おもてなし・マナー

 レディファーストの起源はちょっと怖い!?

 昨日のブログで序列の重要性のお話をしましたが、

その続きで、今日は「レディファースト」について。

まず、世界共通マナーや国際儀礼と言われている

プロトコールの5原則の1つに、

その「レディファースト」が掲げれています。

皆さまご存じの通り、建物やエレベーターなどの

出入りの時に女性を優先したり、

乗り物だけでなく、道を歩く時の位置にも

女性を守る配慮があったり、着席の際に女性の椅子を

引くなど、様々な場面で行われていて、

女性にとって心地良いだけでなく、

男性にとってもスマートさが現れる瞬間でありますが、

実は元々は正反対の意味合いを持っていたのです。

 道を歩けば刺客が現れ、お食事の時にも毒殺などの

暗殺が頻繁に起きていた中世ヨーロッパにおいては、

実はナイト(騎士)が自分を守るために、まず、

一緒にいる女性を暗い建物などの中に入らせて

様子を見たり、食事も女性に先に勧めてお毒見を

させていたのです。

この時代は、女性は男性の身を守る「盾」の役割だった

のですね。ちょっと怖いですね。

 また、男性中心の時代でしたから、淑女として、

女性は男性の行動を妨げないように

先に準備して迎えたり、男性より行動を先に済ませる、

また、お食事は男性より先に女性が終わらせて退出し、

男性の食後の談話に加わらない・・などという

習慣もあったようです。

 それが時代を経て、次第に、男性が女性をいたわり、

守るためのマナーとして変化し、現在に至っています。

「盾」の役割になる必要がなくホッとするところですが、

それでも現代の「レディファースト」が当たり前だ

というように思わず、男女がお互いに心地良い気配りが

出来るようになると良いですね。

 また最近は、ジェンダーフリーの考え方も浸透してきて

社会的性別を前提とした男女の役割に囚われずに

一人一人が自由に行動、発言、選択できるようにしていく

ということが言われ、男性だから、女性だから・・

男性らしく、女性らしく・・という言葉の使用も

配慮しなくてはいけない時代になってきました。

時代とともに様々な社会的背景、そして文化、習慣も

変化していきますから、「レディファースト」という

定義も、もしかしたら無くなる日が来るのかしら?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.56を配信いたしました。

