想い

「心に縁側を持て」

 私たちの世界というのは、白か黒、◯か✖️

善か悪・・というように二項対立なのでしょうか。

それほど単純ではありませんね。

世の中は複雑であり、しかも曖昧な部分が沢山あります。

二者択一で究極どちらかを選ばなくてはいけない

状況になることもあるかもしれませんが、

何か話し合いを持った時、あるいは色々な思いに

触れた時、絶対にこちらが正しくて、絶対にこちらが

間違っているということはないのではないかと思うのです。

 現在は、人により様々な考えがあるということが

今まで以上に浮き彫りになり、本来なら、◯か✖️では

片付けられないはずであるのに、他者の考えを攻撃的に

批判したり、排他的な思考に陥ったりする例をよく

耳にします。

 タイトルの「心に縁側を持て」は松下幸之助さんの

言葉です。

今は縁側のあるお宅というのは少なくなり、若い方達は

縁側というものを知らないかもしれませんが、

昭和時代の多くの日本家屋には縁側がありましたね。

建物の外側に沿ってある細長い板敷です。

そこはお庭に続くところで、家の「内側」であるような

でも「外側」でもあるような場所。そしてそこで、

普段は関わりを持つ機会がない、お家の人とお庭師さんが

言葉を気楽に交わすことができたり、

ふと立ち寄った人がちょっとお茶を飲みながら会話をする

というような素敵な交流がそこに生まれます。

 「心に縁側を持て」というのは、そういう内側でも

外側でもないような場所を心の中に持つ、つまり、

曖昧さを許しましょう、ということなのです。

こうあるべき、という固定概念に囚われることなく、

社会の多様化を柔軟に受け入れるとともに、

考えの違い、判断の違い、立場の違い・・様々な違いを

寛容に受け止める思考と思いやりを持つこと、

そして自分なりの考えもしっかりと持てるように

日頃から考える習慣を身につけることも大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』Vol.60を配信いたしました。

こちら

「周りにコントロールされないために大切なこと」

揺れ動くこの時代、不安定になりがちだからこそ

個人として必要なことをお伝えしておりますので、

ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 神様が用意してくれる偶然

 日常生活の中で偶然というのは、山のようにあるものだと

実感するこの頃。

人と偶然に出会うというのもその1つですが、

近くに住んでいても待ったく顔を合わせることがない方も

いれば、よくばったりお会いする方もいたりして、

この違いは何なのかしら・・と思うほどです。

でも、人生で起こる全てのことは、私たちに何かを

教えようとしているものであるとするならば、

偶然というのは、本当は偶然ではなく、必然なのかも

しれないとも思います。

 たまたま目にした物、たまたま聞こえてきたフレーズ、

予期しないことが起こった時、また、失敗や間違いからも

何か得ること、学ぶことがたくさんあります。

ですから、偶然は本当は必然であるのだと思えた時に

そこから発せられるサインやメッセージを私たちは

しっかりと受け取ることが出来るのかもしれません。

それは神様が用意して下さった偶然なのですから、

大事にしなくてはいけませんね。

 今日もあるところで偶然、友人にお会いしました。

とても聡明な方で知識も豊富ですし、様々な話題で

いつも時間を忘れて話し込んでしまうのですが、

今日はたまたまお会いしたので、限られた時間では

ありましたが、少しだけカフェでお話していると、

やはり今日聞くべきタイミングだったのだと

改めて思ったのです。

神様がその方に合わせてくれて、この話を聞きなさい

と仕向けて下さったように思えてなりません。

 出会いも、出来事も、全て大切なメッセージ。

それをしっかりと受け取れる自分でいなくてはとも

思います。

そして、周囲に流されないことも大事ですね。

 本日は、YouTube『エクラの風』Vol.60を配信

いたしました。→こちら

「周りにコントロールされないために大切なこと」

をお伝えしておりますので、ご覧頂けましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 謙虚な人はぐんぐん伸びる

