暮らし

 日本の襖には鍵がないのは・・

 昨日の日本料理店での研修では、2時間の講義の後、

実習も行いました。その時に襖の開け閉めの練習も

いたしましたが、まず襖を開けるということは

とても重要な行為です。

今の住宅事情ですと、和室が少なくなり、また、

和室があっても、礼をふまえて襖を開けるということは

あまり日常的にはないかもしれませんね。

でも、日本の襖と西洋のドアはお部屋の出入り口という

役割は同じでも、襖の方がはるかに日本的な奥の深い

意味があるのは、襖に鍵がないことからでも想像できる

かと思います。

 襖は、平安時代の掛け布団を意味した「衾(ふすま)」

に由来していて、寝ているところの仕切りとしても用いられて

いたと言われています。

日本は比較的安全な国であるため、お部屋に鍵をかける

という習慣はなく、襖でも十分仕切ることはでき、

またそこに絵を施すことによって芸術性も持たせていました。

 そしてお部屋に入る時には黙って勝手に入るということは

もちろんせず、中にいらっしゃるお相手のことを思って、

ドアのようにバッと開けるのではなく、

襖は三手で開けるという礼儀作法があるわけです。

まずは開ける前に、お部屋の中の空気を読み、そして

自分の息を整えてから、中の方との息を合わせるように

気持ちを寄せます。そして、三手のうちの一手、

少しだけ(5㎝ほど)開ける時には

「これから襖を開けて入りますので失礼いたします。」

という意味を込めています。

 襖の開閉にも礼儀作法があるのは、お相手に対する

思いやりを形にしているからなのですね。

鍵はなくても、心の鍵で信頼関係を築き、心地よい

心のやりとりが出来る日本人は素晴らしいと思います。

たとえそのような機会が無いとしても、

やはり、その精神文化は大切にしていかなければ

いけないのではないかと改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 自然への想いと日本人の心

 日本人は古来より、月からのパワーを吸収し、

それを日常生活から、社会生活、農耕文化にまで

役立ててきました。

農作業のタイミングなどは、月の満ち欠けによって

計ってきましたし、月をとても身近に感じていた

のだと思います。

今夜は新月(朔月)。自分自身を整え、

月のパワーを得て、スタートする時でもあります。

 そして秋分の日も近くなって参りましたが、

少しずつ秋めいてきましたね。

陽が落ちるのも早くなり、虫の音が聞こえるだけでも

涼しく感じるぐらいです。

蝉の声を聞くだけで暑さを感じるように、虫の音は

日本人の心をくすぐるほど風情があります。

聴こえる音だけでなく、視覚的にも昔の人は

秋の訪れを知るものがありました。

「桐一葉」(きりひとは)

他の樹木より早く落葉する桐の葉が一枚落ちるのを見て、

秋を感じたのですね。

そこから転じて、物事の一端から全体の動きを知ることの

たとえにも使われることもあります。

 七十二候に「鶺鴒鳴」(せきれいなく)があるように

9月の中旬ぐらいには、燕が南の国に帰り、

尾の長い鶺鴒(せきれい)がやってきます。

日本書紀には「伊邪那岐(いざなぎ)」と

「伊邪那美(いざなみ)」が結婚する時に、

せきれいの指導で夫婦和合し「国産み」が出来た

ということが書かれていて、

せきれいは「恋教え鳥」とも呼ばれています。

日本人にとって、そして日本にとって、

とても大切な鳥なのです。

 このように、様々な自然に向き合い、自然を慈しむ

ことができれば、暮らしや心が豊かになってきます。

そして、自然への優しさや思いやりは、

人への優しさと思いやりに繋がります。

 新月の今日、あなたは何を感じ、何を想いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 人にも自然にもマナーを・・

