心掟(こころおきて)

 本日3月5日は「啓蟄」でした。

冬眠していた虫が目を覚まして、地上へと

這い出してくる時期です。

少しずつ寒さが和らぎ、春の訪れを感じるように

なって参りましたね。

これからまた様々な草花も色とりどりになってくる

と思うととても楽しみです。

 次の春分の日(3月21日)までには、

私たちも不要なものは手放し、

軽やかに動けるように整えて、そしてステップアップ。

3月は身も心も宇宙の流れにうまく乗れるように

自分自身を整えるのにちょうど良い時です。

そのためには自分が何に向かっているのか、

どこに向かっていきたいのか、

何をどのようにやって、どうありたいのか。

ということをしっかりと確認しながら、

わくわくの中に身を置けると、

スムーズに進んでいくことが出来ます。

 あなたがかねから思い定めていることは

何ですか?

それがあなたの「心掟」(こころおきて)。

時には揺れ動いたり、迷ったりすることも

ありますが、それでも戻ってくることが出来る

心掟があれば、その迷いも成長する上で

大事な過程になります。

 心掟は、他にも「心の持ち方」という意味も

あります。

過去に起きたことに対して、そしてこれからの

未来に対して、心の持ち方を定めるだけで、

随分と生きていく意味も変わってくるはずです。

「心掟」を改めてもう一回見直して、

たとえ軌道修正したとしても、その軸を持ちながら

これから迎える春を過ごして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100を配信いたしました。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しておりますので、ご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→