自分磨きのヒント

 言葉と潜在意識

 「言霊」とよく言われますが、言葉にもやはり

波動やエネルギーがあり、その力が働いて、

その言葉通りの事象がもたらされるという経験を

されたことがある方も多いと思います。

 そしてセルフイメージは、周りからの言葉が

かなりの割合で影響し、自分の潜在意識の中に

思い込みとして入り込んでいきます。

常に褒められたり、素敵な言葉を投げかけられたり

していれば、セルフイメージも自然に高くなって

いきますから、子どもに向かって発する言葉というのは

そういう意味でもとても気をつけなくてはいけない

ものなのです。

 言葉というものが私たちの潜在意識に大きく影響し、

刷り込まれて、作り上げられていくものであるのなら、

人の愚痴、不平、不満などはなるべく聞かないでいられる

ようにし、自分自身はもちろん、発してはいけませんね。

その反対に、良い言葉をたくさん発していれば、

それがシャワーとなって、体の細胞にも染み渡ります。

自分の好きな言葉や素敵な文、前向きになる言葉などを

声に出して言ってみますと、それがアファメーション

(自己肯定文)となり、潜在意識の中に刷り込まれ、

ていきます。

なりたい自分になるための1つの方法として

アファメーションはとっても効果的。

何度も何度も繰り返して理想の状態を声に出し、

それが習慣になってくると、思考も行動も自ずと

そのようになっていき、身についていきます。

そしてその理想の状態に近づいていけるのです。

 自分が発する言葉、そして受け取る言葉も

気をつけて参りたいですね。

全て潜在意識の中に入り込むということを

忘れないように・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 引き寄せがうまくいかない理由

 「引き寄せ」という言葉は大体どなたでも

耳にしたことがあり、また魅力的でもあって、

何でも良いことが引き寄せられればいいなあ〜

と考えている方も多いですね。

そして、いつでもポジティブでいれば引き寄せられる

とか、良い気分でいれば、良いことを引き寄せられる

というように思って(あるいはそのように聞いて)

ポジティブでいなくては、良い気分でいなくては・・

と強く思いこもうとしている場合があります。

 でも、それだとなかなか良い「引き寄せ」はないはず。

どうしてかと言いますと、ポジティブでいなくては・・

という思いは、自分は今ネガティブだと言っていること、

良い気分でいなければ・・という思いは、自分は今、

良い気分でないと言っていることと同じだからです。

そうすると、潜在意識の中に今はネガティブである、

今はマイナス気分だと刷り込まれてしまい、

そのマイナス部分が引き寄せられてしまいます。

ですから、マイナスのことはそのままマイナスのこととして

受け入れて、その苦しさや落ち込みから、どのように

持ち直していくのかを考えることがまず大事なのです。

 潜在意識が顕在化した時には、そのマイナス部分は

次第に薄れていきます。

大事なのは無意識レベルで何を感じているのか

ということです。

 「欲しい」という強い思いは「無い」ということを

さらに強調させます。

得たい状態、なりたい姿というのは、もちろん、

それを願い、叶った状態を想像することも必要ですが、

そこから行動や努力が伴ってこそ、達成するものです。

決して何もしないで、何も頑張らないで、ただ

良い気分でいれば、良い状態を引き寄せられる、

というわけでは無いわけです。

 「引き寄せ」というのは、良いことも悪いことも

どちらも起こります。

良いことに意識を向ければ良いことが、

悪いことに意識を向ければ悪いことが引き寄せられますが、

自分の感情にまずは素直になることが大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 運を強くして自分らしく生きるには

