想い

 運を強くして自分らしく生きるには

 運は誰にでもあるものですが、

弱いより強い方が良いわけですし、

運を味方にしていれば、より自分らしさを

発揮できるものです。

 でも運が良いからと言って、悪いことが

起きないわけではありません。

生きていれば良いこともあれば悪いこともあり、

思い通りにいくこともあれば、その逆もあるのは

自然の摂理ですから、仕方がないことです。

でも、良くないことが起きた時に、それを

どのように捉えて、どのように対処でき、

どのような心持ちでいられるか、

どのような在り方でいられるか、

ということが運を分けるのだと思います。

 ですから、運の良い人というのは、

どういう状況にあっても、自分で運を強くする

ことができるのです。

 では、どうしたら運を強くできるのかと言いますと、

まずは常にワクワクしているということ。

そして笑顔でいること。

そうすると、常に波動を高くすることができ、

良いエネルギーが溢れます。

そうするとそれと同じような波動のことが

起こりやすくなるわけです。

 次に、そのエネルギーを惜しみなく外に出すこと。

自分の利益のためではなく、シンプルに周りのために

与える精神を持つと、見返りは求めていないのに、

自然にその出したエネルギーは自分のところに

戻ってきます。

 そして、感謝の気持ちを忘れないこと。

無いことに目を向けて欠乏感に溢れていたり、

問題が起きた時にネガティブな感情からいつまでも

抜けられないでいると、運は逃げていきますが、

どのような時も、今得ているものや環境に

感謝の気持ちをもつことができれば、

必ず運は味方をしてくれるはずです。

 良い時も悪い時も、起こる出来事には全て意味がある

のだと理解し、それらを全て受け入れて、

自分らしさを持ち続けられるように過ごして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 大切なことはとてもシンプル

