自分磨きのヒント

 和の立ち居振る舞いと日本人の心

 マナーというと、テーブルマナーやビジネスマナー、

あるいは日常的なマナーを思い浮かべることが

多いと思いますが、プロトコールマナーと言って、

世界共通のマナーもあります。

日本だけでなく、どの国に行っても、

文化や言葉の違いを超えて、自他ともに

気持ちよく過ごせるように作られたものです。

そして、もちろん、日本独自のマナーもあります。

それは、古来から、日本人として受け継がれたもの、

日本の心を大切にしてきたものです。

日本料理のマナーもありますし、

和室での立ち居振る舞いもそれに当たります。

 本日は、和のマナーレッスンを行いました。

現代の住宅事情ですと、段々、和室があるお宅も

減ってきているのは事実ですが、

それでも、私たちが全く畳のあるお部屋に

入ることがないかと言うと、そうではありません。

日本料理店や、旅館、どなたかのお宅に訪問した際に

和室に通されることもあるかもしれません。

 そのような時に大事なのが、和の立ち居振る舞い。

襖の開け閉め1つをとってみても、

これがスムーズに美しくできると素敵ですね。

どうして素敵に見えるかというと、そこにも

日本人の察する心が表れているからです。

ここでは細かく書くと長くなりますので割愛しますが、

哲学者の和辻哲朗氏は、襖について次のように

定義しています。

「襖は、それをへだてとして使用する人々が

それをへだてとして、相互に尊重し合うときにのみ、

へだてとしての役割を果たすへだてである。」

 開け方、締め方、というやり方だけにとらわれると、

全く意味のないものになってしまいます。

お部屋に入る側と入られる側の思いやりの心があってこそ、

襖、あるいはその美しい襖の開閉が、

はじめて意味を為すわけです。

和のマナーレッスンをやりますと、

日本人のお相手に対する思いやりと奥ゆかしさは

本当に素敵だなといつも感じております。

 人と対面していない時も、口角をあげる

  今日は朝から一日中、デスクワーク。

苦手な事務仕事です。

でも、木曜日は基本レッスンがないので、

かなり集中しました。それでも

ずっと座ったままですと集中力が途切れるので、

ランチは外に。

普段は家で昼食の用意をしますが、

木曜日は、主人も私も大きな用事がなければ

お昼は外に出かけます。

(私がお食事を作るモードにならない日なのです。)

今日はさっと済ませてまたお仕事に戻りたかったので、

近くのStarbucksへ。

ハロウィン期間で、とても混んでいて、

スタッフの皆さんがとても忙しそうでしたが、

さすがです。以前も書いたかもしれませんが、

Starbucksの皆さんは、本当に笑顔を絶やさなくて、

いつも感心してしまいます。

そしてそれが注文の時だけでなく、

人と対面していない時でも、口角が上がっているのです。

ですから見ていて、とても気持ちがいい。

昨日のブログにも

「笑顔を見ると気持ちがやわらぎます。」とコメントを

頂きましたが、

本当に、笑顔は周囲を幸せな気持ちにしてくれます。

そして、もう一度言いますと、

人と対面していない時こそ、笑顔でいる、

温顔でいる、というのがポイントなのです。

 小さい頃から私も、母によく言われていました。

何でもない時にも「口角あげて!」と。

それでも今でも、何か真剣になっている時、

たとえば本屋さんで本を選んでいる時など、

すごく怖い顔をしている可能性大です。

 ふいに「智津子さ〜ん」と横から声をかけられた

時なんて、あ〜〜今、口角下がっていたかも・・

と思う時があります。

修行がたりません。。。

 やはり、常に口角を上げていられるように、

いつ誰から見られても温顔でいられるように、

気をつけようと改めて思いました。

 

 他人の幸せを喜ぶと、自分も幸せになる

 ここのところ、毎日の仕事量が多くて、

夜になるとぐったりなのですが、

疲労回復に良いものの1つに、梅干しがあると

以前どこかで聞いて、時々、梅干しを頂くように

しています。蜂蜜漬けの甘いものが好みですが、

それでも私にとっては、とってもすっぱい!

