立つ鳥 跡を濁さず

 レストランやホテルを利用し、そこを離れる時には

やはり、その後、片付けて下さる方が、気持ちよくお仕事が

できるように、また、私たちも感謝の気持ちを込めて、

きれいにしておきたいものです。

時々、食べ散らかしたままレストランを後にする方を見ると、

近くにいる私たちまでがっかりします。また、ホテルでは、

他のお部屋のことは分かりませんが、お金を支払っているから

何でも良いということではなく、使ったタオルは洗面所に、

ドライヤーは元のところへ、ベッドはきっちりとまでは

いかなくても、整えて・・と、最低限のことはするのが

マナーです。

 公共のお手洗いや、その他の施設でも同様。

ある方が、「成功する人というのは、お手洗いを利用した後、

必ずきれいにしている。」とおっしゃっていたことがあります。

そこまでは良いのですが、その後が残念。

「もし汚いままだったら、自分がたとえ汚していなくても、

汚く使っていたと次の人に思われて、成功者として

恥ずかしいでしょう。」と。

ん??? そうではないんです。

自分がどう思われるかを気にするのではなく、

その後に使う方が気持ち良く利用できるように、

きれいにして出てくるのです。

自分のためではなく、次の方への思いやり。

周りの方への思いやり。

そういう他人への思いやりの輪が広がれば、

皆が公共の場を使いやすくなり、優しい社会ができてきますね。

 まずは、1人1人の意識から・・。