想い

 マインドフルネスと熟思黙想

 私たちは常に脳を動かし、目や耳から入る情報、

その他の感覚から入る情報により、無意識にでも

雑多な思考で脳が疲れている状態になったりします。

今は特に、刻一刻と変わっていくコロナウィルスの

状況により、誰もが心配を抱え、

今後の動向が気になり、また、これからの生活、

将来の生き方などに不安を覚えていらっしゃる

ことと思います。

 そのような時に大事なのは「熟思黙想」。

心を落ち着かせ、慌てずに、近い将来に対して、

今、社会や職場、自分自身にとって、

不足しているものは何なのだろうか。

それは物質的なものだけではなく、自分の役割、

人との関わり、システムや生き方、あり方など、

様々な面において、色々な角度から、考えてみる

必要があるのです。

 でも、そこであまりにも表面的な情報だけで

思考を巡らせていると、集中もできませんし、

生産性も期待できません。

ですから、まずは自分自身を整えるために、

マインドフルネス瞑想をお勧めします。

これを1日の中で少しでもすることにより、

副交感神経が優位になり、

リラックスした状態で次へのパフォーマンスを

高めることができるのです。

 以前にも何度かマインドフルネス瞑想のお話は

しましたが、ここでもう一度。

まずは、静かな場所でリラックスして目を瞑り、

呼吸に意識を向けます。

いきなり「無」の状態になることは難しいと

思いますので、まずは、そこで浮かんできたことに

対して「自分は考えている」ということに気づきます。

そしてまた、呼吸に意識を戻します。

雑念をなくそう、なくそうと思うと余計に

色々なことを考えてしまいますので、まずは

ちょっと俯瞰するような感じで、気づくこと。

気づいたら呼吸に、気づいたらまた呼吸に・・。

というような感じで繰り返すと、だんだん、

何も考えなくなってきます。

 1日5分だけでもリラックスできると、

その後、今度はしっかりと熟思黙想し、

今、本当に必要なことへのアクションができるはず。

こういう時だからこそ、ぜひ試してみて下さいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 困難を乗り越えるために必要なこと

 小池都知事が「今の日本は国難といえる状況である。」

と記者会見で仰っていましたが、

都内を中心として、今後まだ予想がつかない状況になる

可能性があることを鑑みて、

しっかりと個人個人の意識をどのように持っていくのか

ということが大切な時になっています。

 今日はコロナウィルス感染の問題には言及しませんが、

人は、人生の中で、困難に直面することは何度もあります。

その都度、落ち込み、悩み、考え、立ち直り、また

新たな道へと進んでいくことを繰り返すわけですが、

その困難な時期を乗り越えるのに、やはり、

できるだけ時間をかけない方が良いわけです。

 乗り越えるための方法というのは、

NLP心理学やコーチングなども勿論役に立ちますが、

どなたでもほんの少しの考え方で、前進できる心を

作っていくことはできます。

今日は3つお伝えしますね。

 まずは、時々ブログのテーマにすることもありますが、

「大事なことに集中する。」ということです。

大事なことというのは、各々持っているものや考え方が

違いますので、他人や周りに流されず、

自分が大事にしているもの、本当は大事にしたいものは

何かということを改めて確かめて、優先順位をつけ、

それに集中していくということです。

困難な時というのは、どうしても問題や課題だけに

意識が集中してしまい、大事なものが見えなくなって

しまいがちですから、客観的な視点と、

内側を掘り下げていく視点が必要です。

 次に、「他人を頼る。」ということ。

辛い時を1人で乗り越えようとせず、助けを求め、

その支援に心から感謝すること。

そしていつでもその支え合いの精神を忘れずに

いることが大切です。

 最後は「その日に達成したことを認識する。」こと。

たとえ進展はなくても、今日は昨日より頑張った、

とか、今日もラジオ体操ができた(目下継続中の私)

とか、いつもよりバランスの良いお食事ができた

とか、今日はこのお部屋を片付けられた、など

大小に関わらず、というより、小さなことでOKなので、

その日の達成を大きく認めて、その日の失敗は許せると

自己否定せず、自己肯定感を持つことができるわけです。

それが一歩前進への大きな力になってきます。

 ぜひ、試してみて下さいね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 小さな発見にも大きく感動する心を持つ

