想い

 七夕(しちせき)の節句での祈り

 明日7月7日は五節句の1つ『七夕の節句』です。

中国に古くから伝わる牽牛星と織女星の伝説から発達した

「乞巧奠」(きこうでん)の行事と

日本古来の「棚機津女」(たなばたつめ)の信仰が

混ざり合って作られました。

日本では「棚機津女」と言われる女性が、機(はた)で

織った布を神様に捧げ、病気や災厄が起こらないように

願ったことから「たなばた」と呼ばれるようにもなったのです。

 平安時代には貴族たちは中国の文化に大きな影響を

受けていましたので、その乞巧奠の習わしで

梶の葉に和歌を書いて筆の上達を願っていましたが、

次第に一般にも広がるようになって娯楽的要素も強くなり、

江戸時代には七夕飾りをするようになったり、

各地で七夕祭りが開かれるようになりました。

 日本各地に七夕に因んだ伝説がありますが、大阪では、

「天の川」という七夕にゆかりのある名前の川が多いそう。

素敵ですね。

 でも、そのような「川」。

今は九州を中心に、かつてない記録的な豪雨により、

川が氾濫して、大変なことになっています。

昨年10月の台風で、いわきも含め、全国各地で

やはり河川の氾濫でかなりの浸水被害があったことが

思い出されます。

 海も川も、そして山も、私たちは何事もなければ

それらの自然を愛し、心癒される存在として慈しむのですが、

いつもこのように自然災害を目の当たりにすると、

何もすることが出来ない人間の無力さを感じざるを得ません。

そして地球の自然を私たちは本当に大切にしていかないと

いけないと一層思うのです。

被害に遭われた方々のことを思うと、とても胸が痛みますが、

せめてこの『七夕の節句』もあることですし、

日本全国、これ以上の被害が出ないことを強く願い、

祈るばかりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最新の YouTube動画「エクラの風」vol.15 では

「集中力を高める3つの方法」についてお話しております。

1日の中で、効率良く物事をこなすためにカギとなるのは

やはり「集中力」です。

是非ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 心も体も労わり、生涯、現役で・・

 本日は、日頃お世話になっておりませた方の

突然の訃報により、告別式に参列して参りました。

享年91歳。

つい先日、声の張りもあり、矍鑠としたお姿で、

お目にかかったばかりでした。

突然倒れられてからわずか数日で天に召されたのですが、

その倒れられる日の直前まで、現役でお仕事をなさって

いたのですから、ご家族は深い悲しみでいらっしゃる

とお察し申し上げますが、ご本人にとってみましたら

本当に素晴らしい人生でいらしたのではないかと思います。

91歳とは思えないほどのパワーで、世の中の方々のために

ご尽力されていたのですから、尊敬の念に絶えません。

 現役。というのは何も、社会的なお仕事をするという

ことだけではなく、あるコミュニティーでの現役、

ご家庭内での現役、自分の思うままのライフスタイルで

いられる現役・・・と様々な捉え方があります。

ですから、「最期まで自分らしく生きる。」

ということだと思うのです。

 もちろん、生きていれば、様々な問題も起こり、

停滞期も経験します。

体調が優れないこともあります。

家庭内、人間関係がうまくいかない時もあるかもしれません。

やることに追われて、目の前のことをこなすだけで

精一杯だったり、心が揺らぐこともあったり、

メンタルが落ちて、前向きになれないことがあったり、

あるいはこれからの時代に向け、新しいことに対して

悩んだり、迷ったりしている方もいらっしゃると思います。

 そのような時は、しっかりと心と体を労って、

自分自身を大事にし、丁寧に過ごしていると、

ある時、ふっと答えが出てきたり、覚悟を決めることが

できたりするものです。

どのような時も自分の道は自分で決め、

今できることを丁寧にやっていきながら、

人生を全うしたいですね。

そして、最期の瞬間に最高の人生だったと思えるように

するためには、やはり自分らしさを忘れずにいたいと

改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.14 を配信いたしました。

7月になり、今年の残りの半分をどのような心持ちで

過ごしたらよいのか、などということを

拙著「夢の音読」を朗読しながらお伝えしております。

是非、ご覧になってみて下さいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 無限の可能性(Infinite Possibilities)By スターバックス

