人が持つイメージについて

 人は目に映るものから、様々な印象を受けます。

人や物、色による印象もあります。

ですから、初対面で好感を持って頂くためには

第一印象が大切であり、そこから信頼関係を

築いていくことが出来るわけです。

メラビアンの法則によれば、

視覚55%、聴覚38%、話の内容7%の割合で

影響するわけですから、視覚というのは

とても重要な役割を果たします。

そこには色も含まれますから、身につけている物の

色の効果を上手に発揮できると良いですね。

 もちろん、色の効果というのは、様々なところで

私たちは大きく影響を受けます。

普段居る空間の色合い、カーテンや壁の色も

そうですし、自分が持つ物の色なども同様です。

テーブルコーディネートでも、色の組み合わせで

かなりテーブルの印象が変わってきます。

 また、書籍などは、色の他にタイトル、文字の

使い方、大きさなど、様々な要素が組み合わせられ

表紙を見た時に、私たちは何かイメージを持ちます。

それにより、売上にも影響が出たりしますね。

書籍に限らず、何かを作る側としては、タイトル、色、

写真、挿絵などの様々な効果も踏まえて考えるわけですが

一般的だと言われていること、色彩心理、影響言語、

そして作る側の思いを込めたとしても、

それを初めて目にした方が、作り手と異なる印象を

持つ場合があるのだということも、最近、身に染みて

分かりました。

 本当に人の持つイメージというのは様々です。

何が正解、不正解、何が良い、悪い・・という

ことではありませんが、知り得ない他人のイメージが

あるということも知っていなくてはいけないな

と思います。

例えば「青」といっても、

冷え冷えとしたイメージを持つ方、

爽やかなイメージを持つ方、

果てしない広大さのイメージを持つ方、

色々ですものね。

分かっていながら、難しいなと改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100を配信中です。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しておりますので、ご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→