暮らし

 不要なものは手放して本来の自分へ

 7月24日は「満月」と「一粒万倍日」が

重なったスペシャルな日です。

このような大きなエネルギーが動く日というのは

私たちの周りでも様々なことが起こります。

環境や体調、身の回りの出来事など、予期しなかった

ことも起こり得るのですが、それを良くも悪くも

ありのままを受け入れて、そしてそれは

本来の自分に戻るために必要なことだと気づくと、

これからの新しい流れにうまく乗ることが出来るはずです。

 そして、このスペシャルな日には、

今まで無理して自分を押しつぶしてやっていたことや、

合わなくなったもの、不要なものを整理したり

手放していくのにとても良いタイミング。

そのためには、自分自身と向き合う自分ミーティングの

時間を少しでも持つことが必要ですね。

何となく頭の中だけで考えているだけですと、

どうしても思いが曖昧になったり、気づきを得られない

ことがありますから、5分でも良いので、しっかりと

自分自身と向き合って、それを可視化した時に初めて

心の内側が明確になってきます。

 物質的なものを手放す時も、この場所のこれを

片付ける、とか、処分する、というのを書き出してみると、

ではどこを優先していけば良いのかということも

はっきり分かりますし、一度で出来なくても、

次へとつなげることが出来ますから、いずれにしても、

今の自分に何が必要で、何が要らないのか

ということを選択していくことは大切ですね。

日常のこと、お仕事のこと、タイムスケジュールのこと、

人間関係、身の回りの環境・・・

改めて見直してみましょう。

その時に損得で考えるのではなく、心で感じるものを

大切に、魂が必要としていることを選んでいけるように

してみて下さいね。

それが自分を大切にすることでもあり、

本来の自分に戻ることができる近道なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.70を配信いたしました。

「イメージングと妄想の違い」→こちら

イメージングと妄想を使い分け、未来にある理想を

実現するための簡単な方法をお伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 喜びの選択

 私は休日があって無いようなものなので、

自分のペースでいつも仕事を進めていますが、

どうしても溜まってしまうのが事務仕事。

あっという間にやることが机の上に溜まっていくと、

多分、無意識のうちにストレスを感じていると思います。

やらなくては、やらなくては・・といつも頭の片隅に

あり、少しずつ進めているだけではなかなか終わらず、

時々まとまった時間を作って一気にやってしまう

というのがいつものパターンです。

 このように勿論、苦手でも何でもどうしても

やらなくてはいけない仕事というのはありますが、

それでも、これからの時代は、やりたい事をやっていく

時代だと以前から言われています。

この与えられてやらなければいけない仕事だけを

やっていますと、人生の喜びを見出すことが難しいのです。

 幸い、私は自分が心から好きだと思える仕事があるために

好きだとは思えない仕事もやっていけますが、

心から喜びを感じられることがもし無かったら、きっと

何のために生きて、何のために仕事をしているのかが

分からなくなって自分を見失ってしまうかもしれません。

 時々自分自身に向き合って、今置かれている環境、

今いる場所、今やっていること・・その中で自分は

どのようにしていたら、自分らしくいられるのか、

どのようにしたら、心からの喜びを感じられるのか、

ということを考えることは大事ですね。

 喜びは、他人から与えられるものではなく、

自分で選択して、自分で作っていくものです。

それが、大きな喜びでなくても、日常の小さな喜びでも

それを積み重ねることにより、豊かな人生になり、

心のゆとりも生まれてきます。

 今年初めて栽培している夏野菜。

大雑把な私が育てても、順調に収穫できていて、

嬉しい限りです。今までお庭ではお花だけでしたが、

このお野菜もとても愛おしく思えます。

 喜びの選択。たくさんして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』Vol.70を配信いたしました。

「イメージングと妄想の違い」→こちら

イメージングと妄想を使い分け、未来にある理想を

実現するための簡単な方法をお伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 いつもの自分の場所をパワースポットにする

