがよく分からない

ということもよくあります。

そしてまた、分かっているつもりになっている

こともあるかもしれません。

人間の思考というのは1日に6万回もしている

とも言われていますから、何を考え、何を感じて

いるのかというのは、気に留めなければ

流れていきますし、1つのことに囚われていれば

他のことが見えなくなってしまいます。

 漠然と、今より良い状態になりたいとか

幸せになりたい、もっと豊かになりたい、と

思ったとしても、

どういう状態が自分にとって良い状態と言えるのか、

どうなったら自分で幸せだと感じられるのか、

どういうことが豊かだと実感できるのか・・などと

具体的に分かっていないと、その理想の状態に

なることはなかなか出来ません。

 ですから、いつも言いますように、

書き出してみることが大事なのですね。

分かっているつもりでも、深堀りしてみないと、

分からない部分はたくさんあるものなのです。

 本日もコーチング講座を行いましたが、

「あり方」について書き出して頂いていくうちに、

見えてきたものが出てきて、小さな目標

(でもナンバーワンになるという実はすごい目標)を掲げ、

そこに向けて今できることというものを明確にされて、

とても有意義な時間になりました。

 セルフコーチングの場合、質問するのが難しかったりも

しますが、まずは今この瞬間の自分自身の思いを

ネガティブなものからポジティブなものまで

書き出してみると、色々なことが見えてくるはずです。

そしてそれを文章で書こうとすると大変なので、

単語で書いていくと、思いがけないところで繋がって、

それが求めている答えになることもあります。

自分の価値観を大切にするためにできることも

たくさん再確認いたしました。

小さなことで出来るその積み重ねがやはり大事ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 二極の質問をすると行動力が上がる

 目標を設定した時、

それを行動に移せるかどうかが、まず第一段階での

ポイントになりますが、あなたは如何でしょうか。

意味のある行動に移すというのは、結構難しいこと

だったりします。

本で一生懸命学ぶだけでも行動できませんし、

夢を描くだけでも、まずは夢を描いた、という

行動にしかならず、得てしてそこでストップして

しまいます。

 そういう時におすすめなのが二極の質問です。

何かをやりたいと思った時、

それをやり遂げることができたなら、

あなたはどのように変わっていますか?

今と何が変わりますか?

もし、それをやらなかったとしたら、

あなたはどうなりますか?

今と何か変わりますか?

そのままでもよさそうですか?

 例えば、ダイエットのために毎日30分ウォーキングを

すると決めた時、なかなか行動に移せなかったら、

質問です。

もし夏までにそれを続けることができたら、

今と何が変わっていますか?

あなたはどのような状態になっていますか?

と問うと、理想の状態、理想の体型を手に入れ、

おしゃれをとっても楽しむことができている姿が

目に浮かびます。

そして次に、もしそのウォーキングをしなかったら

あなたは夏にはどのようになっているでしょうか?

少しずつ太って、今着ているお洋服が着られなく

なっているかもしれません。

そして自信も失くしているかもしれませんね。

 人はこうなりたい、というような肯定的動機と、

こうはなりたくない、という否定的動機があります。

どちらかが強いという傾向があるのですが、

あえて意識的に両極を考えてみますと、

モチベーションがアップし、さらには行動力まで

上がるのです。

ぜひ、試してみて下さいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 どうして他人と比べてしまうのか

 昔から「隣りの芝生は青く見える」と言うぐらい

ですから、他人と自分を比べてしまうのは

不思議なことではありませんし、むしろ、周囲との

バランスを取るために、自然なこととも言えます。

他人と比べることで、自分を高める競争意識が

働いたり、ライバルから刺激を受けると、

モチベーションが高まって、成長を促される場合も

勿論ありますので、決して、マイナスに作用する

ばかりではありませんが、それでも、常に競争相手が

他人だけになってしまいますと、優越感と劣等感

だけでしか物事を判断できなくなりますし、

努力することに疲れてしまいますと、結局は

自己否定に向かいます。

 NLP心理学では、人が無意識で行っている物事の捉え方を

5段階に分けています。

環境、行動、能力、信念・価値観、自己認識

他人と自分を比べる人は、どうしても、目に見える

環境、行動、能力の部分だけを意識してしまいます。

本当に大事なもの、自分の幸せに結びつくものは、

信念・価値観、あるいは、自己認識、つまり自分の

役割や使命という目に見えないものである、

ということを忘れてしまっているのですね。

他人がどのような信念を持っているのか、

どのような価値観で判断しているのか、

どのような使命感があるのか・・ということで

比較はするのは難しいことですから、

いかに自分自身に目を向けて、信念・価値観・使命を

明確にしておくことが大事であるか、と言うことです。

そこがはっきりしていれば、他人の状況や能力、成果

などは気にならなくなるはずだからです。

そして他人と比べるよりも、その自分の価値観を

大事にできた時、失敗してもうまくいなかなくても、

決して自己否定することなく、自分の信念のもと、

また前に進むことができるようになります。

本当の幸せを得るために、見た目ですぐに

分かりやすいところでの優劣を感じるのではなく、

自分自身をしっかり見つめて、信念や価値観を

大切にして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→