自分磨きのヒント

 物には感謝して、大切に扱う

 好きなものに囲まれて生活すると良いということは

時々、ブログに書いていますが、それは、

物が発する波動が、自分の波動と共鳴して、

心地よい穏やかな感情を作り出すからです。

 先日、タイに行った際も、デスクに置ける

ほんの小さな象の置物を買ってきて、時々

目にしながら、楽しかった旅を思い出したりしています。

現実に戻ると、もう遠い過去のことのように感じますが、

象にも乗ったなあ〜なんて思うわけです。

オフの良い思い出は、オンの時の原動力になります。

思い出の品は特にそうですが、普通の日常生活用品で

あっても、もちろんエネルギーを発しています。

ですから、購入する時は慎重にならなければいけませんし、

自分の本当に気に入ったものを買うことが一番です。

 そして、身の回りにある物全て、共にいる(ある)

ことに感謝して、大切に扱うことがとても重要なのです。

電化製品なども、負の波動を発している人のものは

すぐに壊れてしまうそうです。

たとえ新品でも、壊れる率は高いといいます。

雑に扱ったり、負の言葉を発したりすれば、

物も辛いわけです。

(決してスピリチュアル系ではありません。)

 植物も同様です。負のエネルギーの中にある植物は

すぐに枯れてしまったと、ある方から聞きました。

逆に枯れる寸前のものに気がつき、

丁寧に愛情を込めて、優しい言葉を投げかけていると、

生き返るそうです。

言葉や感情、態度、全て波動に表れますから、

とてもプラスのエネルギーに満ちていて、身の回りの物を

丁寧に扱っていれば、長持ちするのです。

 人が見ている、見ていないに関わらず、

どのような物に対しても、心にゆとりを持って

優しく大切に扱い、心地よい空間を作りたいですね。

 なりたい自分になるために

 おかげさまで、ひどい鼻炎はピタッと

止まりました。お薬と30分のお昼寝が

良かったようです。

お薬は好きではない私ですが、このように

目に見えて効果が分かると、適切なお薬は

飲んだ方が良いですね。

その後のパフォーマンスが全然違います。

 さて本題・・。

なりたい自分になるためには、まず、

こう言う風に本気でなりたい、

これからもっと素敵に変わっていくんだ、

と強く思っていれば、それらしい雰囲気や

それらしい波動を出していけます。

でも、もし私はここまでの人間だ、

つまらない人なんだ、と思ってしまうと、

本当にそういう波動を出してしまいます。

 ですから、なりたい自分のイメージが

あるならば、というよりも、

セルフイメージをどんどん理想に近づけていくために、

服装、持ち物、メイク、言葉遣いに気を配り、

どんどん自分自身を意識的に作っていきましょう。

理想からかけ離れているから、日常もつまらない

と思っているのと、理想に近づくことを

わくわくと楽しめるのとでは、

ライフスタイルも大きく変わっていきます。

 なりたい自分の姿はどのようなものですか。

理想のなりたい姿を設定し、

どんどセルフイメージを高め、

「わたし」というブランドをプロデュースして

参りましょう。

 

 

「思い」の力を信じよう

 強い「思い」は必ず何かを変えていきます。

「思い」が強ければ強いほど、

自分の動く力も強くなり、

何かあるものに向けて行動するようになるからです。

そして未来への期待、将来の夢への「思い」は

漠然としているより、はっきりとした方が

より良いのは、行動と結びつきやすいからです。

 変化をおそれず、

チャンスをのがさず、

自分のその強い「思い」の力を信じてみましょう。

自分があまり信じていなければ、

他人が信じて思いに賛同、協力、してくれる

ことはありません。

自分がその思いや可能性を信じて初めて

ようやく、周りがそれらを理解するかどうかの

ボーダーラインに立つことができるのです。

最初から、しっかり理解してもらうのは

難しいかもしれませんが、

まずは自分が信じること。

その「思い」の力は無限大であることを

心の底から信じてみましょう。

そうすれば、必ず、道はひらけます。

 世の中の理想に惑わされない

 世間では、こうした方がいい、これが常識だ

というようなものが何となくあって、

皆があまり考えないような理想や夢を語ると、

ちょっと疎外感を覚えたり、語りきれない

雰囲気があったりすることもありますが、

やはり、世の中の理想だけでは

自分の可能性を広げるのは難しいので、

とにかく惑わされないことが大事です。

 若い人たちは大きな夢を持って、

若くない人たちも理想を明確にし、

自分の幸せの種は自分で見つけていけると良いですね。

そして自分自身に制限を作らずに

自分で幸せを自分の幸せを作っていきましょう。

 先日、ある方とお話をしていて、

やはり、夢や、やりたいことが沢山ある彼女は、

まわりの人に話すと、どうしても、

そんなの無理でしょうとか、何を言っているの、

などと言われてしまう、と仰っていました。

 もったいないですね。

すごく素敵なお話ばかりで、もちろんすぐの実現は

難しいかもしれませんが、ぜひ、叶えていただきたいと

思っているところです。

 変えられるのは今だけ

 消せない過去を思い出して、

後ろ向きに座っていても、

何1つ変わるものはありません。

まだ起こらない未来を想像して

不安いっぱいになっていても、

これもまた何も変わりません。

変えられるのは今だけ。

 それなら今、何をしますか?