 時々お見かけするタイプで、

才能が少しだけあるがために、その才能をアピールして

他を受け入れないか、周囲を見下すような態度をとる人、

そして、もっとすごいのは、才能が本当は無いのに、

あるように頑張って見せかけて、自分を誇示する人が

いたりします。

また、年齢を重ねると、人生の経験があるために

余計に自分より歳下の方達には特に横柄だったり、

自分は偉いと思い込んでいる場合もありますね。

 でも、私たち人間は一生涯学びです。

最期を迎える時が、その人生の中で最高の瞬間に

なることができるように、たとえ年齢による衰えは

あったとしても、人としての在り方をより良くしていく

とするならば、私たちは常に謙虚でなくてはなりません。

謙虚であれば、その自分の中の足りないところを

補えるように努力ができますし、周囲からもそれを

埋めてくれるかのように、様々なことを教えて頂くことが

出来たりします。

それが人でなくても、本でも良いわけです。

人から教わるのには、その人数に限度がありますが、

本との出会いにより、その著者から、自由に

多くのことを得ることが出来るのですから、

ある意味、とても贅沢かもしれません。

いずれにしても、どのような方に対しても謙虚であること。

それはとても大切です。

 本日はとても才能のある若い方達(我が子達と同年代)

と様々なお話をする機会がありましたが、

その方達が本当に控えめで素直なので、驚くほどです。

でもそれぞれが持つ才能は、ずば抜けたりしているの

ですから、これから先10年、20年経った時にはどのように

伸びているのでしょうと考えると、本当に楽しみでなりません。

若いから学ぶ姿勢がある、ということではなくて、

彼らから滲み出る穏やかさはきっと、もっと歳を重ねても

変わらないでしょうし、その謙虚な姿勢を持ち続けることに

よって、今後どれだけのことを吸収していけるのだろうと

興味津々。皆20代であるのに、とてもしっかりとしていて

若い方達のパワーを頂きながら、非常に良いひとときを

過ごすことができました。

 私自身も、まだまだ学ぶべきことが計り知れないほど

あります。常に謙虚さを忘れずに過ごして参りたいと

改めて思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.59を配信いたしました。

「原点に戻れば 先が見える」→こちら

まだまだ不安定な世の中で自分らしく生きるためには

原点に戻ることも大切です。

今回も拙著『夢の音読』から抜粋して自分を見つめ直す

ためのメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 心地良い音楽は免疫力を高め、心を豊かにすると実感した日