 運は誰にでもあるものですが、

弱いより強い方が良いわけですし、

運を味方にしていれば、より自分らしさを

発揮できるものです。

 でも運が良いからと言って、悪いことが

起きないわけではありません。

生きていれば良いこともあれば悪いこともあり、

思い通りにいくこともあれば、その逆もあるのは

自然の摂理ですから、仕方がないことです。

でも、良くないことが起きた時に、それを

どのように捉えて、どのように対処でき、

どのような心持ちでいられるか、

どのような在り方でいられるか、

ということが運を分けるのだと思います。

 ですから、運の良い人というのは、

どういう状況にあっても、自分で運を強くする

ことができるのです。

 では、どうしたら運を強くできるのかと言いますと、

まずは常にワクワクしているということ。

そして笑顔でいること。

そうすると、常に波動を高くすることができ、

良いエネルギーが溢れます。

そうするとそれと同じような波動のことが

起こりやすくなるわけです。

 次に、そのエネルギーを惜しみなく外に出すこと。

自分の利益のためではなく、シンプルに周りのために

与える精神を持つと、見返りは求めていないのに、

自然にその出したエネルギーは自分のところに

戻ってきます。

 そして、感謝の気持ちを忘れないこと。

無いことに目を向けて欠乏感に溢れていたり、

問題が起きた時にネガティブな感情からいつまでも

抜けられないでいると、運は逃げていきますが、

どのような時も、今得ているものや環境に

感謝の気持ちをもつことができれば、

必ず運は味方をしてくれるはずです。

 良い時も悪い時も、起こる出来事には全て意味がある

のだと理解し、それらを全て受け入れて、

自分らしさを持ち続けられるように過ごして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 変わりたいけれど変わらないのは・・