 それなら今、何ができますか?

大きなことをする必要はないので、

今の自分ができることを1つずつ。

そしてそれは、本当にやりたいことなのか。

皆がやっているからやろうとはしていないか。

何となくやってはいないか。

確認することも大事です。

どうしてかって。

後悔してしまうから。

せっかくやっていることなのに、

後悔してはもったいない。

せっかくやろうとしていることななのに、

もやもやしていてはもったいない。

そう、わくわくしながらやることが大事です。

それは、自分にとってわくわくするものなのか、

ということをぜひ問いかけてみましょう。

選択するときの基準です。

そしてそれを選択できる、自分を変えられるのは

今だけなのです。

 

 固定観念は直感を鈍くしてしまう

 物事を凝り固まった考え方で見てしまうと、

なかなか正しい判断や決断ができなくなって

しまいます。

昨日の記事の続きのようになりますが、

常にニュートラルな視点を持つことが大切です。

要するに、固定観念や先入観があると、

直感を鈍くさせてしまうのです。

 直感は誰にでもあるもの。

それをうまく使っているか、使わないか。

もし直感がうまく働かないと思っているとしたら、

それはそう思い込んでいるだけのことです。

 そして情報が多い時こそ、

先入観を持たずにいることが必要。

周りの人たちの声や、他の人たちの言葉などに

傾いていくと、ますます自分で答えを

出そうとしなくなり、

どこかで自分の責任であることから逃げていたり、

失敗したくないという気持ちの方が強くなり、

柔軟な心を持たず、五感を使いにくくしてしまいます。

 本日も大きな選択をすることがいくつかありました。

選択肢があればあるほど、もちろん迷いやすく

なりますが、そういう時のためにも、

心も体もトレーニングが必要なのです。

思い込みの心の枠を外し、素の自分になれた時、

直感は冴え、選択や決断が自分らしくなり、

そしてその決定に責任を持つことができれば、

自分の人生そのものにも責任を持つことが

できるはずです。

短い人生、後悔のない人生にするために、

固定観念や先入観は早めに取り除いてしまいましょう。

 

 

 

 

 選択で失敗しないためには・・

 水曜日は1週間の中でも、とても忙しい日なのですが、

仕事の合間の限られた時間に、キッチンメーカーの

方々にいらして頂いて、打ち合わせを致しました。

 築23年経ち、換気扇が壊れて、かれこれ1年。

大人のレッスンは自宅サロンで行いますので、

キッチンの換気は大切なのに、大変です。

窓を開けて、いつも工夫しながらやっているのです。

どうして1年も経ってしまったかと言いますと、

なかなか私がしっくりする商品に出会うことが

できなかったから。

でもやっと、思い通りのキッチン作りをやって頂ける

ところを見つけることができ、改装することにしました。

私はキッチンにいる時間も長いので、

(マイお気に入りデスクもキッチンにあります。)

どうせ直すなら、納得のいくようにと思っています。

もちろん、予算等もありますが、できるだけ妥協しないこと。

そのための選択に失敗しないためには、

自分の好みをしっかりと把握しておくことです。

そして、業者さんのオススメ等は、あくまでも

アドバイスであり、一般論、時には自論、

更には会社利益のためというところも、ないわけでは

ありませんので、惑わされないことが大事です。

(お願いしているメーカーさんはとても良心的です。)

もし、すすめられると、これも良いかも・・とか、

なるほど、こういうものあるのね、という新しい出会いに

うれしくなったりして、迷ってしまうというのは、

経験したことがある方も多いと思います。

 人生は選択の連続です。

小さな選択から、大きな選択まで、たくさん

決断しなければいけない場面に遭遇します。

ですからそこで、いかに自分が本当にしっくりするものを

選べるか、後悔のない選択ができるかが

重要になりますので、自分の価値観や大事にしていること

(もの)を知っておくことが大切なのです。

そして日頃から直感力を磨いておくこと。

自分の感覚を信じることができること。

 キッチンが出来上がるまでは、まだまだ時間が

かかりますが、慌てず、しっかりと選んでいこうと

思っております。

楽しみながら・・。

 

 不安を小さくする方法

 昨日書いたはずのブログ記事がうまく反映されず

本日、ホームページ会社に問い合わせて、

無事に解決いたしました。

コンピューターが苦手な私は、こういう時に困って

しまいますが、必ず助けて下さる方がいらっしゃるので

本当にありがたく思います。

そして毎日お読み下さっている方々も、

本当にありがとうございます。

結果的に昨日は飛んでしまいましたが、

またこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 現在、不安はありますか?

