出張

 答えは1つではない

 本日は、ある企業の社内研修を4時間に渡ってやり、

様々なことをお伝えすることができました。

一応マナー研修ということなのですが、

私が重きを置いているところは、

「コミュニケーション」についてなので、

次回も来月に予定していますことから、

今回は、ほぼコミュニケーションの本質や特徴、

そして、どいうところに注意して、どういうことを

大切にしていかなければいけないのか、などを

様々なアプローチからお話をし、ワークを

取り入れながら実感して頂く、盛りだくさんの

充実した1日でした。

 コミュニケーションというのは、人と人との

温かさの交換です。これは、親子、夫婦、友人、恋人、

上司と部下、お店スタッフと顧客、先生と生徒など、

色々な関係性があり、また、初対面でコミュニケーションを

とる場面でということもあり得ます。

ということは、その分、数多くのシチュエーションが

ありますから、正解は1つではなく、臨機応変の

対応が求められます。

ですから、より良いコミュニケーションをとるためには、

自分自身で考え、判断できる思考力、応用力、洞察力、

柔軟性、受容性という力が備わっている必要もあるのです。

そこにマナーが加わると、より心地よいものに

なりますから、その辺りをまた次回に改めてお伝えする

予定ですが、このように多くの時間を

マナー&コミュニケーション研修に充てて頂いて、

本当に嬉しく思いました。

 体力がある私は、長時間研修も問題なく、また、

帰宅後は休憩する間もなく夜までレッスンというハードな

1日でしたが、無事に終わってほっといたしました。

今夜もぐっすり眠れそうです。

明日は、どのような理想の1日にしようかしら?

 やはり「人」

 今日は様々なお店を手がけている、ある会社に

打ち合わせに伺ったのですが、

初めてお目にかかる社長様とお話をしていく中で、

是非、お手伝いさせて頂きたいと思った理由の1つが

会社のブランディングをこれから強化していく上で、

まずは「人」をしっかり育てていきたいと仰ったことです。

 企業や団体などの接遇研修で、

年間スケジュールの1つとして、とりあえず基本マナーを

形だけやるスタイルですと、やはり上辺だけのものに

なってしまいがちです。  (その後の社内での

フォローアップにも依りますので、一概には言えませんが)

でも、私がどの場でもお伝えしたい根本のところ、

「人」としてどうあるべきか、ということを

意識されているところは、マナーは自然に後から

ついてくるものです。

ん〜〜自然というと、少し語弊があるかしら。

マナーを学んだ時に、す〜っと中に入り込み、

習慣になりやすいということです。

 会社のブランディングは個々のブランド、

パーソナルブランディングが出来ていないと

成り立ちません。

街に、全く同じ商品を、もし同じお値段で

売っているお店が複数あった時、

消費者はどのように選ぶかと言えば、

やっぱりあの店長さん、あのスタッフの方達が

いるところに行こう!と無意識レベルでも

思うわけです。

建物が立派でも、置いてあるものが良くても、

あるいは提供するサービスが良くても、

その価値は、サービスする人の人柄、人間力、

そしてコミュニケーション力に大きく左右されます。

私もお伝えする立場として最善を尽くし、これから、

こちらのスタップの方々とご一緒できることを

とても楽しみにしているところです。

 

 コミュニケーションは人にとって大事なもの

 英語を教えている時も、国語脳トレーニングを

やっている時も、マナーや話し方のレッスンをしても、

そして家庭の中でも、社会に出た時も、本当に

どのような場面においても大事なのが

コミュニケーション。

人は1人では生きていけず、人にとて

コミュニケーションはなくてはならない

必要かつ重要なものであることは、

もう言うまでもありませんね。

私も、何度も何度もお伝えしていることなので、

飽きてしまっている方ごめんなさい。

でもそれだけ、とっても大切なのです。

 本日は、市内病院にて、新人職員さんのための

接遇研修の講師をさせて頂きました。

接遇研修といっても、私の話の中では、

ほとんど接遇ルール、マナーというようなことは

やりません。

それは心がけや思いやりの心があれば、

後から付いてくるものだからです。

それよりも、限られた時間ですから、

もっと大切なコミュニケーションの根本のところを

お話し、ワークをやりながら、体感して頂きます。

文字や言葉で知るよりも、断然、身体で感覚として

納得する方が後々まで、大事なことが記憶に残る

からです。

初々しい新人さん達のエネルギー溢れる空間で、

私にとりましても、とても有意義な時間となりました。

 お相手にわかるように伝えること。

お相手の価値観、考え方は千差万別だということを

理解した上で、信頼関係を築く必要があること。

そしてお相手のことをよく見て、受け入れること、

認めること。・・・・など、コミュニケーションで

重要なポイントはたくさんあります。

でも、心地よいコミュニケーションがとれるように

するためには、日頃の自分自身の高い意識と、

お相手に対する思いやりの心が欠かせません。

 私も毎回気づきがたくさんあります。

 