 「心地良さ」を私はいつも大切にしていますが、

人生、心地良い状態でいることはとても大事なの

ではないかと改めて思うのです。

逆に常に心地悪い状態でいれば、ストレスは

溜まりますし、物事がうまく運ぶわけがないのは

容易に想像がつきますね。

では心地良い状態はどのようにして得ることが

できるのかと言えば、それは、自分自身の心に

耳を傾け、頭で考えるのではなく、心が感じる

感覚を大事にして、好き、というプラスの感情で

満たされることです。

あるいは、パワースポットに行った時に感じる

心が落ち着く、心が穏やかになる、心が洗われる

というような状態も良いですね。

 日本には各地にパワースポットと言われる場所が

ありますが、神社などもそうですし、また、

雄大な自然が美しく、自分がその自然の一員である

ということを教えてくれるようなところもそうですね。

でも、そのようなパワースポットに行かないと

パワーを得られないわけではありません。

自分自身が心地良いと感じられる場所こそが

パワースポットになり得るのです。

 私にとって本屋さんはパワースポットでありますし、

有名な場所でなくても、木々の緑が溢れ、木漏れ日が

美しさを増すような場所、またスターバックスだって

パワースポットになります。

また、自分の家の中で、心地良い状態になれる

ところを作ることができれば、毎日そこで

エネルギーを得られますね。

いつもの自分の場所をパワースポットにしてしまう

のです。

 あなたにとってのパワースポットはどこですか。

あなたがエネルギーを得られるところはどこですか。

またはパワーを得られるものは何ですか。

それらを大切にして、人生の中で是非有効に取り入れて

参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 本日YouTube『エクラの風』Vol,69 を配信いたしました。

