出張

 日本の襖には鍵がないのは・・

 昨日の日本料理店での研修では、2時間の講義の後、

実習も行いました。その時に襖の開け閉めの練習も

いたしましたが、まず襖を開けるということは

とても重要な行為です。

今の住宅事情ですと、和室が少なくなり、また、

和室があっても、礼をふまえて襖を開けるということは

あまり日常的にはないかもしれませんね。

でも、日本の襖と西洋のドアはお部屋の出入り口という

役割は同じでも、襖の方がはるかに日本的な奥の深い

意味があるのは、襖に鍵がないことからでも想像できる

かと思います。

 襖は、平安時代の掛け布団を意味した「衾(ふすま)」

に由来していて、寝ているところの仕切りとしても用いられて

いたと言われています。

日本は比較的安全な国であるため、お部屋に鍵をかける

という習慣はなく、襖でも十分仕切ることはでき、

またそこに絵を施すことによって芸術性も持たせていました。

 そしてお部屋に入る時には黙って勝手に入るということは

もちろんせず、中にいらっしゃるお相手のことを思って、

ドアのようにバッと開けるのではなく、

襖は三手で開けるという礼儀作法があるわけです。

まずは開ける前に、お部屋の中の空気を読み、そして

自分の息を整えてから、中の方との息を合わせるように

気持ちを寄せます。そして、三手のうちの一手、

少しだけ(5㎝ほど)開ける時には

「これから襖を開けて入りますので失礼いたします。」

という意味を込めています。

 襖の開閉にも礼儀作法があるのは、お相手に対する

思いやりを形にしているからなのですね。

鍵はなくても、心の鍵で信頼関係を築き、心地よい

心のやりとりが出来る日本人は素晴らしいと思います。

たとえそのような機会が無いとしても、

やはり、その精神文化は大切にしていかなければ

いけないのではないかと改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 受け取る側の気持ちを考える

 どなたかに贈り物をする時、あなたはどのように

品物を選びますか?

