想い

「今」と「ここ」に集中する

 最近はマインドフルネスが少しずつ浸透してきて

私が時々話題にしたり、オススメしている

瞑想なども、やられる方が以前より多くなっている

ような気がいたします。

でも、瞑想などをしなくても、意識としては常に

「今」や「ここ」に集中することはとても大切です。

改めて「今を生きている」かどうかと考えてみると、

意外と、過去のことを思い出して悔やんだり、

何となく過去の出来事を引きずっていて

今の思考や感情に影響していることもあります。

過去というのは、1ヶ月、1年、それ以上前のこと

というだけでなく、1分前ももう過去のことです。

そのちょっと前のことが気になって仕方がないと、

今に集中できず、今現在を丁寧に生きることが

できなくなってしまいます。

 また、将来や未来に対する不安も同じこと。

まだ起きていないことを必要以上に恐れると、

それはそれで今に集中できません。

もちろん備えや想定する出来事に対する心構えなどは

必要かもしれませんが、そればかりに縛られてしまうと、

今を楽しむことができなくなってしまいます。

本当に大切なのは「今」の瞬間をどのように過ごし

どのように生きているのかということです。

 そして、「ここに生きている」かどうか。

自分の心がどこにあるか、ということです。

心ここに在らず。という表現をよくするように、

目の前のことに集中しなくてはいけないのに、

他のことを考えたり、忙しいがために、

次々と先のことを考えてしまったりすることが

あると思います。

私もやる事が沢山あり過ぎて、ついつい

次のことを考えながらとか、同時に色々な事を

考えながらやることもあるのですが、

そうすると、今ある目の前のことへの集中力が

欠けてしまい、特にそそっかしい私は、

何か大事な事が抜けてしまうことがあり得るのです。

そのような時は、これではいけない、いけない・・

と反省し、「ここ」に魂を注げるように改めて

意識するようにしています。

 時々忘れがちな「今」と「ここ」。

生活していれば色々なことが起きますが、

できるだけ丁寧に過ごして参りたいですね。

それが自分らしく生きることにも繋がるからです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 時々起こる困難は、人が人間らしさを思い出すためのものでもある

