寝る前に必ずすること

 どなたにでも朝から夜までの様々なルーティーン

というものがあると思いますが、そのルーティーンが

自分を高められるような良い習慣になっているので

あればとても良いのですが、ただ惰性でやっている

ようなことでしたら、そこを改善していくと、

日々の生活の質が変わったり、運を引き寄せることも

あり得ます。

 私の朝は、1日の始まりの限られた時間で効率よく

やらなければいけない家事がありますから、それを

ルーティーン化して家の中を綺麗にするようにしたり、

自分のモチベーションが上がるようなことをしたり、

または、瞑想や神棚の前での精神統一など、

心を穏やかにさせる時間なども大事にしております

ので、それなりに忙しいものです。

 そしてそこから、1日を目まぐるしく過ごすのです

から、夜、最後に寝る前にどのように1日を終える

のかということはとても重要になります。

 私が寝る前に必ずやること。それは、

ベッドに入って、その日に幸せだと思えたこと、

嬉しかったこと、感謝の気持ちを持てること

などを思い出すのです。

本当は3つぐらい思い出すと良いのかもしれませんが、

私の場合、ベッドに横になったら数秒で眠りについて

しまいますので、最低1つだけでも必ず頭の中に

思い描くようにしています。

 これはたとえ、どんなに大変な日であったとしても

どんなに辛いことがあったとしても、どんなに

嫌なことがあったとしてもです。

そのネガティブなことはもう横に置いておいて、

本当に些細なことでも構わないので、

ポジティブなことを思い出して、ありがたいと

思いながら眠ることが出来ると、次の日の

目覚め方もポジティブになるような気がいたします。

 脳は普段フォーカスするものをどんどん無意識で

拾っていくようにしますから、特に寝る前はその時に

思ったことが潜在意識にまで刻み込まれていき、

ネガティブな感情のままでしたら、それを朝まで

引きずったり、次の日もネガティブなことを拾い易く

なってしまいます。

ですから、夜には意識的に幸せな気分を作っていき、

それが思考のルーティーンになるようにしておく

ことはとてもお勧めなのです。

 是非眠りにつく前に、その日幸せに思たことを

思い描いてみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.87を配信いたしました。

「決断力を高める 5つの方法』をお伝えしております。

ぜひ、参考にしてみて頂けましたら嬉しく思います。

こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→