「思い通りにいかない時の ストレスを防ぐ方法」です。

こちら

たとえ何かを一生懸命やっていても、どうしても

思い通りに行かない時というのは誰にでもあります。

そのような時にストレスやネガティブな感情をためない

簡単な方法をお伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 日本のエネルギーを考える

 日本では私たちは当たり前のように

スイッチを押せば電気がつき、蛇口をひねれば

安全なお水が出てきて、ガスも使える、何不自由のない

生活をしていますが、自然災害などで供給がストップ

して初めてそのエネルギーの有り難みを感じます。

そして、その時は本当に有り難いと感じていても

元の生活に戻ってしばらく経つと忘れてしまうのは

どうしてでしょう。

まだまだエネルギーに対して本気で考えていないから

なのでしょうね。

 それは、日常の中のエネルギーから、日本全体を

見たエネルギーまで、包括的に考える必要があるのですが、

なかなか普段、そこまで思いを及ぼすことは難しい

かもしれません。

でもやはり、私たちはこの日本で暮らしていて、この国で

供給されているエネルギーを使わせて頂いている限り、

そして、自分の日常生活だけでなく、生活の中の様々な

製品や社会の中の多くの事柄などにも勿論、

そのエネルギーが使われていることにまで意識を回し、

では、より良い日本社会のために、個人でできることは

何かということをしっかりと考えていく必要があるのだと

思うのです。

 本日は、ジャーナリストの櫻井よしこさんの講演会に

出かけ「日本国の基盤・エネルギー問題」についての

お話を伺って参りました。

世界を含め、世の中の様々な問題を知るために、

日頃から関心やアンテナを高めていようと心がけてはいても

とても全てを網羅できるわけがなく、また、真の情報を

得ることに関して、とても慎重になりますが、

本日のお話はとても興味深く勉強になりました。

 何事においてもそうですが、まず大事なのは、

事実をしっかりと見ることです。

時々、私も講演や授業の中で言うのですが、

コップの中にお水が半分入っていているのを見た時に、

半分しか入っていないと言うのか、

半分も入っていると言うのか、というのは

主観的な考えによるものですが、

まず「コップにお水が半分入っている」という

事実をしっかりと見ることが大事なのです。

その事実を踏まえて、では自分はどのようにするのか

ということを考えていかなければいけません。

 日本の現在のエネルギーはどのようになっていて

今後どのようにしていったら良いのかという考えを

もっと私たちは日常的に考える必要は十分にあります。

電力がなければ、このブログだって書けないのですから・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

新しく配信いたしましたYouTube『エクラの風』Vol.67

では、自分自身で免疫力を高められるには、

どのような心がけが大切なのかをお伝えしています。

「ネガティブな言葉や感情は 免疫力も下げる」→こちら

そちらも合わせてご覧頂けましたら嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 夏至の日には・・

 6月21日は二十四節気の「夏至」の日です。

小学生の頃から習ったように、昼間と夜の長さが

同じになる春分の日から次第にお昼の時間が長くなり

夏至のこの日が一番長くなるのは、誰でも知っている

ことですね。

体感としても、夕方外に出ると、本当に日が長くなった

と感じるこの頃です。

夏至は最も太陽のエネルギーを受けるわけですから、

陰の気に徐々に変わっていく前に、まずはしっかりと

陽の気をふんだんに取り込みたいですね。

 梅雨時期ですから、お天気が悪いことももちろん

ありますが、それでも太陽は必ず地球を照らしている

ということを忘れてはなりません。

そして私たちは太陽のエネルギーのお陰で生きていますので

感謝の気持ちを込めながら、自分自身の本当の気持ちにも

耳を傾けて、それを優先できる生き方を求め、前を向いて

歩いていくことも大事です。

 今の時期は体調を崩しやすかったり、 

なんだかスッキリとしない、というようなこともあるかも

しれませんが、自分を大切にすることにも意識を向ける

必要があります。

自分の好きな部分も嫌いな部分も全て認めて、

その全てがあって自分なのだと肯定できると、

幸せへの道を進んでいくことができるのです。

 本日、今年初の無花果を頂きました。

夏至の日には地方によっては無花果を食べると良い

と言われているそうです。

冬至の日にかぼちゃを・・というのと同じですね。

また大阪では、タコを食べる習慣があるそうなので、

面白いですね。田植えをした後の稲の根が、タコの

8本の足のように深く張っていくことを祈願するためです。

 私たち日本人は古来から四季を大切にし、

その移り変わりに即して様々なことを祈願したり、

自然とともにいることを大事にしていました。

是非、その自然のエネルギーを上手に取り入れて、

未来に向けての自分の意図を放ってみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.65を配信いたしました。

「思考力を向上させる 3つの方法」です。→こちら

人生の質を高めるため、よりよく生きていくために

思考力も身につけて、適切な判断や、決断ができると

良いですね。

是非、参考にして頂けましたら嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 今・ここに生きることがマナーにつながる

「今」「ここ」に生きるということは禅の教えの中にも

ありますし、よく言われることですが、

これは頭で分かっていても、日常生活の中で本当に

意識していないと実践できないものです。

 「今に生きている」つもりでいても、過去のことを

思い出して、あ〜すれば良かった、こうすれば良かった

などと悔やんでいたり、逆にいつまでも過去の栄光に

すがっていることもあるかもしれません。

あるいは、まだ起きてもいないことへの不安を感じて

いつも心配ばかりしているのも、「今」にいない

ということになりますね。

 また、「ここに生きている」つもりでも、

心ここにあらず、ということはよくあります。

お食事をしている時にでも、今口にしているもの

目の前にある食べ物のことは全く考えずに

お食後は何にしようかと考えたり、

お茶やコーヒーを飲む時に、その飲み物を楽しまずに

余計なことを考えたりしてしまいます。

 お仕事をしていても、集中できないと

ランチは何にしようかとか、週末はどのように

過ごそうかといつの間にか考えてしまうかも

しれません。

 でも、「今」と「ここ」に集中するということは

目の前のことや時間を丁寧に扱うということですし、

それは自分自身に対しても周りの方に対しても

そして扱う物に対しても大切にするという想いの

表れで、それがマナーであるとも言えるわけです。

 マナーの基本でもある一回一動作も、

動作を同時ではなく、一つ一つを丁寧に行う

ということですから、「今」「ここ」に集中して

いなくては出来ません。

「今」をどのように生きていくのか、

「今」を心を込めて一生懸命に生きることの連続が

人生になっていくのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 本日 YouTube『エクラの風』Vol.64を配信いたしました。

