半夏生(はんげしょう)

 「半夏生」(はんげしょう)とは、雑節の1つで、

今年 2020年は 本日7月1日。

来年 2021年は 7月2日です。

以前は夏至から11日目頃とされていましたが、

現代では「天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日」

と定義されているようです。(Wikipediaより)

 「半夏生」は古来から、農家の方々が、この日までに

田植えなどの農作業を終える日、とされていたのは、

「天から毒気が降る日」とも言われていたから。

この頃、天から降るものと言えば雨。「半夏雨」と言われ、

梅雨時期の豪雨などで、井戸水の水質を悪くしてしまったり、

濁流とともにん汚泥を流し込んだりしてしまうので、

井戸に蓋をするように・・とか、

半夏生の日に採れたお野菜などを食べないように・・

などという言い伝えもあったそうです。

 「半夏生」の 半夏 とは、烏柄杓(からすびしゃく)

といわれる薬草のことで、この「半夏」が「生」える時期

なので「半夏生」と呼ばれるとか、

また、半夏生 という別のお花があり、そのお花が

咲く時期だからだとも言われています。

「半夏生」は7月初旬からお花を咲かせますが、

葉の一部だけが白くなって半分お化粧をしているように

見えることから「半化粧」→「半夏生」となりました。

 いずれにしても、この時期に田植えを終えて

これから稲穂になるまで、立派に育っていくことを

願うのは、古来から日本人がとても大切にしていたこと。

自然信仰の時代から、この稲の生育がとても重要なのは、

お米は神様と繋ぐ大事な役割だったのからなのです。

 私たちは何気なく、毎日ご飯を頂いていますが、

やはり「いただきます」という言葉には感謝の気持ちを

しっかりと込めて、丁寧に言いたいですね。

 実は私、今年は My 田んぼを購入いたしました。

と言っても農家の方にお任せなのですが、

育てて下さる農家の方、そして天の恵みに感謝しながら、

収穫の時期を楽しみにしているところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.14 を配信いたしました。

7月になり、今年の残りの半分をどのような心持ちで

過ごしたらよいのか、などということを

拙著「夢の音読」を朗読しながらお伝えしております。

是非、ご覧になってみて下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→