自分磨きのヒント

「鏡」を大切にする意味

 人は初めて自分の姿を鏡で見た時が自己認識の第一歩。

さすがにその時のことは覚えていませんが、

どの子にとっても、初めてのその衝撃的な瞬間は

驚きと興奮であることは確かだと思います。

以前テレビで、赤ちゃんがおそらく初めて見たのであろう

鏡に映る自分の姿に興奮して可愛らしい行動をとっていたのを

見たことがありますが、それほど衝撃的なのですよね。

 母はリビングにある鏡をいつもピカピカに磨いていました。

とても綺麗好きな母なので、鏡を磨くのは当たり前の日課の

ようでしたが、今思うと、とても素敵な習慣だと感じます。

それを見て育った私も、毎朝必ず洗面所の鏡を磨かないと

1日が始まりません。水滴の跡やくもりひとつない鏡は、

全てをクリーンに映し出します。

きれいな鏡を見れば、そこに映った自分の姿や

お部屋などを綺麗にしておこうという気持ちが自然に生まれ、

お部屋全体や空間もプラスのエネルギーに。

ですから、もし何だか心がどんよりした時や、

冴えないなと思った時などは、鏡をピカピカに磨いて

みましょう。きっとそれは、ただのお掃除ではなく、

あなたの心を磨き、プラスのエネルギーを吸収できる

良い循環の源になるはずです。

 そして、皆さまもよくお参りする神社にはなぜ

必ず「鏡」があるのでしょうか。

お参りする時には意識しないかもしれませんが、

実は本殿には基本的には「鏡」しか置いていない

と言われています。

何のためにあるかと言いますと、

それは、自分自身を見るためなのです。

 古来から日本人というのは森羅万象、あらゆるところに

神がいると信じ、そこから八百万の神と言われるわけですが、

自分の中にも神がいるという前提がありました。

神様に守られてはいるのですが、神社に行くことで

感謝の気持ちを伝え、同時に自分を鏡で見て、

自分の中の神性に気づくということ。

神性とは、心、精神のことです。

何気なく私たちは神社に参拝していますが、

日本の精神的土台を作ったところでもあります。

その中の大事なものの1つが鏡。

天皇陛下が皇位の標識として受け継がれている

三種の神器の1つも「鏡」です。

それだけ私たち日本人にとって鏡は大切なものなのです。

ですから、鏡はいつも磨いて綺麗にしていたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.36を配信いたしました。

「ストレスを感じやすい人と 感じにくい人の違い」

人と人との関わりの中でも、どうしても私たちは

ストレスを感じてしまうことがあります。

でも、ストレスの感じ方の特徴を知ることができれば、

ストレス軽減の助けにもなるのです。

是非、ご覧になってみてくださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 人生、どこから「気づき」を得るか

 生きている中であなたは

「気づき」があった方が良いですか? それとも

「気づき」は無くても構いませんか?

それは人それぞれで、どちらが良い悪いということでは

ありませんが、できれば様々な「気づき」を得て、

成長することができれば、人生が豊かになるのでは

ないかと思います。

ありのままでいい、とか、あなたのままでいい

とよく言われるものは、決して成長しないで

そのままでいい、ということとは違います。

やはり、私たちは色々な経験をし、様々な事柄に接して

そこから得るものが沢山あります。

 でも、それは特別な経験や出来事からだけではなく、

日常の中に、気づきのタネというものが沢山あることを

見逃してはいけません。

本を読んだり、どなたかのお話を聞いたり、

今はオンラインセミナーもありますし、

様々な情報を得ることもできますが、それだけでなく、

日常生活の中ででも、アンテナさえ高くしていれば、

学びは沢山あるものです。

気づくか気づかないかはあなた次第。

 銀行、郵便局、スーパーに行ってもそうですし、

車を運転していても、街を歩いていても、

お庭のお掃除をしている時でさえ、心を柔軟にしていれば、

様々なことに気づきます。

 そして、もし何か嫌な出来事があった時や

腑に落ちないことなどがあった時なども、

ここから私が学べることがあるとしたら、

何があるのだろうか?と自分自身に問いかけてみましょう。

他人や起こった出来事に対して感情を向けるのではなく、

そこから自分が得られる「気づき」を考えたほうが

気持ちも楽になるはずです。

 「気づき」になり得るものは身の回りに沢山あり、

人生から学べることをしっかりと受け取れるように

常にアンテナは高く、心は柔らかくなるよう心がけ、

成長して参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.36を配信いたしました。

「ストレスを感じやすい人と 感じにくい人の違い」

人と人との関わりの中でも、どうしても私たちは

ストレスを感じてしまうことがあります。

でも、ストレスの感じ方の特徴を知ることができれば、

ストレス軽減の助けにもなるのです。

是非、ご覧になってみてくださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 からまったものを解く(ほどく)時は焦らない

