おもてなし・マナー

 日本の襖には鍵がないのは・・

 昨日の日本料理店での研修では、2時間の講義の後、

実習も行いました。その時に襖の開け閉めの練習も

いたしましたが、まず襖を開けるということは

とても重要な行為です。

今の住宅事情ですと、和室が少なくなり、また、

和室があっても、礼をふまえて襖を開けるということは

あまり日常的にはないかもしれませんね。

でも、日本の襖と西洋のドアはお部屋の出入り口という

役割は同じでも、襖の方がはるかに日本的な奥の深い

意味があるのは、襖に鍵がないことからでも想像できる

かと思います。

 襖は、平安時代の掛け布団を意味した「衾(ふすま)」

に由来していて、寝ているところの仕切りとしても用いられて

いたと言われています。

日本は比較的安全な国であるため、お部屋に鍵をかける

という習慣はなく、襖でも十分仕切ることはでき、

またそこに絵を施すことによって芸術性も持たせていました。

 そしてお部屋に入る時には黙って勝手に入るということは

もちろんせず、中にいらっしゃるお相手のことを思って、

ドアのようにバッと開けるのではなく、

襖は三手で開けるという礼儀作法があるわけです。

まずは開ける前に、お部屋の中の空気を読み、そして

自分の息を整えてから、中の方との息を合わせるように

気持ちを寄せます。そして、三手のうちの一手、

少しだけ(5㎝ほど)開ける時には

「これから襖を開けて入りますので失礼いたします。」

という意味を込めています。

 襖の開閉にも礼儀作法があるのは、お相手に対する

思いやりを形にしているからなのですね。

鍵はなくても、心の鍵で信頼関係を築き、心地よい

心のやりとりが出来る日本人は素晴らしいと思います。

たとえそのような機会が無いとしても、

やはり、その精神文化は大切にしていかなければ

いけないのではないかと改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 受け取る側の気持ちを考える

 どなたかに贈り物をする時、あなたはどのように

品物を選びますか?

