ライフスタイル

 違う視点から見る

 同じ方向、同じ場所、同じ高さから

物事を見ると、視野はとても狭くなりますし、

考え方も、価値観も、感じ方も、

いつも同じになってしまいます。

小さい子どもに話す時は、しゃがんで視点を同じ

高さにすれば、子どもの世界が見え、

高いビルや山の上から下を見れば、

地上で起こったもめ事や、悩みも小さく見え、

遠くから物事を見渡せば、それらを客観的に見ることが

できるのです。

 私たちの居る場所は、狭く、小さいところ。

あえて、視点を大きく変えてみると、

考え方が柔軟になり、寛容にもなり、

また今までとは異なる新たな発見があるかもしれません。

もし、大きく変えられなくても、視点を変えるという、

ただそれだけを意識するだけで、全然違います。

 自分だけの世界は本当に小さいもの。

少しずつでも見える世界を広げて参りましょう。

自分の悩みも、お相手の思いや考えも、

広い視野で受け止められれば、

そこに、思いやりの心も生まれるはずですね。

 当たり前に感謝する

 私の朝の日課の1つに、カーテンを開けながら、

「今日もありがとうございます。」と感謝の言葉を

言う、ごいうことがあります。

朝が苦手な私にとって、これはとても有効で、

とりあえず言葉から入れば、

朝も前向きな気持ちになれるのです。

そして今朝は、人生で初めて、

海岸線の美しい日の出を見ることができ、感激。

今まで、日の出を見るために早起きをする、

ということがなかったため、

見たことがなかったのです。

 改めて思いました。

当たり前のことを認識し、

どれだけありがたいことかを感謝することの大切さを。

 東から太陽がでて、西に沈む。

この「当たり前」にどれだけ意識をむけられ、

どれだけ感謝できるか。

家で、いつもお食事を用意したり、

お掃除をしてくれる人に対して。

当たり前に生えている草花に対して。。。

この「あたり前」のことこそが

本当に大事にしなくてはいけないことなのです。

身の回りの「当たり前」に

感謝して過ごすと、とても心が豊かになるような

気がいたします。

皆様もたまには身の回りの「当たり前に」

是非、目を向けてみて下さいませ。

 

 

 

 すぐ先にある未来を感じる

 私たちの生活は、急速に発展し、進化しています。

次々と新しいものが出来てくるので、

そのスピードに乗っていくには、

やはり、自分で目の前にある未来を

感じることが重要です。

この未来の変化には、

見ているだけでも、聞いて納得するだけでも

なかなか付いて行けませんので、

しっかりと感じることがポイント。

 私たちが生きている今は、1分後はもう

過去になっています。

そして、1分先の未来が今になっています。

 時間は過去から現在、未来へと流れていく

という解釈が一般的ですが、

未来から、現在、過去へと流れる

という感覚を是非味わってみて下さい。

 すると、過去の出来事ばかりに囚われず、

未来を生き抜く力が養われます。

大きな未来でなくて構わないのです。

すぐ目の前の小さな未来を感じるだけで

良いのです。

今まで当たり前ではなかったことが

どんどん当たり前になっていくのですから、

それを楽しまない手はありません。

今をいきいきと生きていけるように

未来感覚、養って参りましょう。

 

 

