想い

 適材適所

 ここ数日、右まぶたが腫れていて、

少々、不便な思いをしておりました。

目は開かないし、アイメイクはできないし、

まぶただけではなく、顔、頭全体が重い感じがして、

不快な感じでもありました。

でも、この日々の慌ただしさで、眼科に行く暇がなく、

以前から手元にある目薬を差しながら、ごまかしていた

というか、様子をみていましたが、全然良くならず、

今朝になったら、ちょっとひどい・・・

 ちょうど、週末で、娘が手伝いに来てくれていて、

絶対に眼科に行った方がいい! と強制的に家を

追い出されましたので、受診しましたところ、

この症状にきちんと合った目薬と内服薬を頂いて参りました。

やはり、適当ではダメですね。

当たり前のことですけれど・・・。

 物事には、その事柄に応じた対応、対処が必要ですし、

事柄に合った選択や判断が必要です。

そして、『適材適所』という言葉があるとおり、

その人の能力や適性を考えて、

ふさわしい地位やお仕事につくというのは

大事なことだと思います。

 今回の被災によるボランティアやお手伝いは

本当に様々な形があります。

皆さん、それぞれの場所で、それぞれのスタイルで

やられていて、とても素晴らしいです。

 私も、もうしばらく頑張ります!

 

 

 金木犀の癒し

 大好きな金木犀の香りが漂い、

外に出るたびに、心が癒されます。

アロマをお部屋に置いてリラックスするのも

好きですが、自然のこの香りも何とも言えません。

 バラの季節に、香りの効用のお話をしましたが、

この金木犀の香りがもたらす効果ももちろんあります。

 まずは、精神的な面で、リラックス効果、

ストレッス解消をしてくれる効果があります。

とても心が落ち着き、リラックスしますので、

更には潜在能力も引き出してくれる力も期待できる

というのは、嬉しいですね。

 また、もう1つの嬉しい効果は、アンチエイジンング。

金木犀の香りは、活性酸素を減らしてくれる効果が

あるそう。

活性酸素があると、細胞が酸化していき、

老化を促進してしまいます。

でも、この金木犀の甘く良い香りにより、

それを少し減らしてくれるなんて・・♡

 とにもかくにも、このわずかな楽しみを

味わう季節がやってきました。

 自然の脅威にさらされてしまった日本ですが、

自然の四季の美しさを感じることもできる日本。

私たちは、上手に自然と共生していかなければ

いけないのです。

 まだまだ続く被災地の方々にこの香りが届き、

少しでも癒される瞬間があれば良いな、

と心から願います。

 

 

 

 

 

 

 お届け中!

 皆様からの支援物資が少しずつ届き、

本日は二度に渡って、被災地にお届けに

行って参りました。

私の友人が場所を地域の方々にご提供下さって、

(それまでは泥のかき出しと清掃で大変なところを

綺麗にしてから、本日オープン!)

そこに、物資を置き、フリーでそれぞれが必要な物を

持って行って頂けるスペースです。

押し付けのように個々にお届けするより、ずっと良い感じです。

早速、地域の方々が次々と集まっていらして、

笑顔で喜んで、物資を手にしていらっしゃいました。

近くのスーパーも全滅し、

車という移動手段がなければ、

ご高齢の方々などは、本当に生活に困ることばかりです。

家は、一階は使えなくて、お水も出なくて、

日用品どころか食べ物、飲み物もなかなか

手に入れられない状況を、少しでも改善できるよう、

支援を呼びかけて、全国からたくさんの応援が届くと

本当に嬉しく、また有り難く、感謝の気持ちでいっぱいです。

 そして、直接そこで、被災した方々から、今必要なもの、

今足りなくて困っているものをお聞きすることが

出来ますので、それをまたお伝えさせて頂きます。

 こうやって、お互いの顔を知ることはなくても

全国の方々が、困っている方々のために

寄せて下さったその温かい想いが、多くの方々を

笑顔にし、ひとときでも幸せを感じさせてくれる

というのは、本当に素晴らしいことだと思います。

 明日も元気に皆様からの愛をお届けに参ります!

皆さま、本当にありがとうございました♡

 

 

 

 

 

 温かいお心遣いに本当に感激です

 今朝、フェイスブックで、支援物資のお願いを

しましたら、たくさんの方々からのお心遣いを

頂戴して、本当に感激しております。

普段お世話になっている方、仲の良い友人、

心強い仲間、ほんの少しの繋がりがある方、

面識がなくてもご縁のある方、

初めてご連絡を頂いた方、たくさんの方々が

心を寄せて下さり、本当に有り難く、

涙もろい私は、1人で感激しております。

そしてその想いを必ず必要な方々にお届けしないと!

