セルフイメージは知らず知らずの内に作られていく

 セルフイメージというのは、自分で自分をどのように

評価しているか、ということですが、簡単に言えば、

自分の思い込みから作られたものです。

そして、その思い込みはどのように作られるかと言えば、

それは、過去に繰り返し見たもの、聞いたもの、そして

様々な経験からに他なりません。

それが少しずつ積み重なり、記憶となって形作られ、

私たちの言動やメンタル、考え方に大きく影響してきます。

 もっとお仕事が出来るようになりたいと思った時、

目標を立てたり、理想を掲げたりするものの、

私たちは未来へ向いているはずの意識が、

無意識の内に過去に向いているということがあります。

それは過去の経験があるために、成功したこと、

失敗したことなど、様々な記憶に引き戻され、

前を向いているはずが、いつの間にか後ろを向いている

ということが起こり得るのです。ですから、

失敗体験により、または失敗とまではいかなくても、

たとえば、何をやってもうまくいかない・・というような

経験や思いがあった場合、それを思い出すことによって、

また無意識の領域に、出来ない自分、という思い込みが

刷り込まれていき、それを脳内で何度も何度も繰り返して

しまいます。

そうすると、どのようなことが起きるかと言いますと、

脳は実際の経験と想像を区別しないために、

経験をしていなくても、頭の中で想像したことが

繰り返し、脳内に残ってしまうのです。

それが知らず知らずの内に確固たるセルフイメージとして

作られていきます。

ただ思い起こしているだけなのに、その都度、

失敗経験をしていることになっているなんて考えたら、

何だかとても損をしている気持ちになりますね。

 目標を立てて、一生懸命に頑張ろうとしても

なかなかうまくいかないのは、いつの間にか作られた

マイナスのセルフイメージが邪魔をしているかも

しれません。

 たとえ過去のことを思い出すにしても、出来るだけ

プラスの出来事、自分が満たされるようなことに

フォーカスして、良いセルフイメージを作っていける

ようにいたしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 最新動画 YouTube『エクラの風』Vol.63では

他人の幸せを祈るとどうして自分が幸せになるのか

ということを潜在意識や脳の観点からお話しして

おります。

是非、参考にしてみて下さいませ。

「他人の幸せを祈れば 自分も幸せになる」→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→