 昨日のブログでは、変わらないのは退化するのと

同じこと、ということを書きましたが→

では、変わりたいけれど、変わらない、変われない

という方の傾向というのはどういうものでしょう。

もちろん、昨日お伝えしたように、環境を整える、

適度な運動をする、読書をする、ということを

実行し、継続すれば、必ず変わることができます。

ですから、本や他人の言葉、アドバイスなどを

聞いても変われないというのは、実行に移せないか、

耳にも入ってこない状態になっているということです。

 苦しい状況にいる場合、あるいは今の状況からは

脱却したいと思っている時に、変わるための情報が

欲しいのではなくて、苦しいことにただ共感して欲しい、

と思っているだけですと、なかなか変わることは

出来ません。

また、その状況や起こる出来事、事象などを

他人のせいにしてしまっていても同様です。

 心が萎えている時、弱くなっている時というのは、

もちろん共感してもらったり、優しい言葉、受容の言葉

などがありがたく、心の支えになったりします。

でも、それは一時的なもの。ですから、解決策ではなく

またその認めてもらえる言葉を探し、別のところに

その優しさを求めるという繰り返しをしていても、

一向に変わることができなくなってしまうのです。

 まずは謙虚になることは大切ですね。

歳を重ね、経験を積んでいきますと、どうしても

頑なになってしまいがちですから要注意。

そして、自分の現実を直視することも必要です。

自分で自分の姿は見えませんから、

あえて俯瞰することを意識し、また、

他人から聞くことなどで客観的に自分を見て、

少しずつ変えていくという柔軟性も持ち合わせたい

ものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 何も変わらないのは、本当は退化していくのと同じ

 自己否定せず、ありのままの自分を受け入れて、

こんな私でもOKと思えることは大事ですが、

どんなにだらしなくても、どんなにいい加減でも、

どんなに食生活が悪くても、それでもそのままで

何も変わらない人生で良いのかと言うと、

やはり得るものもなく、自分はただ歳をとっていくだけ

という状態になるのは、結局は退化しているのと

同じことになります。

 だからと言って、ダメな人間だから人生を変えたい

と否定から入ってしまいますと、そこからの行動も

継続するのが難しかったり、変えるということ自体の

意味を見出せなくなってしまう場合もありますから

注意が必要です。

 おすすめなのは、まずは自分の居場所を整えること。

すっきりした空間に身を置きますと、思考も整理され、

習慣も自然に変わってきます。

いつも言いますように、ごちゃごちゃしたところでは

エネルギーが停滞してしまいますが、

適度な空間があり、すっきりと片付いていれば、

そこに良いエネルギーが流れてきます。

それは、お仕事だったり、物だったり、お金だったり、

ご縁だったり、情報だったり、様々ですが、

必ず無いもののところには、何かが埋まるように

なっているからです。

そうすると、自分自身もいつの間にか変わってきます。

 空間がすっきりしたら、次に、体もすっきりさせましょう。

それは適度な運動を習慣化すること。

ウォーキングでも、筋トレでも、ラジオ体操でも

何でも自分で出来る範囲で、気負わず無理なく

日々体を動かしていますと、行動力もアップします。

 そして読書。

どれだけデジタルツールが浸透していても、

知識を得たり、感情を動かされたりするのに、

読書に勝るものはありません。

どんなに忙しくても、1日数ページ読むだけでも

人生に変化が出てくるはずです。

 世の中がどんどん変わってくるのですから、

自分自身も気持ちよく変化させていき、 

何もしないで退化していくのを受け入れるのではなく、

自分らしい人生をより良く歩んでいけるように

して参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 鋭く物事の本質をつかむには・・

 人生を幸せに感じるのか、辛いと感じるのかは

それぞれの感覚に大きく委ねられます。

個人レベルでも、社会レベルでも、

そして自然現象としても様々なことが起こり、

私たちはその現象やそれにまつわる情報ばかりに

囚われてしまいますと、自分自身の感覚というのを

蔑ろにしてしまいがちです。

世の中には科学では証明できていない事象もあり、

直感や第六感というものもその内の1つ。

そして、その第六感は五感の上に成り立っています。

「視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚」ですね。

第六感というのは、何もないところから生まれる

のではなく、潜在意識の中からふと何かトリガーの

ようなものがあった時に湧き出てくるものです。

ですから、その潜在意識と深く関わりのある

五感を大切にすることが重要なのですが、

意識して研ぎ澄ますようにしていないと、

本来人間が持つ本能的な感覚を忘れてしまいます。

 私たちは溢れる情報の中で生活しています。

そのため、何かを決めたりする時に、いつの間にか

そのインプットされた情報の中から判断するように

なってしまいがちです。

常に感覚を大切にしていれば、鋭く本質をつかむ力、

第六感が働くはずなのですが、情報に飲まれるような

生活になってしまう私たちは気をつけていないと、

本来の判断はできなくなってしまうのです。

 ですから、必要以上の情報はあえて取り入れない

ようにし、感覚の精度を高めていくことが大切ですね。

本日配信いたしましたYouTube『エクラの風』でも

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 二極の質問をすると行動力が上がる

 目標を設定した時、

それを行動に移せるかどうかが、まず第一段階での

ポイントになりますが、あなたは如何でしょうか。

意味のある行動に移すというのは、結構難しいこと

だったりします。

本で一生懸命学ぶだけでも行動できませんし、

夢を描くだけでも、まずは夢を描いた、という

行動にしかならず、得てしてそこでストップして

しまいます。

 そういう時におすすめなのが二極の質問です。

何かをやりたいと思った時、

それをやり遂げることができたなら、

あなたはどのように変わっていますか?

今と何が変わりますか?

もし、それをやらなかったとしたら、

あなたはどうなりますか?

今と何か変わりますか?

そのままでもよさそうですか?

 例えば、ダイエットのために毎日30分ウォーキングを

すると決めた時、なかなか行動に移せなかったら、

質問です。

もし夏までにそれを続けることができたら、

今と何が変わっていますか?

あなたはどのような状態になっていますか?

と問うと、理想の状態、理想の体型を手に入れ、

おしゃれをとっても楽しむことができている姿が

目に浮かびます。

そして次に、もしそのウォーキングをしなかったら

あなたは夏にはどのようになっているでしょうか?

少しずつ太って、今着ているお洋服が着られなく

なっているかもしれません。

そして自信も失くしているかもしれませんね。

 人はこうなりたい、というような肯定的動機と、

こうはなりたくない、という否定的動機があります。

どちらかが強いという傾向があるのですが、

あえて意識的に両極を考えてみますと、

モチベーションがアップし、さらには行動力まで

上がるのです。

ぜひ、試してみて下さいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 人生の質を上げるために・・

 どのような時代に生きたとしても、

世の中がどのように変化していったとしても、

生きている限り、自分の人生の質を上げるか

下げてしまうのかは、自分次第です。

幸せの基準は、決して物質でも、お金でもなく、

目に見えない有難さや、人との繋がりや関わり、

生き方そのもの、愛の深さだったりします。

もちろん、意に沿わない出来事があったり、

思いも寄らないこと、驚くようなことが

起こることもあります。

それによって愚痴も言いたくなることも

あるかもしれません。人間ですから。

でも、どのようなことがあっても、

心満たされた状態で生きていける方が

幸せを感じることができるはずですから、

不平不満を言わずに、(それは自分だけで、

あるいは本当に心許す人だけにそっと吐き出して)

