自分磨きのヒント

 家にいる時間が長くなった時こそ何かを習慣にする

 ちょうど1週間前に「習慣」についての記事を

書きました。→こちら

その時はスティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を

引用してお伝えいたしましたが、

習慣を身につけるのは大事だけれども、

それをどのように身につけていったら良いのか・・

というのは、やはり難しかったりするものです。

途中で挫折もしかねないですものね。

 この1週間で、何か以前と違う習慣を取り入れられましたか。

それとも、まだどうしようかなあ〜と模索中でしょうか。

あるいは、すでにもう三日坊主になってしまいましたか。

結局のところ、どのような状態でも全く問題ありません。

今から始めたって良いのですから。

 大事なポイントは3つ。

まずはその習慣をどうして身につけたいのかを

やる前に自分の中で確認して納得しておくこと。

なんとなく始めるもの。

みんなが良いと言っているからやってみるもの。

友人に勧められたからやるもの。

そのようなものは、動機が曖昧だったり、

自分のこととしてしっかり捉えられていないので、

挫折が早く来てしまいます。

動機がはっきりと自分軸であることが大切です。

なぜそれをやりたいのか。

それを習慣にしたことで何を得られるのか。

それが習慣になった時にどのような状態でありたいのか。

始める前にしっかりと自分に質問してみましょう。

 そしてそれをどなたかに言ってみるとか、

SNSなどで宣言してみることはとても効果的です。

これが2つ目のポイント。

自分を少し律するのです。

自分1人だけでやっていると、気持ちが追いついて

いかないこともあるかもしれません。

でも、聞いてくれる誰かがいると心強いものです。

 そして3つ目。

力を入れ過ぎず、肩の力を抜いて、

楽しくできるようにすること。

どのような状態になっていたいのかが明確ですと、

その姿を思い浮かべれば、わくわくするかも

しれませんし、そのやること自体に何か

楽しみを見つけたり、楽しみやご褒美をセットにする

などという工夫も必要です。

 以前、ブログにも書きました私のラジオ体操。

まだ続いていますよ。今はジムにも行けませんので、

そこにもう少しトレーニングを加えようかなとも

思っています。でもほんの少しです。

無理のない程度。続けられる程度です。

そしてその後に瞑想をします。

今お気に入りの私の朝習慣。

最低21日間は続けられるようにしたいと思っています。

皆さまは如何ですか?