 人と人との繋がり、心地よいコミュニケーション。

私が常に大事にしていることですが、

これを満たしてくれる場所の1つがスターバックスであり、

私がスターバックスが好きな理由の1つでもあります。

 そのスターバックスが、本日27日(土)、国立市に

国内初となる手話が共通言語となるサイニングストアを

オープンしました。

この店舗は聴者と聴覚に障害のあるパートナー(従業員)が

共に働き、多様な人々が自分らしく過ごし活躍できる居場所の

実現を目指し開業させたそうです。

CEO(代表取締役最高経営責任者)の水口氏によると、

「店舗のコンセプトは “Infinite Possibilities(無限の可能性)”

聴覚に障害のあるパートナーやお客様にとって、ありのままの自分で

いられる場所であり、障害のある若者にとって夢や未来を描ける場所、

そしてこの店舗を訪れた誰もが新たな気づきを得られる場所になれば

と考えています。」

素敵ですね。

ただ手話が使えるというだけでなく、スターバックスとしての

しっかりとした軸を持ってオープンさせるためには、

これまでに様々な試行錯誤と綿密な計画があったことと思います。

 障害を持つ方々が社会で活躍するためには、まだまだ

今の状況、環境では大きなハードルがあります。

以前、小学校の特別支援学級でお手伝いをしてい頃、

この子たちが大きくなって社会に出た時に

それぞれ本当の居場所を持つことができるのだろうか、

といつも考えておりました。

だからと言って私には今まで何もできることはなく、

そのまま願うばかりでもどかしい限りなのですが、

様々な障害のある方たち(チャレンジパートナー)が

350名以上も勤務をし、

1人1人の個性や特性に沿ったサポートを受けながら、

本来の能力を最大限にそして持続的に発揮できる場に

身を置けるスターバックスは流石だと改めて思いました。

ただ美味しいコーヒーや心地よい空間を提供している

だけではない、こういうところが好きなのです。

『NO FILTER』

「ダイバーシティ&インクルージョンのテーマとして掲げ

様々な違いを超えて、認め合い、1人1人が自分らしく

いられる社会の実現。」

素晴らしいですね。

 今はコロナ感染対策のために来店人数制限をして

テイクアウトのみだそうですが、お近くにいらした方は

是非、立ち寄ってみて下さいね。

私もいずれは・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』vol.13 を配信いたしました。

「言葉を大事にすると 人生が変わる」

語彙を増やすポイントや、私が人生で影響を受けた

人・言葉などをご紹介しながら言葉の大切さを

お伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 不完全は美しい

 マナーの根源には、自然と一体化した暮らしや生き方を

するという、自然崇拝の考え方があります。

自然は、私たちにとって無くてはならないものであり、

人工だけでは、私たちは生きていくことが出来ず、

自然界に生きる全ての命は等しく尊いという

生命の本質を理解することから育まれる

自他への思いやりの心を大切にしなければなりません。

 そして自然は過酷でもあり、美しくもあります。

とても美しい自然。

今は、木々が青々と生い茂り、色とりどりのお花が咲き、

私たちの心を癒し、落ち着かせてくれています。

四季を知る私たち日本人は特に、この季節の移ろいを

大事にし、初夏に深まる緑にはその大いなるエネルギーを

吸収できることを古代から感謝していたのだと思います。

でも、その自然、完全なものであるかというと、

決してそうではありません。

不揃いであったり、枯れかかっているものもあったり、

虫食いになっている葉もあれば、いくつものお花が

落ちてしまっているものもあります。

その全てを含めて、私たちは自然を慈しみ、

その不完全でありながら、

調和された姿を美しいと感じるわけです。

ですから、人も同様に、

得意なこともあれば、苦手なこともあり、

自信がある時もあれば、無くなることもあり、

元気がある時もあれば、落ち込むこともあって、当たり前。

不完全だからこそ

もっと学ぼうという意欲が湧き、

もっと輝きたいという向上心が芽生え、

もっと慈しむ心を持ちたいと思うのです。

だからこそ、そういう姿が美しいのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 最新YouTube動画 『エクラの風』Vol.10 では、