 日常生活の中でも、私たちは知らないことだらけ。

初めて見るもの、初めて聞くこと、初めて知ることは

たくさんあります。

たとえ同じ物を見たとしても、昨年と今年とは

受ける物が違うかもしれませんし、

同じ本を読んでも、その時の状況や年齢によって

感じ方が違うものです。

そこに新しい発見があったりします。

 また、どのような些細なことでも、

それを気づきとして受け取れるか、

新しい発見だと認識できるかということも、

私たち次第。

表面だけを見ていたら、もしかして見逃してしまう

かもしれませんし、聞き逃してしまうかもしれません。

でも常に、新しいことに対する受容力を持っていれば、

些細なことにもアンテナが響き、気づくことが

できるのです。

 そして、大事なのはその気づきや新しい発見に対して

素直に感動する心、感激する心を持つことです。

ただ、ふう〜んと思うだけでなく、

心で受け止めて感じると、感性も豊かになってきます。

でも残念ながら、現代では、その感動、感激する心が

希薄になっているような気がしてなりません。

 もちろん大人になってから改めて、その感じる心を

大切にしていくよう意識していっても良いのですが、

本当は子どものうちにそのような心をしっかりと

育めると良いですね。

 現代は様々な情報が多く、一見、刺激的で

感情を揺さぶられることもあるように思えますが、

実は本質的なことに気づかなくなっていることも

あり得ます。

情報や刺激をそぎ落とし、本当に大切なものが

分かった時、私たちは本来の姿に戻り、

人間らしく生きていけるのかもしれません。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 好きなことをめいいっぱい心で味わうと幸せになる

 ふと、子ども達が小さかった時のことを

思い出していましたら、本当に3人で、時々

喧嘩をしながらも、よく遊んでいたなと

とても懐かしくなりました。

工作が好きだったため、我が家には普通なら

ゴミ箱行きとなるガラクタが沢山あり、

そこから好きなものを集めて、いろいろな物を

作っていましたし、その他、紙粘土、

絵の具でコラージュ、パズルにレゴ・・。

リビングはものすごく散らかりますが、

ルールはただ1つ、最後は皆で協力して

自分たちで片付けること。

 今の小学生はお勉強もとても大変なのかも

しれませんし、息抜きはゲームが一般的かな

と思いますが、今我が子たちを思い返しても、

勉強をしている姿をあまり思い出さない分、

得意になって楽しそうに遊ぶ姿は

きっとその時とっても幸せな気分だったの

だろうなと懐かしく思います。

 好きなことを思いっきりめいいっぱい味わうと

幸せになるというのは、当たり前のこと・・と

思われるかもしれませんが、

でも、大人になると、幸せになるためには

どうしたらよいのか分からない・・と言う方は

思いの外沢山いらっしゃいます。

幸せになるには、好きなことを心でめいいっぱい味わって、

自分の心をしっかりと満たせば良いのです。

子どもの時のように・・。

それは、行動することでも、環境を整えることでも、

何でも構いませんが、少しでも好きなものに触れたら、

それをしっかりと心から喜べると、

少しずつでも幸せに感じる心が柔軟になってきます。

 そうすると、少し嫌なことがあったとしても、

自己否定したくなるようなことがあったとしても、

気持ちが楽になるはずです。

美味しいお食事を頂くこと。

大好きなデザートを頂くこと。

自然に触れること。季節を感じること。

澄んだ空気を吸うこと。星空を見ること。

好きな本を読むこと。好きな音楽を聴くこと。

好きなものをそばに置くこと。

好きな物を思い浮かべること。

大切な人を思い浮かべること。

身の回りの小さな幸せを沢山見つけてみましょう。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 平常心是道(びょうじょうしんこれどう)

 世の中の様々な出来事や自然事象によって、

日常生活が変わってきてしまいますし、

時代を経て、その中で世の中の変化というものは

必ずあるものですから、

結局は、人としての歩むべき道から外れない

ということは大事なことです。

そのために、当たり前のことを当たり前のこととして

行うにも、感謝の気持ちを込めたり、心を込めることが

大切になってくるのです。

 「平常心是道」(びょうじょうしんこれどう)

という禅語があります。

一般的に私たちは「平常心」を「へいじょうしん」と

読みますが、禅語では「びょうじょうしん」。

そして意味も、「へいじょうしん」は

普段どおりに平静である心、と広辞苑にありますが、

「びょうじょうしん」はもう少し意味が深く、

あるがままの心で日常的に行っていることを

1つ1つ丁寧に行うこと、という意味になります。

 私たちは、ともすると、お食事を何となく頂いたり、

ただお部屋のお掃除をしたり、洗顔、歯磨き

といったことをぼんやりと行いがちです。

でも、やはり、お食事の時は食べ物を喉に通して

胃に運ぶというだけでなく、

お食事に集中して、感謝の念を持ちながら頂き、

お掃除をする時には、お掃除に心を込めること、

洗顔、歯磨きも丁寧にする、などという

小さな心がけが大切だと思うのです。

 四季を感じられる日本にいて、

その移ろいを美しく思い、

その自然の小さな営みにも感動する心を持ち、

人間としてのあり方を考えたとき、

やはり、1つ1つのやることに心を込めること

丁寧に行うために平常心を持つこと

忘れないでいたいと思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 備えあれば・・

 私たちは大震災も経験しました。

大型台風による甚大な被害もありました。

その時に、人々は助け合い、支え合い、

困難を乗り越えてきました。

命と向き合い、日常生活と向き合い、

本当に大切なものは何かということ、

この地球に生きる意味は何かということも

深く考えるようになりました。

 自然災害は突然起こり(宇宙規模で考えたら、

突然ではなく、徐々にこうなるように

なっていたのでしょうけれど)