さすが梅干しです。

 皆さま、梅干しを想像しただけでも

何だかお口の中がすっぱくなりませんか。

そうなのです。

脳は、想像と現実、過去と現在、他人と自分の

区別ができないのです。

区別しているのは、表面的な部分、

大脳新皮質の左脳だけなので、

理性的には「想像だ」と理解していても、

本能的な部分では「現実」だと捉えてしまうので

身体が反応してしまいます。

だから梅干しを想像するだけで唾液がでたりするのです。

 脳の本能的なところは、

想像なのか、現実なのか、過去なのか、現在なのか、

他人なのか、自分なのか、を区別しないで、

全て、それは今起きていることだ、と

認識するわけです。

ですから、他人のことを批判したり、文句や

悪口を言えば、本能的には、

自分がそうだと、認識してしまう。

逆に、他人の幸せを喜んだり、

他人の素晴らしいことろを、素直に褒めたりすると、

やはり、それも「自分もそうだ」と

本能的に認識するのです。

 他人の良いところ、たくさん口にして褒めましょう。

他人の成功や幸せも、自分のことのように

素直に喜びましょう!

それが、本当に自分のことになるのですから。

 

 

 

 やる気を維持するためには

 何でもやりたいことを初めてやる時は、

わくわくして頑張ろう!とか

新しい自分になれるよう、よし!と意気込んで

始めたりします。

ところが、しばらくすると、何だかいつのまにか

その意気込みが半減してしまうことも

よくあることです。

もちろん日々のやることの中には

優先順位がありますので、それが低いと

どうしてもやらなくなってしまうのは常ですが

(私の中国語やドイツ語などの語学勉強は

好きであっても優先順位が低いのだと思います。)

もし優先順位が高いにも関わらず、やる気が

失せてしまったら、それは、対策を練らないと

いけません。

新しいことを始めると、最初は脳は刺激をとても受け、

それに伴いやる気も満々ですが、

段々その刺激にも慣れてきてしまい、

物足りなくなるのです。

ですから、小さな達成を何度も味わえるように

することが大事です。

つまり、大きな目標とそれを細分化した

小さな目標を立てて、明確にすること。

そして、その小さな目標も、もし飽きてきて

しまったら、今度はアプローチの仕方を

変えていきます。

やり方は人それぞれ。

自分に合った方法で、できるだけ幅を広げて

いけると良いですね。

アプローチ方法を変えるだけでも、

脳への刺激があり、やる気を引き起こすことにも

結びつきます。

自分でやりたいと思うことも、

やらなければいけないことも、

やる気は維持して参りたいですね。

 セルフブランディング

 「ブランド」というと何となく高級なものとか

一流のものを表すようなイメージがあるかもしれませんが、

「ブランド」とは、もともと、農場で自分の家畜に

他社の家畜と区別するためにつけた焼印のこと、

または、焼印を押す行為のことを言います。

ですから「ブランド」とは他と区別するための概念。

「パーソナルブランド」とは、他者に伝わっている

自分ならではの価値で、人があなたのことを考えた時、

心に浮かぶものです。

 本日は、マナーレッスンの中の1つで

「セルフブランディング」を行いました。

自分で自分をブランディングするのです。

要するに、自分自身をしっかりと見つめて、

可視化するということ。

いつも私が言っていることを、レッスンの中に

組み込んでいます。私の好きなレッスンの1つです。

皆さまが生き生きとしてくるのが分かるので

一緒に楽しませて頂いております。

なかなか自分のことを改めて考える時間はないもの。

ですから、とても有意義な時間になります。

 ブランディングは企業やビジネスだけでなく

個人のためにもしっかりできます。

できるからこそ、私自身もブランディングして、

ブレない自分を作っていきたきと思っております。

 

 ベストコンディションでなくても力を出せる

 誰でも、いつでも、自分のコンディションを

知っておくことは大事です。

アスリートは本番でベストの状態に

持っていけるよう、整える努力をしています。

そして自分のベストコンディションを保つこと。

私たちアスリートでない人もそれは同じです。

ですから自分に一番合った生活スタイルを

確立できていると良いですね。

そこが第一段階。

私は、睡眠時間の確保が目下の目標で、

夜の時間をどのように過ごすか、

夜やらなければならない仕事をどのように

片付けていくか、そこの時間の使い方の

立て直しをして、コンディションを整えたいな

と思っています。

朝方が良いと言われますが、

それはもし、夜の方がパフォーマンスがあがるので

あれば、それはそれで良いと思うのです。

大事なのは、それぞれに合ったやり方で、

コンディションを整えること。

そしてベストの状態を作れること。

 そして、さらには、

ベストコンディションでなくても、力を出せること。

そこがプロであり、一流であると思います。

本番でベストの状態に持って行く、これが

もちろん良いわけで、そのように努力していても

何が起こるかわかりません。

その不測の事態になったときでも、力を発揮する

ためには、もうやれるだけのことはやったという

開き直りと、それでも上手くいくと信じる精神力。

そこに神様は運を運んできてくれるのです。

「最善とは言えない状況でやった仕事に

一番誇りを感じる。」 By スティーブ・ジョブズ

一流の言葉はさすがですね。

 