 最近、マスクをしているせい、今まで必ずしていた

イヤリングをしないことが多くなりました。

外でちょっとマスクを外した時に、

そそっかしい私はイヤリングを落としてしまう

可能性があるからです。

ネックレスも好きですが、こちらは一日中していると

首や肩が凝るので、外出する時などに気が向いたら

するようにしています。

 今日はその気が向いた日。

でも外出前、特に急いでいる時に限って、

なぜだかチェーンの部分が絡まっていて、

慌てれば慌てるほど絡まっていく・・という始末。

時間がない時にはもうそれは諦めるしかありません。

今日は別のものにしました。

 絡まったものを解く時は、絶対に焦らない

ということが鉄則ですね。

帰宅後、丁寧にゆっくりとその絡まった部分を少しずつ

解いていき、塊になったチェーンの部分がスルーッと

なったらそれだけで、ホッとします。

 チェーンや糸、コードなど、たまに絡まってしまった

経験はありませんか。

そして、それは心や頭の中も同様。

モヤモヤ、モヤモヤと、まるで糸が絡まったように

すっきりとしないことはありませんか。

そのような時、無理にどこか一箇所を引っ張ったり、

無理やり、絡まったまま片隅に押し込んで

無いことにしてしまったり、

焦って無理に解そうとしたりしていませんか。

 心や頭の中に、もしそのようなまだ解けない絡まりが

あるならば、焦らないことが大切です。

他人との関わりの中でモヤモヤとしていたり、

自分自身が上手くいかなくてイライラとしていたり、

その絡まった糸は様々だと思いますが、

どのような時も大事なのは、

まずは本来の自分自身に返ってみること。

そして慌てずに、ありのままの自分を大切にし、

自分が満たされることを遠慮せずにやって

自分自身を少しずつ満たしていき、

そしてそこに感謝することができると、

自然にその複雑に絡まったモヤモヤの糸は

必ず解れていきます。

 ネックレスの決まった置き場所がありますから、

保管している段階できちん整理されていることも

大事なように、心や頭の中も、なるべく複雑に

絡まないように、時々、整理しておくことも

大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.36を配信いたしました。

「ストレスを感じやすい人と 感じにくい人の違い」

人と人との関わりの中でも、どうしても私たちは

ストレスを感じてしまうことがあります。

でも、ストレスの感じ方の特徴を知ることができれば、

ストレス軽減の助けにもなるのです。

是非、ご覧になってみてくださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 誰にでもある自分で自分を癒す力

 ストレスが多い現代社会においては、

体だけではなく、精神的にも疲労がたまり、

癒しを求めている人も少なくありません。

私ももちろん、日々の忙しさや様々な出来事により

ストレスを感じることはよくあります。

世の中には、ヒーラーや、セラピスト、カウンセラー、

スピリチュアル系の何か(?)を職業にしている方も

多いので、そのような方々に癒しを求めたり、

あるいは、神様やご先祖様を思うことで心を鎮める

という方もいらっしゃるかもしれません。

ご友人やお知り合いの方とお話することが癒しになる

場合もありますね。

どのような方法でも、きっと癒されるでしょうし、

落ち着くことができるとは思いますが、

気をつけなくてはいけないのは、依存しないということ。

 どのような形でも、癒されたということは

あなたにそれだけのことを受け取る器があった

ということですし、もしも同じことを言われたりしても

心がそれを拒否してしまったり、壁を作ってしまって

いたならば、癒されることはありません。

誰かが癒してくれたのではなく、何かの言葉や雰囲気

見たもの、聞いたものがきっかけで、

あなたの心が自分で癒したということなのです。

 誰にでも、自分で自分を癒す力があります。

もし自分のことをよく内観しないで、他人に依存してしまうと、

本来持っている力や潜在意識を使うことができませんし、

自分を信じる力もどんどん失われていきます。

自分自身を知り、あるがままを受け入れて認めることが

できると、自分で自分を癒す方法が分かります。

そして自分を癒し、満たすことができると今度は

周りに癒しを与えることができるようになってくるのです。

自分を癒す。自分を喜ばす。自分を満たす。

全て自分でできることです。

しっかりと心に向き合って、ストレスを上手に軽減できる

ようにして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube「エクラの風」Vol.35を配信いたしました。