選択に悩んだり、迷ったりした時に

簡単に答えを見つける方法をお伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 疑問を持つ習慣を身につけると考える力もつく

 昨日のことになりますが、次男から

卒業アルバムに載せるための幼少期の写真を

送って欲しいと頼まれましたので、

久しぶりに次男のアルバムを出して開いてみました。

子ども達のアルバムは3人それぞれ30冊近く

ありますので、特に小さい頃は写真が多くて大変です。

今なら皆さまデジタルで保管されるのでしょうけれど、

20年以上前のことですから、しっかりアルバムに

様々なエピソードなどもつけながら貼ってあります。

あまりの懐かしさに写真を選ぶことを忘れて

見入ってしまい、子ども達のその様子を色々と

思い出していたのですが、次男は小さい時は

本当に「どうして?」「どうしてこうなるの?」

という質問をよくしてきました。小学生になると

その「どうして?」がだんだん難しくなり、

私の知識ではとても答えられなくて困ってしまい、

いつも「一緒に調べてみましょう。」という返事が

決まり文句になっていたのを久しぶりに思い出しました。

 この「どうして?」と子どもは何でもかんでも

疑問を持つものですが、大人になると、知識や経験が

増えるからなのか、疑問を持つという習慣が薄れて

くるように思います。

そしてルーティーン化してしまったことなどは特に、

それが当たり前になっていて、疑問を持つなんて

全く考えもしなくなりますが、でも、私たちは

自分の力で考えるという習慣を持たないと、

いざ決断をしなくてはいけない時や、何かの判断に

迫られた時、困難な状況に陥った時、壁にぶつかった時

など、物事の状況や流れ、様々な要因を考慮しなくては

いけないのに、それが上手くできなくなってしまいます。

 「疑問を持つ」そして「考える」というのは、

本当はとても大切なことなのだと思うのです。

お仕事でもプラーベートでも、なぜそうなるのか

というような疑問を持ち、物事を深く考えて

掘り下げる習慣を、身近なところからつけられると

良いですね。

それから、子育て中の方がいらっしゃいましたら、

お忙しいとは思うのですが、

お子さまの「どうして?」を大事にして頂きたいな

と改めて思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.6

〜心美しく生きるために〜 を公開しました。

私の大好きなサム・レヴェンソンの詩

オードリー・ヘップバーンが愛したことでも

有名な素敵な詩を朗読しています。

(日本語訳全文と一部英語原文)

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 思いやりの心を持つために

 「思いやり」って何?と問われれば、大体どなたでも、

お相手の立場に立って気持ちを理解しようとしたり、

その気持ちを尊重すること、優しい心を持つこと、

というのは認識していることだと思います。

でも、このような人の気持ちというのは、基準を明確に

することは出来ませんので、何を持って「思いやり」と

言うのかは、やはり、それぞれの価値観によって

異なるものです。

ただ、「思いやり」があるということを感じるのは

お相手なので、やはり、自分中心に物事を考えたり、

善意を押し付けてはいけませんね。

 ですから、まずはお相手のことをよく見て、

どのような気持ちでいるのかを理解して、

お話によく耳を傾けること。

そしてお相手の気持ちに沿ったリアクションを

することが大事です。

そうすれば、喜びも辛さもその心情に寄り添う

ことができるからです。

 そして、もしたとえ的外れなことを言っていたと

しても、決してそれを批判せず、お相手の意見や

気持ちを尊重することも大切。

また、お相手によって態度を変えるということは

絶対に避けたいことです。

この人と仲良くしておくと得だからとか、

この人のお話を聞いても何の得にもならないとか、

そのような損得勘定はいけませんね。

 誰に対しても謙虚であり、

感謝の気持ちを忘れないこと。

そして、いつも笑顔でいられるように

自分自身の心のゆとりを持つことも大切です。

ストレスや疲れが溜まってイライラしていたり、

心の状態が不安定だとしたら、

お相手の気持ちを察したり、寄り添ったりする

ことがとても苦しくなってしまいますから・・。

 誰に対しても同じように「思いやり」の心を

持てるように、心穏やかでいるためには、

自分自身を整えることも、とても大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.6

〜心美しく生きるために〜 を公開しました。

私の大好きなサム・レヴェンソンの詩

オードリー・ヘップバーンが愛した詩としても

有名な素敵な詩を朗読しています。

(日本語訳全文と一部英語原文)