 なぜ、私たち人間は様々な困難にであうのでしょう。

今のコロナ禍でお仕事に苦労を感じている方も

いらっしゃるでしょうし、病気を抱えている方、

人間関係で悩んでいる方、やりたいことが思うように

できない方、自然災害により日常生活をなかなか

取り戻せない方・・挙げたらきりがないと思いますが、

私たち人間は、良いことばかりが起こるわけでは

ありません。誰にでも困難や壁に向かわなくてはいけない

状況に身をおくことになる可能性があります。

 もちろんそのような困難や壁は、できる限り無い方が

良いわけですが、でももしそのようなことになったのなら、

それは、人が人間らしく生きるため、人間らしさを

思い出すために起こっているのだと考えると、

何か一本の明るい道筋ができたり、あとで振り返った時に

大きな学びや成長があったと思えるはずです。

 私の尊敬する友人がいます。

いつも前向きで、トップの立場にいてもとても謙虚。

そして今でも大きな夢に向かって努力をしている方です。

でも、そのような彼女の前にも、幾つもの越えなければ

ならないハードルがあり、1つずつ越えては、時に後戻り、

時にさらに高いハードルが立ちはだかり、それでも

最善の力を尽くしながら、前進している姿を見ていると、

私の方が勇気付けられるのです。

 人間は機械でもAIでもなく、感情というエネルギーを

大きく揺れ動かして生きています。

だから泣きたくなることもあれば、嬉しいこともあり、

凹むこともあれば、内なる魂から力が湧き出てくることも

あります。

それらを人間らしく十分味わい、時には痛みを分かち合い、

そして労わり合いながら生きていくことができれば、

笑顔で心から喜べる日が必ず来るのだと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

『道無古今』〜道理を忘れない〜

 時代の流れが早いのと、次々に新しいことが

生まれてくる世の中で、それに着いていかなくては

いけないという思いにかられ、自分の軸を見失ったり

人としての筋道を忘れてしまったりしがちです。

新しい考え方、新しい方法、スキル・・などというのも

大事ですし、参考にしながら上手に取り入れることも

必要だと思いますが、でも、何でも新しいものが良い

とばかりは言えません。

人としてのあり方を常に心に持ち、人として学び、

人として世の中のために尽くし、人として他人を敬い、

人として子どもを守り育てていく・・というような

人としての筋道に古いも新しいもないはずだからです。

『道無古今』みちに ここんなし

道理に昔も今もなく、不変であるということ。

 目先のことや表面上のことだけを気にして

そこを何とか取り繕おうとしても、それは続きません。

形ばかりにこだわって、新しいものを取りれようとしても

それでは本質がわからなくなり、崩れてしまいます。

今、目指していることの本質は何なのか、

本質はどこにあるのだろうか、

先人たちが大事にしていた精神を忘れてはいないだろうか。

 今は情報発信をしようと思えば誰にでもできますから、

様々な発言や意見、考え方を見たり聞いたりすることが

できます。本が読まれなくなったとは言え、それでも

次から次へと、山のように新しい本が出てきています。

その分、私たちは惑わされてしまうことも沢山あり、

そこで目新しいものに飛びついてしまうと、

本当に大切にしなくてはいけないものを見失う可能性が

あることに気づかなくてはいけません。

人としてあるべき本当に大切なものは何だろう、

と改めて自覚するよい時代なのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

  体も脳も使った後はクールダウンが大切

 運動をする前にウォーミングアップは欠かせませんが

同じように運動後のクールダウンもとっても大切。

もしかしてウォーミングアップよりも念入りにした方が

良いかもしれません。

特に普段使わない筋肉を使った時などは

そこを入念にストレッチしておかないと、

次の日の筋肉痛が倍増するだけでなく、

せっかく鍛えた筋肉が生かされなくなってしまいます。

歳を重ねるごとに痛感するところです。

 そしてこれは、体だけではなく、頭を使った時も同様。

様々なことを考えてクリエイティブに頭を働かせた時、

たくさんの知識を得ることが出来た時、

本や、人から多くの刺激を受けた時、

思いがけないことが沢山起きた時・・など、

脳や心の中が、ぱんぱんの状態をそのままにしておくと、

整理もつかず、せっかく受けた良い刺激も生かされません。

ですから、実はクールダウンがとても重要なのです。

 今は情報も本当に沢山あります。

得る情報をしっかりと見極めて、選択する必要性も

時々お話いたしますが、新しい情報というものは

脳にとって、とても刺激があります。

そしてそれが感情を左右するものであるならば、

なおさらしっかりと咀嚼して、事実は事実としてだけ

受け止め、冷静な理解と判断が求められます。

 受けた刺激はどのようなものだったか、

それをこの後、どのようにして行きたいのか、

しっかり自分自身を振り返る時間が大切です。

自分ミーティングとクールダウン。

私自身も意識して、その時間を丁寧に持ちたいと

思っているところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 心のバランスを取り戻す時間

 バランスというのは、色々なところで必要になる

要素ですが、私の価値観の中でも大切にしていることの

1つです。

そして、その様々なところで求められるバランスで

本日は「心のバランス」について。

これは、誰もが大事だと認識し、でも時に難しいと

感じるものではないかと思います。

時々私もこのブログの中でお伝えしていますので、

同じことを繰り返すようですが、

やはり、日々様々なことが起きる中で、身体に疲労を

感じたり、ストレスをいつの間にか溜めていると、

思考力、行動力、判断力、決断力・・など

様々なところに影響を及ぼしてしまいますから、

時々、自分自身を見直して、心のバランスを取り戻すことが

とても大切だと、私自身つくづく感じるのです。

 しっかり身体を休めていますか?

 リラックスできる時間を1日1回は持っていますか?

 心が休まる瞬間はありますか?

 あなた自身を労っていますか?

 気持ちを押さえ込んではいませんか?

 オンとオフの切り替えは出来ていますか?