 昨日のことになりますが、数年ぶりに、

中国出身の私の大切な友人に会うことができ、

ゆっくりとお話をする時間がありました。

震災前までは彼女から中国語を学び、私の楽しみの

1つでもあったにも関わらず、すっかり10年もの間

中国語の勉強から離れてしまいましたら、全て

忘れてしまうという悲しい現状ではありますが、

彼女は日本語がとても流暢なので、

コミュニケーションには全く支障はありません。

 有り難いことに、私は様々な国出身の友人がいて、

それぞれの国の文化や考えなどを聞く機会が今まで

ありましたが、現代、多文化や異文化に目を向けて、

他者に対する偏見や思い込みに囚われずに、

良い関係を築いていけるようにする重要性など、

本や文献などに難しく書かれているものを見ますと、

難しいことは良く分からない単純な私は、

大切なのは、出身国に関係なく、人として、

相手を尊重し、思いやりを持って接すること、

ではないかとシンプルに思うのです。

結局いつも言っていることと同じですね。

 そのためには、自分自身がどのように生きるか

人としてどうあるべきかということが大事になります。

そこに意識を向けた時に、まず必要なことは、

日々の暮らしの中で、心、魂を磨くこと。そして、

人との関わり、社会との繋がり、自然との共生が

ある中で、私たちは日本国に生まれた1人であり、

また、宇宙の一員であるということを自覚して、

宇宙に生かされている感謝の念を忘れずに、

愛や思いやりに満ちた心を携えることだと思うのです。

 中国人の彼女に会うと、いつも共感するところが

あったり、気づきを得たりします。

国のシステムや国交を私たちが何かすることは

できませんが、個人レベルでできること、

考えることは大切にしていきたいと改めて思います。

 中国語学習への意欲は一瞬、再燃しましたが、

やっぱりもう少し後かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 悩みや問題に直面した時には・・

 生きていれば、誰でも何かしらの悩みや問題に

直面することはあります。

でも何か問題のようなことが起きても、

次々と思考が働いているのであれば、

それは悩みにはなりませんが、何をして良いのか

わからなくなってしまった時、つまり思考が

止まってしまった時にそれがいわゆる悩みとなります。

 それをどのように乗り越えるのか、

その解決方法は、まず理想の未来の状態を考えて

決めることです。

夢や目標達成など、ポジティブなことを考える時と

同じですね。

問題解決の時も、まずは理想の状態を決めますと、

そこから、ではどのようにしていくと良いのか逆算して

その自分なりの方法を細かく考えていきます。

 起きてしまったこと、過去のことは変えられませんが、

その起きてしまったそのことが、これからどのように

なったら良いのか、というところに意識を向けるのです。

小さな問題でも、大きな問題でも、やり方は同じ。

頭の中であれこれ悩んでいるよりもずっと効果的です。

 そして、もしどうしても自分で解決方法を

見つけられない時は、もちろん信頼できる方に相談するのも

1つですが、あえてこちらから執拗に言わなくても、

天に流れを任せた時、自然にどなたかが知恵や手を

貸して下さることもあるかもしれません。

 この度の地震では、多くの方にご心配をいただき、

本当にありがとうございました。

様々なものが破損したりしましたが、お陰さまで、

散乱したものも綺麗に片付けることができました。

これを機にまた少し断捨離もできました。

もちろん大切な物が割れたのは悲しくもありますが、

皆様からの温かいメッセージには本当に心が

和らぎます。ありがとうございました。

これから、いつどこで何が起こるか分かりません。

それぞれの地で、今できること、備えられることも

しっかりと考えて、過ごして参りましょう。

バレンタインデーに感謝の気持ちと愛を込めて・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 大切にしたい心のこもった言葉

 言葉というのは、私たち日常でお相手に

気持ちを伝え、用事を伝え、大切なことなどを

伝えるツールとしてとても大事なものですが、

その割には、あまり丁寧に扱わない人も多くいます。

語彙が豊富であれば、それに越したことはないかも

しれませんが、それでも、言葉をたくさん知っていれば

良いというものでもなく、どのように使うのか、

どの言葉を選ぶのか、そしてどのように話すのか

ということがとても大切です。

むやみに横文字ばかりをカッコよく使っても、

分かりにくくて伝わりませんし、

どこかの本に書いてある言葉ばかりを並べていても、

その人自身の言葉として感情をお相手に伝えることは

できません。

お話は身体全体でするもの。

お人柄がそのまま出てきたりしますね。 

 また、日本語には、美しい言葉が沢山あります。

四季が美しい日本は、季節や自然から来る言葉にも

あふれています。

 和草(にこぐさ)