 自分の心に正直に・・

 身の回りに起こることは全て必然。

無駄なものは何もありせん。

もし上手くいかないことがたとえあったとしても、

終わってしまった過去のことをあれこれ考え過ぎていたら、

その時間がとてももったいなく思います。

その悩んでいる間にも、大事な「今」がどんどん

過ぎて行ってしまっているのですから。

 大切なのは「今」の自分の心に正直になること。

そして、自分だけにしか歩めないその道を大事にすること。

起こった出来事も、出会った方たちも

何か意味があり、そのタイミングを無駄にせずにいると、

その道はひらけてくるはずです。

そして、ふとした時にチャンスが訪れ、

それをしっかり逃さずキャッチできるようにしておけば、

それまで上手くいかなかったことも生かせたり、

それを幸運にかえることができるのです。

ふとしたことをキャッチするためには

自分の心も知っておかなくてはいけません。

自分を知らないと、せっかくのことも

自分のことのように感じず、

幸運にするどころか、タイミングさえ逃してしまいます。

自分の本当の思い、心の内を確かめて、

それに正直になること。

そして他人の道でなく、

自分なりの道を歩んで参りましょう。

 

 

 

 未来のヴィジョンを持つとうまくいく

 本日は、ライフコーチをしているニュージーランド出身の

友人と一緒に、この3ヶ月の振り返りと、今年残り3ヶ月の

ヴィジョンを描くという時間を持ちました。

毎日忙しくしていると、もう3ヶ月前のことなんて、

記憶のかなたに行ってしまっているようですが、

改めて振り返り、達成したことを思い出すと、

この3ヶ月の間に、色々なことが出来たなと、

達成感をダイジェストで味わうような感覚です。

そして、その勢いで、次の3ヶ月で何を達成して、

年末大晦日はどのように、わくわくとした感覚を

味わっているのか、その感情を先取りします。

ですから、過去形で紙に書き留めるのです。

これが、うまくいくコツ。

そうすると、自然にそうなるように動いていきます。

 そういえば、先日行ったセミナーの後、

何人もの方に、100人もの人を前にお話しするのって

緊張しないの?と聞かれましたが、

適度な緊張感はあるものの、あがってしまうとか、

震えてしまうとか、そういうことは全くありませんでした。

それは、慣れているからでもなく(決して慣れていません)

話すことが得意なわけでもなく、

ただ、このセミナーをやる数日前から、当日のイメージを

はっきりとさせて、先にもう、上手く出来た!という

達成感を味わってしまったからなのです。

そうすると、あとは当日、わくわくした気分で

お話をするだけなので、あがってしまう、ということが

ないのだと思います。

 近い将来も、遠い未来も、ヴィジョンをはっきりと

持っていると、必ずうまくいくと確信しています。

皆さまも是非!!

 余裕は自分で作っていく

 好きなことをやるのには

あるいは、自由になるのには、

時間に余裕ができたら・・・

お金に余裕ができたら・・・

仕事に余裕ができたら・・・

と思ってしまうかもしれないけれど、

やはりそれでは、いつまで経っても

進むどころか、始まりません。

 まずは、心に余裕を持つこと。

香りの良いコーヒーやお紅茶を側に置く。

好きな音楽を聴く。

好きな歌を歌う。

自然に身を置く。

読書をする。

ゆったりとお風呂に浸かる。

そういう心の余裕を自分で作ること。

心に余裕ができれば、

もっと自由になれるはず。

もっと物質的な余裕も生まれるはず。

そうすれば、やりたいこともできるように

なってくるのです。

余裕ができたら・・ではなく、

余裕は自分で作っていきましょう。

 本当の幸せって?

 ビジネスで成功するとか、

すごい結果をだすとか、

すごいと言われる人になるとか

それって本当の幸せかな?と思うと、

ちょっと違うような気がします。

もちろん、本人がそれでとっても幸せ、

だと感じているのであれば、

それ以上は何も言えませんが、

人生の幸せや成功はそういうところではなくて、

今、目の前を楽しめることにあるのでは

と思います。

他人と比べず、自分のままで、

どれだけ楽しみ味わえるか。

そこを味わえてこそ、幸せがあるのです。

今を味わうって、なかなか意識していないと

出来ないもの。

そして、すごい結果やすごい人になるって

他人軸になってしまいますので、

自分軸で考えて、

日常の小さな幸せを集めて

心が喜ぶ、心が心地よい、心が落ち着く・・

そこに本当の幸せが宿るのです。