 日中はまだ暑いものの、日が沈むと、

随分凌ぎやすくなり、虫の鳴き声が秋の訪れを

感じさせてくれます。

季節の移ろいは生命力の現れで、私たち日本人は

それを美しい四季でその自然を愛でることが

できるのですから、とても幸せなことですね。

ですから、目に見える自然だけでなく、本当は

目に見えない自然環境のことまでも考えて、

大切にしていかなければいけないと思うのです。

 気候変動、地震、火山、台風・・と自然災害は

突然やってきます。でも、これは地球にとってみたら

全く突然ではなく、なるべくしてそのような現象に

なっているのかもしれません。

ただ人間がそこまで意識を向けずに、地球上で人間の

思うがままに生活をしてきただけのこと。

 最近の大雨や豪雨も珍しくなくなってきました。

今日も夕方に突然ザーッと降り出して不安定なお天気。

水害もいつ起こるかわかりません。

コロナ禍で、いざという時の避難も迷うところだと

思います。でも、全てがオンラインでできるものでも

ありませんし、やはり人との関わり合い、支え合い、

心のコミュニケーションというものは大切です。

年配の方の社会的孤立を生んでもいけませんし、

地域との関わりがなく過ごしていると、感謝や思いやりの

気持ちを忘れて、有事に利己的な考えの人たちが増えるのも

避けたいものです。

 自然や地球に対する思いやり、そして人に対する思いやり

どちらも大切。

美しい四季があり、便利で豊かな国に暮らし、

さらにAI化やオンライン化が急速に進む中でも、

マナーはとても大切です。

自分を格好良く見せるのでもなく、見た目や形に

囚われるのでもなく、今の時代に本当に必要な「心」を

大切にするマナーを身につけて参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.26を配信いたしました。

今回は、ありのままの自分でいることの大切さ

そして、それを大切にすると人間関係もうまくいく

というお話をしております。

「等身大の自分を好きになると 人間関係もうまくいく」

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 マスク姿だからこそ、より心のこもった挨拶を

 新型コロナウィルスの流行は様々な面で

大きな変化をもたらしましたが、コミュニケーションの

あり方も大きく変えてしまいました。

でも、変化だ、ニューノーマルだ、とは言っても

私たち人間としての本質は変わらないのですし、

逆に変えずに大切にしていかなければいけないのです。

原点に戻ったり、本当に大切なものを改めて見直して

大事にしていくことも考える必要があります。

 その中の1つが挨拶。

挨拶は社会生活の中で基本中の基本であることは

誰もが認識していることだとは思いますが、

その挨拶を心を込めてやっていますでしょうか。

この挨拶から人とのコミュニケーションがスタート

するのですから、ここでの印象の良し悪しが

その後の関わり方にも影響します。

 今は皆がマスク姿。口元が見えず、伝える視覚的情報も

伝わってくる情報も目だけになります。

もちろんお相手の目を見て話すというのは

マスクをしてようがしまいが、とても大切なことですが、

それだけでなく、やはり挨拶の言葉の意味も理解して、

それを意識して言葉に心を乗せることも大切です。

「おはようございます。」は朝早くから働く人を労う言葉で、

もともとは早朝に田んぼで働いている人に向かって

旅人が「朝早くからご苦労様です。」という意味で

声をかけたことからできたとも言われています。

「こんにちは。」は「今日はご機嫌如何でしょうか?」

「ありがとうございます。」はその有り難いことに

感謝の気持ちを込めること。

「いただきます。」は自分の命を長らえるために

他の生き物の命を感謝の気持ちでいただきます、

ということ。

「ごちそうさまでした。」はその命のエネルギーを

頂いたこと、そしてお料理を作ってくれた人に対して

ありがとうという気持ちを込めて。

 挨拶というのは、私はあなたの存在を確認しました

ということと、私はあなたの敵ではなく仲良くしたい

という気持ちを表していますので、その意味も知って、

その言葉を丁寧に使い、心を込めてお相手に

伝えなければいけません。

 最後に、江戸しぐさに「後引きしぐさ」

というのがありました。

お迎え三分にお見送り七分の精神です。

別れ際には特に丁寧な挨拶をして、お相手から

また会いたいと思っていただけるように心がけたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.26を配信いたしました。