私の好きな言葉の1つです。

「にこやか」というのは「和やか」「柔やか」とも

書き、元はやわらかく、しとやか、なめらかな様子です。

そして、にこにこしているという意味になりました。

ですから、「にこ」というのは「おだやか」などの意で、

葉や茎のやわらかい草のこと。

芽生えたばかりの柔らかさや春の穏やかさが感じられ、

心も和やかになるような気が致します。

 日頃から五感を大事にし、自然を愛すると同時に

鳥の声に耳を傾けたり、雲の流れを眺めていたり、

自然と一体となる感覚を味わい、心で感じることを

素直に言葉で表して、お相手に心のこもった言葉を

伝えられるようになると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.46を配信いたしました。

「変化の中にこそ 成長がある」→こちら

これから、暖かい春に向かい、時代とともに

私たちも変化していく時期です。

その中でできることを考え、行動に移していく

ことが大事な時です。

今回も月の初めですので、拙著「夢の音読」から

抜粋して、メッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 それでも「幸福」だと思える思考

 人はどのような状態であったら幸せだと感じるのでしょうか。

「幸福」というのは、それぞれの価値観によるものであり、

同じ状態でも、それを幸せと感じるのか、感じないのかは

その人次第です。

そして環境や周囲との関わり、ある物事によって

その幸福度が左右されるのか、されないのかも

それぞれですね。

でも人は、十分な経済力、広い家、豪華な自動車、

贅沢な食事ができれば、幸せなのでしょうか。

たとえそうではない、と分かっていたとしても、

どこかでその欠乏感を満たしたいという欲求があったり、

自分は十分に幸せだと感じることが出来ずに、

世の中や行政に対して批判ばかりしていたり、

今いる環境に対して不満を持っている場合もあり得ます。

 でも本来、幸せというのは、外的要因で左右される

ものではなく、その人それぞれの内側から出てくる

ものなのです。

一時的にはその外的な要因により、幸せを感じることは

もちろんありますが、それが永遠と続くわけではありません。

大事なのは、今いる環境でも幸せであると知ることです。

 『人身受け難し』という言葉があります。

仏教でも言われているようですが、昔からの言葉です。

私たちは、牛でも鳥でも虫でもなく、人間として生を受け、

それは決して自らの力でなく、ご先祖様から脈々と

受け継がれたものであり、その存在が不可思議なもの、

有ること難いものであるということに感謝の念を

持たなければなりません。

その当たり前であることが当たり前でないということに

気づいた時、無いものに目を留めるのではなく

今有るものを大切にして、

たとえ今以上のことを望んだとしても、

それが手に入っても入らなくても、

それでも今が幸せだと思えるようになるはずなのです。

それが人生の真の意義なのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『エクラの風』Vol.45を公開いたしました。

【「褒める」ポイントと注意点】です。→こちら

褒めることに関しても、やはり、人それぞれ、

喜ぶポイントが異なりますから、

スムーズな人間関係を築くために

是非褒め上手になれるようにいたしましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 一方通行の気配りでストレスを感じないように

 どのような場面でも、どのようなお相手でも

そして同じように繰り返される日々の生活の中でも

気配りができる方というのは、とても素敵ですね。

さりげない気配りはもしかして、お相手には

気づかれていないかもしれない、ということも

あり得ます。

それでも周囲に常に気を配れる方、優しさや

思いやりを周りの人たちに与え続けられる方が

いらっしゃると見習わなくては、と思います。

 ただ「気配り」とひとことで言っても色々あります。

まず注意しなければいけないのが、その気配りが

余計なお世話になっていないか、ということです。

自分が良かれと思ってやったことでも、

お相手、周囲の人たちにとって、本当に嬉しいと

感じるものなのか。そこを踏まえた上での

思いやりがあると素敵です。

何においても、受け取り方や感じ方は十人十色。

同じことをしても、喜ぶと感じるかはそれぞれ違う

からです。

 そして、けっして、代償や見返りを求めないこと。

その分何かをして貰おうと思わないにしても、

ありがとう、と言われなかったり、感謝されなかったり

した時にがっかりしないということです。

もちろん、ありがとうと言われれば嬉しいですが、

たとえそうでなくても、自分の行為そのものに

自分で嬉しいと感じていることが大事です。

そのためには、自分自身の心と体を大切にして、

気配りができる「ゆとり」をしっかりと自分の中に

持っていることが大切ですね。

『衣食足りて礼節を知る』

着るもの食べるものなど、生活が整って初めて

道徳心が高まり礼儀を知るようになる、

ということ。

他人のために尽力するにも、決して自分自身を

疎かにせず、自分に対して気配りをしてから、

他人への気持ちの良い気配りができるようにして

参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『エクラの風』Vol.45を公開いたしました。

【「褒める」ポイントと注意点】です。→こちら

褒めることに関しても、やはり、人それぞれ、

喜ぶポイントが異なりますから、

スムーズな人間関係を築くために

是非褒め上手になれるようにいたしましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 ゆっくり動くと心も落ち着く