「流されないために することは?」→こちら

どのような状況でも、周りに流されないようにできれば、

自分らしく生きていけるはずです。

そのために大切なことをお伝えしています。

是非、ご覧頂けましたら嬉しいです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

「尊厳」と「まほろば」

 少し自身の過去ブログを振り返っていましたら、

4年前にいわき市で行われた父の講演会に行った話を

綴っていました。

そして、そこで出てきたキーワードが「尊厳」。

父とは分野は違いますが、やはり父の視点から

様々な話を聞いて育った私は、自分の仕事の中でも

今、生かすことが出来る部分がたくさんあり、

そして究極のところ、同じところに辿りつくのでは

ないかと思っております。

その1つが人としての尊厳。

人が尊いのは、何かが人よりも優れているからでも

才能が備わっているからでも、誰かの役に立つことを

しているからでもなく、ただ、「生きている」ということ

それ自体が尊いのです。

ですから、悩みや葛藤、失敗があったとしても、

また、病を患ったり、どうしても他人の介助をなくしては

生きられなかったとしても、その命そのものが尊く、

誰の人生でも、どのような人生でも、

一生懸命生きてきたことを誇りを持ち、

それが素晴らしいことなのだと思えるように自信を

持つことも大切です。

 ちょうど公開したばかりの医師会推奨の映画

『いのちの停車場』を観たばかりでした。

「まほろば診療所」を舞台に

「いのち」について

「人としての尊厳」について

「生きる」ということについて

正に「人としての尊厳」をとても深く考えさせられる

素晴らしい映画です。

 さらに驚いたことに、私のその「尊厳」について

ブログに書いた次の日には「まほろば」というタイトルで

文章を書いていたのです。4年前に・・。

昔から好きな言葉の1つで、

「すぐれた所」「素晴らしい場所」という意味がありますが、

これは物理的な場所というよりも、心のよりどころにもなり、

また自分の心の状態が本当に心地良いものであるかどうか

そして、自分の心のあるところ、そこが「まほろば」である

ことも大事なのではないかと思うのです。

 長いようで短い人生。そして一度きりの人生。

人としてどのように生きていくのが良いのか、

改めて考えさせられます。

一人一人それぞれが尊い存在であること。

それを自分自身も、そしてお互いにも認め合い、

手を携えていくことはとても大切です。そして

多くの人たちがそのようにすることが出来れば、

この今の世の中でもより良くなっていくのではないかと

思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.61を配信いたしました。

「これで、先送りが少なくなる」→こちら

行動の先送りを少しでも改善するための方法を

お伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 『おだまき』

 『おだまき』という言葉で、皆さまは

何を思い浮かべますか?

一番知られているのは、『苧環』(おだまき)という

糸巻きのことかもしれません。

古来からある布を織る際に用いられる四角い枠状の

糸巻きで、かつてはとても身近な物だったのでは

ないかと思います。

かつての日本では、糸巻き全般を千切(ちきり)とも呼び、

千切は2つのものを結ぶものであり、人と人とを結ぶ

「契り」にも通じるために縁起物とされていました。

江戸時代にはお嫁入りの時に、長い糸に長寿や子孫繁栄、また

織物に使うことから、手仕事上達の願いを込めた縁起物として

糸巻き文様のお着物や帯を持たせたと言われています。

 そしてもう1つ『苧環』(おだまき)は

春に野山に咲く可憐なお花でもあります。

それは糸巻きの苧環と形が似ているからということで

その名が付けられたそうです。

 さて、前置きが長くなりましたが、

本日話題にしたいのは、実はその『苧環』のことではなく

『小田巻』の方なのです。

初めて手にした器具。

元々は練り物を糸状にするために使われるお道具でしたが、

最近では、和菓子では練り切りなどを糸状に絞りだすため、

そして、洋菓子ではモンブランを作る時に使われるのですから、

とても便利ですね。

 最近は全然お菓子を作らなくなってしまったので、

モンブランを作ったのは数年も前の話になりますが、

その時は普通のモンブラン用の口金と絞り袋を使って

マロンペーストを絞り出していました。

ですから今日、このシンプルな仕組みの器具『小田巻』を

使うことが出来、何だか子どもになったような気分。

 孫ができたら、この『小田巻』を購入して、また

一緒にモンブランでも作ろうかしら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.61を配信いたしました。

「これで、先送りが少なくなる」→こちら

行動の先送りを少しでも改善するための方法を

お伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 心地良い音楽は免疫力を高め、心を豊かにすると実感した日

