情報を受け取りやすくするためには・・ 

 情報というのは、たとえ同じことを同じ量、

同じように与えられたとしても、

受け取る側には同じようには入ってきません。

なぜなら、器の大きさがそれぞれ違うからです。

そしてその器(心)の間口が広いかそうでないかでも

入ってくる情報量や質も変わってきます。

間口を広くするにはどうしたら良いのでしょう。

それは、心の柔軟性を持つこと。

 プライドが高かったり、自分が一番正しいという

考えでいつもいたら、それは本当に必要なことでも

入ってこなくなってしまいます。

他人のお話を聞いている時も、それは知っているから・・

という思いが出てくると、そこでもう心や耳は閉じて

しまうのですね。

たとえ知っていることでも、もしかしてその言葉の

端々には大切なメッセージが含まれていたり、

いま自分が必要な情報が入り混ざっているかもしれません。

そして、たとえその大事なことを知っていたとしても、

それを自分で活用していなければ、

無意味なものになってしまいます。

ですから、人とのコミュニケーションの中でも、

自ら拾いにいく情報の中からでも、

謙虚に、心を柔軟にして、必要な大事な情報を

受け取れるようにしておきましょう。

そうすると、自分一人の枠の中で考えているより、

はるかに選択肢が増え、豊かな思考ができる

ようになるはずです。

そしてそれをいつでも有難いという感謝の気持ちを

持ちながら受け取ること。

知識や情報というのは、その人が持っている

とても大切なもの。それを分けて頂くのに

当たり前だと思っていたら、失礼ですね。

そして自分の知識や情報は、惜しみなく分けることが

大事です。

いつも柔軟に器(心)を広くしていくことを心がけ、

情報は受け取りやすい状態にして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→