今回は、ありのままの自分でいることの大切さ

そして、それを大切にすると人間関係もうまくいく

というお話をしております。

「等身大の自分を好きになると 人間関係もうまくいく」

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

「9」のエネルギー 重陽の節句

 日本にはお節句という昔から伝わる伝統行事があります。

1月7日「人日の節句」(じんじつ)

3月3日「上巳の節句」(じょうし)

5月5日「端午の節句」(たんご)

7月7日「七夕の節句」(しちせき)

そして9月9日の「重陽の節句」(ちょうよう)です。

重陽の節句は菊の節句とも言われ、不老長寿の象徴である

菊の花を浮かべたお酒を飲めば長寿を得られ、

災いを避けられるとして大変重要なお節句でしたが、

旧暦から新暦に変わったことで、9月に菊の花が

咲かないために廃れてしまったのですね。

 でも、上記五節句の内で本当は一番エネルギーが高い

ものなのです。五節句は全て奇数の日にち。

1月だけ1月1日はお正月と重なってしまうため、

1月7日になっていますが、あとは同数奇数を重ね、

そして「9」は、奇数すなわち「陽」の数の中で

一番強い最大の数であるため、それを重ねた日

ということで「重陽の節句」といわれているのです。

ですから本来なら、日本人としてとても大事にしなければ

いけない日なのではないかと思うのです。

宮中、皇居を「九重」と言ったり、

太陽を「九陽」と言ったりしますし、

日本で古くから神様として崇められた龍神様の中で

最強なのはやはり「九頭龍」です。

「9」というのは一桁の中で1番大きな数。

また「久」の発音と結び付けられることから、

「永遠」や「永久」「無限」なども連想させます。

 新しい時代、進化の時代とは言いますが、

やはり世界の中の日本、日本に住む日本人として

新しいものを取り入れながらも、私たちの体の中に

息づく日本の精神文化も大事にしていく必要が

あるのではないかと改めて思うこの頃です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.25 を配信いたしました。