こちら

どのような状況であっても1人1人にとって大事なのは

「今を大切に生きる」ということ。

それはどういうことなのか、どのようにしたらよいのか

そのヒントをお伝えしております。

是非、ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 序列〜自分の立場を認識する〜

 私たちの社会では必ず、上司と部下、先輩と後輩、

先生と生徒、接待側と訪問側・・・などというような

関係の中で序列が尊重されます。

でも実際は、尊重されなくてはいけないところを

あまり意識しないで生活していたり、何となく

こうすれば失礼がないかな・・ぐらいで接したり

している場合も多いのではないかと思います。

 序列の重要性、序列に配慮するということは

世界共通のマナー、国際儀礼でも重きを置かれて

いるほど実はとても大切なことです。

でも、常に変わらずにお伝えすることは、

マナーというのは決してルールではないということ。

必ずそのルールとなる形と振る舞う自分の心が

セットになるということが大切。

それを踏まえた上で、やはり、お相手に対する

思いやりや、目上の方への敬意表現として

世界どこででも失礼になることがない

決められたルールというものがあるのです。

 本日はレッスンで序列についてかなり細かく

やりましたが、なかなか難しいものです。

色々なシチュエーションがあります。

エレベーター、エスカレーター、階段、自動車、

電車、和室、洋室、会議室など、様々な場所、

そして様々な状況や造りによって、私たちは

お相手をどちらにご案内し、自分はどの位置に

いるのが良いのかということを考えなくては

いけないわけです。

 でも大事なのは、形に囚われるのではなく、

気配りの基本でもありますように、

自分は今どのような立場で、何の目的でお相手と

接しているのか、ということを認識していることです。

ですから、ルールでは決まっていますが、

お相手の方がより心地よくなるために

どの場所にいらして頂くのが一番良いのかということを

考える柔軟性も必要ですね。

 序列を考える中で1つポイントをお伝えするならば、

世界共通マナーでは「右上位」そして

日本に限ったマナーでは「左上位」ということを

頭に入れておくとお役に立つかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.56を配信いたしました。

こちら

どのような状況であっても1人1人にとって大事なのは

「今を大切に生きる」ということ。

それはどういうことなのか、どのようにしたらよいのか

そのヒントをお伝えしております。

是非、ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 暮らしに役立つマナーは思いやりから

 本日はいわき市内のホールにて、

「今さら聞けない・・暮らしのマナー」講座で

お話をさせて頂きました。

(財)エウテルピス音楽芸術文化財団 主催で

ウィルス感染防止対策を徹底しながら開催されましたが、

それでも様々なご心配やご不安がある中、多くの皆様に

お越し頂き大変嬉しく思いました。

 今回は前回の講座後にもう一度マナーをテーマに

やってほしいというご要望が多かったため、

同じように「暮らしに役立つマナー」としてお伝え

いたしましたが、ブログでもどこででも、いつも

私がお届けする大事なメッセージは1つ。

お相手に対する思いやりを大切にすること。

そのためには自分自身も大切にすることです。

それがマナーという形で表れた時に、

人と人とのお付き合いの中で心地良い時間や空間を

作ることができ、温かいやりとりが生まれるのです。

 その思いやりの心を忘れなければ、決められた形や

ルールから多少ずれたとしても、それで周りの方々に

不愉快な思いをさせることはありません。

でもルールばかりを気にして、そこに心が伴わなければ

やはり心地良いやり取りができないこともあり得ます。

 一言で「マナー」と言っても、やはり一言では言い切れない

奥深さがある「マナー」。

「自然界に生きる全ての生命は等しく尊い」ということを

前提に考えますと、命を尊ぶ気持ち、感謝の気持ち、

お互いを思いやる気持ち、敬う気持ち・・そのような

人として大切な心を、私たち人間は生きていく上で

大事にしなくてはいけないと思うのです。

 今回は暮らしの中であり得る様々な事柄も例にして、

なぜそうなるのかということも意識して頂きました。

なぜ、という理由が分かり、それを日々の暮らしで

何度も繰り返して意識しながら行動できると、

その1つ1つの心がけがとても輝く素敵なものに

なりますね。

本日も感謝の気持ちで溢れる素敵な時間になりました。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.55

「新時代、自分のペースで進んでいくためには」

を配信いたしました。→こちら

新年度になり、新たな気持ちで自分らしく

前に進んでいけるように、今月も拙著『夢の音読』から

抜粋してメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 言葉のマナーも大切です

 新年度に向けて、新たなお仕事に就く方や

新任地で気を引き締めていかなければ・・と

感じている方は尚更、今はちょうどマナーを

意識する時期でもありますね。

でもお仕事をされていなくても、日常の中で

これはどうしたら良いのかしら、と思うことも

あるでしょうし、知らずにマナーに即していない

ことをやってしまっていた・・と後から分かって

冷や汗をかいたということもあるかもしれません。

 しぐさや立居振る舞い、目に見えるところで

お相手が不愉快にならないようにすることは

とても大切ですが、同じように、言葉遣いも

とても注意が必要です。

その中で、敬語もまた古くからとても重要な要素に

なっています。

それだけ難しいと感じている方も実は多く、

若い方達に至っては、なかなか上手く使えないし、

そもそも知らない、という方が多いのが実情です。

会話の中ではよほど失礼なことを言わない限り、

敬語が多少間違っていたからと言って、

その関係が壊れるということはありませんが、

やはり、社会人として人と関わる時に、正しい敬語を

使える方がより信頼関係を築きやすくもなります。

 では、どうして正しい敬語を使わなくては

いけないのでしょう。

それは、お相手に対する敬いの気持ちを表現するため。

そして尊敬語、謙譲語、あるいは丁寧語を織り混ぜて、

その言葉遣いで話している人の品位が分かります。

正しい敬語を使っていれば、信頼感を得られやすいですし、

お相手方が話されている敬語を聞くと、

その立場や上下関係が分かる場合もあります。

 でも実際は、尊敬語と謙譲語が混同されていたり、

二重敬語になってしまっていたり、はたまた

全く敬語が使われずに話されているのを耳にしますと、

いくら言葉は時代とともに変化するとは言え、

もう少し、日本語というものを丁寧に扱い、

しっかりとお相手に対する尊敬の気持ちを言葉で

上手に表すことが当たり前のことであって欲しいと

思うのです。

 敬語というのは一朝一夕で身につくものでは

ありませんから、常に言葉を使う時に意識することが

できると良いですね。

レッスンでも生徒様には様々な気づきがあったようで

良かったです。

是非、日々の生活の中で生かして頂きたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.51を配信いたいました。