「点」を大切にすると それが「線」になる

というお話です。→こちら

是非ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 折れない心をつくるために自己肯定感の変化に気づく

 「自己肯定感」という言葉は、皆様も様々なところで

目にしたり、聞いたりすることがあると思いますが、

自己肯定感は、私たちの生き方、人生を支える軸となる

と言っても過言ではありません。

でも、どのような方でも、自己肯定感は時と場合により

高くなることもあれば、低くなることもありますし、

もともと、その感覚そのものの総量が多い人と少ない人

がいると言えます。

 なぜ調子が悪い日もあるかと言うと、たとえ自己肯定感が

高い人でも、一時的に何かの要因で落ち込むことはあるからです。

私たちの感情というのは、マイナスの状態から一気に

プラスになるということはありませんから、

それを客観的に見ながら、一旦フラットな状態にまで戻して、

そこからプラスに転じていく必要があります。

そのためには、なぜ自分がこのように感じているのか

という自己認知がとても大切になってきます。

つまり、自己肯定感は上下するものだということを知り、

それがどう言う状態になっているか、に気づくことが

大事なのです。

 もしも何か少し凹むことがあった場合、

それは自己肯定感の低下する一時的なものかもしれません。

でもその自己肯定感の低下をそのままに放っておくと、

少しずつ負のループにはまってしまう可能性もあります。

 実はプラス思考に偏りすぎても、少しでも批判的なことを

言われただけで、傷ついたり、反抗心がわいてきたりします

ので要注意です。

調子が良い時、テンションが高い時は、今自分は高揚していて

いる時なのだ、テンションが下がっている時は、

今自分はマイナス感情が湧き出ている・・と両方を冷静に

客観視できると、しなやかでブレない軸ができてきます。

 自己肯定感を高めるには、持続型と瞬発型があり、

それを上手に組み合わせると、その効果はより発揮できますが

一気に変えていこうとするのではなく、

1つ1つ積み重ねていくことが大事ですね。

 良いところも欠点も自分であるという

ありのままの自分に満足し、価値ある存在であるのだと

受け入れることができれば、それが人生の軸にもなってくるのです。

 本日も、学びの多い場でお話する機会を頂いたり、

また貴重なお話を伺うことができて有り難く思いました。

まだまだ学んでいくことが沢山ありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube「エクラの風」Vol.35を配信いたしました。

「点」を大切にすると それが「線」になる

というお話です。→こちら

是非ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 人間関係で心の壁を作ってしまう時は・・

 自分の人生を自分で生きるというのは

時には難しいこともあるかもしれません。

自分の価値を自分で決めれない時、

他人からの評価を自分の価値にしてしまっている

場合があります。

そのよう時の思考パターンというのは、

人から嫌われると傷つくから、誰からも嫌われたくない。

嫌われたくないから心の壁を作ってしまおう。

というようになってしまっています。

でも、それでは自分の存在価値が全て他人によるものに

なりますから、自分の価値は自分で決めていきたいですね。

 もちろん、誰でもお相手のことが気になり、

どう思われているのだろう、と考えることもあるかも

しれませんが、でも、嫌われたらどうしようとか、

変に思われているのではないか・・

などと他人の目を恐れている時というのは、

意識がお相手ではなく、自分だけに向いている状態です。

実は見ているのはお相手ではなく、自分なのですね。

ですから、もう少し周りの方たちに心を向け、

関心を持ってお相手をよく観察していくと

心の壁も次第になくなってきます。

お相手の興味のあることは何だろう。

お相手の大切にしていることというのは何だろう。

お相手が言われたりされたら嬉しいことは何だろう。

などと関心を持ちながらお話を聞くようにし、

共感をしたり労ったりすると、お相手も嫌な気持ちは

しないはず。

誰でも人は、自分のことをわかってもらいたいし

自分のことを認めてらいたいという欲求があります。

ですから、こちらから先に与えるつもりで

お相手のことを見たり接したりすることが重要なのです。

目先の視点で自分を守るかのように壁を作っても

本当は自分を守ることにはなりません。

心の壁。少しずつ取り除いていけると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube「エクラの風」Vol.35を配信いたしました。