おそらく、お相手の姿やお顔を思い浮かべながら、

この方はきっと〇〇を喜んで下さるだろうとか、

この方は〇〇がお好きだと伺っているから、

これを贈ろう、などと考えながら品物を選ぶことと思います。

その時に受け取る方の気持ちを考えているわけです。

決して嫌がる物は選ばないですものね。

 贈り物に限らず、私たちは様々な人と関わる上で、

色々なものをお相手に贈ったり、伝えたりしています。

言葉や表情、態度やしぐさ、そのように目に見えない

ものも絶えず届けているのです。

ですからその時にも、やはり、プレゼントを贈るように

お相手の気持ちを考えることが大切です。

でも、プレゼントはお相手のところに届くまでに

時間があり、ゆっくり考えることもできますが、

言葉や表情、態度などはコミュニケーション上で

瞬時にお相手に伝わってしまう分

とても注意が必要になってきます。

 伝えたいけれどうまく伝わらない、とか、

そういうつもりはなかったのに、お相手に意図したことと

異なる解釈をされてしまったなどとという経験は

どなたにでもあると思います。

自分のフィルターや価値観とお相手のそれらとは、

最初から違うものだということを知り、理解した上で

伝える側は伝わるように気をつけなければなりません。

 表情はどうでしょう。

今は皆がマスクをしていて、お顔の半分以上が

隠れていますから、尚更、誤解のないように

そしてお相手の方が不快な思いをしないように

マスクの内側では最大限の努力をして、お相手に

気持ちよく伝わるように気をつけなくてはいけません。

「笑顔」はちゃんと届いていますか。

自分では笑っているつもりでも、他人からみて

「笑顔」だと認識できない場合もあることを

意識していることが大切です。

 本日久しぶりに行いました日本料理店での研修でも、

そのことをしっかりと確認して頂きました。

接客する時もとても大事なことですね。

日本人としての和の心とともに、お相手を慮るという

大切な心構えも共有できて実りある時間になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 

 日本の心

「和を以って貴しとなす。」

聖徳太子の『十七条憲法』第一条の冒頭です。

誰もが一度は目にしたことがあると思いますが、

この頃から現在まで、「和」というのが

非常に重んじられてきました。

「和」とは調和の和であり、日本国を意味する

和でもありますので、この日本人の精神そのものを

古代から大事にし、美しい和の心が受け継がれてきています。

自然の現象、宇宙の法則の中に美と調和を見出し、

その自然の法則の中で生命を尊び、それに基づいた

生き方をしたり、社会を発展させてきました。

 明治以降、西洋のものが多く日本に入ってきて、

良い面も勿論たくさんありますが、

「和の精神」「和の心」というのは

現代の私たちにもとても大切なものであり、

理解していかなければならないものでもあるのです。

 本日は、日本料理店にて接遇研修をして参りました。

参加されたのは、女将さん、仲居さん、そして

お料理人さんやフロントスタッフの方まで。

それぞれの分野で皆さまお仕事をされていますが、

皆さまの共通の心得として、

本日は「日本の心」についてたっぷりとお話させて

いただきました。

それと同時に私自身も多く学ばせていただいたような

気がいたします。

日本料理といっても奥がとても深いですので、

接客、接遇以前に心得ておく必要があるものは

たくさんあります。

その「心」があってこそ、お客様に対して、

最高のおもてなしができるのではないかと思うのです。

 お相手を思いやる心。

これは接客だけでなく、人と人とが関わる上で、

どの場面でも、どなたにでも必要なこと。

ですから、この日本料理店だけでなく、

社会全体がそのような心に溢れる世の中になることを

切に願うこの頃です。

 本日は「日本の心」を改めて考えることができた

とても良い1日になりました。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 自分とのコミュニケーション

 准看護学校での第2回目の講義は

セルフコントロールの大切さと傾聴について。

傾聴のことは、看護学生であれば、

他の授業でもやるかとは思いますが、

私の視点で、特に共感的傾聴の重要性をお話し、

また、患者さんのケアのことに関してはいつも

勉強していても、自分自身を知るということは

なかなかやらないかなと思いまして、

セルフコントロールの大切もお話するようにしています。

 でも、看護職の方に限らず、どなたでも、

自分自身を大切にすることはもちろん大事。

いつもお伝えしますように、他人のために優しさや

愛情を注ぐためには、自分がしっかりと満たされて

いないといけないからです。

 そのために人とコミュニケーションを取る前に、

まずは、自分とのコミュニケーションを取ること。

しっかり自分ミーティングして、自分を受け入れて

認めること。そこが大切です。

そして、自分の好きなところを沢山見つけられると

良いですね。

人は皆だいたい、自分の嫌いなところ、欠点は

すぐに見つけられるのに、自分の好きなところは

なかなか見つけられないものです。

若い学生でも、自己肯定感が低くて、全く

自分の良いところ、好きになれるところがない。

と言う子もいたので、もっともっと自分のことを知って、

受け入れてほしいな、認めて欲しいなと

思うところです。

 人生限られた時間しかないのですから、

時々自分ミーティングして、今の自分を知り、

それから、ありたい自分を明確にし、

何を求め、何をしたくて、何を心地よいと思うのか。

心の奥底にあるものを掘り起こしてみて、

そしてそれから、人との良いコミュニケーションが

とれるようになると良いですね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 伝わるように伝えるのは難しいけれど・・

 私たちは、普段何気なく会話をしていますが、

お相手に何かを伝えようと思っても

きちんと伝わるように伝えるのは、

実はとても難しく、どこかで理解の違いが生じたり、

伝えたつもりでも、伝わっていなかったりすることも

よくあることです。

それすら気付かずにコミュニケーションを続けると、

なかなか信頼関係を築けず、

もどかしい思いもするかもしれません。

 今日は、市内の准看護学校で久しぶりに講義をして

参りました。毎年、卒業前の3学期に行いますが、

社会に出る前に、少しでも、何か1つでも、

心に残っていることがあれば嬉しいな、

という思いで全力でお伝えします。

 そして本日のテーマはまさしく、

「コミュニケーションの基本」です。

 今年の学生さんたちは、また特に反応が良くて、

嬉しく思いましたが、同じことを話しても、

聞く側の価値観、置かれている環境によって

受け取り方というのは様々です。

それは、日常の会話でも、お仕事上の会話でも

同じことで、その違いを予め理解した上で

私たちはコミュニケーションをとる必要があります。

 でも違うからこそ、楽しくもあり、

違うからこそ、様々な新しい発見があったり、

気づきがあったりするものです。

私も、学生の発言で、なるほど!と思う場面もあり、

毎回色々な気づきを得て、私自身の学びにもなります。

 明日は1校時目の授業。

朝が苦手な私は、今日の皆さんの笑顔をパワーに変えて、

しっかりエンジンをかけていこうと思っております。

伝わるように伝えるのは難しいけれど・・。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 

 

