望む未来につなげるために・・

 昨日は、どのような感情もとても大切なので、

ネガティブな感情を否定したり、

押さえつけたりしないで、認めることが大事だ、

ということをお伝えしました。

そして、ゆっくりと向き合って意識化しましょう、

と簡単に書きましたが、本日は、

その部分をもう少し詳しく書くことに致します。

 ゆっくりと向き合ってから、今度は、

自分の感情を心に置いておくだけでなく、

オウム返しのように、その感情を言葉にして、

繰り返すのです。

まるで、友人のお話を聞いてあげている時のように・・。

「そうなのね。辛いのね。」

「自分は無力だと感じてしまったのね。」

「ずっとモヤモヤとしているのね。」

「うまくいかないのではないかと心配なのね。」

などと、自分ミーティングです。(久しぶりに書きます)

気持ちを分かってあげるのは、友人だけではなく、

自分自身に対しても、客観的にわかり、

共感することが大事なのです。

すると次第に、もともとあったネガティブな感情が

小さくなっていくわけです。

そしてそこから、望む未来へとつなげていきます。

そのままですと、ネガティブ感情のままですから・・。

「ありたい自分」をもう一度、改めて意識して、

新しい習慣、新たな思考で、望む未来へと、

気持ちを向けてみましょう。

一度ですぐに向き直らなくても大丈夫。

また、感情を認めるところからやり直すと、

必ず、ありたい自分の未来へと繋がっていくはずです。