辛いことや悪いことに目を背けるのではなく・・

 あっという間に2月も終わり。

新しい年を迎えて、抱負を語ったと思ったら、

もう2ヶ月経ってしまいましたね。

特に2月は28日しかありませんし、

私にとっても、色々、色々、色々なことが

ありましたので、濃い日々であり、

矢のように過ぎた日々でもありました。

 誰でも、良いこと、嬉しいことがあった時は、

心が踊り、時に舞い上がってしまうので、

しっかり地に足をつけることや、

そういう時こそ、目の前のことを丁寧にやるように

いつも以上、心がけることが大切です。

そして逆に、辛いことや悪いことが起こった時は、

その事実から、目を背けたくなったり、

避けて過ごしたくなるような気持ちに

なったりもしますが、こちらも、そういう時だからこそ、

しっかり事実を受け止め、そして受け入れて、

どのように対処していくのがベストなのか、

たとえ、はっきりした答えが見つからなくても、

でき得る限りの最善を尽くし、悔いのないように

向き合って、そこからより良い状態を導き出していく

必要があるのです。

 何となく悪い状態を避けるように生きていっても、

その場凌ぎであったり、何の改善もしないままであったり、

また、人間が本来持つ確かな乗り越える力を、

発揮できないまま、あるいは養われないままに

なってしまいます。

人生の中で、良いことでも、悪いことでも

それは両方起こり得ること。

大事なのはその起きた出来事に対して、

どのように過ごしていくのか、ということです。

冷静さを失わず、落ち着いて

また新しい月を迎えられるように致しましょう。