もし上記の質問でNOという答えがあったなら、

そのことを意識しながら、過ごしてみましょう。

 本日はまた、フラワーセラピーレッスンを行いました。

初めてフラワーアレンジに挑戦された方でしたが、

フラワーセラピーは決して芸術性や美を求めませんので、

生のお花に触れながら、心の赴くままにアレンジして頂き、

その時の表情がとても穏やかでいらっしゃって、

私自身も癒されるとても素敵な時間になりました。

 様々な種類のお花がありますが、それぞれ特徴があり、

また同じ種類のお花であっても、1つ1つ表情が異なります。

どのお花を手にとっても、どのようにアレンジしても、

それがその時のあなたの心の状態。

そして心を素直に解放することで、

自分自身を見つめ直すことができるフラワーセラピー。

心のバランスを取り戻せる1つの方法として

とても素敵だな、と改めて感じました。

 自然というものには命のエネルギーがあります。

色、香り、手触り、音。

お花から受ける「生きる力」は私たちの内なる心を

癒し、元気づけ、新たなエネルギーを生み出すのですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

「鏡」を大切にする意味

 人は初めて自分の姿を鏡で見た時が自己認識の第一歩。

さすがにその時のことは覚えていませんが、

どの子にとっても、初めてのその衝撃的な瞬間は

驚きと興奮であることは確かだと思います。

以前テレビで、赤ちゃんがおそらく初めて見たのであろう

鏡に映る自分の姿に興奮して可愛らしい行動をとっていたのを

見たことがありますが、それほど衝撃的なのですよね。

 母はリビングにある鏡をいつもピカピカに磨いていました。

とても綺麗好きな母なので、鏡を磨くのは当たり前の日課の

ようでしたが、今思うと、とても素敵な習慣だと感じます。

それを見て育った私も、毎朝必ず洗面所の鏡を磨かないと

1日が始まりません。水滴の跡やくもりひとつない鏡は、

全てをクリーンに映し出します。

きれいな鏡を見れば、そこに映った自分の姿や

お部屋などを綺麗にしておこうという気持ちが自然に生まれ、

お部屋全体や空間もプラスのエネルギーに。

ですから、もし何だか心がどんよりした時や、

冴えないなと思った時などは、鏡をピカピカに磨いて

みましょう。きっとそれは、ただのお掃除ではなく、

あなたの心を磨き、プラスのエネルギーを吸収できる

良い循環の源になるはずです。

 そして、皆さまもよくお参りする神社にはなぜ

必ず「鏡」があるのでしょうか。

お参りする時には意識しないかもしれませんが、

実は本殿には基本的には「鏡」しか置いていない

と言われています。

何のためにあるかと言いますと、

それは、自分自身を見るためなのです。

 古来から日本人というのは森羅万象、あらゆるところに

神がいると信じ、そこから八百万の神と言われるわけですが、

自分の中にも神がいるという前提がありました。

神様に守られてはいるのですが、神社に行くことで

感謝の気持ちを伝え、同時に自分を鏡で見て、

自分の中の神性に気づくということ。

神性とは、心、精神のことです。

何気なく私たちは神社に参拝していますが、

日本の精神的土台を作ったところでもあります。

その中の大事なものの1つが鏡。

天皇陛下が皇位の標識として受け継がれている

三種の神器の1つも「鏡」です。

それだけ私たち日本人にとって鏡は大切なものなのです。

ですから、鏡はいつも磨いて綺麗にしていたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.36を配信いたしました。

「ストレスを感じやすい人と 感じにくい人の違い」

人と人との関わりの中でも、どうしても私たちは

ストレスを感じてしまうことがあります。

でも、ストレスの感じ方の特徴を知ることができれば、

ストレス軽減の助けにもなるのです。

是非、ご覧になってみてくださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 からまったものを解く(ほどく)時は焦らない