 質を高める

 最近、ブログの更新時間がとても遅くなり、

反省しているところです。

時間の使い方。別に遊んでいるわけでもなく、

ぼーっとテレビなどを見ているわけでもないのに

あっという間に過ぎる夜の時間。

この夜の時間をもう少し有効に使いたいと

思っているところです。

与えられた同じ時間、質を高めるには、

やることをたくさん詰め込み過ぎず、

減らすこと。

これに限ります。

100%のことを一生懸命こなして完璧をめざすより、

最初から70%のことを良質にできたら良いですね。

 自分のための時間だけでなく、

お相手のあることでしたら、なおのこと。

量を求められていない限り、質を高める意識をして、

期待以上のことをすることができたら、

お相手の満足につながります。

カフェでコーヒーを注文したら、

小さなチョコレートが付いてきて嬉しい♡

というような感覚です。

限られた時間の中で、ぎっちぎちですと、

こなすだけで精一杯。

もしも量を初めから抑えられていれば、質を高められ、

チョコレートをつけることができる余裕も生まれるのです。

 時間の使い方を見直し、

少しでも質を高められるよう工夫することが、

今の私の課題です。

 夢と現実を結ぶもの

 夢と現実を結ぶものは?

それは、「努力」です。

夢の実現は、努力なくしてありえません。

成功した方で、運が良かったと言う方も

多くいらっしゃいます。

でもそれは、努力の結果、その運を引き寄せて

いるのです。

努力というと、一生懸命で苦しく、辛いもの、

だからとても大変なこと。

と思われがちですが、苦しいばかりが努力では

ありません。

ですから、「運が良かった」と言う方は、

その努力が楽しいものなので、努力をしている

という感覚がなかったりするのです。

でも、行動量は半端ないほどだったりするわけです。

普通私たちが考えている何倍もの量をこなしながら

ご本人は楽しんでいる。

だから、どんどん良い運気が巡ってくる、

というように良い循環が生まれ、成功に結びつく

わけです。

 夢の実現のためには、わくわくすることが大事。

大丈夫かしら、失敗しないかしら。。という気持ちが

あると、なかなか行動に移せません。

でもわくわくしながら、将来のその実現したいものが

描けるのであれば、あとは行動を積み重ねていけば

よいのです。

夢と現実を結ぶもの。

それは「努力」。

 

 次の人が気持ちよく使えるように・・

 カフェなどで、帰り際に、自分でカップやお皿、

トレーなどを片付けるところがありますが、

今日、そこで何人かの方たちが片付けているのを見て、

日本人って、真面目だなと改めて思いました。

プラスチック、紙類、フタ、お皿、カップ・・と

きちんと分別しますものね。

でも更に、高校生たちに感心したのが、

最後に周囲をきれいに拭いていたこと。

ちょっとしたことですし、誰が見ているわけでなくても、

(私はたまたま後方から見ていたのですが・・)

次の人が来た時に、気持ちよく使えるようにする。

さりげない心配りは、とても大切だと思うのです。

お店の人がきれいにするから自分はやらなくていい、

ではなく、自分がいたところは、次の人のために

自分できれいにしておく。

それは、どのような場所でも共通することです。

 かなり前のことになりますが、ある大きなセミナーで、

その人気(なのかな?)セミナー講師が言っていたことに

私は違和感を覚えたことがありました。

 リーダーになるような人は、お手洗いを使ったあとは、

必ずキレイにするものだ。

もし水しぶきなどで汚したままだったら、

次の人に、そういう人だと思われて、恥ずかしいことだ、と

おっしゃったのです。

でも私は違うと思うのです。

自分がどう思われるかではなく、考えるのは次に使う人のため。

誰も見ていないところで

誰が使うかわからないけれど、その人のために

思いやりを持ったり、心遣いができるということが

大事なのだと思うのです。

 今日見かけた高校生たち、きっと素敵なレディになりますね。

 

 

 

 

 

