起こること全てに意味がある

 今日、ある場所の窓辺から外を眺めていると。

小学生たちが、ちょうど下校して歩いてきました。

黄色いお帽子をかぶった1年生と、

2年生、3年生ぐらいの子たちがゾロゾロと・・。

我が子たちは皆、大きくなってしまったので、

小さな小学生たちの大きなランドセルを背負った姿は

本当に微笑ましく、可愛く思えてなりません。

 それはそうと・・

その小学生たちをよく見ていると、

結構ムダと思えるような動きをしているのです。

決して大人はしないような動き。

あっちに行ったり、こっちのお友達の方に戻ってみたり、

道端にあるものに関心を持ったり、

立ち止まって振り返ってみたり、ジャンプしたり、

回転したり、空を見上げたり・・

見ていると本当に飽きません。

でも、このムダと思えるような行動は、彼らにとって

全て意味があり、成長していく過程で、とっても必要なこと。

私もよく小学生の頃、道草をしていましたが、

この道草こそが大切なのです。

発見、気づき、考える力、対処力・・

大人になるまでに必要な様々な力を身につけます。

 同じように、人生に起こることにはムダというのはなく、

全てに意味があります。

たとえ見えなくても、そこに隠れた意味を見つけて、

自分自身の成長につなげて行くことが大切です。

 小さなことでも、大きなことでも

失敗も、成功も、

全てに意味があるのです。