おそらく、お相手の姿やお顔を思い浮かべながら、

この方はきっと〇〇を喜んで下さるだろうとか、

この方は〇〇がお好きだと伺っているから、

これを贈ろう、などと考えながら品物を選ぶことと思います。

その時に受け取る方の気持ちを考えているわけです。

決して嫌がる物は選ばないですものね。

 贈り物に限らず、私たちは様々な人と関わる上で、

色々なものをお相手に贈ったり、伝えたりしています。

言葉や表情、態度やしぐさ、そのように目に見えない

ものも絶えず届けているのです。

ですからその時にも、やはり、プレゼントを贈るように

お相手の気持ちを考えることが大切です。

でも、プレゼントはお相手のところに届くまでに

時間があり、ゆっくり考えることもできますが、

言葉や表情、態度などはコミュニケーション上で

瞬時にお相手に伝わってしまう分

とても注意が必要になってきます。

 伝えたいけれどうまく伝わらない、とか、

そういうつもりはなかったのに、お相手に意図したことと

異なる解釈をされてしまったなどとという経験は

どなたにでもあると思います。

自分のフィルターや価値観とお相手のそれらとは、

最初から違うものだということを知り、理解した上で

伝える側は伝わるように気をつけなければなりません。

 表情はどうでしょう。

今は皆がマスクをしていて、お顔の半分以上が

隠れていますから、尚更、誤解のないように

そしてお相手の方が不快な思いをしないように

マスクの内側では最大限の努力をして、お相手に

気持ちよく伝わるように気をつけなくてはいけません。

「笑顔」はちゃんと届いていますか。

自分では笑っているつもりでも、他人からみて

「笑顔」だと認識できない場合もあることを

意識していることが大切です。

 本日久しぶりに行いました日本料理店での研修でも、

そのことをしっかりと確認して頂きました。

接客する時もとても大事なことですね。

日本人としての和の心とともに、お相手を慮るという

大切な心構えも共有できて実りある時間になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 

 人にも自然にもマナーを・・

 日中はまだ暑いものの、日が沈むと、

随分凌ぎやすくなり、虫の鳴き声が秋の訪れを

感じさせてくれます。

季節の移ろいは生命力の現れで、私たち日本人は

それを美しい四季でその自然を愛でることが

できるのですから、とても幸せなことですね。

ですから、目に見える自然だけでなく、本当は

目に見えない自然環境のことまでも考えて、

大切にしていかなければいけないと思うのです。

 気候変動、地震、火山、台風・・と自然災害は

突然やってきます。でも、これは地球にとってみたら

全く突然ではなく、なるべくしてそのような現象に

なっているのかもしれません。

ただ人間がそこまで意識を向けずに、地球上で人間の

思うがままに生活をしてきただけのこと。

 最近の大雨や豪雨も珍しくなくなってきました。

今日も夕方に突然ザーッと降り出して不安定なお天気。

水害もいつ起こるかわかりません。

コロナ禍で、いざという時の避難も迷うところだと

思います。でも、全てがオンラインでできるものでも

ありませんし、やはり人との関わり合い、支え合い、

心のコミュニケーションというものは大切です。

年配の方の社会的孤立を生んでもいけませんし、

地域との関わりがなく過ごしていると、感謝や思いやりの

気持ちを忘れて、有事に利己的な考えの人たちが増えるのも

避けたいものです。

 自然や地球に対する思いやり、そして人に対する思いやり

どちらも大切。

美しい四季があり、便利で豊かな国に暮らし、

さらにAI化やオンライン化が急速に進む中でも、

マナーはとても大切です。

自分を格好良く見せるのでもなく、見た目や形に

囚われるのでもなく、今の時代に本当に必要な「心」を

大切にするマナーを身につけて参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.26を配信いたしました。

今回は、ありのままの自分でいることの大切さ

そして、それを大切にすると人間関係もうまくいく

というお話をしております。

「等身大の自分を好きになると 人間関係もうまくいく」

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 マスク姿だからこそ、より心のこもった挨拶を

 新型コロナウィルスの流行は様々な面で

大きな変化をもたらしましたが、コミュニケーションの

あり方も大きく変えてしまいました。

でも、変化だ、ニューノーマルだ、とは言っても

私たち人間としての本質は変わらないのですし、

逆に変えずに大切にしていかなければいけないのです。

原点に戻ったり、本当に大切なものを改めて見直して

大事にしていくことも考える必要があります。

 その中の1つが挨拶。

挨拶は社会生活の中で基本中の基本であることは

誰もが認識していることだとは思いますが、

その挨拶を心を込めてやっていますでしょうか。

この挨拶から人とのコミュニケーションがスタート

するのですから、ここでの印象の良し悪しが

その後の関わり方にも影響します。

 今は皆がマスク姿。口元が見えず、伝える視覚的情報も

伝わってくる情報も目だけになります。

もちろんお相手の目を見て話すというのは

マスクをしてようがしまいが、とても大切なことですが、

それだけでなく、やはり挨拶の言葉の意味も理解して、

それを意識して言葉に心を乗せることも大切です。

「おはようございます。」は朝早くから働く人を労う言葉で、

もともとは早朝に田んぼで働いている人に向かって

旅人が「朝早くからご苦労様です。」という意味で

声をかけたことからできたとも言われています。

「こんにちは。」は「今日はご機嫌如何でしょうか?」

「ありがとうございます。」はその有り難いことに

感謝の気持ちを込めること。

「いただきます。」は自分の命を長らえるために

他の生き物の命を感謝の気持ちでいただきます、

ということ。

「ごちそうさまでした。」はその命のエネルギーを

頂いたこと、そしてお料理を作ってくれた人に対して

ありがとうという気持ちを込めて。

 挨拶というのは、私はあなたの存在を確認しました

ということと、私はあなたの敵ではなく仲良くしたい

という気持ちを表していますので、その意味も知って、

その言葉を丁寧に使い、心を込めてお相手に

伝えなければいけません。

 最後に、江戸しぐさに「後引きしぐさ」

というのがありました。

お迎え三分にお見送り七分の精神です。

別れ際には特に丁寧な挨拶をして、お相手から

また会いたいと思っていただけるように心がけたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.26を配信いたしました。

