心で覚える!?

 国語脳トレーニング教室に通っている女の子が、

お母様に「どうやって、そんなにたくさんの文章を

覚えているの?」と聞かれて、答えた言葉がこれ。

「心で覚えているの。」

「え〜〜〜〜っ!?!?」と衝撃的でした。

国語脳トレーニング教室では、必ず、

古文、漢文、明治文学作品などを沢山暗唱するのですが、

皆、面白いように覚えていき、そして皆、

暗記が得意になった、と言います。

ですから、他の教科で暗記の必要があるものは、

すぐに覚えてしまうので、何か頭に記憶するやり方を

自分なりの方法で習得するのかな〜と思っていました。

ですから、「心で覚える」と言われて、

頭で覚えるのではないということに驚きと感心。

そして、これは、綺麗な文章だからなのか、

別の記憶するものとは異なるのか、それとも全て

そうなのか、今度またさりげなく聞いてみようと

思います。

 歳を重ねるにつれ、何につけても柔軟性というものが

衰えてくるため、新しいことを覚えるのにも、

感覚をフルに働かせるようにするのにも、

だんだん難しくなってきますので、

心で記憶していくことも、難しそうです。

嬉しいとか悲しいという感情ではなく、

あくまでも文字を覚えていくものですが、

でも、今度私も、その「心で覚える」というのを

意識しながら暗記してみようかなと思っています。

子どもから教えてもらうこと。

相変わらず沢山あるので、嬉しい限りです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊 【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す 365日の心の花束〜

 

書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→