どうして他人と比べてしまうのか

 昔から「隣りの芝生は青く見える」と言うぐらい

ですから、他人と自分を比べてしまうのは

不思議なことではありませんし、むしろ、周囲との

バランスを取るために、自然なこととも言えます。

他人と比べることで、自分を高める競争意識が

働いたり、ライバルから刺激を受けると、

モチベーションが高まって、成長を促される場合も

勿論ありますので、決して、マイナスに作用する

ばかりではありませんが、それでも、常に競争相手が

他人だけになってしまいますと、優越感と劣等感

だけでしか物事を判断できなくなりますし、

努力することに疲れてしまいますと、結局は

自己否定に向かいます。

 NLP心理学では、人が無意識で行っている物事の捉え方を

5段階に分けています。

環境、行動、能力、信念・価値観、自己認識

他人と自分を比べる人は、どうしても、目に見える

環境、行動、能力の部分だけを意識してしまいます。

本当に大事なもの、自分の幸せに結びつくものは、

信念・価値観、あるいは、自己認識、つまり自分の

役割や使命という目に見えないものである、

ということを忘れてしまっているのですね。

他人がどのような信念を持っているのか、

どのような価値観で判断しているのか、

どのような使命感があるのか・・ということで

比較はするのは難しいことですから、

いかに自分自身に目を向けて、信念・価値観・使命を

明確にしておくことが大事であるか、と言うことです。

そこがはっきりしていれば、他人の状況や能力、成果

などは気にならなくなるはずだからです。

そして他人と比べるよりも、その自分の価値観を

大事にできた時、失敗してもうまくいなかなくても、

決して自己否定することなく、自分の信念のもと、

また前に進むことができるようになります。

本当の幸せを得るために、見た目ですぐに

分かりやすいところでの優劣を感じるのではなく、

自分自身をしっかり見つめて、信念や価値観を

大切にして参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 YouTube『エクラの風』の新しい動画では→Vol.47

「大切なことが当たり前にならないように」

というタイトルで、見失ってしまいがちな

本当に大切なことを改めて確認できるように

メッセージをお伝えしています。

まずは人生で大切なもの、日々の生活で大切に

したいことを明確にして、そのために何ができ、

今日は何をするのか、ということを丁寧に

確認して参りましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→