「点」を大切にすると それが「線」になる

というお話です。→こちら

是非ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 江戸しぐさに習う 〜三脱の教え〜

 人としてのあるべき姿というものを大切にし、

それがあってこそ、江戸の社会が成り立つと

考えていた江戸時代の商人たちが築き上げた

「江戸しぐさ」というものがあります。

それは、人付き合いの知恵であり、行動哲学でも

ありました。

その「江戸しぐさ」は

公式な記録として残っているものではなく、

言葉で現代まで伝えられてきたものでありますが、

私たちが良好で円滑な人間関係を築く時に

非常に参考になることが多くあるのです。

 その中に「三脱の教え」というものがあります。

この「三」というのは「年齢」「肩書き(職業)」

「地位」のこと。

それを初対面の人には聞いてはいけない、

ということなのです。

これらの3つはいずれも、お相手のプライベートや

表面に関することです。そのような表面的なことに

こだわり、先入観を持って人に接すると真実が見えず、

正しい判断ができなくなる、という教えでもあります。

人と接する時には、その人自身と向き合って、

内面をしっかりと感じ取りながらコミュニケーションを

とることがとても大切です。

また、自分尺度で考え、「自分は年齢を聞かれても

全く問題ないのかだら、人にも聞いても良いだろう。」

という方がいらっしゃいますが、それはその人の

基準であるわけですから、様々な人の立場になって

考えてみるという姿勢はとても大事なことですね。

 今は、あらゆる情報が入ってきます。

でもそれだけ多くの情報を的確に見抜く力も必要です。

この情報がどのような目的で、どこから発信されているのか

ということなどもしっかりと考えなければいけません。

人との間では、年齢や社会的地位、経済力などで

判断するのではなく、どのように接したら良いのか、

先入観なく人を見抜く力、本質を見る力、

そのようなことを現代の私たちは改めて考えることも

重要なのではないかと思うのです。

 「江戸しぐさ」に習うところは沢山あります。

現代のマナー、国際マナーにも非常に通じるのは、

「思いやりの心」や「気配り」というものを

江戸商人の人たちもとても大切にしていたからですね。

マナーレッスンでも、表面的なことだけでなく

そのマナーの本質を学んで頂けたら、私もとても

嬉しく思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.34を配信いたしました。

11月になり、今年も残すところ後2ヶ月です。

あなたはどのように過ごしていきますか?

今回もまた拙著「夢の音読」から抜粋して

大切にしたいメッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 美しい敬語は 美しい心から生まれる

 マナーが単なるルールや形式なのではないように、

敬語も言葉ありきではなく、心あってこそのもの。

誰もが大事だと思っていて、他人と話をする時に

少しは気をつけようとする意識はあっても、

なかなか美しい言葉遣いとまではいかなかったり、

間違った言葉の使い方をしている場合が多々あります。

もちろん、たとえ言葉が違ったとしても、そこに

真心が込められていたり、思いやりの心が宿っている

のならば、お相手にその気持ちは届くはずですが、

でも、敬語をきちんと使えない人、という印象を持たれて

しまうこともあるのです。

「お名前を頂戴できますか?」という言葉。

時々耳にしますが、名前はあげる、渡すという物では

ありません。

「お名前を教えて頂けますでしょうか?」と言えば

良いですね。

また、丁寧さを心がけるあまり「お越しになられる」

とか「ご覧になられる」というように敬語を重複して

二重敬語にしている場合もよくあります。

「お越しになる」や「ご覧になる」でよいのです。

 マナー講座で敬語の確認をやって頂きますと、

意外と皆さま考え込んでしまいます。

尊敬語なのか、謙譲語なのか混乱してしまったり、

適切な言葉が出てこなかったりするのです。

でも、これは決して知識として身につけるものでは

ありません。

日常の中で日々、磨かれるものです。

先日もお話いたしましたが、日本語というのは

とても美しい言葉です。

お相手を思いやる言葉が沢山あります。

外国語を身につけるのも大事かもしれませんが、

日本人なのですから、基本の言葉遣いを知り、

慌ただしい生活の中でも、日々、感性を大事にして

自分を大切にすることで、お相手へのゆとりのある

心遣いを持つことができ、美しく正しい敬語を

使うことができるようになるのです。

 コミュニケーションを持つ上で、「尊敬の念」や

「思いやり」を大切にして、その美しい心を

言葉に乗せてお相手に届けるようにいたしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.34を配信いたしました。

11月になり、今年も残すところ後2ヶ月です。

あなたはどのように過ごしていきますか?