「自分で自分を楽しませるには」→こちら

ご覧頂けましたら嬉しく思います。

『夢の音読』も音読しております。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 名乗るときのマナー

 マイナンバーカード交付申請の案内が届きました。

未だマイナンバーカードを作っていないためですが、

もう全てコンピューター管理される時代になりましたね。

便利になると言えばそれまでですが、やはり全て

登録管理されることに僅かながらの抵抗で、

カードは作らないままでいたのです。

番号が既にあるわけですから、カードを作らないという

抵抗はあまり意味はありませんけれどね。

 鎌倉時代の武将は、戦いの時に自分の姓名や身分、

出身地などを大きな声で名乗っていました。

戦いで手柄を立てた時に、それが自分であるという

証拠になるためで、名乗りをあげている間は攻撃もしない

という暗黙のマナーがあったそうです。

自分自身に誇りと信念を持つその威勢の良さは

憧れの対象にもなるのが分かる気がいたします。

 アナログタイプの私も、ネット、オンラインの世界に

なんとかついていけるよう頑張っておりますが、

やはり全てがコンピューター化されてしまうのも

味気なく感じ、せめて名乗る時ぐらいは、誰もが

お互い心地良いと感じられるような空気感を作り、

そこから良い人間関係を築くことができるような

コミュニケーションは大切にしてほしいと願います。

 日本のビジネスでは、初対面の時に名刺交換を

いたしますが、それも気持ちよくできるとよいですね。

名刺交換のマナーというのもありますが、

1つだけここでお伝えするとすれば、

立居振る舞いで心に留めておきたい「一回一動作」を

考えると、名刺を渡しながら名乗るのではなく、

笑顔でお相手の目を見ながら名乗ってから

名刺を渡すと、とてもスマートです。

自分の名前を誇りに思い、

お相手のお名前も大切にするために、

交換した後の名刺の扱いにもお気をつけて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 お相手の思いを汲み取る

一昨日は共感のこと、昨日は言葉に心を込めることの

大切さを書きましたが、

今日は、准看護学校での今年度最終講義でも

心地良いコミュニケーションについて話して参りました。

心地良いコミュニケーションのことは様々な角度から

ブログでも何度もお伝えしておりますが、

コミュニケーションは単に言葉を伝える

というだけではありません。

非言語の部分が影響することもとても多く

お相手に与える言語情報、非言語情報の両方を

意識する必要があります。

表情、身振り、手振り、態度、服装、髪型から

話し方のトーンや声の大きさ、スピードなど、

安心感、信頼感のあるコミュニケーションに

するためには、様々な点に注意を払い、

聴いたり伝えたりしなくてはいけませんが、

それを頭だけで理解しようとすると、

頭でっかちになってしまいます。

全てはお相手の思いを汲み取るため。

心地良い、というのは自分が心地良いのも勿論ですが、

まずはお相手が心地良く感じられないといけませんね。

同じことを伝えようと思っても、

受け取る側の価値観、考え、環境、経験・・

などが自分とは違うとなると、

違うことを前提にしながらより良いコミュニケーションが

できるように工夫する必要があります。

 勿論それは看護師に限らず、会社員であれ、教師であれ、

サービス業に携わる方、そして親子、友人、恋人、夫婦・・

どのような人間関係においてもお相手の思いを汲み取る

ということは根底になくてはならないものなのです。

 今日は朝の講義でしたので、その後、ちょっと

スターバックスに寄りました。

スターバックスの温かい接客のことも時々書きますが、

与えられたマニュアルだけでなく、それ以上に、

スタッフの方々が、その場、その時の状況で

何がゲストにとって一番心地良く感じられるか、

どうするとそこで過ごす時間がとても満足したものに

できるのか、ということを考えて、独断で

ベストなサービスを提供し、スタッフとゲストの間で

心地良いコミュニケーションをとることが出来るよう

にして下さるその想いに今日も触れ、やはり流石だな、

と感じました。

美味しく頂くだけでなく、学ぶことが沢山あります。

「お相手の思いを汲み取る」

常に心がけて参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.46を配信いたしました。

「変化の中にこそ 成長がある」→こちら

これから、暖かい春に向かい、時代とともに

私たちも変化していく時期です。

その中でできることを考え、行動に移していく

ことが大事な時です。

今回も月の初めですので、拙著「夢の音読」から

抜粋して、メッセージをお届けしております。

ご覧頂けましたら、嬉しいです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 一方通行の気配りでストレスを感じないように

