それは直感なの?それとも衝動?

 よく、直感力を磨きましょう、とか、

直感を信じて行動しましょう、などと言っておりますが、

何かを決めなくてはいけない時に、果たしてそれは

直感なのか、衝動なのか、ちょっとだけ立ち止まる

必要がある場合があります。

それは、衝動で決定すると、失敗する可能性が高くなり、

直感を信じないと、チャンスを逃すこともあるからです。

 では、それぞれの違いは何でしょう。

直感というのは、もう正しく閃きです。

心の底から湧いてくるようなもの、

あっこれ良さそう! 面白そう! わくわく!

というような感覚。

しかも思考に入る前の瞬時の感覚です。

一方、衝動は、これ良さそう!いいかも!の中に

欲望や欲求が含まれているもの。

似ているのですが、その後の結果に違いが出てきて

しまいます。分かりやすいのは衝動買いですね。

あ〜〜やっぱりやめておけばよかったかも・・と

しばらくしてから後悔してしまうこと、

経験したことがある方は多いと思います。

私もそうでしたが、最近は全くありません。

お買い物に限らず何事においても同様のことが言えます。

 これは直感なのか、それとも衝動なのか・・。

迷った時は、ちょっと自問してみて下さいね。

過去の衝動の感覚を思い出しても良いかもしれません。

そしてそれが直感であるならば、

迷わずGO!です。

因みに広辞苑では以下のように書いてありました。

直感:説明や証明を経ないで、物事の真相を

   心でただちに感じること。すぐさまの感じ。

衝動:人の心や感覚をつき動かすこと。

   反省や抑制なしに人を行動におもむかせる

   心の動き。

なるほど・・・。