あとは自分らしくまた前を向いて歩き出したい

ものですね。

 忙しいと、どうしても時間がない、暇がない、

と言い訳を言いたくなりますし、

ちょっと自分には無理かもしれないと思うと

自信がないからと諦めてしまいがちです。

でも、やりたいことをチャレンジしてやることが

生きる大きな意味になりますし、

自分の本当に望むことを知り、そのように

生きられるかどうか、そしてそこに向かう楽しみを

味わえるかどうかで人生の質が決まってくるのです。

 できない理由はいくらでも言えますが、

いつも言いますように、その思い込みが

現実を作ってしまいます。

ですから、自分が望むように生きてきて良かった

と思えるように、自分の人生を生きる、と

決めてしまうと良いのです。

多くを望まなくても、今あることに感謝して

他人と比べる人生でも、他人が作る人生でもなく、

自分らしさを大切にして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 どうして他人と比べてしまうのか

 昔から「隣りの芝生は青く見える」と言うぐらい

ですから、他人と自分を比べてしまうのは

不思議なことではありませんし、むしろ、周囲との

バランスを取るために、自然なこととも言えます。

他人と比べることで、自分を高める競争意識が

働いたり、ライバルから刺激を受けると、

モチベーションが高まって、成長を促される場合も

勿論ありますので、決して、マイナスに作用する

ばかりではありませんが、それでも、常に競争相手が

他人だけになってしまいますと、優越感と劣等感

だけでしか物事を判断できなくなりますし、

努力することに疲れてしまいますと、結局は

自己否定に向かいます。

 NLP心理学では、人が無意識で行っている物事の捉え方を

5段階に分けています。

環境、行動、能力、信念・価値観、自己認識

他人と自分を比べる人は、どうしても、目に見える

環境、行動、能力の部分だけを意識してしまいます。

本当に大事なもの、自分の幸せに結びつくものは、

信念・価値観、あるいは、自己認識、つまり自分の

役割や使命という目に見えないものである、

ということを忘れてしまっているのですね。

他人がどのような信念を持っているのか、

どのような価値観で判断しているのか、

どのような使命感があるのか・・ということで

比較はするのは難しいことですから、

いかに自分自身に目を向けて、信念・価値観・使命を

明確にしておくことが大事であるか、と言うことです。

そこがはっきりしていれば、他人の状況や能力、成果

などは気にならなくなるはずだからです。

そして他人と比べるよりも、その自分の価値観を

大事にできた時、失敗してもうまくいなかなくても、

決して自己否定することなく、自分の信念のもと、

また前に進むことができるようになります。

本当の幸せを得るために、見た目ですぐに

分かりやすいところでの優劣を感じるのではなく、

自分自身をしっかり見つめて、信念や価値観を

大切にして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 風の時代だからこそ、地に足をつける

 これからは・・というよりは、もうすでに

今は風の時代だと言われています。

そして春に向けて、エネルギーが日に日に高まって

いますが、そのエネルギーと自分自身のエネルギーの

波動を合わせて、波に乗るようにするには、

自分のやるべきことと、ありたい姿が明確になって

いないといけませんね。

人のやり方が気になったり、人の意見や人の姿に

惑わされてしまっていますと、自分の気持ちが

あっちにフラフラ、こっちにフラフラとしてしまいます。

風の時代というのは、そのようにフラフラとすること

ではありません。

しっかりとした自分の軸を持って、地に足をつけて

自分らしく生きていくことなのです。

 他人軸になっていたり、自分が大事にしたいことを

忘れていたり、あるいは蔑ろにしてしまったり、

また、損得勘定からの人間関係や、人とのやり取りを

続けていますと、自分の軸が分からなくなってしまいます。

ですから、もやもやした感情のまま行動することや

しっくりこないような人間関係は少しずつ自分から

離していき、自分が本当にエネルギーを注ぎたいことを

大事にして参りましょう。

 勿論、意に反してどうしてもやらなければいけない、

ということもあります。でも、それに振り回されずに

自分自身の与えられた時間の中で、上手に楽しみ、

充実させていくことが大事です。

もう一度・・・

風の時代、というのはフワフワと流されて生きる

ということではなくて、地に足をしっかりとつけて

自分らしさを大事に、心地よく生きるということ。

そしてその中で素敵なご縁や繋がりも大切にしながら、

過ごして参りたいですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→