と思っております。

 東日本大震災の時は、まだフェイスブックも

インスタもラインもなく、メールで繋がっている

方々とのやりとりだけでしたが、

今回、このように多くの方々に

一度にお知らせすることが出来て、

SNSの有り難さを感じます。

それと同時に、やはり、皆さまの温かい愛を

心から深く感じているのです。

この私の感激♡が、ちゃんと皆さまに伝わるかしら?と

心配になりますが、それほど、感謝いたしております。

 被災して特に困る方々は、情報が入らない方、

動けない方、お歳を召した方、一人暮らし方などです。

そうすると、食べ物、飲み物の支援もなく、

でも避難所に行くこともできず、

もちろん、給水所に行くこともできないとなると、

本当にどのようにしたら良いのか

分からなくなってしまいます。

そして心細くもなります。

取り残されてしまう感じがします。

そういう方々が多いところもあるのです。

そのような方々も一緒に乗り越えていけるよう、

普段からの地域の連携も必要なのかなと思います。

 たくさんの方々とのやりとりの中で、

学ぶこともたくさんあります。

本当にこの頂いた「たくさんの愛」を胸に

これからも頑張って参りたいと思っております。

 

 

 

 心を整える

 日頃から、「心を整える」ことというのは、

何をするにあたっても大切だと思いますので、

時々ブログのテーマにもしておりますが、

どうしても整えられない時、

心の中がザワザワとしている時というのは、

本当に集中力が出ないものだと痛感しました。

 近くで被災して大変な地区も多い中、

何をお手伝いしたら良いのかと考えると同時に、

実際は、自分自身の仕事もしなければいけなくて、

決算の処理を何とか進めようと思えども、

昨日は全く手につかず、今日になって気合は入れるものの

どうやっても数字が合わなかったり、何度も間違えたり・・。

細部にまで神経を及ぼすことが出来ていないのでしょうね。

 そのような時はもちろん深呼吸。

身体も固まってしまうのでストレッチも大切です。

ただ、心のストレッチはやはり、

じっくりしっかりやらないと、ほぐれませんね。

でも、しっかりと心を整えて、そして

合わせて身体も整えて、万全な状態になれば、

自分のことだけでなく、周りへもたくさんの

エネルギーを注ぐことができるのです。

それを今、とても実感しているところ。

 断水をしているので、お手洗いが不便であるため、

何となく飲み物を自然に控えてしまうのですが、

普段、水分をたくさん飲んでいる私は、

やっぱり今も飲もうかな〜と思い直しました。

そのような、本当に些細なことでも

心身に影響するのかもしれません。

 日々、色々なことを学びます。

 

 

 

 

 それぞれが出来ることを考える

 昨日の続きです。

あまりにも台風の被害がひどく、胸を痛めています。

いわきでも近くの2つの川が氾濫し、広範囲に床上浸水。

我が家は浸水は免れましたが、近くの何人もの友人や

知り合いのお宅が大打撃を受け、

私が出来ることは何だろう、と改めて考えます。

でも、我が家も断水!!

なかなか自分が整っていないと、全力で周りへ

力を注ぐことができませんが、それでも、

それぞれの立場で、出来ることがあると思うのです。

 日本全国どこででも起こり得る災害。

頭のどこかで「うちは大丈夫」という思いは無くし、

「何が起きても大丈夫」というような、万全の備えをして、

何かが起きた時に、自分自身のことでも、

近くであっても、離れていても、自分ができることを

しっかりと考えられるようにしておく必要があるのです。

 今回のように、被害を受けた時というのは、

精神的打撃も大きいものです。

お年を召した方、お身体が不自由な方、介助が必要な方、

お子様はもちろんのこと、ご家族を守らなければいけない方、

そして、こういう時こそしっかりしなくては、と先頭を

切らなくてはいけないリーダーの方も、皆同じです。

ですから、物質的な支援、力の支援だけでなく、

心のサポートも必要であり、また、

想いを寄せる、ということだけでも大切だと思います。

一人一人が出来ることを、それぞれ考えて参りたいですね。

 日頃の自然に対する意識が大切

 あれほどの大きな東日本大震災を経験していても

普通の生活に戻って、それが当たり前になってしまうと、

防災に対する意識が次第に薄れてきてしまいます。

直後は、経験から、備えに必要なものを揃えていましたが、

やはり年数が経てば、保存食品や飲料水、電池等の確認を

定期的にしていないといけませんね。

日頃の意識が大切。

今回のように、改めて大きな被害が想定されることに

なって、また少し気を引き締める感じです。

 水害が起きたらどうするか、電気、水道が止まったら

どうするか、すぐに対応ができるようにしておくことが

大事ですものね。

 本当にここ数年、特に自然災害が増えています。

私たちの力ではどうしようもない自然の強大なエネルギーを

感じざるを得ませんが、宇宙の中の地球の一員である私たちは、

その自然とともにこれからも生きていくのですから、

恐れるのではなく、共生していく術を考え、

また宇宙のエネルギーに感謝し、自然や地球を大事にしていく

ことを一人一人が意識することも必要です。

環境問題に対しても、防災対策と同じように、日常的に

個々ができることも考えていかないと、

これからの地球の変化に対応できなくなってしまいます。

 何事も起こらないのがもちろん一番ですが、やはり、

起こり得ることも考える必要がある時代になって

いるのです。

 皆さまの地域では台風の影響はいかがでしょうか。

いわき市はこれから一層強くなって参ります。

市内のほぼ全ての川の近くでは避難勧告も・・。

皆さまどうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

 