 やる気が起きない時は・・

 どうしても、段々疲れが出てきたり、

やる気が出なくなったりすることは

誰にでもあります。

それは途中でくじけることもあれば、

最初から、やる前からなかなか取りかかれない

という時も・・。

私の場合、やり始めれば、わりと波に乗って

できるのですが、始める前は、苦手なことや

好きではないことは、なかなか取り掛かるのが

スムーズにいかないことがよくあります。

そういう時にどうするかと言いますと、

ポイントは2つ。

まずは、それが終わった時の喜びを、今感じてしまうこと。

そしてもう1つは、それが終わると喜んでくれる方を

思い浮かべること。

すると、段々モチベーションがアップされてきます。

終わって、嬉しい〜〜!とか

終わって、スッキリした〜!という達成感など。

先にそのような感情を味わうというのはとても効果的です。

お仕事でも、お勉強でも、日常の中のことでも、

何にでも・・。

その先に感じるであろうプラスの感情を味わうと

自然と行動も伴ってくるものなのです。

やる気が起きない時、是非やってみて下さいね。

 パターンを変えると・・

 毎日、記録的な猛暑で、

皆さま、如何お過ごしでいらっしゃいますか。

何となく、身体がだるく、

集中力もいつもより無かったり、思考力に欠けたりと

なかなか普段通りに事が進まないことも

あるかもしれません。

そのような時は、いつものパターンを変えてみるのが

おススメです。

いつものパターン通りにやっていると、

効率的なような気もしますが、

全く考えないでいつもの順番で行うので、

変化もなく、クリエイティブになれないのです。

ですから、毎日のパターンをちょっと変えてみる。

例えば、朝起きて、カーテンを開けて、顔を洗って・・

という順番を、カーテンを開けて、お水を飲んで、

5分瞑想してから、顔を洗うとか・・

靴を履く時、いつも左足から履くのを、

右足からにしてみるとか・・

通勤、通学のルートを変えてみるとか・・

結構、小さなことで、変化をつけられることって

あるものなのです。

このいつものパターンを変えることで、

創造力がとても刺激されます。

脳が刺激されると、新たな発見があったり、

新しいアイディアを思いついたりするかもしれません。

 何となく、ぼーっとしてしまうこともあるこの暑さの中、

いつものパターンをちょっと変えてみませんか。

 幸せのかたちはそれぞれ

幸せのかたちは、人それぞれ。

ですから、人と比べなくても良いのです。

幸せとは、自分の心が満たされて、

豊かな状態にできること。

でも何によって満たされるかは

皆、違うわけです。

アクティブな毎日の方が好きなかた。 

のんびりペースがしっくりするかた。

どちらもでも良いのです。

人は、社会情勢や、周りの事情、しがらみなどが

絡み合うと、自分自身を忘れがち。

自分の素直な気持ち、正直な気持ちを思い出して、

自分自身の幸せを感じられるようにできると

良いですね。

思い通りの人生、自分に正直な人生、

幸せを感じられる人生、

そのために大切なのは「心地よさ」です。

わがままに振る舞うということではなく、

自分の心地よさをまずは知るということ。

他人の基準ではなく、自分の基準です。

幸せのかたちは、10人いたら、10通り。

自分の心としっかり向き合い、

自分が本当に求める幸せのかたちを確認して

自分の心地よさを大切にして参りましょう。

 シンプルに生きる

 私たちの生活は、物や情報に溢れ、ともすれば、

その中に埋もれて生活することになる状況では、

本来の自分の姿、生き方、そして何が大事なのかさえ

分からなくなってしまいます。

身の回りのもの、考え方、行動など、

シンプルにしてこそ、自分にとってもお相手にとっても

大切なことが光って見えてくるのです。

 本日はテーブルコーディネートレッスンを行いました。

座学はガラスについて。

コーディネートはシンプルスタイル。

この暑い夏の日には、少しでも涼しく爽やかに過ごすため、

欠かせないスタイルです。

あれもこれもと食器を並べたりしても

ごちゃごちゃとするだけ。

最低限必要なものだけを残し、すっきりとさせると、

さわやかな風がす〜っと抜けるような感覚を覚えます。

 シンプルだからこそ見えてくるものを

埋もれさせることなく大切にし、

複雑だと分からなくなってしまうことを

シンプルに考えるようにしていくこと。

日常の中でも必要ですね。

皆さまも是非、シンプルに生きる術を

改めて考え、見直しみてくださいませ。