失敗したらどうしよう・・という不安。

今のお仕事に対する不安。

将来に関わる不安。

家族のこと、健康のこと、経済的なこと・・。

誰しも不安を感じることは珍しいことでは

ありません。

不安というのは、まだ経験していない未來のことに

対して感じることであり、時に想像が膨らみ過ぎて、

不安になってしまうこともあるかもしれません。

 でも不安を感じないように!といっても

感じてしまうのは事実ですから、そういう時は

どうしたらその気持ちが小さくなるかを考えれば

良いのです。

まずはただモヤモヤした感情のままいるのではなく、

その不安というのはどういうものなのか、

明確にしてみることです。

明確であるなら、それを解消するにはどういう

方法があるであろうか、と考えること。

そして行動すること。

そうすると、次第に不安が小さくなってきます。

 それが、もし動かずに止まってしまいますと、

また不安に関する事柄を考えるようになって

その不安に集中してしまいますので要注意。

不安はまた大きくなってきてしまいます。

 ですから、動く。進む。ということが大切です。

でも、だからと言ってやみくもに動いても

仕方がありませんので、考えることも大事なのです。

思考回路をクリアにし、想像ではなく

現実を見ながら、前に進んで参りましょう。

必ず不安は小さくなるはずです。

 自分らしくあることを追求する

 今日はとてもお暑い日でしたね。

今夏1番の暑さだったのではないでしょうか。

そのような中、外出先で長男の幼稚園時代のママ友と

ばったり会いました。

ここ10年ぐらいはお会いしていなかったので、

とても久しぶりです。 子ども達もその間に

随分と大きくなり、皆、成人しました。

子育てというのは、母親にとって、本当に一言では

言い表せないぐらい様々な出来事があり、多くの

経験をしてきました。でも、子どもというのは

いずれ離れていき(我が家はもう離れてしまっている

ようなものですが・・)

そこで母親業のない1人の女性に戻った時、

やはり大事なのは、自分らしさを失わないということに

尽きると思うのです。

 自分らしさ、自分らしさと言うけれど、

自分らしさって何?と思われる方もいらっしゃいますが、

もし分からなくなったら、自分自身に質問をすること、

そしてしっかりと心の声に耳を傾けること。

 今日の新月の日などは、自分の価値観に従って、

心からやりたいと思うことや、自分の理想の姿を

確認し、見直したり、手放したりするのにぴったりです。

常識だと言われているようなこと(それが本当に

常識だとは限りませんが・・)や、他人の目を気にして、

自分らしさを忘れてしまっている時は、

ちょっと立ち止まって、自分らしくあることを

追求してみると良いと思います。

そしてそれが分かったら、

自分らしくないことはやらないようにして、

自分のミッション(使命、役割)を全うできるよう

進んでいけると良いですね。

 今日は朝から高校生の英語レッスンがあったりして、

1日レッスンや諸用、様々なことをやりました。

1日24時間、無駄にしないよう、8月からも、

改めて頑張りたいと思います。

 イメージしただけで叶う!?

 ブログでいつも同じような事を書いたりすることも

ありますが、それは、私の考えがどのように

アプローチしても変わらず同じであるから、

ということと、同じようなことを書いても、

読んで下さる方のその時の状況や環境、心境で

受け取り方は変わりますし、私自身も

その時の状況が違うからこそ、自分で書いていて、

改めて納得するところや、より良くしようと

考える点が見えてくるからです。

 先日、感情の先取りのお話をしましたが、

それにはイメージをすることがもちろん前提にあります。

でも、よく言われていますように、願うだけで叶ったり、

イメージするだけで夢や願望が現実になるのでしょうか。

・・・それだけでは叶いませんね。

イメージングはとっても大事。

イメージできないことは、叶うことはありませんが、

イメージするだけでは足りず、やはりそこで、

抽象度を上げてみてから、今度は具体的な方法を見つけ、

そこから行動し、時には人と会い、時には知識を深め、

そしてそれが叶うと信じて努力をすること。

それがあって始めて理想に近づけるわけです。

成功者と言われている方々は皆さまそうです。

夢はとても大きいけれど、その分、失敗も含め、

たくさん動いているのです。

 脳で想像するものは、創造できる可能性が

大いにあり、その可能性があるからこそ、

自分なりの行動をしていき、たとえ小さな一歩から

始めたとしても、それが大きな進歩へとつながります。

 明日から8月。

そして新月です。

やりたいこと、夢はたくさん書き出してみましょう。

そして叶うか、叶わないかは、

イメージングと行動力にかかっています。