 本来私たちの体に備わっている免疫力は、

様々な病気の予防や自然治癒力を高めたりしますから、

その力を十分に発揮させることはとても大事です。

そのためには心と体を整える必要がありますが、

音楽もその効果を高めるためには有効です。

 埼玉医大の研究によると、心地良い音楽を聴くことに

より、ネガティブな気分や症状が緩和されるだけでなく、

副交感神経が刺激されて、血流が良くなり、

免疫細胞の機能が高まったり、唾液成分を分析すると、

口腔内や体表面の免疫も高まることが分かりました。

 現代の社会では、誰もがストレスを抱え、交感神経が

どうしても優位になり、免疫力も低下しがちです。

ウィルスなどを取り込みやすくなってしまう体にならない

ためには、やはり、日常生活の中で意識して心身の環境も

整えながら過ごして参りたいですね。

 本日はカウンターテナーとチェンバロ、リコーダーの

トリオコンサートがありました。

これまでと現在の世の中の状況、そして様々な意見と

考え方がある中で、主催側としては、

今日のこの日を迎えるまで紆余曲折がありましたが、

無事にご来場の皆さまに大変喜んで頂けましたことを

心から嬉しく思います。

 私はステージ袖で聴いておりましたが、

カウンターテナーの心に響く澄んだ声、チェンバロの

繊細な音、そしてリコーダーの想像はるかに超える

素晴らしい音色に、優秀な若手演奏家の方々の今後の

ご活躍が一層楽しみになりました。

 今はなかなかどなたも演奏の場を持つことが難しく、

エンターテイメント業界もとても大変な時ですが、

音楽というのは、どのような時でも困難を乗り越える

パワーがあり、また人々を癒し、心を豊かにする

ものであることには間違いありません。

 世の中が愛と幸せに満ちることを願いながら、

本日は素敵な夜を過ごすことが出来ましたことも

感謝したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.59を配信いたしました。

「原点に戻れば 先が見える」→こちら

まだまだ不安定な世の中で自分らしく生きるためには

原点に戻ることも大切です。

今回も拙著『夢の音読』から抜粋して自分を見つめ直す

ためのメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 私たちが宇宙、自然の一部であるのは・・

 130億年ほど前、ものすごい高温、高圧の素粒子の塊が

大爆発を起こしてこの宇宙をつくり、それは今もなお

膨張し続けているといわれています。

 物質というのは突き詰めていくと素粒子になるわけですが、

宇宙の始まりといわれるビッグバンにより、

素粒子同士が結合し、陽子や中性子、中間子が生まれ、

それが原子核を作って電子を取り込み、多種多様な原子が

生まれると、その原子同士が結合して分子ができ、そして

高分子は遺伝子を取り込んで

「生命」というものが出来上がりました。

そしてその「生命」が長い年月の間に進化を重ねて

人類のような高度な生物が生み出されたわけです。

 私には難しいことは全く分かりませんが、

この宇宙の素晴らしい過程があったからこそ

私たちが今いるのであり、これは宇宙の偶然なのか、

それとも必然なのかと考えると、

やはり必然なのかなとも思います。

なぜ宇宙は、素粒子のまま、あるいは原子、分子

レベルのままにしなかったのでしょうか。

 そう思うと私たち人間の力というのは本当に

ちっぽけなものなのですから、どうして、その力を利己的、

悪しきことに使うことがあるのかと思わざるをえませんが、

本来は宇宙にあるすべてのもの、森羅万象ああらゆるものを

停滞させることなく、発展させようとする見えないエネルギー

というものがあり、その善の方向へと導く宇宙の意志、

自然の理があるということを私たちは忘れてはいけないような

気がいたします。

 ですから、小さな存在である人間はその宇宙、自然に

調和するような生き方や考え方をすることが大切であり、

それが愛や感謝の気持ちであったり、

自他への思いやりの心、素直で誠実な心であるのだと思うのです。

宇宙というとあまりにも壮大であるように思われるかもしれませんが、

自然という視点で見てみると、やはり私たちは

その自然がより善くしていこうとしている中で、私たち人間も

同じように自然の一部として、宇宙の意志や流れに同調するように、

そしてより善く生きられるように、していかなくてはいけないのだと、

改めて感じた1日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.59を配信いたしました。

「原点に戻れば 先が見える」→こちら

まだまだ不安定な世の中で自分らしく生きるためには

原点に戻ることも大切です。

今回も拙著『夢の音読』から抜粋して自分を見つめ直す

ためのメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 神棚や神社で手を合わせる時は・・

 私はとても信心深いというわけではありませんが

それでも神棚や神社で手を合わせる時には

皆さまと同じように心を込めて拝みます。

昨年初めて伊勢神宮にお詣りをしてから、

(まだコロナ感染が拡大する前でしたのでギリギリ

行くことができて良かったのですが・・)

その神聖な空気の中で心が洗われて、定期的に

神社にお詣りにいきたいと思っているのですが、

なかなか足を運ぶことができず、

でもせめて毎朝、神棚に手を合わせるだけでも

とても心が整うような気がいたします。

 以前の私は、手を合わせる時はどうしても

◯◯が無事にできますように・・とか

〇〇の状態になりますように・・などというように

主にお願いをすることの方が多かったのですが、

今は神棚の前でも、必ず感謝の言葉を述べるだけ。

これまでのこと、日々のこと、命あることなどを

有り難く思い、それを神棚の前で毎日伝えるように

なってからは、やはり、何かが違うように思います。

自分の心が整うのはもちろんのこと、

起こる現象も、いつも守られているなと感じることが

多くなったのです。

 日本は古来、自然崇拝から始まり、仏教伝来後、

神仏習合となり、日本人の心に浸透してきました。

全国の神社の数はコンビニよりも多いのですから、

日本人の暮らしの中で大切な存在であるのですが、

困ったときなど、どうしても「神様仏様・・どうか、

〜〜をよろしくお願いいたします。」というように

お願いすることが多いようにも思えます。

(かつての私のように・・)

 普段の生活の中でも感謝の気持ちは大切です。

当たり前のことが当たり前でなくなった時の苦しみは

災害の時にも多くの方が感じていたこと。

ただ喉元を過ぎてしまうと、どうしても大切なことを

忘れてしまいがちで、生かされているということを

感じないまま過ごしたりしています。

でも感謝の気持ちを持っていれば、どのような時にでも

それが心の軸にもなり、見えない未来に対する不安を

持つこともなく、常に落ち着いた判断と行動をとる

こともできるようになるのです。

 その感謝の気持ちを神様の前でも伝えること

というのはやはり大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.56を配信いたしました。

こちら

どのような状況であっても1人1人にとって大事なのは

「今を大切に生きる」ということ。

それはどういうことなのか、どのようにしたらよいのか

そのヒントをお伝えしております。

是非、ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 理想のライフスタイルをイメージして楽しむ

 あなたの理想のライフスタイルはどのようなものですか?