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

「一水四見」(いっすいしけん)

 いわきも夕方になったら雨が降り始めました。

しばらく降り続きそうです。

やはり明るい陽射しが降り注ぐ方が

気持ちも明るくなるような気がいたしますが、

同じ雨でも、農作業をやる方達にとってみたら

恵みの雨。

別れを目の前にした方にしてみたら、

気持ちを代弁してくれているかのような

悲しみと寂しさの雨。

ある時、走るのが苦手な小学生の女の子が

マラソン大会の日が雨になって、喜んでいたことが

ありましたが、

走りたくてたまらない子にとってみたら、

がっかりする雨になってしまいますね。

このように同じ雨でも、環境や置かれた立場によって

捉え方が何通りもあるのです。

 「一水四見」(いっすいしけん)という仏教の教えが

あります。

同じお水でも、四通りの見方があり、

人間にとっては、ただの飲み水。

魚にとっては、すみかになり、

天人にとっては、透き通ったガラスに、

餓鬼にとっては、飲もうとした瞬間、火に変わる

苦しみの水。

というように立場で全く「水」が異なるものに

なるのです。

 私たちにも同じことが言えます。

私たちは皆、生まれ育った環境、教育、経験が

全く異なり、それにより、考え方や価値観も

変わってきます。

それぞれが独自の世界を持っていて、

その中でお互いの接点を見つけると、そこに繋がりが

生まれます。そしてその繋がりを持ち続けるためには、

お互いの世界観を尊重しなくてはいけません。

そして自分の物差しだけでなく、多様な物差しが

あることを知り、そこで気づきや学びを得るという

ことを大切にしなければいけないと思うのです。

 昨日綺麗にしたお庭の木々や植物は、この雨を

喜んで受け入れ、これから咲くお花への潤いは

やはり自然の恵みであると言えますね。

蕾をつけた芍薬や紫陽花がこれから咲くのが楽しみです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.5

〜自宅で簡単にトレーニングができて

    場所も取らないお勧めのグッズ〜

をご紹介しております。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 周りと違うことを恐れない

 今日はお庭を整えるのにちょうど良いお天気。

長い間、気になりながらも放置しておいた雑草を

ようやく重い腰を上げて取ることにしました。

毎年、違う雑草が伸びてくるから面白い。

今年は背が高くなるものもかなりありました。

毎年必ず出てくるのはドクダミ。

あちらこちらに丈夫な根を張り巡らせているので

抜くのが結構大変です。

 ドクダミをはじめ、雑草と言えども、かわいいお花を

咲かせるものもありますので、ちょっと抜くのが

忍びないとも思いますが、そうも言っていられませんから、

出来るだけ根っこから取り除くようにします。

そうすると今度は、小さなものから大きなものまで、

ミミズやら幼虫やらを一緒に掘り起こしてしまうので

これまた大変。ミミズも慌てますが私も慌てて

土の中にそっと戻してあげます。

 自然界では植物も虫も、そして空でBGMのように

絶えずさえずっていた鳥もみな、それぞれ懸命に

生きています。周りのことを気にはしていません。

ただ自然の赴くままに、時に命の危険にさらされながら、

それぞれの寿命を全うしようと生きています。

 人間には知恵があり、感情も行動に影響させて

しまいますので、周りと同じ方が安心で、

少し、皆と違えば不安になったりしがちです。

ちょっと違うと目立ちますし、何かを言われる対象に

なってしまいますから、できるだけ周りに同調しようと

したりもします。

 あるアメリカの思想家が「人間は周囲の人に

合わせることによって、いかに多くのものを

失うかを考えなければならない。」と言ったそうです。

協調性を持つことは大事です。でも、

自分の考えをしっかり持つこと。

周りがそうしているから・・ということではなく、

自分の責任で決定し、行動すること。

すなわち自分らしさ。大切ですね。

 これからの時代は益々、既成概念に囚われることなく、

主体性を失わず、想像力と創造力を持って生きていく

ことが求められます。

決して周りと違うことを恐れずに・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.5

〜自宅で簡単にトレーニングできて、

    場所も取らないお勧めグッズ〜

