種を蒔く 

 英語教室に通っている小学生が、先週末、

農家のおじいちゃま、おばあちゃまのお家に行って、

お米の種蒔きを手伝って来た、と話してくれました。

田植えの前の、種蒔き。

もちろん、手で蒔くわけではありませんが、

お米を育てる一番最初の行程からお手伝い出来るなんて、

素敵なことだなと思います。

お米は日本の大事な食物。

春に種を蒔き、苗を植え、夏の間にぐんぐん育つのを

見守って、秋には、たわわに実った穂を刈り、

この自然と食物の恵みに感謝をする。

これを肌で感じることで、食卓にのぼるごはんが

どれだけ美味しく、またありがたく思うことでしょう。

私たちは、その出来上がったお米を頂くことしか

できませんが、その子のお話を聞くと、

一粒一粒に込められている農家の方々の愛情を

大切にしなくてはいけないなと、改めて思います。

 さあ私たちは・・

私たち自身の種を蒔きましょう。

小さな幸せの種を蒔き、大事に大事に育てる。

つまり・・

小さなことでも、自分のやりたいと思うことを

まずはポン、ポン、と軽くやってみて、

その実りを思い浮かべながら、じっくり行動して

いくのです。

種を蒔かないことには、その幸せもやってきません。

種を蒔き、苗をしっかり育て、

秋の収穫を楽しみにしながら、

今を丁寧に生活して参りましょう。