学びのきっかけは思いがけないところに・・

 あれを学びたい、これをもっと知りたい・・などと

明確な好奇心があれば、いつでもすぐにそのことについて

調べてみたり、本を読んだりすることが出来ますが、

それ以外にも、ほんのわずかなきっかけで、思いがけない

新たな好奇心や学びのきっかけを得ることがあります。

 本日は久しぶりにドイツ人女性への日本語レッスン。

2週間ほど一時帰国していらしたので、今日はドイツのお写真も

たくさん見せて頂きました。

彼女は、もともとフランクフルトにいた時は、あまりその街に

魅力を感じず、次に移ったシュトゥットガルトの方が好きだった

そうなのですが、日本に来て、改めてフランクフルトに戻ると、

新たな発見があったり、魅力を感じるところが沢山あった

のだそうです。一度外に出て、異なる文化(日本)を見た後に

自国を違う視点や角度から見ることが出来たのですね。

 そして話が「ゲーテ」にまで及んだ時、今度は私の新たな

好奇心が・・。

ゲーテについてあまり知らない私は、彼女とのレッスンが終わると

書棚からまずは『若きウェルテルの悩み』をひっぱり出してみます。

でももう学生時代の文庫本なので、字が小さくて読みにくい・・。

せっかくのモチベーションが下がったわ・・・と思ったら、

パッと目に入ってきたのが『座右のゲーテ』。

13年前に出版された齋藤孝さんの本です。

 買った時はさらっとしか読まず、それから全く

目に止まらなかったのに、今、もう少しきちんと読んでみたい

と思うのです。

学びのきっかけというのは何でもよく、思いがけないところに

転がっているもの。それを拾うかそのままにしてしまうかは

私たち次第。

常に好奇心を持ち、何歳になっても学べることは幸せなこと

ですし、いつまでもそのようにいたいと改めて思いました。