 始める時は万全の態勢でなくても大丈夫

 なかなか行動に移せない方、一歩が踏み出せない方も

多くいらっしゃることと思います。

まだまだ自分には能力が足りないから。

もう少し何かを身につけてからでないと・・。

まだ準備が整っていないから。

などと、色々な理由を作っていて、

きっと、なかなか始められないのだと思います。

でも、万全の態勢って、意外といつまで経っても

やって来ないもの。

 それよりも、今できることから何でも良いので

始めてみる方が、やりたいことにずっと早く近づきます。

 物凄く行動力のある私の友人は、チャンスがあれば、

すぐに動き始めてしまいます。

大きなお仕事をいくつも抱えているにも関わらず、

それでもまた新たにスタートするものが・・。

本当にその行動力とバイタリティにはいつも

感心するばかりです。

 本日はそのお手伝いで都内に行って参りました。

日曜日にオープンさせる所が、まだ整っていないのですが、

考えてから進むのではなく、

考えながら進んでいる彼女は、

必ず上手く成功させるはずです。

 迷って、悩んで、躊躇している方。

どうしても、足りないから始められないと思いがちですが、

始められないから足りない、という状況にしてしまって

いるかもしれません。

結構、必要なもの、必要な事柄は後からついてくるものです。

どんどんエネルギーを出して、動いている人のところには、

それと同じようなエネルギーが引き寄せられるのですから、

きっと必要なものは集まってくるはず。

思い切って踏み出してみましょう。

 友人の新しい素敵なカフェの日曜日オープン。

私もとても楽しみです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

「インクルーシブ教育」のこれからを考える

 インクルーシブ教育とは、簡単に言うと、

子供たち1人ひとりが多様であることを認め、

障害がある子もない子も、通常学級で、

共に学べる教育のことです。

でもそれが簡単にはいかないから、学校の先生方も

理想の教育と学校の体制、社会の教育システムの間で

悩まれたり、試行錯誤をされているのだと思います。

 本日は「インクルーシブ教育」のこれからを考える、

というテーマの学校の先生方のお勉強会にお招き頂き、

私の立場から、お話をさせて頂きました。

私自身、以前、小学校の特別支援学級にボランティアで

支援のお手伝いに行っていたことがあり、とても

考えさせられることが沢山ありました。

そこから離れて何年も経ちましたが、

支援が必要な子たちをとりまく環境はあまり変わらず、

これからの社会はどうなるのだろうかと危惧するほどです。

 学校は、社会の縮図であるとも言われています。

10年後、20年後にどういう社会を作っていくか、

ということを学び、考える場でもあります。

そこに排除はあってはならず、共に生きる場でなければ

ならないはずなのに、それが難しい現状があるのは、

社会の一員として人ごとではないように思うのです。

国にはトライアングルプロジェクトと言って、

家庭・福祉・教育を強く連携させていく体制を

考えているようですが、それが理論上だけでなく、

現実味を帯びて欲しいなと思います。

 そして、私たち個人ができることと言ったら、

やはり、自分を認め、他人を認めて、

「自他共に思いやりのあるコミュニケーションをとる」

という私が最も大事にしていること

なのではないかと思うのです。

 

 