様々な変化の時、大事なのは現在地を知ることです。

今回も拙著『夢の音読』から抜粋して、

今、私たちに必要なメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 未来はいつでも選び直せる

 9月ですね。

8月から9月になった途端、まだまだだと思っていた

年の終わりが見えてきて、不思議なものです。

8月31日と9月1日は1日しか違わないのに、

大きな変化を感じます。

日も段々短くなってきて、まもなく秋分の日を

迎えるのですから、やはり時間の経過はとても

早いものですね。

 今日は「一粒万倍日」や「神吉日」「大明日」など

様々な吉日が重なった新しい月のスタートの日。

今年残りの4ヶ月間をどのように過ごしていくのか

そして今後、どのように生きていくのか

考えるのにはぴったりの日です。

 でも、未来のことを考えた時というのは、

夢が膨らむこともありますが、見えない先へ進む不安や

もやもやした感情が湧き出ることも勿論あります。

そうなった時は、そのような感情も受け入れることが大切。

自分の内側にあるものは、全て自分なのですから、

その様々な感情を受け入れることで、

自由に自分の未来を創造することができます。

そして、ちょっと違うな・・と思った時には

それに執着することなく、いつでも選び直せるのだ

ということを頭の片隅に入れておくことも大事です。

それが自由に創造していくということ。

 過去のネガティブな経験や感情は、知覚を制限し、

可能性に繋がる情報に気づきにくくしてしまいますので、

自分の本当に見たいものを見て、聞きたいことを聞いて、

感じたいことを感じていくということを意識的にする

必要があるかもしれません。

そして、自分の思う形で人生が創られていくのですから、

過去に囚われず、今、何をすることが大事なのか、

ということを未来に向けて考えていくことが大切ですね。

 今日は防災の日でもありました。

たまたま、昨日今日と2日間の「防火管理者」講習を

受けたのですが、これからは火災のみならず、

何が起こるか分からない自然現象や社会現象の中で

柔軟に対応していくためには、

未来を不安に思うのではなく、何が起きても大丈夫という

備えと心構え、そして主体的に生きるしなやかな強さを

持つ必要性も改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.24 を配信いたしました。

私の好きことから、おすすめのことまで

気分転換の方法をお伝えしております。

ぜひ、気分転換に!ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 真心を込めるのは小さなことから

 ビジネスの上での信頼関係、プライベートでの

人と人との関わり合い、家族間でのそれぞれの関係・・

そしてそれが、直接であろうと、リモートであろうと、

やはり、人と人とが交わるためには

心が交わることが大事で、お相手に対して

どれだけ心を込めることができるかによります。

でもそれが体裁を整えるためだけのものなのか、

その場限りのものなのか、やはりその心というのは

「真心」でないとお相手にはなかなか伝わりません。

真心というのは本当の心、偽りのない心。

 そのためには、日頃から自分自身に対しても

本当の心でいることが大事です。

そして、1つ1つのことを丁寧にすること。

1つ1つの物を丁寧に扱うこと。大切にすること。

集中すること。想いを込めること。

例えばお食事をする時に、丁寧にお箸や器を扱い、

感謝しながら頂くとか。

文字を書く時に丁寧に書くとか。

身体を洗う時に、1日頑張った身体を労わりながら

洗うとか。

そのように真心を込める習慣があると、

人に対して、挨拶をする時に自然に真心を込められ、

言葉を発する時にも丁寧な言葉を使うことができる

ようになるのだと思うのです。

このようなことが疎かになってしまうと、

大きな事柄に対しても、人に対しても、

真の心を大切にすることが出来ません。

 真心を込めるのは、

まずは身の回りの小さなことから・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 昨日と違うことをしてみる

 毎日お暑い日が続きますね。今日もかなりの

猛暑日でした。 大雨の被害があったところの

復旧作業はこのような天候ですと、思うように進まず、

本当に大変なことでしょうと胸を痛めます。

そして学生さんたちが夏休みになったとはいえ、

自粛ムードでいつもとは違う夏。

大人にとっても子どもにとっても、本当に

どのように有意義に過ごしたら良いのか問われる時ですね。

 小さい頃というのは、毎日が初めての体験で、

初めて踏み入れる場所にわくわくしたり、

初めて見るものに驚いたり、触ってみて発見があったり、

好奇心を持って様々なことに興味津々でした。

 でも大人になると、段々、いつもの場所や、

いつものパターンに落ち着きを感じ、冒険をしなく

なったり、保守的になったりしがちです。

旅行などに行けなくなると尚のこと。

同じようなことを繰り返す毎日の方も多いかもしれません。

同じことを日々丁寧にするということも勿論、大切。

ただ、このままで良いのだろうかというような

不安を持ったり、あまりワクワクするような未来を

イメージ出来ないとなると、何か工夫する必要が

あるわけです。

 そこで簡単に出来るのが、昨日と違うことをしてみること。

いつも色々な場面で言いますように、

小さなことで良いのです。

ただ昨日やらなかったことをやれば良いだけなのですから。

昨日やらなかったストレッチをしてみる。

昨日やらなかったクローゼットの片付けをしてみる。

昨日やらなかった募金をしてみる。

昨日入らなかった新しいお店に入ってみる。

昨日通らなかった新しい道を通ってみる。

昨日食べなかった新しい物を食べてみる。

どのようなことでも、その新鮮な体験が私たちに

喜びと刺激を与え、脳の活性化にも役立ちます。

 小学生の時、学校の帰り道に道端に咲く

名前を知らないお花を目にするだけでも刺激的でした。

わざわざ遠回りして寄り道をした時に出会った

大きなカエルのことは今でもよく覚えています。

大人になっても小さな発見は、日々の生活に

新たな潤いをもたらすはずです。

このような時だからこそ、ほんの少しで良いので、

何か昨日と違うことをしてみては如何でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.21を配信いたしました。

今回は、豊かさについて。

私が考える「豊かになる」ということはどういうことか、

どのようにして豊かさを得ることができるか、

ということについてお伝えしております。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 ニュートラルになるには「ありがとうございます」