今回は、ありのままの自分でいることの大切さ

そして、それを大切にすると人間関係もうまくいく

というお話をしております。

「等身大の自分を好きになると 人間関係もうまくいく」

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 希望は心の中に・・そして明るい日がやってくる

 今までの歴史の中でも、人々の生活を脅かした

地震や津波、台風、病気は様々あり、大混乱の上、

また立ち上がり、乗り越えてきました。

日本人の精神は繊細さと強さを両方持ち合わせて

いるのではないかと思います。

よく希望の光が差し込む、という表現をいたしますが、

「希望」は本来は個々の心の中にあるもの。

今のこのような世の中で、新しい生活様式を・・

というように言われていて、その新しい時代の中でも

大事なのは、個々の中にある思いやりと、

それを形で表したものだったりします。

 また、私たちは歴史から学ぶことも多くあります。

昔の人たちはどのように大きな壁を乗り越えてきたのか、

どれだけ本気を出してその学びの中から「希望」を

見い出してきたか。

 私たちの心の中で芽生える純粋に大事なものは

結局は人と人とのつながりだったり、結びつきかも

しれません。

思いやりの精神。助け合いの精神。優しさや愛。

それらは今の web社会であったとして同じように

大切なことです。

 たとえ個人的な問題でも、社会問題があったとしても

世界中のどこかでは朝がきています。

「いつも世界のどこかで朝が訪れている」

      by  リチャード・ヘンリー・ホーン

明るい朝はまた訪れます。

明るい日、と書いて「明日」。

心の中の「希望」を大事にし、直面した様々なことが

負の感情をもたらすことがあったとしても

希望の明日が来ることを信じて前に進んで参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.18 を配信いたしました。

「モチベーションを高めて維持する方法」を

お伝えしております。

是非参考にしてみてくださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

「美味しい」と感じる五感を大切に・・

 日々私たちが様々なものを頂いて

「美味しい」と感じるのは、味覚が一番だと思われがち

ですが、実は味覚は「甘い」「しょっぱい」「苦い」

「酸っぱい」「うまい」を区別することができても、

「美味しい」と感じるのはわずか数%にしかすぎないと

言われています。残りは他の感覚が同時に働いてこそ

「美味しい」という感情が生まれるのです。

 人間には味覚、視覚、聴覚、触覚、臭覚があり、

私たちはお食事を楽しむことができますので、

五感というのはとても大切です。

どんなに素晴らしい食材でも、不潔な空間で、

1人で寂しく発泡トレーのようなもので頂いたら、

美味しさも半減以下となるのは、想像できますね。

 そしてまた、視覚的環境もとても大事で、

それを100%とすると、目の前のお料理はわずか5%、

食器や小物類が30%、周囲に見えるものが65%の割合で

それらから私たちに視覚的感覚の影響を受けます。

どれだけその食空間が大切かということなのです。

 以前もこのことはブログに書きましたが、

本日とても久しぶりにテーブルコーディネートの

レッスンをして、改めて感じたものですから、

またお伝えしたくなりました。

 昨日配信いたしましたYouTubeでも、私の普段のお食事の

ことをちらっとお話しいたしましたが、

手の込んだことはせず、いかに簡単に作って、

いかに美味しく見えるように盛り付けるか、そして、

視覚的環境を整えるかを意識するだけで、

美味しさは全く変わってきます。

最初にお話ししましたように、美味しいと感じるのは

味覚からはたった数%しか影響しないのですから・・。

 テーブルコーディネートというと、とてもフォーマルな

テーブルだと勘違いされてしまうのですが、

そうではなくて、毎日の食卓で季節を感じたり、

会話を楽しめるようにほんの少し工夫することなのです。

すっきりしないお天気が続くような時は、

爽やかな感じのテーブルにしたり、食欲がなくなるような

時には、少しでも食欲が出やすいような雰囲気や

夏らしく元気が出るような雰囲気にするなど、

私たち日本人は特に季節を大事にしますので、

それを食卓でも楽しめると良いですね。

是非、少しそのことを意識して工夫してみて下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.17 を配信いたしました。