 目標達成の過程を大事にする

 人生で大切なのは、お金でも物でも名誉でもなく、

目標を達成するために、どれだけの努力をして、

どれだけ成長することができたか、です。

大きな人生の目標があればあるだけ、

試練も多く、乗り越えなければいけない壁も

高く、大変なわけです。

そこで諦めずに、進んでいけるかどうかで

人間としても成長ができるかどうか

変わってきます。

 本日は准看護学校の講義3回目。

あっという間の3回でした。

コミュニケーションについてを中心にした

実社会で役立つことを色々とお伝えしましたが、

私としては3時間ではとても足りないぐらいです。

でも、看護師になるという大きな目標をもつ

彼女たち(彼ら)にとって、

私が伝えたことを身につけることももろん大切ですが

それ以前に、その目標を達成するために

どれだけ成長できたかが、今後の実社会での大きな

糧になるのだと思います。

 准看護学校の生徒の皆さんは、年齢が様々。

色々な目的、目標があって勉強し、資格を取ろうと

頑張っている方々です。

ぜひこれからも努力を続け、患者さんのため

世の中のためになれるよう、

頑張って欲しい願います。

 自分がどのような人物でありたいか。

もちろん、私たちも常に考えるべきところです。

ありたい自分を明確にし、

ありたい自分に近づけるよう

努力して参りましょう。

 

 人は誰でも聴いてもらいたい

 人は誰でも、関心を持ってほしい、

誰かに話したい、聴いてもらいたい、

という欲求があります。

どのような人でも、話したい時に聴いてもらえると、

たとえ結果が願い通りにはならなくても、

心が十分に満たされたりするのです。

真剣に聴いてもらえることが分かれば、

安心して思いを素直に伝え、

その思いを外に出したことで、気持ちが軽くなるの

ですから、安心して聴いてもらえるというのは、

人にとって、とても大切なことなのです。

 心をオープンにできるより良いコミュニケーションを

築き上げるために必要なのは、

安心感や信頼感。

いつ、どの場面でもそれが満たされていると良いですね。

 本日は准看護学校の講義2日目。

積極的傾聴の大切さについて、お話して参りました。

傾聴と簡単に言いますが、とても奥が深く、

共感することとも、とても関わりがありますので、

看護の基本ではありますが、看護に限らず、

私たちの日々の生活の中でも、

身につけなければならないスキルです。

私自身もこのようにお話しすることで、

再認識するところがたくさんありあす。

明日は3日目。

また楽しみです。

(朝早いので、気合を入れて・・)

 共通点を見つける

 本日は、毎年3学期に行う、准看護学校の

講義に、1年ぶりに行って参りました。

2年生なので、昨年も授業を行ったわけですが、

昨年の話を覚えているということは期待していない

ので(本当は覚えていてほしいのですが・・)

まずはコミュニケーションについての復習から。

そして本日のテーマへと移り、ワークを・・。

一方的な講義より、体感してもらい、

のちに、こういうことだったのか・・と

実感できることを願い、毎回取り入れます。

その1つ、共通点をみつけるワーク。

相手を知ろうとする、相手に興味を持つというのは

どういうことか、そして、コミュニケーションを

取る上で、どれだけ大切か・・。

コミュニケーションは何を伝えるかも大事ですが、

お互いの関係性や、お相手に対する感情にも

左右され、またお相手を理解するというのも

とても大事。

とても多面的であるということを

何度も何度もお話しします。

伝わるように伝えるというのは

このような講義では、私自身がいつも試され、

毎回、気づきを得られます。

少人数なら少人数なりの、大人数なら大人数なりの

伝え方があるのは私にとっても経験しながら

学びだなと思います。

でも、今日も生徒の皆さんと、とても有意義で

楽しい時間を過ごすことができました。

来週も頑張ります。

 自分を認める

 本日は、楽しみにしていました磐城緑蔭高校での

2年生に向けての授業。

英語科の先生方が、大切な授業枠を下さり、

私が、英語ではなく、「心のあり方」について

お話させて頂きました。

特に、昨日のブログでも触れました拙著

「自分を知ると うまくいく」の中の

本当に私が伝えたい「To be」ありたい自分を

大事にするということを10代の子たちに

お話できましたのは、嬉しい限りです。

 自分を認めるってなかなかできないこともあります。

人間、色々な感情が入り混ざっていますから、

こんな私は・・私なんて・・と否定的になることも

あるかもしれません。

でも、それもこれも全て自分。

嬉しい時も悲しい時も、楽しい時も辛い時も、

頭で考えるのではなく、心でしっかりと感じて、

受け止めて、今感じている感情を味わい尽くすのです。

そういう習慣を身につけていると

だんだん色々な感情を、素直に受け入れることが

できるようになってきます。

そして、自分が本当に大切にしたいこと、

価値観や信念を確認して、自分自身を認め、

自分自身を大切にすることができると、

周りの人たちを認めて、大切にするこができます。

 50分の授業はあっという間。

まだまだ伝えたいことはいっぱいです。

 