今回もまた拙著「夢の音読」から抜粋して

大切にしたいメッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 脳は現実とイメージを区別できない

 心と体は密接に関係しているというお話は

時々しますが、それはまた、司令塔である

脳にも大きく関係があります。

人間の脳というのは、簡単に分けると、

3層構造になっていて、一番外側の層が

大脳新皮質と呼ばれ、人間的な思考をする層、

2層目が大脳辺縁系と呼ばれ、別名感情脳とも

言われます。

そして一番奥にあるのが脳幹と言われる部分で、

生命維持や、体をコントロールするものです。

同じ脳でも、この部位により異なる働きを

しているため、共通点というのはありません。

でも、唯一結びつけているものというのが、

「イメージ」なのです。

見たり、聞いたり、考えたりすることで、

大脳新皮質の部分がイメージを持ちます。

そして、そのイメージを受け止めて反映させるのが

脳幹の部分。

 例えば、梅干しやレモンなどを食べなくても

思い出すだけで唾液が出てくるということ、

あると思います。

あるいは、好きな人のことを考えたり、

とても好きなことができる前日など、

考えるだけで胸が高鳴ることもありますね。

実際にまだやっていない、起こっていないことでも、

脳がイメージするだけで、勝手に体が反応する

ようになっているわけです。

 将来への不安や、今現実に起きている辛いこと、

悲しいことがある時に、その精神的苦痛が大きいと、

体調を崩したり、体に異変が起きたりすることもあります。

起きてしまったことは仕方がありませんから、

その感情と上手に向き合い、できるだけ苦痛を

和らげていく工夫が必要ですが、まだ起きていない

未来のことに関しての過度な不安や心配であるならば、

それは決して体にとって、良い影響はないと知り、

できるだけ、不要な心配はしないようにして、

好きなこと、心地よいこと、嬉しいことを考えて

体も元気にしたいですね。

脳は、現実とイメージを区別できないのですから、

出来るだけ良いイメージを持つようにして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.34を配信いたしました。

11月になり、今年も残すところ後2ヶ月です。

あなたはどのように過ごしていきますか?

今回もまた拙著「夢の音読」から抜粋して

大切にしたいメッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 決断するのは他人ではなく自分

 誰でも運が良くなりたいと思い、

幸せでいたいと願い、

時には何か新しいことをやってみたいと

思ったりするものですが、

それが叶う人と叶わない人といるのは

その時に心のエネルギーをどこに向けているのかで

違いが出てくるのです。

迷いがあったり、不安に思ったりしていると、

その原因を環境や周りのせいにしてみたり、

時にはその判断を人に聞いてみたりして、

それを鵜呑みにしてしまうと、

依存心が強くなり、自分の本当の気持ちを

蔑ろにすることになってしまいます。

 何かを決めなくてはいけない時に、

一番良くわかっているのは他人ではなくて自分自身。

他人はあなたの本当の気持ちは分かりません。

人にはそれぞれ価値基準があり、

それまで得た知識や経験も全く異なります。

ですから、同じことを目の前にしても、

捉え方や感じ方、考え方もそれぞれ。

もしかして、自分でも自分のことが分からないことさえ

あるのですから、他人に聞いて頼りきりでも、

本当の答えにたどり着くことはありませんね。

 色々なことが起こり得ますから、これをやって

もし上手くいかなかったらどうしよう・・。

自分の気持ちに従ってこの道に進んでいき、

できなかったらどうしよう・・。

と不安な気持ちが先行してしまうこともありますが、

まずは自分のことがよく分からない時には、

とことん向き合って、どのような自分も認めてから、

心の答えを確認するまで、焦らずに自分の魂を

大切に磨いていきましょう。

そうすると、今の自分に必要なものと必要でないものが

見えてきて、何かを手放した時に、新たな運気が

流れ込んできたり、これから進む道に気づき、

自分自身で決断をすることもできるはずです。

新たな道も、幸せも、運も、全て自分で決めるもの。

心のエネルギー、上手に自分に向けながら

心地よい状態で注いで参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.34を配信いたしました。

11月になり、今年も残すところ後2ヶ月です。

あなたはどのように過ごしていきますか?

今回もまた拙著「夢の音読」から抜粋して

大切にしたいメッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→