上手くいかなかったらどうしよう、と悩まない

 なかなかチャレンジできなかったり、

やろうか、どうしようかと決断できないのは、

根底に、「上手くいかなかったらどうしよう。」

という思いが潜んでいるから。

それが正しいのか、正しくないのか。

成功するのか、しないのか。

やってみるまで誰にもわからないのです。

そして絶対に、結果を出さないと・・

と自分にプレッシャーをかけてしまっても、

またそれが躊躇してしまう要因に・・

上手く言っている人が何でもかんでも

上手くいくようにみえるのは、

投げる球が多いから。

だめだったらどうしよう、なんて考えず、

やりたいと思ったことをまずはできるところから

行動に移していく。

ポンポンと軽く投げてみて、

ストライクじゃなくてもボールばかりでも、

それ以前にキャッチャーのところまで届かなくたって

たくさん投げていたら、そのうちストライクを

投げられるかもしれない、そうしたらラッキー!

ぐらいの気持ちでいる方が、

ずっと楽にチャレンジできます。

 なかなか決断できないでいたら、

ただ時間が流れていき、せっかくの「想い」までもが

流れていってしまします。

その「想い」を大切にするためにも

やってみましょう。

チャレンジしてみましょう。