 最近、マスクをしているせい、今まで必ずしていた

イヤリングをしないことが多くなりました。

外でちょっとマスクを外した時に、

そそっかしい私はイヤリングを落としてしまう

可能性があるからです。

ネックレスも好きですが、こちらは一日中していると

首や肩が凝るので、外出する時などに気が向いたら

するようにしています。

 今日はその気が向いた日。

でも外出前、特に急いでいる時に限って、

なぜだかチェーンの部分が絡まっていて、

慌てれば慌てるほど絡まっていく・・という始末。

時間がない時にはもうそれは諦めるしかありません。

今日は別のものにしました。

 絡まったものを解く時は、絶対に焦らない

ということが鉄則ですね。

帰宅後、丁寧にゆっくりとその絡まった部分を少しずつ

解いていき、塊になったチェーンの部分がスルーッと

なったらそれだけで、ホッとします。

 チェーンや糸、コードなど、たまに絡まってしまった

経験はありませんか。

そして、それは心や頭の中も同様。

モヤモヤ、モヤモヤと、まるで糸が絡まったように

すっきりとしないことはありませんか。

そのような時、無理にどこか一箇所を引っ張ったり、

無理やり、絡まったまま片隅に押し込んで

無いことにしてしまったり、

焦って無理に解そうとしたりしていませんか。

 心や頭の中に、もしそのようなまだ解けない絡まりが

あるならば、焦らないことが大切です。

他人との関わりの中でモヤモヤとしていたり、

自分自身が上手くいかなくてイライラとしていたり、

その絡まった糸は様々だと思いますが、

どのような時も大事なのは、

まずは本来の自分自身に返ってみること。

そして慌てずに、ありのままの自分を大切にし、

自分が満たされることを遠慮せずにやって

自分自身を少しずつ満たしていき、

そしてそこに感謝することができると、

自然にその複雑に絡まったモヤモヤの糸は

必ず解れていきます。

 ネックレスの決まった置き場所がありますから、

保管している段階できちん整理されていることも

大事なように、心や頭の中も、なるべく複雑に

絡まないように、時々、整理しておくことも

大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.36を配信いたしました。

「ストレスを感じやすい人と 感じにくい人の違い」

人と人との関わりの中でも、どうしても私たちは

ストレスを感じてしまうことがあります。

でも、ストレスの感じ方の特徴を知ることができれば、

ストレス軽減の助けにもなるのです。

是非、ご覧になってみてくださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 自己肯定と思いやりの心を育む大切なこと

