あなたなら、どういう絵を描きますか?

 どこで聞いたのか忘れてしまいましたが・・

ある心理学者がビジネスマン100人に対して、

紙とペンを渡しながら、こう言ったそうです。

「あなたが今、頭に思い浮かぶことやものを

絵に描いてみて下さい。」と。

するとその内の97人は、身の回りの物、家族、

旅行に行った時の風景、愛錦のイベント、あるいは

とても印象に残っているイベントや景色

などを描いたのですが、残りの3人は・・というと、

3人とも、将来の自分の活躍している姿や、

理想の生活を送っている自分の姿を描いたのです。

そして、その10年後、どうなったかと言いますと。。。

実際、その3人は皆、自分の描いた通りの人生を

歩んでいたそうです。

絵を描いてからの10年の間、頭の中でもずっと

それをイメージし、どんどん潜在意識の中に入っていく

ようにしていたのです。

そして、希望に満ちた未来に繋がる行動を

し続けた結果、描いた通りの姿に、本当になったわけです。

 

やはり、叶うかどうかの不安や心配ことよりも、まずは

夢が叶った自分の姿をしっかりイメージできている

ということがポイントです。

その未来記憶が現実のものになっていく

重要な役割を果たすからです。

 もし(私のように)絵を描くのが苦手でしたら、

写真や雑誌のきりぬきを上手に使うのも効果的。

いずれにしても、それをいつでも見ることが

できるようにして、ワクワクすることが大事なのです。

 でも、もし絵を描くとしたら?