私たちは突然、生活が一変してしまうことに

なってしまいましたが、

今回のウィルス感染は、少しずつ少しずつ

世界で拡大していっています。

それでも、政府の発表というのは、

やはり私たち一般市民にとってみましたら

ある意味、突然でもあるのですから、

ある程度想定して、そして落ち着いて行動する

ことがとても大切です。

 そのために、普段から様々なアンテナを張り、

有事に自分がどうあるべきかを考え、そして、

そのための備えを少しずつしておくことが

重要だと思います。

未来に対する考えと、今どのように行動したら

良いのかという考え、いわゆる「備え」が無いと、

パニック状態を引き起こしてしまうのです。

 品物を購入するのに、買い占めをしたり、

必要以上に買いだめしたりすることは

あってはなりませんが、少なくとも、

何か起こった時のための「備え」は

とても大切です。

自分のためでだけではなく、もしも自分に

その準備と何を大切にしなければいけないのか

という軸がしっかりしていれば、

困っている方々、動けない年配の方々のために

力を注ぐことも出来ます。

 何度もお伝えしておりますが、

不安や恐ればかりでは、良いことが何もありません。

感染しないための個々の意識と対策と同時に

何が起こっても安心して落ち着いて暮らせるように

するための「心の備え」がとても大事なのです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 必要なこと

 今日は本当でしたら、娘の大学卒業式でした。

このコロナ騒動で中止となり、本人も非常に

寂しがっていましたが、私もとても残念。

昨日、卒業証書が郵送されてきたものの、

これで学生生活が終わりとなるのに、

あっけないというか、実感がわかないというか・・。

でも、仕方がないことですよね。

 人生、予想外のことが起こり、どうにもならないことを

受け入れなければならないこともあるのです。

ただ、先日娘と2人で一緒に誕生日や卒業、就職を

祝えましたことは、一生心に残る素敵な思い出となり

良かったと思っております。

 その時に話したこと。それは・・

やはり今のこの時代、そしてこの状態の時に

大切なのは、情報処理能力と思考力、判断力。

それを支えるのが、自分自身の価値観と信念だということ。

ここがブレますと、何を信じてよいのか分からず、

様々な飛び交う情報に振り回されて、一喜一憂

してしまうのです。

あるいは一憂二憂三憂してしまったりします。

 もし、まだご自分の価値観の認識が曖昧な方、

あるいはもう一度しっかり確かめたい方、

ぜひ、このタイミングで明確化してみましょう。

若い方達はこれからの時代を担っていくために

とても大事なことですし、

私と同じ世代の方々も、若い人たちの考えにも

謙虚に耳を傾けて、そしてこれまでの培った経験などを

生かしながら、ご自身の信念を大事にしていくことが

とても重要になります。

 私が一番大切にしたいと、今思っているものの

上位3つは「健康」「愛」そして「向上心」です。

50歳を過ぎて、健康の有難さをひしひしと感じ、

これから60、70、80になっても好きなことが

できるようにするためには、やはり健康第一。

「愛」には自分への愛、周りの方々への愛や、

思いやり、優しさも含まれます。

「向上心」は好奇心、探究心、学び、情熱なども含み、

それらを自分らしく持ち続けていきたいと

思っております。

 今、必要なのは、自分の価値観や信念を持って

自分を信じて生きていくこと。

あなたの大切な信念は何ですか?

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 エネルギーをいっぱい受け取りましょう!