 年の初めに、昨年より落ち着いた行動が

出来るように考えていたはずなのに、

相変わらず時間ややることに追われていたり、

いつも走り回っている最近の自分を振り返ると、

これではいけないと反省します。

昨日の忙しさも、良く言えば充実していた、ということに

なるのかもしれませんが、それですと、心の余裕を

持つことが出来ませんし、大事なことを忘れたり、

ミスをしてしまうこともあり得ます。

 今日はやらなければいけない事務仕事はあると言えば

あるのですが、レッスンが無いため、ゆっくりと

ホームページリニューアルのために時間を費やしました。

 ホームページというのは、自分が何をやっているのか

ということを公開して、皆さまにご覧頂けるように

するものですから、それをリニューアルするということは、

改めて、自分自身を振り返ったり、向き合ったりする

ことにもなります。

私はたまたま丁度そのようなタイミングになりましたが、

今のコロナ禍においては、行動が制限され、

誰もがご自身に向き合うチャンスでもあるのではないか

と思うのです。

 「大寒」が過ぎ、これから「立春」という、

ある意味、新しい1年の始まりを迎えるにあたって、

自分自身を大切にし、心と体を整えていくことも

必要です。

そのためには、時にはゆっくりと動き、丁寧に目の前の

ことに向き合って、心を込めてやってみましょう。

いつも慌ただしくしていますと、呼吸が浅くなったり、

心の余裕がないために、呼吸も乱れたり、自律神経の

バランスを崩すことにもなります。

 意識して、いつもよりゆっくりと動く。

ストレスが溜まったり、慌ただしい時こそ、

行動を穏やかにすることで、心も落ち着いてくるはずです。

それが自分自身を大切にすることにも繋がります。

あとはゆっくり読書の時間を作ることができたら

最高なのだけれど・・と思うこの頃です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』の新しい動画では、

「ネガティブなことに負けない意志の力」の大切さを

お話しております。→こちら Vol.44

 不安は不安を引き寄せ、ネガティブな感情は

ネガティブなことを引き寄せたりしますが、

そのような連鎖にはまらないようにする3つのコツも

是非、参考にしてみて下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 イメージするだけで本当に叶うの?

 今の世の中は特にネガティブな情報が多くて、

頭の中で思考力や想像力を発揮しても、

ネガティブなパワーに引っ張られがちです。

ですから、マイナスのスパイラルにはまらないためにも、

自分で意識的にポジティブな感情や感覚、そして

思考を取り入れる必要があります。

でも私たちは本来、子供の頃から妄想することが

得意なはずなのですが、

分からないことは何でもすぐにネットで調べられたり、

文字だけでなく、映像まで見ることができますから、

考えたり、妄想したりする力が実は衰えてしまっています。

それでもやはり、未来をイメージして、そこに向かって

進んで行くほうが断然、明るい未来、理想の未来に

近づくと言われていますから、自由にポジティブな

妄想をしていきたいものです。

 では本当に、イメージするだけで叶うのでしょうか。

科学的には、実際の経験と頭の中で鮮明に描いた

想像上の経験を、脳は区別することが難しい、

ということが証明されています。

どちらも脳の同じところで情報処理されているため、

たとえ想像上のことでも、

成功体験をしたという錯覚が生じ、自信がついて、

行動力が上がることが期待されます。

 ただ、注意しなくてはいけないのは、

妄想している自分に満足していたり、

ポジティブ思考でワクワクしてさえいれば、

ワクワクするようなことが起こると考えていたり、

イメージすれば何でも叶う、

と現実から目を背けていたりしていては、

理想の状態になることはありません。

これが、いわゆる自己啓発の陥りやすい点です。

 夢のようなことを妄想するのは自由に楽しむ

ことができるから良いですね。

でも、しっかりと目標を達成するためには、

未来で何が見えて、何が聞こえて、何を感じられるのか

視覚、聴覚、体感覚を意識しながら明確にイメージし、

では今、何ができるのかを考え、行動して

いくことが大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『エクラの風』Vol.43も配信いたしました。→こちら