 朝の瞑想のことはブログやYouTubeでお話しておりますが、

本当に1日をとても気持ちよくスタートすることができます。

瞑想をいつするかは人それぞれで良いと思いますけれど、

私は、ラジオ体操の直後にすることで、静と動のバランスが

取れるような感じがするので気に入っております。

 そして最近、バスタブにゆったりと入る時にも、

頭を空にすることにしました。

以前は、音楽を聴いたり、英語を流したりしていましたが、

音を聴くことをやめて、静寂の中で疲れを取るように

していました。それでも、その日1日のことや

次の日のこと、これからのことなど、あれこれと

考えていると、頭の中は動いているなと感じていて、

それはそれで、アイディアが湧いたりすることもあるので

良いのですが、夜も心をしっかりと整えるように

することにしたのです。

 朝の瞑想では、今ここにあることに集中しますが、

夜は少し違って、ニュートラルになるという感じです。

そのために「ありがとうございます。」と感謝します。

それは、誰かに対して、何かに対して、というのではなく、

今ここにあるということに感謝するのです。

 「有り難い」というのは広辞苑で調べると、

色々な意味があります。

①存在が稀である。なかなかありそうもない。めずらしい。

②生存しにくい。生きがたい。

③すぐれている。立派である。

④またとなく尊い。もったいない。恐れ多い。

⑤感謝したい気持ちである。身にしみてうれしい。

⑥本当に恵まれていて、うれしい。

ですから「ありがとうございます。」というのは、

なかなかありそうもない稀な奇跡が、今ここにある。

ということを言葉にしているものなのです。

 頭を空にすると、良い・悪いを考えません。

自分や他人を責めたり批判して、ジャッジするこことも

ありません。

自分の中心に戻り、ニュートラルになるのです。

すると、本当に精神が落ち着き、心が整います。

様々なことをやり終えた1日の最後に、とても心地よく、

その後、夜の眠りも感謝の気持ちとともにぐっすりです。

 ニュートラルになるために「ありがとうございます。」

と唱えるだけ。とても簡単で気に入っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.19を配信いたしました。

Vol.18に引き続き、モチベーションについてです。

高めるためにも維持するためにも、ちょっとした

工夫をするだけで効率よくできるようになります。

ぜひご覧になってみて下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 妥協しない人生にするためには・・

 今は世の中の状況が不安定であるのと、

宇宙の流れにより、とても揺れる時期だと

言われています。

世界、日本社会、働く場所、個人においても

同じように言えますので、やはりまずは

自分自身を整えることで、少しでも自分らしく

生きていくことが必要ですね。

自然や他人をコントロールすることはできませんが、

自分のことは自分でしかコントロールできない

とも言えます。

自分の内側を見て、価値観を改めて確認したり、

自分の外側、要するに、身を置く環境を整えることも

大切です。そこで自分が何を大切にしたくて、

何を優先したいかということを認識するのです。

 逆にこれを曖昧にしていると、いつでも妥協している

人生にもなりかねません。

気に入っているわけではないけれど、

何となく使っているものや、

必要がないのにとりあえず置いてあるもの、

安かったからつい買ってしまったもの、

などで身の回りが溢れていませんか。

 とりあえず手にしたものに囲まれていると、

それと同じ波動を受けますので、やはり

とりあえずの暮らしや生き方になります。

でも、本当に好きで気に入って手に入れたもの

でしたら、丁寧に扱うでしょうし、とても大切に

することでしょう。

そうすると、必然的に生き方も丁寧になってきます。

 散らかったままのところにいたら、頭の中までも

整理されず、雑然とし、妥協して物事を決めたり、

本当の自分のことをよく考えないままに

選択や決断してしまうこともあり得ます。

 このような世の中だからこそ、

もっと本来の自分を大切にして、妥協のない人生で

自分らしく生きて参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.19を配信いたしました。

Vol.18に引き続き、モチベーションについてです。

高めるためにも維持するためにも、ちょっとした

工夫をするだけで効率よくできるようになります。

ぜひご覧になってみて下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→