 未来は自分で作るもの

 私にとっては夢のようなお話。

でも初めての経験だから、うまくいくかどうか

ちょっぴり不安でもあること。

それをやるか、やらないか、の決断を数日待って

頂くのは、私にとっては珍しいことでもありました。

基本、私は、お声をかけて頂いたお仕事は、よほどの

ことがない限り、お断りをしないことにしています。

自分にはハードルが少し高いなと思っても、

せっかく頂いたご縁とチャンスは無駄にせず、

全力を尽くして挑むことを心がけ、

それでもうまくいかなかった場合は、自分にはまだ

補うべきスキルがたくさんあることを知り、

うまくいったのであれば、その経験を自信にして

また次へとつなぐことが出来るからです。

ですから今回、週末を挟んで数日、返事をお待ち

頂いたのは、本当に珍しいこと。

でも、自分自身に問いかけて、これをもし、

やらなかった場合を考えると、どう考えても、

一生後悔するはずですし、いつかやりたいと

思った時にはそのチャンスは巡ってこないかもしれない、

と思うと、やらない選択はない、と決心しました。

これは、たとえどのような方に相談しても、

占いの方に聞いてみても、結局決めるのは自分自身。

他の人の助言はヒントにはなりますが、

答えにはならないのです。

・・ということで、今朝、簡単なレジュメを送信しましたら、

何だかドキドキしてきてしまいました。

一般の方向けに行うものですので、

詳細が決定しましたら、お知らせさせて下さいませ♡

未来は自分で作るもの!!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

 

書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→

 手書きの魅力

 偶然にも、ちょうど3年前の今日もブログで

「手書きの魅力」について書いておりました。

アナログタイプの私は

やはり、手書きが好きなのだと思います。

手書きの文字は、その方それぞれの特徴があり、

そこが魅力でもあるのです。

 文字の上手下手は全く関係なく、

手書きで心の込もったお手紙などは、

頂くと、とても嬉しいものです。

 本日は、穏心書道教室を主宰されている

中西礼子先生とのコラボで、

「美しい手紙の書き方とボールペンで書く美文字」

の講座をさせて頂きました。(飯田教郎さん主催)

昨年に引き続き2回目ですが、受講された皆さま、

とてもご熱心に耳を傾けて下さり、また、

美しいお手紙を書く実践にも

真剣に取り組んで頂きましたので、とても嬉しく、

私にとりましても有意義な時間となりました。

 メールやラインなどのやりとりが主流の今だからこそ、

手書きでお手紙を認める(したためる)ことは

とても意味があり、また、文章に真心を込められますので、

お相手への思いやりや気持ちを伝えることが出来るのです。

 そしてちょっとしたルールを正しく知っておくことで、

失礼のない、格調あるお手紙も書くことができます。

また、「紙」は「神」であるという、日本人の古代からの

美しい信仰を知ると、便箋や封筒の扱いまで丁寧に

なるのではないかと思うのです。

 様々な方面でご活躍の書道家の中西先生には、

美文字の書き方のコツを丁寧に教えて頂きましたので、

受講された皆さまはもう、とっても素敵なお手紙を

書かれるのではないかと思います。

 このブログをお読み下さいました皆さまも

たまには是非、身近な方やご友人などに、

お手紙を書かれては如何でしょうか。

きっと、受け取られた方は、心がほんわりと

温まるはずです。

手書きはやっぱり魅力的♡

 

 

「暮らしに役立つマナー」講座、無事に終了

 本日は(財)エウテルピス音楽芸術文化財団主催の

「今さら聞けない 暮らしに役立つマナー」講座にて

お話をさせていただきました。

平日昼間にも関わらず、お若い方からご年配の方まで、

市内の多くの皆さまにお越しいただきまして、

本当に嬉しく、そのような中でお話をさせて頂きましたこと

大変光栄に思います。

 マナーと聞くと、とても堅苦しいもの、遠い存在のもの、

あるいは、自分が恥をかかないためもの、と思われる方も

まだまだいらっしゃいます。

でもマナーというのは、自分のためではなく、

お相手に対する思いやりの表れで、

どなたにとっても、身近なものであり、

コミュニケーションをとるに当たっては、必ず考慮しなければ

いけないものでもあるのだということを

本日も強くお伝えいたしました。

あとは臨機応変にし、柔軟に対応する立ち居振る舞いができれば

よいわけです。

 一応様々な決まりごとがありますが、

それは分かりやすく形にするためでありますので、

大事なのは、やはり思いやりの心です。

その心を忘れずに持てば、お相手も不愉快な思いを

決してしないでしょうし、

より良い人間関係を作ることができるのです。

 マナーやコミュニケーションは一度でなかなか

身につくものではなく、日々の心がけの

積み重ねでご自分自身のものになってきます。

よく言われますね。

心が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。と。

小さな心がけ、そして小さな行動の変化を重ねて、

皆がより良くなれば、世の中はもっと

温かみのある社会になるのでは、と思います。