欠望もある程度必要なこと

 全てに満足する程、上手くいっているのなら、

それに越したことはありませんが、

もしかして、慢心してしまうかもしれませんし、

満足できていなければ、謙虚に、そして

その足りない部分を埋めるための努力を

していこうと、やる気が出てくるもの。

というより、やる気を出していきたいですね。

 上手くいっている人たちは、自己肯定感が高くても

決してそこで満足するのではないと思います。

常に足りない部分を見つけてきては、そこを

埋めようと行動するから、もっともっと

向上していくのです。

 出来ないことを否定するのではなく、

それも含めて全部認めるから、自己肯定感が十分あり、

出来ることからコツコツとやっていくので、

とても輝いて見えます。

足りない自分を知るのも、必要なことだと分かれば、

あとはそこで、どう動いていくかです。

足りないままストップするのか、それとも

足りないところを埋めることに、わくわくと

楽しみを見つけ、次のステージへと行くために、

何か行動に移していくのか・・・。

 無いことに目を向けず、有ることにフォーカスして、

と私もよく言いますが、

無いことをプラスに捉えれば、それは、

大きな動機付けになるのです。

まだまだ不十分な私を悲観せず、これからも

足りない部分を少しずつ埋めていこうと

思っております。