 私たちは様々なことを当たり前だと思っていますが、

今までの世の中の当たり前が崩れて、変化の時代に

あるように、当たり前というのは、多くの人が

勝手にそうあるべきと決めつけていたり、

それがあたかも普通であるように世の中が判断して

しまっているだけで、実は当たり前というのは

思い込みに過ぎないわけです。

 それは個人レベルでも同じこと。

自分自身の「当たり前」という意識を外していくと、

次第に感謝の気持ちが芽生えてきます。

親だから、子供だから、妻だから、夫だから、

上司だから、部下だから・・という立場や役割の

当たり前の枠。

生活の中やお仕事の中で、やるべきやあるべき

という当たり前の枠。

人は、してくれなかったことや無いものに意識が

向きやすくなりますが、してくれたことや

有るものに目を向けると、いかに恵まれているのか、

大切にされているのかということが分かり、

様々なことに感謝することができるのです。

そして、その感謝の気持ちが私たちに生きる力を

与えてくれます。

 もともと日本人は自然崇拝を大切にし、

神様に対して祈りと感謝の気持ちを常に捧げてきました。

そして万物の神様や大地自然、ご先祖様に

守られている有り難さと、今あるいのちの尊さを

感じながら生きてきていました。

それは今の神社参拝にも大きくつながります。

有り難いいのちを大切に使うこと。

他人のいのちも大切にすること。

そこに感謝の気持ちを持つこと。

そして私たちには、過去の出来事でも、今現在のこと、

これから起こるであろうことに対してでも

感謝できることは沢山あります。

それを拾えるか拾えないかは意識次第。

小さなことでも、日々どれだけの感謝の気持ちを

持てるのか、感謝リストを書くのもオススメです。

それが、実は自己を肯定し、思いやりの心を育む

ことにもなるのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.36を配信いたしました。

「ストレスを感じやすい人と 感じにくい人の違い」

人と人との関わりの中でも、どうしても私たちは

ストレスを感じてしまうことがあります。

でも、ストレスの感じ方の特徴を知ることができれば、

ストレス軽減の助けにもなるのです。

是非、ご覧になってみてくださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

「幸せに生きる」とは・・

 「幸せ」という言葉は日常的によく使う言葉では

ありますが、では、「幸せ」というのはどういうこと

なのでしょうか。

もちろん、心が満たされる状態になることではありますが、

どのような状態になったら、「幸せに生きている」と

言えるのでしょうか。

 最近、福祉教育、統合教育、福祉を土台にした地域社会

というようなことを考えながら、学ぶ機会が多くあるの

ですが、「福祉」という言葉もあいまいで、

支援が必要な人、身体的、社会的障害を持つ人たち等に

対する公的扶助などと解釈される雰囲気ではありますが、

「福祉」がサービスになってしまうと、本当の「福祉」と

いうものから、遠ざかってしまうような気がしてなりません。

 人が人である以上、誰もが「幸せに生きる」ということを

願っているのですから、福祉の役割というのは、

それを支えていくことで、どのような人も共に生きていけると

安心できる社会になる必要があるはずです。

そのためには、命を大切にし、自分を認めて、相手を認める

思いやりの心が大切になってくるのです。

 思いやりというのは、単にお相手に優しく何かをして

あげるというものではありません。

お相手の幸せを考え、共に幸せに生きていけるように

することです。ですから、そこには愛も必要です。

 制度やサービスは目に見える形や記録に残ることを

優先してしまいがちですが、

本当は目に見えないことこそが大切で、

それは、私がお伝えしているマナーとも

大きく共通するとことでもあります。

まだまだ勉強不足ですが、

「幸福な社会の実現」に向けて、これからも

私の立場で色々と考えて参ろうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.36を配信いたしました。

「ストレスを感じやすい人と 感じにくい人の違い」

人と人との関わりの中でも、どうしても私たちは

ストレスを感じてしまうことがあります。

でも、ストレスの感じ方の特徴を知ることができれば、

ストレス軽減の助けにもなるのです。

是非、ご覧になってみてくださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 

 誰にでもある自分で自分を癒す力

 ストレスが多い現代社会においては、

体だけではなく、精神的にも疲労がたまり、

癒しを求めている人も少なくありません。

私ももちろん、日々の忙しさや様々な出来事により

ストレスを感じることはよくあります。

世の中には、ヒーラーや、セラピスト、カウンセラー、

スピリチュアル系の何か(?)を職業にしている方も

多いので、そのような方々に癒しを求めたり、

あるいは、神様やご先祖様を思うことで心を鎮める

という方もいらっしゃるかもしれません。

ご友人やお知り合いの方とお話することが癒しになる

場合もありますね。

どのような方法でも、きっと癒されるでしょうし、

落ち着くことができるとは思いますが、

気をつけなくてはいけないのは、依存しないということ。

 どのような形でも、癒されたということは

あなたにそれだけのことを受け取る器があった

ということですし、もしも同じことを言われたりしても

心がそれを拒否してしまったり、壁を作ってしまって

いたならば、癒されることはありません。

誰かが癒してくれたのではなく、何かの言葉や雰囲気

見たもの、聞いたものがきっかけで、

あなたの心が自分で癒したということなのです。

 誰にでも、自分で自分を癒す力があります。

もし自分のことをよく内観しないで、他人に依存してしまうと、

本来持っている力や潜在意識を使うことができませんし、

自分を信じる力もどんどん失われていきます。

自分自身を知り、あるがままを受け入れて認めることが

できると、自分で自分を癒す方法が分かります。

そして自分を癒し、満たすことができると今度は

周りに癒しを与えることができるようになってくるのです。

自分を癒す。自分を喜ばす。自分を満たす。

全て自分でできることです。

しっかりと心に向き合って、ストレスを上手に軽減できる

ようにして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube「エクラの風」Vol.35を配信いたしました。

「点」を大切にすると それが「線」になる

というお話です。→こちら

是非ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→