ライフスタイル

 小さなきっかけを生かして自分の人生を作っていく

 人生は決して、他人の人生を歩むのではなく

自分の人生を歩むもの。

自分の意志、自分の選択、自分の決断に責任を持ち、

うまく行かないことがあったとしても、

そこから学び、

うまく行ったとしたなら、それを次の未来に

どのように生かすか、と考えていくことが大事です。

ですから、他人や環境のせいにせず、ましてや

他人の足を引っ張るなどということはしないで、

自分のスキルや意識を高めていくことに

集中していくと、自分の人生を歩んでいくことが

できるのです。

その中で、様々な出会いや、出来事、変化が

あるものですが、そこでの小さなきっかけが

大きな成功、飛躍に繋がることもありますし、

思いがけない事を生むこともあるかもしれません。

そのような小さなきっかけを大事にしながら、

自分の成長する可能性を信じて生きていくことが

できれば、またそれを後世に繋いでいくことも

できるわけです。

 本日は、多くの学びとともに、

友人とのとても有意義な語り合いで、

充実した1日を過ごすことができました。

まだまだ悩み、試行錯誤していくことも

多々あると思いますが、価値観や信念の共有が

できる友人の存在をとても有難く感謝し、

これからも学びを続けながら、私なりにできることを

頑張ってやっていきたいと思っております。

 

 パワースポットは自分の心地よいところ

 神社、仏閣、教会、世界遺産、自然遺産など、

いわゆる一般的にパワースポットと呼ばれている

ところに、皆さまは行かれますか?

それは、ただの観光目的でしょうか。

それとも、しっかりとパワーを頂いてこよう!

という意気込みで足を運びますでしょうか。

もしパワーを頂くためだとしたら・・

必ずしも、皆がパワーを受けたと感じられるとは

限らないということも頭の片隅に入れておきましょう。

パワーを頂くとか、運気を上げるためには、

そのスポットと自分の波動が合っていないと

いけません。

いつも、妬み、批判、悪口ばかり言っていたり、

ネガティブ思考のままでいると、

やはり、共鳴できないわけです。

ほんの少しは気持ちがアップするかもしれませんが、

その場限りということも・・。

ですから、日頃から、なるべく良い波動が出るように

努力しておくことが大切です。

 感謝や思いやりの気持ちを持つとか、

見返りを求めずに、与える精神でいるとか、

そういう日々の心がけがあってこそ、

良いエネルギー、良い波動を自分自身からも

発することができるのです。

 そして、何も一般に言われているパワースポットが

自分にぴったりの場所とは限りません。

海がお好きな方もいれば、山の方がお好きな方も

いらっしゃいますし、美術館や博物館、ホテルのラウンジ、

カフェ、温泉、ゴルフ場・・とそれぞれに

パワースポットがあるかと思います。

また、ご自分の家の中にパワースポットを作るのも

かなり有効です。

たとえ小さなスペースでも

お気に入りの場所を作っておくと、

その心地よさで、運気も高まるはず。

皆さまのパワースポットはどこでしょうか?