 どのような場面でも、どのようなお相手でも

そして同じように繰り返される日々の生活の中でも

気配りができる方というのは、とても素敵ですね。

さりげない気配りはもしかして、お相手には

気づかれていないかもしれない、ということも

あり得ます。

それでも周囲に常に気を配れる方、優しさや

思いやりを周りの人たちに与え続けられる方が

いらっしゃると見習わなくては、と思います。

 ただ「気配り」とひとことで言っても色々あります。

まず注意しなければいけないのが、その気配りが

余計なお世話になっていないか、ということです。

自分が良かれと思ってやったことでも、

お相手、周囲の人たちにとって、本当に嬉しいと

感じるものなのか。そこを踏まえた上での

思いやりがあると素敵です。

何においても、受け取り方や感じ方は十人十色。

同じことをしても、喜ぶと感じるかはそれぞれ違う

からです。

 そして、けっして、代償や見返りを求めないこと。

その分何かをして貰おうと思わないにしても、

ありがとう、と言われなかったり、感謝されなかったり

した時にがっかりしないということです。

もちろん、ありがとうと言われれば嬉しいですが、

たとえそうでなくても、自分の行為そのものに

自分で嬉しいと感じていることが大事です。

そのためには、自分自身の心と体を大切にして、

気配りができる「ゆとり」をしっかりと自分の中に

持っていることが大切ですね。

『衣食足りて礼節を知る』

着るもの食べるものなど、生活が整って初めて

道徳心が高まり礼儀を知るようになる、

ということ。

他人のために尽力するにも、決して自分自身を

疎かにせず、自分に対して気配りをしてから、

他人への気持ちの良い気配りができるようにして

参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『エクラの風』Vol.45を公開いたしました。

【「褒める」ポイントと注意点】です。→こちら

褒めることに関しても、やはり、人それぞれ、

喜ぶポイントが異なりますから、

スムーズな人間関係を築くために

是非褒め上手になれるようにいたしましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 視線の大切さ

 オンラインでお話をする時に、親しい間柄なら

あまり問題はありませんが、会議や仕事上での

会話をしなくてはいけない時に、どなたでも、

違和感を覚えた経験をお持ちではないかと思います。

もちろん、タイムラグがなくてお話しできるので

とても便利ではありますが、対面で話すのと

オンラインで話すのでは何が違うのかと言いますと、

それは「視線」です。

私たちの会話では、「視線」がとても重要で、

それに伴い「うなずき」があることで、

お互いの間に共感が生まれたりするのですが、

画面越しですと、カメラと画面の位置が異なるため、

視線を合わせることができないのですね。

それだけ、コミュニケーションでアイコンタクトが

重要なわけです。

 日本人は江戸時代の武士社会で、厳格な作法があり、

主従関係などで視線を合わせるということを

あまりしなかったためなのか、アイコンタクトは

苦手だと言われています。

ただ、西洋文化も入ってきて、時代とともに

お相手と視線を合わせることはマナーの1つ

としてとても重要になりました。

 アイコンタクトが苦手な方はもしかして、

今のオンラインでの会話は馴染むのかもしれませんが、

やはり、対面の時には、きちんと視線を合わせて

会話をし、心と心の交流ができるようにすることが

とても大切です。

 現在は全員がマスク着用のため、目だけしか

お相手に見えることがありません。

「目は口ほどに物を言う」と言われますが、

お互いの目だけでしか表情を読み取ることができない

のであれば尚のこと、お相手に気持ちがきちんと

伝わるような目の表情も気をつけなくては

いけませんね。

「目は心の窓」なのですから・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』の新しい動画では、

「ネガティブなことに負けない意志の力」の大切さを

お話しております。→こちら Vol.44

 不安は不安を引き寄せ、ネガティブな感情は

ネガティブなことを引き寄せたりしますが、

そのような連鎖にはまらないようにする3つのコツも

是非、参考にしてみて下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 バランスのとれた立ち居振る舞い

 バランスを取ることは、何においても大事で、

栄養バランス、心のバランス、身に着けるものの

色のバランス、形のバランス、そして、陰陽のバランス