 書家の先生とコラボ講座

 本日は、いわき市内にて

「美しい手紙の書き方とボールペンで書く美文字」講座の

講師をさせて頂きました。

前半90分が私。

後半90分が書家 中西礼子先生。

いつもいわきで大変お世話になっている方が

企画して下さり、このようなことが実現致しました。

 なかなか手書きのお手紙を書くことが少なくなってきた

現代だからこそ、もう一度、その良さを見直して、

差し出すお相手のことを想い、

心を込めて認めることができたら、

素晴らしいと思うのです。

 今日は、一番格式のある書き方をお伝え致しましたが、

いつも最上格の書き方をする必要はなく、

その時の用途やお相手によって変えていきながら、

思いやりのあるお手紙を書く機会を増やして頂けたら

嬉しく思います。

書き方のマナーは色々とありますが、私が一番

お伝えしたいのは、古来の方々の想いです。

その想いを知ると、どうしてそうしなければ

いけないのか等の理解が深まり、それを大事にしたいと

思うようになるわけです。

 後半の中西先生の美文字講座も

素晴らしいものでした。

美文字を書くというのは、単に綺麗な文字を書く

ということではなく、1つ1つ丁寧にその文字の線に

心を込めることで、自分自身を整え、

精神統一することができます。

そして、そのように書いた文字でお相手に届けることが

できれば、そこでも思いやりのあるコミュニケーション

が成立します。

久しぶりに文字そのものに丁寧に向き合うことが

できました素敵な時間でした。

 長くなりましたが、このような機会をいただき、

とても感謝いたしております。

本日は皆さま、本当にありがとうございました。

『あなたも手に入れられる! 生き生きとしたライフスタイル』

 本日は、私も理事を務めさせて頂いております

(財)エウテルピス音楽芸術文化財団 主催の

記念すべき第1回 文化教養講座にて

お話しをさせて頂きました。

老若男女100名近くの方々がお集まり下さり大感激。

生き生きとしたライフスタイル、

理想のライフスタイルを手に入れるためには

どのようなマインドでいるとよいのか、

というヒントをお伝えいたしましたが、

結局のところ、いつも私がブログに何度も

綴っておりますように、

まずは「今の自分を知る」ということです。

ドイツ詩人ゲーテも言っています。

「現実を直視する心に、本当の理想が生まれる」

 今の自分をしっかり見つめ、そこから、自分の

価値観、「to be」どうありたいか、ということを

探っていく。それがわかってくると、

そこを軸にして、あとは、たとえ途中でくじけそうに

なっても、うまくいかないことがあっても、

しなやかに戻ってくることが出来るのです。

そして、自分自身を大切にすること。

改めて、これらのことを口にしますと、

また書くのとは異なる感覚を私自身も覚え、

実りのある講演会となりました。

 良いご縁から始まる様々な活動。

これからも大切にして参りたいと思います。

お越し下さいました皆様、

本当にありがとうございました。

 「自分を知るとうまくいく」というテーマで

 本日は朝から丸1日、いわき湯本にて

友人Jayneが主催しましたイベント

『Inspire You in Yumoto』に参加し、私も

90分ほど、皆さまにお話をさせて頂きました。

テーマは、「自分を知るとうまくいく」。

昨年、AmazonのKindle版で、出版致しました

電子書籍のタイトルと同じです。

理想の人生を歩むために、理想の自分になるために、

どのようにしたらよいのか迷い、悩み、なかなか

答えを見つけることがでいないというのは、

誰にでもあり得ることだと思います。

そこで、しっかりと自分なりの答えを見つけ、

自分らしく、自分の信念に基づいて過ごすためには、

まずは「自分を知ること」。

自分にどのように問いかけていくか、というヒントを

お伝え致しました。

そして参加者の皆さまが、想いや理想をシェアし

お話されているお顔はとても生き生きとしていて、

私も大変嬉しい限りです。

 懇親会では、さらに皆さまと近く、様々な話題を共有し、

とても楽しいひととき。

 『英語の仕事術』の著者で、東京からJayneのサポートに

ご尽力された岩田ヘレンさんとも沢山お話ができ、

私にとってもinspireされた日となりました。

またこれからも、自分らしさを大切にしながら、

私なりに頑張って参りたいと思います。