私は仕事も一生懸命するけれど、しっかりと自分が癒される

時間も大切にしたいですし、わくわくすることも大事に

したいと思っております。

でもそれは思っているだけでなく、しっかりとイメージ

することも大事。

 今まで東京には月に3、4回、多いときは5回ぐらい行き

日帰りの時もあれば宿泊してしっかりと勉強や仕事をする

ことが当たり前でしたが、もう何ヶ月も都内に行って

いないなんて、本当にすっかり状況が変わってしまいました。

それでも時々、想像します。

また今までのように、あるいは今まで以上に都内でやることも

楽しみながら今の生活を充実させることを。

 時々普段とは違う刺激を受けて、インスピレーションを

得たり、エネルギーをチャージしたりすることはやはり

大切だと思うので、それをいつでも出来るような状態に

自分自身をしておくことが今は大事かなと思います。

わくわくしながらノートに書き留めるのも良いですね。

そうすると、絶対にその通りになるからです。

ただ、今は世の中とのバランスでそのような時期ではない

というだけのこと。

流されずに、自分の大事にしたいことはいつでも大切に

しながら、今は、今目の前にある生活を丁寧にしていくこと。

理想のライフスタイルにならないことや、思い通りに

できないことにフォーカスするのではなくて、

理想のライフスタイルをイメージしながらわくわくと楽しむ

ことが、結局は想いが叶う1番の近道です。

書くだけで・・と信じられないかもしれませんが、

いつも言うようにわくわくしながら書くと、現実化が早い

ということは、書いた人は知っている本当のこと。

 なかなか思い通りの生活にならない方も、満たされない

ことばかりに目を向けずに、楽しいイメージをしてみて

くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.55

「新時代、自分のペースで進んでいくためには」

を配信いたしました。→こちら

新年度になり、新たな気持ちで自分らしく

前に進んでいけるように、今月も拙著『夢の音読』から

抜粋してメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 何があってもおかしくないと思うと・・

 昔も今も、どのような時代でも、

何が起こるかなんて誰にも分からず

神のみぞ知るわけですから、良いことも悪いことも

思いもよらないことが起こり得ます。

自然災害など、人間の力ではどうしようもないことは

起きた時に最小限の被害で済むように気をつけておく

ことと、起きた後に少しでもその状況を乗り切ることが

できるように備えをしておくということは大事です。

 そしてその他、生きていく上では、様々なことが

起こるというのは、皆さまもこれまでの経験上

実感するところが多々あるかと思いますが、

それでもまだまだ何か幸運なことに対しては、

「そうなることはあり得ない。」と勝手に枠を

作ってしまっている場合がよくあります。

私たちは生きている限り「あり得ない」というこは

ありません。

「あり得ない」とただ思い込んでいるだけなのです。

否定のエネルギーを出していたら、そのまま

否定のエネルギーを呼び込みますが、

プラスのエネルギーを出していれば、やはり

プラスのことを引き寄せる可能性が高くなるのは

変えられない自然の法則。

自分ではちょっと無理かもしれないと思うこと、

こういう人とはなかなか出会えないと思うこと、

誰にでもあると思いますが、やはり、

何があってもおかしくない、

何が起こるかは分からない、

と信じて、その願いや望みを捨てずに

目の前のことを丁寧にやっていると、

思いがけないことが起きたりします。

 もともと、今この時代に生きていることや

今出会っている人に巡り会えたのも奇跡なのですから、

信じること、ワクワクすることを大切にしながら

これからも過ごして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.55

「新時代、自分のペースで進んでいくためには」

を配信いたしました。→こちら

新年度になり、新たな気持ちで自分らしく

前に進んでいけるように、今月も拙著『夢の音読』から

抜粋してメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 人生は自己責任〜心が弱ったり疲れた時は〜

 疲れはその日のうちに取らないといけない、

とつくづく感じます。

それは体の疲れだけでなく、心の疲れ、