 集中するために場所を変えてみる

 私は家の中のマイデスクが大好きで、

そこに座っていると、とても落ち着きますし、

わりと集中できるのですが、それでも

たまには場所を変えようと、近くのスタバに行って、

気分も変えて、仕事や勉強などをすることもあります。

でも今日は、夕方のレッスンもなく、

少しまとまった時間がとれましたので、

ひたちなかの蔦屋書店に行って参りました。

さすがに都内までは遠いので、せめて往復3時間まで。

それでもちょっと遠いなとは思うのですが、

蔦屋書店は大好きなので・・。

それで、併設のタリーズでず〜っと

本にする原稿の見直しをしていました。

静かな場所でロイヤルミルクティーと時々甘いものを

頂きながら、かなり集中力が高まります。

そしてちょっと疲れると、気分転換に隣の書店に行って

本を眺め、タリーズにも本の持ち込みがOKなので、

さっと中身に目を通し、そしてまた原稿の推敲を。

あまりにも集中しすぎて、目が疲れましたが、

とても実りのある時間を過ごすことができました。

 やはり集中力をアップさせるためには、

時に場所を変えてみることは大事です。

おまけに新たなアイディアも浮かびました。

 何度もブログに書くほど好きな蔦屋書店。

もっと近くにあったらいいのに。。。と思います。

今日は原稿の見直しがメインでしたので、

あまり書店内をくまなく見る時間がなかったのは残念。

今度はゆっくり読書をしたいと思います。

 優しさの循環

 世の中、結構優しさに溢れているなあ〜と感じます。

周りにいる方々は、皆さま優しい方ばかりですし、

仕事関係で、市役所や各種事務所を訪れる時も

慣れないややこしい書類作成に関しても

丁寧に、優しく教えてくださるので、

いつも本当に有り難いと思うのです。

そして、ちょっとした言葉

「こういうのって、大変ですよね。」とか

「みなさん同じですよ。」などと仰って下さると、

スムーズにできない私でも、何だか認めて頂いた

ような気がして、ほっとするのです。

態度ももちろん大事ですが、言葉も大切ですね。

本当に短いものでもよいので、お相手のためを思う

言葉をかけることができたなら、

それを受け取った人もまた、そのような言葉を

別の他の人にかけてあげることが出来るはず。

そういう連鎖があると嬉しく思います。

 Give & Give の心の話は時々いたしますが、

Take & Give だって良いのです。

受け取ったら、それをお返しする。

たとえ、その方に直接ではなくても、

別の方でも、周りの方々にでも、どなたにでもOK。

笑顔を受け取ったら、笑顔を送る。

ありがとうと言われたら、ありがとうを送る。

大丈夫ですか、と心配して頂いたら、

大丈夫ですか、と心にかけてみる。

心配しなくても大丈夫よと励ましてもらったら、

心配しなくても大丈夫よと優しく励ましてあげる。

もちろん、先に自分の方からどんどん優しさを

投げかけられれば良いですが、

優しさを受け取った時に、

自分も世の中に優しく接してみよう、

と、心から思えるかもしれません。

このように、優しさの循環が生まれると、

思いやり溢れる平和な世の中になるのに・・と思い、

またそうなることを願うばかりです。

 2つの質問で行動力が倍になる

 目標達成をするための考え方として、

人には2種類のタイプがあります。

目的志向型と問題回避型。

◯◯になりたいから△△する。

◯◯が欲しいから△△する。

という肯定的な動機を持って行動するパターンと

◯◯にはなりたくないから△△する。

◯◯は避けたいから△△する。

という否定的な動機を持って行動するパターンです。

あなたの思考パターンはどちらに当てはまりますか。

 どちらかの思考の癖があると思いますが、

実はこれを意識的に両方のパターンで考えると

モチベーションが上がり、行動も倍にアップするのです。

 それをすると、何が得られるのか。

どういう状態を手にすることが出来るのかを考えると、

その報酬が欲しくなって、脳が指令を出し、

行動するようになります。

 また逆に、否定的動機を持てば、

それは絶対に避けたいという恐れから、

行動に結びつくようになってきます。

資格をとる。

夏までにダイエットを成功させる。

など、何か目標を掲げた時、

2つの質問を投げかけてみましょう。

 まずはやりたいと思ったことを成し遂げたら、

今と何が変わりますか?

どのように嬉しいですか?

そして、もしそれをやらなかったとしたら、

逆にどうなりますか?

それで良いですか?

この2つの未来のイメージをしっかり持ってみると、

とても行動に移しやすくなってきます。

ぜひ試してみて下さいね。

 

 野球のストレートは変化球!?

 我が家には、日めくりカレンダーが2種類あり、

1つはひとこと英語、もう1つは雑学王。

毎日一枚ずつなので、無理なく楽しんでいます。

雑学はまた、トピックが多岐に渡るので

とても面白いのですが、今日は、野球で

ピッチャーが投げるボールについて。

 ストレートは、実は変化球の一種だということ。

力学的に前方に投げ出された物体は、

重力によって下へと引っ張られ、放物線を描きながら

落ちて行くのが自然な軌道であるのですから、

ストレートにするためには、人為的にスピンを

かけなければいけません。

バックスピンをかけることで、回りの空気からの

上向きの力を受けるため、重力が部分的に

打ち消され、結果、直球になるのです。

 言われてみればそうですよね。

普通にボールが前に進めば、自然に落ちていくわけです。

そう思うと、私たちの生き方も同じだなと

改めて思います。

 同じ状態で進んでいても、年は取りますし、

体力も衰えてきます。

途中でどのような環境の変化、時代の移り変わりが

あるのかもわかりません。

そのような中で、前に進み、また向上していこうと

するならば、自然に低下もしていくのだということを

ちゃんと想定していなければいけません。

そのために必要なのが、努力や向上心、

変化を受け入れる柔軟性と対応力などです。

現状に満足せず、常に進化させ、時には、

スピンをかけながら、抵抗するものに立ち向かっていく

勇気も必要なのかもしれませんね。

 