様々なご質問から9つをピックアップして

お答えしております。

今回もパーソナルなことをお話ししておりますが、

よろしければご覧頂けましたら嬉しいです。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 どうしても人はネガティブな方に向かいやすいので・・

 たとえ10個の幸せがあったとしても、

1つ、何か嫌なことやネガティブな感情が

沸き起こることがあったら、人はどうしても

そのたった1つの嫌なことに意識が大きく

向かうようになってしまいます。

また、出来ることが沢山あるにも関わらず、

出来ないことが1つあると、それがとっても

気になって、自分はどうして出来ないのだという

思いばかりが頭の中を占めて、なかなか前に

進めなかったり、自己否定までしてしまうことも

あり得ます。

良いことが10個あっても、1つの嫌なことのために、

その良かったことも無かったかのように思えてきては、

もったいないことですね。

 いつも言いますように「あること」に目を向けましょう。

無いこと、嫌なことばかりに目が行きがちですが、

それでも意識していれば、そのうち、良いことしか

見えなくなるかもしれまえん。

もちろん、人生、辛いことや悲しいこと、大変なことは

あるものです。それを否定する必要はありませんが、

でも、それでも、今「あること」に

目を向けていると、だんだん、幸せも増えてくるもの。

 自分の意識次第、捉え方次第なのです。

あれも出来ない、これも出来ない・・と

自分の枠を自分で作ってしまうというのも、

どうしても、ほんの少しのネガティブ感情に

引っ張られてしまうから。

あれなら出来る、これなら出来る・・と

小さな出来るを見つけていくと、

自然にポジティブな感情が生まれてきて、

幸せ脳も作れるはずです。

 現実はしっかりと見ないといけませんが、

最近は暗い情報ばかりが耳に入ってきて、

頭の中も心の中も、暗くなってしまいがち。

でも世の中、それだけではありません。

それぞれの環境、それぞれの役割、それぞれの

出来ることを考えて、今あるものを活かして

参りたいですね。

 余談ですが・・

私のテーブルマナーについての文章が掲載されている

プリザーブドフラワーの雑誌『 Pre Fla 』春・夏号が

発売になりました!

今は会食などができず、我慢の時ですが、

世の中が落ち着きました時に、ご友人と楽しい

お食事ができますことを心待ちにしながら、

せめて、今は雑誌を眺めながら楽しんでみて下さいませ。

お手に取ってご覧頂けましたら光栄です。

こちらからもお求めいただけます。→

よろしくお願いいたします。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 一回一動作

 今日、ある集まりがあり、様々な情報交換をし、

情報交換をしながらも、皆の共通認識は

情報に振り回されない、ということでした。

本当にそのように思います。

人から聞くものだけでなく、ネット情報も

数知れずありますから、上手に取り入れ、

自分の責任の元で賢く判断して参りたいですね。

 そしてその集まりの最後に、なぜか、

マナー講師として何かマナーのポイントを!

