選択する時の心地良さって何?

 選択に迷った時、自分の心に耳を傾け、自分の感情を知り、

損得ではなく、本当に自分が心地良いと思う方を選ぶと、

後悔はしないばず。

「心地良い」という感情は、とても大事なのです。

でも、その「心地良さ」。

場合によっては、勘違いしてしまうこともあるので、

気をつける必要があります。

「心地良さ」は主に自分の「好き」という感情から成り立って

いますが、何かを選択しなくてはいけない時、

周囲にも何かしらの関わりがあったり、

影響を及ぼすことがあると分かっている時は、

その「心地良さ」は「心地良い空間」であり、お互いの波動が

共鳴できることが大切です。

自分の感情だけに任せて、自分だけが心地良いと思っている

だけの自己中心的な選択をすると、それはただの自分勝手に

なってしまします。

 人生にはたくさんの選択があります。

レストランで今日のお昼は何にしようかしら?という選択であれば

それは、自分の思うがままで良いのですが、

今日はミーティングがあるけれど、何を着ようかしら?という時に

あまりにも場違いな、例えば極端に言えば、海水浴に行くような

格好では、いくらそれが夏らしく、本人が心地良くても、決して

心地良い空間を作ることはできません。

 人生での大きな選択も同様。

昨日、ありたい自分、ブレない軸を持つための「一貫性」という

お話をしましたが、

自分に関わりのある人たちも幸せだと感じることができなければ、

それは本当の「心地良さ」とは違いますし、結局は、それが

自分にはね返ってきますので、

自分の心の声に従って・・というのが、

ただ単に、わがままなのか、そうでないのかを理解した上で、

良い選択ができるといいですね。