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 小さなプラスのエネルギーで心を満たす

 今はお仕事もオンラインやテレワークが増え、

そして週末はまた特に外出を控える方々が多いことと

思います。

今まで家と外とでのバランスをとり、それぞれの場が

気分転換になったり、外の空気を吸ったり、

また家とは違う刺激を外から受けたりしながら

生活していたのが、急に家にいる時間が長くなると、

どうしてもメンタルのバランスも崩れてしまいがち。

そうなると、免疫力も低くなってしまいますので、

いかに今までと同じように、あるいはそれ以上に

心の状態を整えていくかということが必要になってきます。

 プラスのエネルギーで自分自身を満たす。

・・と言っても、そのプラスのエネルギーを

なかなか作れない・・と悩む方もいらっしゃるかも

しれませんが、ものすごいプラスのエネルギーで

ある必要は全くありません。

 不安やイライラを和らげるためには、

まず身体をしっかりと休めること。

心と体は密接に関係していますので、

今までと異なる心労が体調不良を引き起こして

しまうこともあり得ますし、

すこし疲れているなと思ったり、眠いなと

思ったりしたら、無理をせずに、日中でも

休める時には少しでも休むことで回復を望めます。

 また、ほんの少しの楽しみや幸せを家の中で

見つけること。あるいは作ること。

楽しみや幸せというのは、人それぞれ感じ方は

違うもの。それぞれの心の中にあるものです。

それを少しでも1日の中で感じられるように

自分に向き合いながらできたら良いですね。

 気持ちがほんわかする瞬間。

心がほっこりするひととき。

わくわくするまでには至らなくても

そのような小さな楽しみや幸せを感じられたなら、

心のストレスも和らいでくることと思います。

 お庭に咲く大きなパンジーも彩り鮮やかで

綺麗ですが、小さなビオラもとっても可憐。

大きいばかりが良いのではなく、小さなことにも

幸せがたくさん詰まっています。

たとえ小さな小さなプラスのエネルギーでも

それを少しずつ心の中に満たしていき、そして、

周りにも優しさを与えられるようにして参りましょう。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 感謝の気持ちが心の軸をつくる

 落ち着かない日々の中で、ネガティブな感情が

湧いてきたり、なかなか受け止められないものが

心の中にあったりすると、感情のコントロールも

難しくなってしまいます。

 たとえ今のウィルス感染拡大の状況ではなくても、

世の中は常に変化し、昔の考え方のままだと

通用しなかったりして、その移り変わりに

柔軟に対応していく力が求められることも

ありますから、日頃からその心のバランスを

とれるようにして参りたいですね。

 その上でとても必要なのが「感謝」の気持ち。

どのような時でも心の軸になるはずです。

当たり前のことが当たり前に使えないという時の

苦しみは、災害の時には多くの方が感じていたこと。

でも、喉元を過ぎてしまうと、どうしても

本当に大切なことを忘れてしまいがちでしたり、

生かされているということを感じないまま

過ごしていくことになってしまいます。

 でも「感謝」の気持ちをいつも忘れないでいる方は

気持ちが安定していて、心の軸がブレにくくなっています。

そうすると、見えない未来に対する不安も持たず、

常に落ち着いた判断と行動ができるのです。

「感謝」の気持ちをいつも忘れない方は

心が満たされていますので、余計な行動をとらず、

周りにも気を配りながら、他人に思いや力を

注ぐことができます。

逆に「感謝」を忘れると、気持ちがブレて、

些細なことでイライラしたり、メンタルが落ちて

なかなかそこから抜け出せなかったりもするのです。

 ですから、ちょっと今、心の軸が少しずれているな、

と感じたり、どうしても心を整えられない、

モヤモヤしていて、なかなかすっきりしない、

という方は、一度しっかりと「感謝」することに

フォーカスしてみて下さいね。

きっとあなたの中の何かが少しずつ変化していく

はずですから。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 小さな習慣で10年後に差ができる

 久しぶりに何となくスティーブン・R・コヴィー著の

『7つの習慣』をパラパラとめくりました。

読まれたことがある方もいらっしゃると思いますが、

その中で、彼が言っている「習慣」の定義というのが

あります。

それは、「知識」「スキル」「意欲」の3つが

交わる部分を習慣と定義するということです。

 知識というのは、何をするのか、なぜするのか、

ということを理解しておくということ。

スキルというのは、どのようにするのか、

ということを知っておくこと。

そして意欲というのは、文字通りそのままですね。

それをしたいという動機、やる気です。

 人生において効果的な習慣を身につけるには、

これらの3つ全てが必要であると言います。

さて、皆さまが何かを習慣にしようとした時に、

この3つは揃っていますでしょうか。

バランスはとれていますか。

何か足りない部分はありませんか。

 でも、その習慣はいつもお伝えしますように

大きなものでなくても良いのです。

むしろ小さな習慣をずっと続けられる方が

10年後に大きく影響してきます。

例えば、毎日不平不満を言っていて

いつも眉間にしわを寄せている人の10年後と

毎日小さな幸せを喜び、感謝の気持ちを持って

1日1回は鏡の前でも笑顔を作るようにしている

人の10年後を比べてみたとき、

その差が歴然としているのは、容易に想像できる

ことだと思います。

 歯磨きをする時、私は必ず何かしらの

エクササイズをやるようにしています。

エクササイズと言うとすごいことのように聞こえますが、

大したことはありません。ただ、ぼ〜っと磨くのではなく、

ほんの少し、身体を動かしたり、負荷をかけたり

するだけのこと。

でも、この数分間を毎日続けたとしたら、

10年間で、何百時間も運動していることになるのですから

何もやらないのと比べたら全然ちがうはず。

(・・と信じてやっています。)