と言われ、今日のテーマとは全く違いましたが

「ありがとうございました。」と気持ちよく

挨拶をするやり方をお伝えしました。

 何と言ってもポイントは「一回一動作」です。

つまり、同時に2つのことをやらないということ。

挨拶をする時は特に、発する言葉と、お辞儀が

同時になりがちです。

でも同時にしてしまうと、せっかく心を込めて

言ったはずの言葉が、床に向かっていくことに

なってしまいます。

ですから、「ありがとうございました。」と、

お相手の目をしっかりと見てから、言葉を発し、

そして次にお辞儀を丁寧にするのです。

このほんの少しの意識が大きく印象を変えていきます。

 先日の准看護学校での講義の時もそうでした。

学生たちは、お辞儀しているのかしていないのか、

挨拶したのかしないのか分からないような、

とりあえず立って身体を傾けてみた・・

とでもいうような挨拶をしたので、

このポイントを教えましたら、見違えるような

気持ちのよい挨拶に変わりました。

 明日も講義です。

皆に会うのが楽しみですが、

ちゃんと覚えていてほしいなと思います。

 そして挨拶時だけでなく、どのような場でも大切な

「一回一動作」

是非皆さまも心がけてみて下さいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 音のマナー

 たとえば、レストランでお食事をする時、

大声で話したり、大声で笑ったりしていると、

周りでお食事を楽しんでいる方々のご迷惑になってしまう

というのは、皆さまもご経験上、周知のことと思います。

落ち着いた雰囲気な場所であれば尚のこと。

ご自分たちの世界に入ってしまって、

周りが見えなくなってしまうというのは、

とても残念な状況です。

声はBGMに合わせた音量が望ましいですね。

   音というのは、思っている以上に、人に不快を与えたり、

またはそれによりストレスまで感じる方がいらっしゃる

ということを、私たちは常に理解していないといけません。

立ち居振る舞いと同じように、

心を配らなければいけないマナーでもあるわけです。

   昨日、東京行きの電車で、音の嵐(?)に遭い、

びっくりしました。

まずは、物凄い大きないびき。でも、これはご本人の

意識以外のことですので仕方がありません。

イヤホンを忘れてしまった私は残念!と思っていたところ・・

電車が踏み切り内の点検、ということで止まってしまいました。

いびきの男性はそのことにも気付かず、構わずにお休みでしたが、

今度は通路を挟んでお隣の男性が、お連れの方に対して、

それはそれは大きな声で、電車が止まってしまったことに

対する文句を言い始めました。

特急ひたちはよく止まって遅れますので、

どんなに長い時間でも、あまり文句を言う方と

一緒になったことは今までありませんでしたが、

昨日は、散々言っていらしたので、

ご自身にとっても、そのような言葉を使ったりすると、

その言葉の影響を大きく受けるのでは・・と心配になる程。

もちろん、それを耳にする周りの方たちは

良い気持ちはしないですよね。

電車は30分ほどで動き出したので良かったのですが、

その後・・というより、その前からも、

携帯のピロリ~ンという着信音が後方から何度も聞こえ・・

そして極め付けはパソコンの

カチカチカチカチ、カチャッ!

カチカチカチカチ、カチャッ!

という音が鳴り止まず・・

本当にすごい状態でした。

音や声というのは、自身が感じる以上に

周りは不必要にキャッチすることになり、

その音で疲労感さえも与えてしまうことになります。

ですから、とても気をつけないといけないことなのです。

   マナーというのは、いかに一緒にいる方と

心地よい空間を作れるか、というのがとても大切。

かっこよく見せるものでもありませんし、

特別なことでもありません。

日常でも、お相手に対して、あるいは周りの方々に対して

思いやりの気持ちを持つようにするということですので、

誰もが普通に、そのような感覚でいられると、

もっともっと心地よい社会になるのでしょう、

と改めて感じました。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 姿勢が正しくなると心も変わる

 周りの方々に、信頼感、安心感を与え、

好感を持たれるには、私たちはまず、どのように

したら良いでしょう。

第一印象の決め手は、やはり「姿勢」です。

どのような姿勢でいるのか。立っている時、

座っている時、歩いている時・・自分の認識以上に

周りの方たちは見ています。

そして姿勢が悪いと、なおさら目に止まってしまう

かもしれません。

これは、世界共通、プロトコールマナー(国際標準マナー)

でも同様です。

「正しい姿勢」であることはとても重要なのです。

 なぜ、「正しい姿勢」が大切なのかと言いますと、

正しい姿勢でいると、内臓が本来の位置におさまり、

血液の流れも良くなって、脳の働きが活性化。

そして精神状態が安定するからなのです。

単に見た目を良くするため、ということだけではなく、

自分を大切にする習慣と、周りの方たちを思いやる心の

ゆとりを持つことが大事で、そのために、

マナーの基本として「姿勢」を整えなければなりません。

 姿勢が正しくなれば、心の持ち方も変わり、

心の持ち方が変われば、空間が心地よくなり、

心地よい空間があれば、素敵なコミュニケーションを

とることができるようになります。

まずは背筋を伸ばし、重心を下げて、上半身はふんわりと・・。

正しい姿勢を心がけましょう。

 マナーレッスンでも、まずは素敵な立ち居振る舞いのために

姿勢を正しくするところから行います。

そこから皆さま、ぐんぐん内側からの魅力を引き出されるので、

素敵ですね。