ストレスなども同様ですね。そのままにしていれば

それだけまた次から次へとのし掛かってきますから、

気がついた時にはその心身の疲れは、大きな問題に

発展したり、メンタルの低下に拍車がかかったり

してしまいます。

 自分のことは顧みずに一生懸命に人のため、

世の中のためと働くのは実は賢明なことではありません。

自分自身が整ってこそ他人のために力を注げるわけ

ですから、しっかりと自己管理もしていなくては

いけないのです。

 そして自分の人生は自己責任であり、

常に主体的であることも大事です。

他人のせいにしたり、他人任せにするのではなく、

自分で考え、自分で決めて行動すること。

 心が弱ったり疲れた時に、しっかりと自分自身を

見直して、誰かの答えを求めたり、依存するのではなく、

どうして心が不安定なのか、

どうしてイライラしているのか、

何に不安を感じているのか、

何が原因で疲れているのか、

今何が自分の中で問題になっていて

どのように感じているのか・・・などと

書き出してみると、ずいぶんスッキリとしてきます。

そして、自分なりの解消法で早めに整えていけると

良いですね。

 その日の疲れはその日のうちに取る。

これはもう、かつてからの私の課題でもあります。

疲れを溜めていたら、もちろんパフォーマンスも

上がりませんし、思考力も低下してきてしまいますから、

気をつけなくてはいけないとつくづく感じるこの頃です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.54を公開いたしました。

「壁を乗り越えるために必要な3つのこと」→こちら

特別なスキルはなくてもちょっとした工夫で、

前進できるマインドを作ることができますので

是非参考にご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

「頑張って」の声かけの難しさ

 「頑張ってね!」と言われて、私はその言葉を

ゆる〜くやっている時でも、とっても必死になって

頑張っている時でも、どちらの場合でもとても嬉しく

受け取ります。

「頑張って!」と言われると頑張れるタイプです。

 でも、ずいぶん前のことになりますが、

ある方が、お仕事が大変だと言っていた若い方に

「頑張って!」とエールを送ったら、

「こんなに頑張っているのに、これ以上頑張れない」

と言われたというのを聞いたことがあります。

そうなのね・・と思いました。

人によって捉え方は様々なのですね。

病と闘っていらっしゃる方などには、やはり

「頑張って」という言葉は使わずに、

気持ちにできる限り寄り添うことが大切ですが、

そうでなくても、やはり言われて辛くなったり、

怒りが込み上げてくる人もいるわけです。

 かと言って「頑張らなくてもいいのよ。」と

誰にでも言うのもどうかと思います。

ある小学校で、生徒がある程度の距離を皆で

走っている時、そばで先生が遅い子達に向かって

「無理しない、無理しない、頑張らなくて

大丈夫だから。」と応援(?)していたのを

聞いたことがありますが、耳を疑いました。

身体的に問題があるのであれば別ですが、

健康な子ども達に「頑張らなくていい」って、

それでは子どもの心身の成長を制限してしまって

いるほかありません。

 大人でも無理しながらでも自分の成長のため

世の中のために、日々頑張っている方もいます。

そういう方にとっては、

「そんなに頑張り過ぎないで・・。」と言っても

おそらくあまり響かないのでしょう。

頑張ることが楽しくて、生きがいにもなり、

また生き生きと出来ることに喜びを感じるからです。

そういう方達には「頑張ってね!」「頑張ろう!」

という言葉がけはとても励みになります。

 でも頑張りたくても頑張れない人、

それほど頑張ってはいないのに、本人は頑張っている

と思っている人には「頑張って!」と言っても

効きませんから、やはり「頑張って」という言葉を

他人に投げかけるのはとても難しいですね。

お相手がどのようなタイプかということを知ってから

気をつけて使わなくてはいけないなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.54を公開いたしました。

「壁を乗り越えるために必要な3つのこと」→こちら

特別なスキルはなくてもちょっとした工夫で、

前進できるマインドを作ることができますので

是非参考にご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→