「俯瞰すれば 心も整う」

というタイトルではありますが、

拙著『夢の音読』1月部分から抜粋して、

年の初めにお伝えしたいメッセージを

お届けしております。

是非、2021年をより良い年にするため、

そしてこの今の時代に心を整えていくために、

ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 心の軌道修正をすると守られやすくなる

 先日、娘と電話で様々な話をしていたのですが、

やはりどんなに大変なことがあっても、そして、

これから色々な選択で迷うような時でも、

今ある命は、ご先祖様から受け継がれていて

そしてそれに感謝しながら、今の時代、そして

これからの時代を大切に生きていくことが

大事だということも話しました。

 ご先祖様に意識を向けると、

ご先祖様に守られていることに自然に感謝する

ことができるようになります。

そうすると、自分自身を大切にし、

自分の身の回りのことも疎かにせず、

自分の気持ちに正直になることによって

直感を受け取りやすくなったり、

周りの方達にも心の底から思いやりの気持ちを

持ちながら接することができるようになるのです。

 以前にも書いたことがありますが、

私は亡くなった祖母の作ってくれた「おむすび」が

本当に好きで、年に1〜2回しか会えなくても、

必ず遊びに行くとお願いして作ってもらっていました。

その頃はただ美味しくて好きだ、という気持ちしか

もちろんありませんでしたが、「おむすび」というのは

日本人にとっても、とても意味のあるもので、

神様の元、稲作をし、大切に扱っていたお米を使って

作る「おむすび」は、日本の精神文化の根源でもある

「産霊」(むすい)の信仰と深く関わっているのです。

 亡くなった祖母を思う度にこの「むすびつき」を

考えると、本当に守られているなと感謝の気持ちで

いっぱいになります。

 私たちは、様々な外的要因で気持ちが定まらなかったり、

なかなか決断できなかったりすることもありますが、

ご先祖様を思うのはお彼岸やお盆の時だけでなく、

やはり日常的に意識を向けていることで、

何かのサインをきっと送って下さるはずです。

それを受け取りやすい自分であるためにも

繋がる命(自分自身)を大切にし、

心の軌道修正をして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『エクラの風』Vol.43も配信いたしました。→こちら

「俯瞰すれば 心も整う」

というタイトルではありますが、

拙著『夢の音読』1月部分から抜粋して、

年の初めにお伝えしたいメッセージを

お届けしております。

是非、2021年をより良い年にするため、

そしてこの今の時代に心を整えていくために、

ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 人日の節句 〜感謝〜

 明日7日は「人日の節句」(じんじつのせっく)です。

この日は「松納め」とも言われ、飾っていた松飾りを

取り外しますが、元日から松納めまでを「松の内」と

呼び、歳神様がいらっしゃる期間でもあります。

 歳神様というのは、お正月に門松を飾ってお迎え

しますが、「あけましておめでとうございます」

というご挨拶も歳神様に対して「ようこそお帰り下さい

ました。」という歓迎の意味があります。

そして、五穀豊穣や健康長寿などを願い、「お陰さまで、

今年も無事に春を迎えることが出来ました。」という

感謝の意味なども込められているのです。

 人日の節句にお話を戻しますと、人日の節句は

五節句の内、その年まず一番目に来るお節句です。

普通は3月3日、5月5日、7月7日、9月9日、と

奇数を合わせますが、1月1日は特別な日でも

ありますので、7日が人の日、ということもあり、

1月だけは例外的に7日がお節句に充てられています。

 この日は七草粥を頂いて、一年間の五穀豊穣、健康

などを願いますので「七草の節句」とも言われますが、

やはり願うだけでなく、忘れてはならないのが

感謝の気持ちを持つことですね。

これまで無事に(たとえ無事でなくても)過ごすことが

できたことを感謝し、同時に、これからの未来のことを

感謝することも大事かもしれません。

 因みに春の七草とは、せり・なずな・ごぎょう・はこべら

ほとけのざ・すずな・すずしろ、で全て食用です。

鎌倉時代から食べられるようになったようですが、

冬の間の不足がちな栄養補給や、お正月料理の食べ過ぎで

弱った胃を癒すという目的もあったと言われています。

 いずれにしましても、「感謝する」ということは

マナーの根源でもありますが、いつもの法則、

幸せになってから感謝するのではなく、

感謝すれば幸せになれるのです。

感謝することで免疫力も高まるとも言われていますから、

この時期特に、病気やウィルス感染などに気をつけながら、

感謝の気持ちも持ち続けて参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『エクラの風』Vol.42を配信いたしました。→こちら

「自分の頭で考えて 世の中を見るには?」

新しいこの時代の中で行動していく上で大切なのは、

自分の頭でしっかりと考えていきながら、

世の中を見ていくことです。

そのために必要なことを簡単にお話しておりますので、

ぜひ、ご覧頂けますと嬉しく存じます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→