夢や目標は本当にやりたいことなのか。

 夢や目標を設定して、せっかく頑張って

やり始めても、途中でくじけてしまう要因の1つに

そのやりたいことが、本当に自分の心からやりたい

ことではないかもしれない、という場合があります。

 どういうことかと言いますと。

何のためにそれをやるのか、と問われた時、

「他の人が喜んで下さるから・・」とか

「感謝していただけるから・・」という答えが

出てきたとしたら、その目標が他人軸に

なっていて、自分軸でないから、くじけることが

あるのです。

では、もし他の方が喜んで下さらなかったり、

感謝されなかったとしたら、どうしましょう。

それでも、そのゴールに向かって続けられるか

どうか、ということです。

もちろん、他の方の喜んで下さる笑顔を見ることが

できると嬉しい、ということはあります。

それが、支えにもなったりします。

でもそれを、決して動機にしてはいけないのです。

 これから埋めたい自己実現に向けた欲求が

喜ばれなくても、感謝されなくても、それでも

やりたい!というものでしたら大丈夫。

たとえ途中でくじけそうになったとしても、

自分の信念を思い出して、

動くこと。進むこと。

それが社会貢献であったとしても同様です。

他からの賞賛がなくてもできるパワーに漲れば、

必ず、ゴールに到達できます。

あなたの目標や夢、実現できますように。