全国書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→

 

「インクルーシブ教育」のこれからを考える

 インクルーシブ教育とは、簡単に言うと、

子供たち1人ひとりが多様であることを認め、

障害がある子もない子も、通常学級で、

共に学べる教育のことです。

でもそれが簡単にはいかないから、学校の先生方も

理想の教育と学校の体制、社会の教育システムの間で

悩まれたり、試行錯誤をされているのだと思います。

 本日は「インクルーシブ教育」のこれからを考える、

というテーマの学校の先生方のお勉強会にお招き頂き、

私の立場から、お話をさせて頂きました。

私自身、以前、小学校の特別支援学級にボランティアで

支援のお手伝いに行っていたことがあり、とても

考えさせられることが沢山ありました。

そこから離れて何年も経ちましたが、

支援が必要な子たちをとりまく環境はあまり変わらず、

これからの社会はどうなるのだろうかと危惧するほどです。

 学校は、社会の縮図であるとも言われています。

10年後、20年後にどういう社会を作っていくか、

ということを学び、考える場でもあります。

そこに排除はあってはならず、共に生きる場でなければ

ならないはずなのに、それが難しい現状があるのは、

社会の一員として人ごとではないように思うのです。

国にはトライアングルプロジェクトと言って、

家庭・福祉・教育を強く連携させていく体制を

考えているようですが、それが理論上だけでなく、

現実味を帯びて欲しいなと思います。

 そして、私たち個人ができることと言ったら、

やはり、自分を認め、他人を認めて、

「自他共に思いやりのあるコミュニケーションをとる」

という私が最も大事にしていること

なのではないかと思うのです。

 

 

 未来は自分で作るもの

 私にとっては夢のようなお話。

でも初めての経験だから、うまくいくかどうか

ちょっぴり不安でもあること。

それをやるか、やらないか、の決断を数日待って

頂くのは、私にとっては珍しいことでもありました。

基本、私は、お声をかけて頂いたお仕事は、よほどの

ことがない限り、お断りをしないことにしています。

自分にはハードルが少し高いなと思っても、

せっかく頂いたご縁とチャンスは無駄にせず、

全力を尽くして挑むことを心がけ、

それでもうまくいかなかった場合は、自分にはまだ

補うべきスキルがたくさんあることを知り、

うまくいったのであれば、その経験を自信にして

また次へとつなぐことが出来るからです。

ですから今回、週末を挟んで数日、返事をお待ち

頂いたのは、本当に珍しいこと。

でも、自分自身に問いかけて、これをもし、

やらなかった場合を考えると、どう考えても、

一生後悔するはずですし、いつかやりたいと

思った時にはそのチャンスは巡ってこないかもしれない、

と思うと、やらない選択はない、と決心しました。

これは、たとえどのような方に相談しても、

占いの方に聞いてみても、結局決めるのは自分自身。

他の人の助言はヒントにはなりますが、

答えにはならないのです。

・・ということで、今朝、簡単なレジュメを送信しましたら、

何だかドキドキしてきてしまいました。

一般の方向けに行うものですので、

詳細が決定しましたら、お知らせさせて下さいませ♡

未来は自分で作るもの!!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

 

書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→

 陰と陽があるからバランスが取れている

 今日は「秋分の日」でした。

ちょうどお昼と夜が同じ長さになる日ですね。

ついこの間まで夜7時過ぎても明るかったのに、

もう6時になると、すっかり陽が沈んでしまいますね。

これから秋、冬、と季節が移ろいでいくわけですが、

夜が長くなると少し寂しい雰囲気もいたします。

でも、秋は秋の良さがあり、冬は冬で良いところが

あるのですから、(寒さは苦手ですが・・)

これからの季節も十分に味わい、楽しみたいと

思うこの頃です。

 宇宙の中にいる私たちは、「昼と夜」のように

全て「陰と陽」のものに囲まれ、それでバランスが

とれています。

先日のお手紙のマナー講座の時にもお話をしたのですが、

「神」である大切な「紙」もまた、

表と裏、上と下(天と地)で陽と陰になっていますし、

男女、右左、プラス・マイナス、奇数・偶数など、

全てセットになっています。

ですから、物や事象だけでなく、

自分の性格、長所・短所、心の中の

ポジティブな感情・ネガティブな感情もまた

両方あって、バランスがとれているわけですから、

ネガティブな感情があって当然。

否定したくなる部分があって当たり前なのです。

大事なのは、いかにそのことを認めるか。

無理に打ち消そうとせず、また押し込めようとせず、

こういうマイナス気分になることもあるわよね、

それが本当の自分自身だもの。それで良いのよね。

でも、少しずつプラスのことを取り入れると

楽になるはずよね。

とマイナス面とプラス面のバランスをとっていくのです。

こういう良いこともあるのだから、そこを広げていくのも

良いわよね・・と1つでも、自分自身の良い点、

あるいは、身の回りの起こったことで嬉しかったことを

どんなに小さなことでも見つけて、その喜びを

十分に噛み締めると、また少しずつ、

ポジティブな感情が湧き上がってきます。

「秋分の日」。心の整理もした日でした。