 今日はとても穏やかで暖かい1日でした。

「大明日」と言って、隅々まで太陽が照らす吉日

でもありましたが、まさにその通り、柔らかい

陽の光に心和み、雲一つない青空を見上げると

思わず手をいっぱいに広げてしまいました。

(お庭だから、誰も見ていないので大丈夫。)

 そして明日は二十四節気の「春分」です。

季節の分け目、春分、夏至、秋分、冬至のうちの

一つで、昼夜の長さが等分になりますが、

とても大事な日です。お彼岸の中日でもありますね。

人間にとって基本となる「食」と「命」を繋げて

下さったご先祖様に感謝し、また、今自分があること、

これまでやってくることが出来たことにも

改めて感謝しながら過ごします。

 また、春分の日は宇宙元旦とも呼ばれる日。

私はあまりスピリチュアルなことは分かりませんが、

宇宙規模で見ると、元旦のような日で、

一年の始まりだと言われています。

ですから、エネルギーが大きく入れ替わるタイミングなので、

パワーも大きく降り注ぐのです。

 スピリチュアルなことには疎くても、せっかくの

エネルギー、受け取ることが出来たら良いですよね。

そのためには、まずは、心もお部屋も大掃除。

心や体が身軽になることで、エネルギーを受け取り

やすくなるのは間違いありません。

 そして、瞑想。

せっかくのお休みの日ですし、外出もあまりされない

方たちも多いと思います。

もちろんそれでもお仕事や外出のご予定がある方でも、

ほんの僅かな時間でも良いので、静かに瞑想し、

無心になり、そして、自分の内側と向き合って、

これからどのようにしていきたいのか、

どのような自分でありたいのかを確認してみることを

おすすめします。

そして感じたことをすぐに書き留めれば、

また、効果絶大です。

 春分の日は、新たな光のシャワーが降り注ぐ日。

エネルギーをいっぱい受け取ってみましょう!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 価値のはかり方

 同じ紙でも、諭吉さんが載っていれば、

一万円の価値があり、なければただの紙。

一キロの金塊は、お金に換えればかなりの額に

なりますが、換えずにただ一キロの塊として

例えば光る重しなどとして使うのであれば

ただの一キロの塊の価値でしかありません。

 また、世の中から一時的に消えてしまった

トイレットペーパーやティッシュペーパー。

誰もが大事に使い、でもいずれ無くなってしまうのは、

その長さが尽きた時、あるいは枚数が尽きた時。

でも、お花などの命は、長さや枚数で測れるものではなく、

時間という価値で考えます。

 1つの事柄に、様々な価値が存在するということ。

様々な物差しがあるということ。

普段あまり深く考えないかもしれませんが、

でもそれを知ることは大切です。

 同じものを見た時に、それをとても美しいと感じ

感動するのと、ただ形あるものとしてだけ見るのとでは

心の豊かさも変わってきます。

最近はSNSへの投稿で、いかに綺麗に、

いかに映えるように、と何でも写真を撮ることが

当たり前になってもいますが、

その時に、しっかりと感覚を味わっているでしょうか。

その価値を本当に受け取っているでしょうか。

きれいな写真を撮ることが目的になってはいないでしょうか。

 もちろん、価値のはかり方は人それぞれ。

どの物差しを選ぶのか。それはあなた次第です。

 自然が教えてくれること

 友人たちから頂いた春の花々がお部屋を彩り、

また甘い香りが心を癒して、眺めては幸せを

感じられることが、本当に有難く思います。

皆、私の好みの色を選んで下さるので、

柔らかいピンク色を基調としたその組み合わせが

また明るい気持ちにさせてくれます。

 今日は風の強い1日でした。

冷たい風に当たり、寒さが身に沁みましたが、

それでも刻一刻と春に向かっていることを

気づかせてくれるのは、やはり様々な自然。

光や風、香りに音・・・

色々なものが私たちに季節を伝え、

大切なことを教えてくれます。

陽光は確実に明るさを増し、新しい春の芽が

少しずつ膨らみ始め、鳥のさえずりが朗らかで、

季節の確かなうつろいを感じる時、

自然を受け入れ、自然に沿って生きることの

大切さを改めて感じるのです。

 今の世の中の状況に一歩も外に出ずに

引きこもっていらっしゃる方のお話を聞きました。

海外では外出禁止令が出たりしていますが、

それは人との不要な接触を避けるため。

私たち日本人が、せっかく誇れるこの四季の

美しさを肌で感じずにいるのは、かえって

不健康になりかねないような気も致します。

 桜のお花見だけが美しさではありません。

見渡せば、雲の流れや空の色、

思いがけないところにある植物の健気さ、

外の世界ではあなたに感じてもらいたい自然の春が

たくさん待っているのです。

 そういう自然があるからこそ私たちは生きていて、

何か支えがあるからこそ、命が成り立ち、

お互いに助け合ってこそ、心が満たされ、

そして命あるものを大切にしていくことができます。

 自然が私たちにそっと教えてくれることはたくさん。

家の周りをぶらっとお散歩してみても良いですし、

お玄関を出た時に一回目を瞑って深呼吸しても

良いですね。

忘れかけている大切なことを教えてくれるはず。

私も大事にしたいと思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→