をご紹介しています。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 信念は現実をつくる

 信念は意識的なものと無意識的なものがあります。

自分の価値観などを大事にする場合は意識的。

過去の出来事による思い込みなどは無意識的。

いずれにしても、信念は感情に影響を与え、

感情は行動に、行動は結果に影響を与えて、

最終的にはそれが現実をつくると言われています。

ですから、どのような信念を持つかで、

人生に大きく影響し、反映されるということです。

 意識的にこうありたい、こうしたい、

自分はできる、というように、

自分をふるい起こさせるような信念と、

過去の経験を引きずり、自分にはできない、

という無意識から起こる、自分を限定してしまう

ようなネガティブな信念。

どちらを持つのかを決めるのも、あなた次第です。

でも必ず、その信念や思考は現実になりますから、

やはり、自分の素直な心のあり方に寄り添い、

これからの自分を鼓舞できるような信念を

持っていたいですね。

 やりたいけれど私にはできない。

 やりたいけれど私にはふさわしくない。 

 いつも上手くいかないことばかり。

 自分の人生を自分で創れない。

 どうせ無理。

というような思いを捨てて、

 私はきっとできる。

 必ず、うまくいく。

 自分の人生は自分で創れる。

 私は幸せになれる。

 チャンスは必ず訪れる。

などという思いを意識的に持てると良いですね。

 「人間を取り巻く状況は、常にその人自身の

    信念を映し出したものである。」

  by ジェームズ・アレン(イギリスの哲学者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.4

〜あなたの欲しい新しい習慣を

   確実に身につけられる3つのコツ〜

についてお伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 最初から完璧は目指さず、とりあえずやってみる

 今日のタイトルはまさしく、今の私。

そして、いつも自分に言い聞かせていることです。

物事をやる時には、限りなく完璧に近いものを

求める必要があるものと、そうでないものがあります。

やはり、お相手のいるお仕事では、100%の力を出し、

100%のものを提供できるように努力しなければいけません。

ミスが許されないお仕事もあるでしょう。

でも、そうではない場合、自分自身の向上のため

だったり、これから新しい何かを始めようとする時に

最初から完璧を目指してしまうと、もしかして

始める前から一歩も踏み出さずに挫けてしまうかも

しれません。たとえ、始めてしまったものでも、

全てを完璧にしようと考えると、時間も労力もそして

精神的な負担も掛かり、継続が難しくなります。

ですから、ある程度の自分なりのルールや基準を

決めておいて、ここまでは何とか頑張るけれど、

これ以上は出来なくても仕方がないと覚悟を決め、

少しずつ、やりながら改善していけば良いのです。

ですから、まずはやってみることが大事。

 私のYouTubeは本当に、気持ちの勢いで始めて

しまいましたが、やればやっただけ、分からないことが

出てきて、コンピューターの扱いに慣れない私は、

四苦八苦、悪戦苦闘です。

 本日3本目の動画を公開いたしましたが、

ある程度の自分なりの基準を満たしたため、それ以上は、

今後の課題として残しておき、まずはなるべく間を空けずに

公開することを優先いたしました。

伸び代がいっぱい!と成長できる可能性のあるところを

楽しみながらやっていこうと思います。

 因みに家事での私のこだわりは、お水回りを綺麗に

しておくことと、出したものはあったところに戻すなど、

常に整理整頓しておくこと。

これが私のルールなので、それ以外のことは、

まあまあ出来ていればOKにしています。

掃除機も毎日かけなくても大丈夫。

お食事も、1週間単位で見て、大体栄養のバランスが

取れていればOK。

などと上手に手抜きすることを覚えてしまったようです。

いずれにしましても、何でも7、8割ぐらいのところに

目標を設定しておくと、少し気持ちが楽になってくる

かもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』vol.3 を公開中です。

〜ブレない軸をつくる3つのポイント〜

をお伝えしています。

ご覧頂けましたら幸いです。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→