 フォーカスした部分が大きくなる

 何でも、フォーカスしたものの方が大きくなる

という自然の法則があります。

得たいもの、やりたいこともフォーカスしていると、

ものごとが上手く運びます。

逆に、やりたいけれど、難しいとか、

欲しいけれど、私には無理かな・・と思っていたら、

本当に無理になってしまいます。

 もっと自分自身を変えたい、と思っている場合は

どうでしょう。

変えたい、ということは、実は、自分の嫌だな〜

と思っていることろを見ていて、

嫌な部分、否定的な部分にフォーカスして

しまっているので、

結局、その部分が自分の中で大きくなるような感じで、

いつまでも嫌な面が強調されてしまいます。

そういう時は、否定的な部分ではなく、

肯定的な部分を見つけることです。

変わりたくない良いところ。

自分の長所を見直して、そこにフォーカスしていくと、

いつのまにか、否定的な部分が小さくなって

いくからです。

もし万が一、なかなか自分の長所を見つけられない時も

悲観しなくて大丈夫。

世の中の事象は全て陰と陽で出来ていて、

常に対になっています。

ですから、否定的な面も裏を返せば良い面になる、

ということ。

フォーカスするところを意識するだけで、

流れも変わってくるのですから、不思議なものです。

 夢や目標は大きくなくてもいい

 SNSなどで、願望達成術や起業セミナー、

月商◯ケタ、年商◯ケタなどという

大きな目標を掲げて、

それを達成するためには!!などという文言を

見かけたりしますと、

何だか、とっても大きな目標や夢を持っていないと

いけないような感じがし、もし、そのようなものが

今の時点でなかったら、どうしよう・・と

悩む方もいらっしゃいますが、

夢や目標は、大きくなければいけないことは

全くありません。

日々の暮らしを丁寧にするというのも、

立派な目標。

◯◯歳になっても健康でいる。

いつもお部屋を綺麗にしておく。

栄養バランスに気を配る。

週に一回はカフェに行く。

自分のための時間を充実させる。

などなど、そのような日常を大切にする

というのも、とても素敵なことだと思うのです。

意外と手を抜き、整っていない場合も多いですから・・。

これよりも、もっともっと小さな目標

小さな夢だって構いません。

ハードルを下げて、それらが叶った時の

喜びをしっかりと味わい、

また次の目標や夢につなげていくと

少しずつ大きくなっていくかもしれません。

もちろん、小さなままでも大丈夫。

小さな目標を何度も達成して自己肯定感が

高まる場合もあります。

小さな幸せが大きな幸せにつながることもあります。

 夢や目標は大きさが問題なのではなく、

持つということ

それに向かって動いているということ

が大切なのです。

 

 

 習慣は身につくまで続けることが大事

 何か目標に向けて進む時、

そこまでの道のりで、何をしたらよいのか、

どのように進んでいったらよいのかを

細分化していき、では、今、

何をすべきか、というのが明確になると、

前に進みやすくなってきます。

そして、そのための良い習慣を身につけるのには

何と言っても続けること。

新しい習慣が身につくまでには、3週間は必要です。

習慣というのは、考えなくても、無意識にでも

できること。例えば、歯磨きのように。

そして習慣には、良い習慣も

もちろん悪い習慣もあるわけです。

目標に向けて進む生き方を後押ししてくれるものから、

逆に遠ざけてしまうものまで。

ですから、その後押しをしてくれる

良い習慣をしっかり身につけられるように

繰り返し繰り返し行い、

続けるようにいたしましょう。

繰り返すこと、続けることが大切です。

 気になったら行動に移す

 次回のNLP心理学の学びの時に

好きな本を一冊持参することになっているので、

何を持って行こうかしら〜と

本棚を眺めている時に、

やっぱりこれかな・・と手にした本は、

『草野心平詩集』

好きな詩が入っているのと、何より、

それは、私の大切な恩師が、

10歳の時に贈って下さったから。

パラパラとページをめくると、

はらりと落ちる一枚の紙。

それは先生からの添えられた短いお手紙です。

本は長い年月を経て、かなり色あせているのですが、

そのお手紙は全く古びることもなくそのまま。

久しぶりに開いて、とても懐かしい気持ちと、

嬉しい気持ちが湧き上がり、

以前は必ず長いお手紙を書いて近況報告していたのに、

ここ数年、忙しさでそれも出来ずにいたことが

心にずっとひっかかていたこともあり、

思い切ってお電話をしてみたのです。

 もう校長先生を退職されてから何年も経っていますが、

変わらぬ若々しく元気なお声をお伺いし、

幸せな気持ちになりました。

気になっていたら、やはりどのような形でも

行動に移すことは大事ですね。

気になっているのであれば、

やりたいことはやり、

会いたい人には会い、

話したい人とは話し、

行きたいところには行き、

悔いのないようにしたいですものね。

 今度は先生にまたいつか

お会いしたいと思います。