などと様々です。

そこからも分かりますように、目に見えるものから、

目に見えないものまで、特に、目に見えないものに

関しては意識していないと、どうしても偏ってしまう

ことは大いにあり得ます。

 立ち居振る舞いも同様です。

立ち居振る舞いとは、立ったり座ったりすることや、

その他の動作、行動ということですが、

なぜ、それにバランスが必要なのでしょう。

 美しい立ち居振る舞いは、マナーの基本の1つです。

マナーというのは、いつも言いますように、

自分をかっこ良く見せるものではありません。

全て、他人に対する思いやり。

ということは、立ち居振る舞いも、自分が

かっこ良く、綺麗に、美しく見えるように

するためのものではなく、周りの人たちが心地よく

過ごせるために、不快な思いをしないように

するために意識を向けることが大切なのです。

 そこで、バランスのとれた立ち居振る舞い、

調和のとれた立ち居振る舞いによる心地よい空間を

作ることが出来ているのか、是非皆さまも

ご自身を振り返ってみて下さいませ。

 そしてマナーは学んだもの、得た知識によるものを

そのままやれば良いものでもありません。

お相手の状況やその場の雰囲気に応じて振る舞うことが

とても大切です。

また何気ない動作や振る舞いが、お相手を知らない内に

不愉快にさせてしまうこともありますので、

常に調和を意識することが大事なのです。

 より良い人間関係、より良いコミュニケーションを

取るためには、お相手を思いやり、決められたことを

やるのではなく、色々と工夫しながら振る舞えるよう

人間力を磨いて参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.41を配信いたしました。

「肩の力を抜いて 手放してみよう」→こちら

 目に見えるものでも、心の中でも、

不要なものがあると、自分自身のエネルギーや

波動を下げてしまいます。

是非「手放し」の大切さについて、

動画でご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 マナーを知る時に必要な 例外

 これから年越し、お正月という大きな行事が

ありますが、これは地域や家庭によって様々です。

年中行事や風習、生活様式など地域それぞれで異なり、

また時代の変化とともに変わってくるものもあります。

そして日本の中での地域による違い、また国同士の

文化や価値観の違いなどがあるからこそ、

その異なる価値観やライフスタイルの人たちが

集まることがある時、心地よい人間関係を築くために

共通のルールが必要になるわけです。

それが世界共通の国際儀礼であったり、

その地域社会におけるマナーだったりします。

でもだからと言って、ただただ、その形式を知れば良い

というものではなく、必ず、何故そうするのか、という

理由をしっかりと理解しておくことがとても重要なの

ですが、そこが疎かになってしまって、ルールや形式

さえ知っていれば良いという考えの方がいらっしゃると

とても残念に思います。

 やはり、全ての根底にあるのが

お相手に対する「思いやりの心」です。

プライベートにおいてもビジネスにおいても

マナーのいわゆるマニュアルにはない例外がたくさんあり、

むしろその例外を臨機応変にできてこそ、

マナーを身につけていると言えるのですね。

 その場所やお相手がどのような状況なのか、

自分はその場では、どのような立場に置かれているのか、

そして、お相手にとって心地よいと思えることは何か、

瞬時にして考えるべきことは実はたくさんあります。

それはルールではなく、自分のこれまでの経験や知恵、

そしてハートなどを総動員してベストな方法で

振る舞えるようにすることが大切なのです。

レッスンでも、たとえ形としてのマナーを学んでも、

その根底にある大切なこと、その先にある大切なことまで

心を配ることができ、人としてのあり方を大事にできる

ようになって頂きたいといつも思います。

 今のこの世の中が大きく変わる時代でも、

便利な世の中になったとしても、いつの時代でも

必ずどのような形であれ、人と人との関わり合いが

あります。ですから自分よがりの振る舞いにならず

常に他者の存在を大事にして、思いやりのある態度で

接することが出来ると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.39 を公開いたしました。

「変化を受け入れて 未来に繋げるには」→こちら

この今年最後の月の過ごし方で、新しい年の迎え方も

変わって参りますから、2020年の振り返りのヒント

として、ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→