次の人が気持ちよく使えるように・・

 カフェなどで、帰り際に、自分でカップやお皿、

トレーなどを片付けるところがありますが、

今日、そこで何人かの方たちが片付けているのを見て、

日本人って、真面目だなと改めて思いました。

プラスチック、紙類、フタ、お皿、カップ・・と

きちんと分別しますものね。

でも更に、高校生たちに感心したのが、

最後に周囲をきれいに拭いていたこと。

ちょっとしたことですし、誰が見ているわけでなくても、

(私はたまたま後方から見ていたのですが・・)

次の人が来た時に、気持ちよく使えるようにする。

さりげない心配りは、とても大切だと思うのです。

お店の人がきれいにするから自分はやらなくていい、

ではなく、自分がいたところは、次の人のために

自分できれいにしておく。

それは、どのような場所でも共通することです。

 かなり前のことになりますが、ある大きなセミナーで、

その人気(なのかな?)セミナー講師が言っていたことに

私は違和感を覚えたことがありました。

 リーダーになるような人は、お手洗いを使ったあとは、

必ずキレイにするものだ。

もし水しぶきなどで汚したままだったら、

次の人に、そういう人だと思われて、恥ずかしいことだ、と

おっしゃったのです。

でも私は違うと思うのです。

自分がどう思われるかではなく、考えるのは次に使う人のため。

誰も見ていないところで

誰が使うかわからないけれど、その人のために

思いやりを持ったり、心遣いができるということが

大事なのだと思うのです。

 今日見かけた高校生たち、きっと素敵なレディになりますね。