 『7つの習慣』の付録にウィーリーチャレンジ

というのがあるのですが、

火曜日は「自分を磨く時間を確保する」となっています。

習慣にできる小さな自分磨き。考えてみようと思います。

皆さまもぜひ・・。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 内側からの波動と外側の波動を一致させる

 幸せな波動は伝染します。

幸せな波動を発していると、周りも幸せな気分になり、

すると自分もさらに幸せな気持ちになってきます。

でも、その逆もあり。

怒っていれば、それはお相手にもその怒りが伝わり、

イライラしていれば、それも伝わってしまいます。

誰かがイライラしていると、その場の空気は重く

どんよりしてしまいますよね。

そして悪循環に陥ってしまいます。

ですから、できれば良い波動を出して、それが心地よく

皆で共鳴できるような雰囲気になることがベストです。

 さらに、自分自身の中では、内側からの発する波動と

外側の波動を一致させることが満足のいく結果を

もたらしていきますし、そこが一致しないと、

違和感を覚えます。

 例えば今日はお魚を食べたいのに、周りにつられて

お肉を選んでしまった・・という時、やはり

本当はお魚を食べたかった・・という変な不協和音が

自分の中で生じたりしてしまいます。

今日はせっかく明るい色のお洋服を着て、この組み合わせに

しようと思ったのに、気がついたらいつの間にか

シミができていて、着られない・・仕方なく

これにしよう。。と妥協で選んだお洋服を着ていると

1日何となくすっきりしなかったりします。

でも、内側の心が選んだそのままのお洋服を着ていられたら、

内側と外側の波動が一致して、幸せな気分になったり、

落ち着いた気持ちで1日を過ごすことができるのです。

 ですから、内側から出てきた気持ちに正直に従い、

心地よい波動を出して、その幸せな波動を周りにも

分けてあげられると良いですね。

今は外出自粛で、他人との直接のコミュニケーションが

とれない場合、そういう時は今度は

自分自身とのコミュニケーションをしっかりとり、

自分の中の波動を良い形で共鳴させることができる

よいチャンスです。

いつも忙しさに紛れて、なかなか内側の声を聞けなかった

方もぜひ、こういう時に心を整えてみて下さいませ。

それがいずれ他人も幸せにできる元にもなるのですから。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 小さな発見にも大きく感動する心を持つ

 日常生活の中でも、私たちは知らないことだらけ。

初めて見るもの、初めて聞くこと、初めて知ることは

たくさんあります。

たとえ同じ物を見たとしても、昨年と今年とは

受ける物が違うかもしれませんし、

同じ本を読んでも、その時の状況や年齢によって

感じ方が違うものです。

そこに新しい発見があったりします。

 また、どのような些細なことでも、

それを気づきとして受け取れるか、

新しい発見だと認識できるかということも、

私たち次第。

表面だけを見ていたら、もしかして見逃してしまう

かもしれませんし、聞き逃してしまうかもしれません。

でも常に、新しいことに対する受容力を持っていれば、

些細なことにもアンテナが響き、気づくことが

できるのです。

 そして、大事なのはその気づきや新しい発見に対して

素直に感動する心、感激する心を持つことです。

ただ、ふう〜んと思うだけでなく、

心で受け止めて感じると、感性も豊かになってきます。

でも残念ながら、現代では、その感動、感激する心が

希薄になっているような気がしてなりません。

 もちろん大人になってから改めて、その感じる心を

大切にしていくよう意識していっても良いのですが、

本当は子どものうちにそのような心をしっかりと

育めると良いですね。

 現代は様々な情報が多く、一見、刺激的で

感情を揺さぶられることもあるように思えますが、

実は本質的なことに気づかなくなっていることも

あり得ます。

情報や刺激をそぎ落とし、本当に大切なものが

分かった時、私たちは本来の姿に戻り、

人間らしく生きていけるのかもしれません。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 セルフコーチングをすれば、気づきを得られる