 本来私たちの体に備わっている免疫力は、

様々な病気の予防や自然治癒力を高めたりしますから、

その力を十分に発揮させることはとても大事です。

そのためには心と体を整える必要がありますが、

音楽もその効果を高めるためには有効です。

 埼玉医大の研究によると、心地良い音楽を聴くことに

より、ネガティブな気分や症状が緩和されるだけでなく、

副交感神経が刺激されて、血流が良くなり、

免疫細胞の機能が高まったり、唾液成分を分析すると、

口腔内や体表面の免疫も高まることが分かりました。

 現代の社会では、誰もがストレスを抱え、交感神経が

どうしても優位になり、免疫力も低下しがちです。

ウィルスなどを取り込みやすくなってしまう体にならない

ためには、やはり、日常生活の中で意識して心身の環境も

整えながら過ごして参りたいですね。

 本日はカウンターテナーとチェンバロ、リコーダーの

トリオコンサートがありました。

これまでと現在の世の中の状況、そして様々な意見と

考え方がある中で、主催側としては、

今日のこの日を迎えるまで紆余曲折がありましたが、

無事にご来場の皆さまに大変喜んで頂けましたことを

心から嬉しく思います。

 私はステージ袖で聴いておりましたが、

カウンターテナーの心に響く澄んだ声、チェンバロの

繊細な音、そしてリコーダーの想像はるかに超える

素晴らしい音色に、優秀な若手演奏家の方々の今後の

ご活躍が一層楽しみになりました。

 今はなかなかどなたも演奏の場を持つことが難しく、

エンターテイメント業界もとても大変な時ですが、

音楽というのは、どのような時でも困難を乗り越える

パワーがあり、また人々を癒し、心を豊かにする

ものであることには間違いありません。

 世の中が愛と幸せに満ちることを願いながら、

本日は素敵な夜を過ごすことが出来ましたことも

感謝したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.59を配信いたしました。

「原点に戻れば 先が見える」→こちら

まだまだ不安定な世の中で自分らしく生きるためには

原点に戻ることも大切です。

今回も拙著『夢の音読』から抜粋して自分を見つめ直す

ためのメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 端午の節句に何をすると良いか

 暦で奇数の日というのはエネルギーの変わり目の時

でもあり、奇数が重なる日は五節句にもなっています。

1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日

ですね。特に今年、2021年5月5日は、2021の数字を

足すと2+0+2+1=5なので、『555』として

とても変わり目になり易い時だとも言われています。

ですから、その日のエネルギーをしっかりと取り入れる

ことが出来ると良いですね。

 お節句というのはもともと中国から伝わったものと、

日本の風習が合わさり、宮中の儀式から始まったのが

次第に民間へと広がっていったものですが、

「端午」という言葉は、中国晋の時代の「風土記」

の中で使われていて、その時代にみそぎ払いの儀式が

菖蒲という非常にエネルギーの高い植物を用いて

行われていました。

それが日本に伝わりましたので、菖蒲の節句

そして尚武の節句とも言われるようになったのです。

そこから男の子の節句へと変化していったわけですが、

男の子の成長を願うだけではなく、私たちも

生活していく上で、やはり、新しい流れに乗るためには

何かアクションを起こしたいところです。

 そこでおすすめなのが3つ。

まず1つ目は、もう一度原点に戻って自分を見つめ直し、

今年2021年には何を達成したいのか、何を習慣にして

いきたいのか、ということを明確にすること。

尚武の節句というぐらいですから、志に向かって

進んでいくというエネルギーも強いので、是非、自分は

何に向かって進んでいくのかということをはっきり

させることをお勧めいたします。

 2つ目は、浄化をすること。

浄化というのは古来から行われているものですが、

私たちが簡単にできることとしたら、

お風呂にしっかりと入るということです。

菖蒲湯に入るのも良いと昔から言われていますように

バスタブに菖蒲や薬草などを入れたり、今は様々な

バスソルトがありますから、そのようなものを

入れるのも良いですね。

 そして3つ目は旬の食べ物を頂くということ。

旬の食材というのは私たちが思っている以上に

直接身体に入ってくる素晴らしいエネルギーです。

 是非5月5日は、簡単にできるこの3つをやって

新しい流れに乗って参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.59を配信いたしました。

「原点に戻れば 先が見える」→こちら

まだまだ不安定な世の中で自分らしく生きるためには

原点に戻ることも大切です。

今回も拙著『夢の音読』から抜粋して自分を見つめ直す

ためのメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→