自信が持てなくても、それは変われるチャンスになる。

 どのような人でも、自信がなくなることは

あるものです。

先日、一緒にお話していた方も、とても

活躍していらっしゃるのに、自信がなくなったり、

やっていることが分からなくなることがある

と仰っていましたから、誰にでも

起こり得ることなのだなと、改めて思いました。

 時々、方向性が見えなくなってしまうのですよね。

これで良いのかな、今やっていることは

本当に意味のあることなのだろうか、

周りの方たちはキラキラと輝いて見えるのに

私自身は・・などと自信を持てなくなってしまう時は

やはり、外に目を向けるのではなく、

自分の内側に目を向けて、時には初心に戻ることも

大切です。

そういう時に外に目を向けてしまうと、

他人の活躍や素晴らしさを素直に認められなくなり、

どうしても自分と比べてしまうのです。

でも、自分自身を見つめ直すと、

その初心、どれだけ大事なものだったか、

ということが改めてわかります。

すると、自然に方向性も見えてくるのです。

そうしたら、モヤモヤしている自分が変わる

大きなチャンス。

 自信が持てなくても大丈夫なのです。

その一歩前に進めるチャンスとなれる

前兆なのですから。

自信がなくなった時は、焦らずに

失敗をしても、自分を磨くことができたと思って、

また少しずつ進んで参りましょう。