 コーチングというのは、課題や問題解決、

目標達成に関して、様々な切り口から質問をして

自分の中の答えを探したり、気づいたりしていく

ものですが、だいたいコーチとのセッションで

それらが行われます。

でも、日常的には、そのようなことを自分自身で

できたら良いですね。

いわゆるセルフコーチングです。

 私たちはもしかして、いつでも大なり小なり、

不安と隣り合わせかもしれません。

そういう時に自分で自分に質問してみると、

気持ちが楽になったり、歩むべき方向が見えてきたり、

自分の本当の気持ちが分かったりするのです。

「不安なことは何?」

「どうして不安が募るの?その原因はどこにある?」

「不安をなくすために今できることは?」

「不安がなくなったらどのような感覚になる?」

「不安がなくなったら何ができる?」

「今まで不安に思っていたことでそれが本当に

そうなったことはどれぐらいある?」

「もう一度・・今できることは?」

・・このように質問していくと、

答えは必ず自分の中にあり、今まで漠然としていた

気持ちがすっきりとしてきます。

もちろん、不安に対してだけでなく、

いろいろなことに応用できますので、

ぜひ、皆さまも様々な角度から質問してみてくださいませ。

このような時だからこそ、落ち着いていたいですものね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 好きなことをめいいっぱい心で味わうと幸せになる

 ふと、子ども達が小さかった時のことを

思い出していましたら、本当に3人で、時々

喧嘩をしながらも、よく遊んでいたなと

とても懐かしくなりました。

工作が好きだったため、我が家には普通なら

ゴミ箱行きとなるガラクタが沢山あり、

そこから好きなものを集めて、いろいろな物を

作っていましたし、その他、紙粘土、

絵の具でコラージュ、パズルにレゴ・・。

リビングはものすごく散らかりますが、

ルールはただ1つ、最後は皆で協力して

自分たちで片付けること。

 今の小学生はお勉強もとても大変なのかも

しれませんし、息抜きはゲームが一般的かな

と思いますが、今我が子たちを思い返しても、

勉強をしている姿をあまり思い出さない分、

得意になって楽しそうに遊ぶ姿は

きっとその時とっても幸せな気分だったの

だろうなと懐かしく思います。

 好きなことを思いっきりめいいっぱい味わうと

幸せになるというのは、当たり前のこと・・と

思われるかもしれませんが、

でも、大人になると、幸せになるためには

どうしたらよいのか分からない・・と言う方は

思いの外沢山いらっしゃいます。

幸せになるには、好きなことを心でめいいっぱい味わって、

自分の心をしっかりと満たせば良いのです。

子どもの時のように・・。

それは、行動することでも、環境を整えることでも、

何でも構いませんが、少しでも好きなものに触れたら、

それをしっかりと心から喜べると、

少しずつでも幸せに感じる心が柔軟になってきます。

 そうすると、少し嫌なことがあったとしても、

自己否定したくなるようなことがあったとしても、

気持ちが楽になるはずです。

美味しいお食事を頂くこと。

大好きなデザートを頂くこと。

自然に触れること。季節を感じること。

澄んだ空気を吸うこと。星空を見ること。

好きな本を読むこと。好きな音楽を聴くこと。

好きなものをそばに置くこと。

好きな物を思い浮かべること。

大切な人を思い浮かべること。

身の回りの小さな幸せを沢山見つけてみましょう。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 初めの一歩

 初めの一歩というのは、本当に難しい。

どのように一歩を踏み出したら良いのか、

どの方向に向かって一歩を出したら良いのか、

迷って悩んでしまうから、難しいのですよね。

でも、これはみんな同じ。

よほど自信満々の方でない限り、

誰でも新しいことを始める時は躊躇してしまいます。

ですから、そのために、まずは明確なビジョンを持つこと。

それが自分の価値観や信念と合っているかどうかを確認すること。

いつまでにどのような状態になっていたいかを決めてしまうこと。

それに向かって今の自分のステートも整えておくこと。

そして、無意識に作ってしまっている自分の「枠」を外すこと。

など、様々な視点から考えておくと進みやすくなってきます。

その上で、では初めの一歩は何をしたら良いか、

ということが見えてくるのです。

でも、頭でそこまで分かっていて整えたとしても、

それでも実際、踏み出すのに迷いが出てきてしまう

ということも十分あり得ます。

そのような時は、完璧な一歩を踏み出さないと・・

と心の底で思っているからなのかもしれません。

でも、その一歩、全く完璧である必要なんてないんです。

もし違っていたり、何だかしっくりこなかったら、

またすぐにやり直しすれば良いのですし、

何回でも初めの一歩を踏み出しても構わないのですから、

考え過ぎずに、軽くポンと。

一歩が大変なら、半歩でも良いのですものね。

・・とこのように書きながら、

実は私自身に言い聞かせているんです。

まずはこれからのビジョンをもう一度しっかりと明確にして、

そして、一歩でも半歩でも良いから進んでみようって。

改めて感じているこの頃です。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 感情を上手くコントロールする5つのコツ

 今、なかなか思い通りにお仕事ができなかったり、

様々な情報や目の前の状況により、感情が乱れたり、

または、いつもと違う生活パターンになったことで

ストレスを感じてしまっている方もいらっしゃる

ことでしょうと思います。

でも、感情というのは、物事の捉え方や意味付け、

そして上手くコントロールすることで、

マイナス感情ばかりに占められていた心も

落ち着きを取り戻したり、楽になることが出来るのです。

 今日は自分自身で感情をコントロールするコツを

5つお伝えします。

以前もお話ししたことがあるかもしれませんので、

ブログでお読みになったことがある方は、

改めて確認したり、今の心の状態に照らし合わせて

みたりして下さいね。

 まずは、今自分がどういう感情であるのかを

しっかりと客観的に捉えること。

感情というのは内側から湧き出てくるものなので、

一旦、外側から冷静に、私はイライラしているのだな、

怒りが出てきているのだな、羨ましいのだな、

不安で仕方がないのだな、などと見てみるのです。

 そして、先入観を外すこと。

先入観を持っていると、固定概念にとらわれ過ぎて、

冷静な判断ができなくなってしまいます。

視野がとても狭くなってしまうからです。

 その上で、視点を変えてみること。

どう捉えるかは自分次第です。

普段から、たくさんの視点で見られるような習慣があると、

気持ちの切り替えも早くできますが、

なかなかそう上手くいかない場合は、少しずつでも

なるべく物事を柔軟に捉えられるようにしましょう。

 4つ目は、日頃から、頭で考えるばかりでなく、

心で感じることを大事にしておくこと。

そして、自分でその中のポジティブな感覚を

たくさん用意しておいて、いつでも取り出せるように

しておけば、ネガティブな感情が出てきても

うまくコントロールすることができるようになります。

 最後は、呼吸を大事にすること。

意識的に丁寧に呼吸をすると、心が整ってくるのが

実感できます。日常ではもちろんのこと、

ネガティブな感情がある時は特に、できれば腹式で

しっかりと息を吐き、そしてゆっくり吸うことに

集中して繰り返すと、次第に心が穏やかになってきます。

 人は様々な感情があって当たり前。

それならば上手に自分の心と向き合って、

整えられると良いですよね。

参考にしてみて下さいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→